「小島慶子」とは?

関連ニュース

【毎日新聞】<政治団体>上智大・中野晃一「日本ファーストは近隣諸国からどうみられるか。排外主義を連想するなという方が無理だ」 - 08月21日(月)07:10  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000076-mai-pol ◇「アメリカ・ファースト」とうり二つ 排外主義連想の指摘も  小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員が設立した政治団体「日本(にっぽん)ファーストの会」が揺れている。若狭氏は国政進出する際には「新党名は別にする」と語るが、トランプ米大統領の「アメリカ・ファースト(米国第一)」とうり二つで、「排外主義だ」との批判も強い。日本にも登場したファーストはどこに向かうのか。  「小池知事の理念を全国に広げるための団体。日本の自然や伝統、...
»続きを読む
カテゴリー:

政界のゴタゴタに不倫騒動…今、話題の女性たちをゲッターズ飯田が占うと? - 08月13日(日)06:00 

“最強の占い師”ゲッターズ飯田氏が『週刊プレイボーイ』本誌連載中のコラムで旬の話題を取り上げる「ゲッターズ飯田の占い放浪記」で占ったところによると…。 * * * 今、世間ではいろんな女性たちが話題になっています。占い師の使命として少し見てみましょうか! まずは松居一代さん。松居さんは夫の船越英一郎さんの不倫をYouTubeやSNSを使って世間に訴えていらっしゃいますね。 うーん…結論から言うと、松居さんはこれから運気がガクンと落ちるので、こういったことはやらないほうがいいと思います。人と争うと不運になる時期。 対して、船越さんはこれから上がっていく運気。来年は人生が楽になると出ています。ただ、今年はミスが多いという運気なのでそこが出てしまったのかな。船越さんは性欲が強いタイプではないので、バイアグラを飲んでまでそういうことをしたいという感じではありません。誰かの勧めだったんじゃないかな。 松居さんと船越さんは友達みたいな相性で悪くはないんです。ふたりともお金にもあまり興味がないので、そういうゴタゴタでもなさそう。 それにしても、いろんな方法でプライベートが暴露される怖い時代ですね。 ...more
カテゴリー:

【タレントでエッセイストの小島慶子さん】「『お子ちゃま』扱いされて男性は問題ないの?」 - 07月29日(土)10:16  mnewsplus

小島慶子「『お子ちゃま』扱いされて男性は問題ないの?」 by 小島慶子 更新 2017/7/29 07:00 AERA https://dot.asahi.com/aera/2017072700044.html  タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。 多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。 *  *  * 「同級生にセクハラされたら手を握り、微笑んで『好きな人にしか見せたり触らせたりしないの』と答えるのが聡明な女...
»続きを読む
カテゴリー:

「やりたい放題の女性議員が多くて困ります!」相次ぐ不祥事に彼女たちも辛辣な評価… - 08月15日(火)17:00 

「神保町☆女子大生Cafe」第55回。現役女子大生たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます! 最近よく目にする女性議員たちに関するネガティブな話題。稲田朋美元防衛相の辞任に今井絵理子議員の不倫報道、そしてSNSを騒がせる上西小百合議員の暴言や「このハゲーーーー!!」発言の豊田真由子議員など枚挙にいとまがありません。 そこで今回のテーマは、「相次ぐ女性議員の不祥事について、どう思う?」。仕事をする女性のシンボルとしても期待されるべき立場のはずが、尊敬できない面が多い彼女たちへ向けて、女子大生からひと言申させていただきます! 「このように女性議員たちの失態が相次いで報道されることにより、『これだから女は』とか『女にリーダーは任せられない』などと言われてしまうんだと思います。トップに立つのならそれなりの覚悟や見られているという緊張感を持ってもらいたい。彼女達のせいで『女性はこんなものだ』と思われてしまうのがイヤです」(真奈ちゃん・大妻女子大学2年・20歳) 「最近、女性議員の報道が続いていますが、毎日の報道を見て自分も気をつけようとか改めて見直そうという気持ちにはならないのかな?というふうに感じました。 報道されるということは、いつも人に見られているという...more
カテゴリー:

大ヒットの瀬戸内レモン味──ブームの火つけ役は当初、添え物扱いだった? - 08月10日(木)06:00 

このところ、レモン風味の食品が大ブームだ。 それもただのレモンじゃない。ジュースにお茶にそうめん、スナック菓子、即席焼きそば、たこ焼き、さらにはシュークリームまで、「瀬戸内レモン味」と名づけられた商品が続々と登場、飛ぶように売れているという。 爽やかなレモンの酸味は今のシーズンにぴったりだが、この「瀬戸内レモンブーム」の火つけ役といわれているのが、まるか食品(広島県尾道市)の「イカ天瀬戸内れもん味」だ。 そのパンチの効いたレモン味に週プレ編集部でも“中毒者”が続出しているこちらは、2013年12月の販売開始からわずか3年半で900万袋を売った大ヒット商品だ。まるか食品の松枝修平企画課長がこううれしい悲鳴を上げる。 「現在の生産量は月産40万~50万袋。弊社の総売り上げの3割を占めるまでになっています。しかも最近では、中国など海外からも大型の注文が舞い込むようになったため、来年春にはさらなる生産ラインの増設を予定しています」 ただの「レモン味」と比べて、どこか奥深さを感じる「瀬戸内レモン味」。一体、いつ頃から登場したのか? 広島市にある、瀬戸内ブランドを発信する事業を担う「せとうち観光推進機構」に聞いた。 ...more
カテゴリー:

「小島慶子」の画像

もっと見る

「小島慶子」の動画

Wikipedia

小島 慶子(こじま けいこ、1972年7月27日 - )は、タレントエッセイストラジオパーソナリティ。TBSアナウンサー30期生。オーストラリアパース在住。2児あり。趣味は着物、乗馬、ピラティス。

経歴

オーストラリアのパースで出生したのち、父親の仕事の都合で、7歳のころはシンガポールに、8歳から9歳のころは中国返還前の香港と日本国外で暮らす。のち日本に帰国、日野市立三沢台小学校、学習院女子中・高等科へ進学。15歳のとき過食嘔吐を繰り返し、摂食障害を経験した小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」週刊朝日 2013年12月13日号。学習院大学法学部政治学科卒業後、1995年4月、TBSにアナウンサ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる