「小島慶子」とは?

関連ニュース

【社会/ネット】なんで炎上したの?PR動画の表現について考える取り組み始まる - 05月22日(月)17:29 

おむつメーカーが作った「ワンオペ育児」の動画広告や、スクール水着姿の女性を特産品のうなぎに見立てた自治体のPR動画の表現などをめぐって、ネット上で炎上する事案が増えている。現状を改善したいとメディア関係者や研究者が集まり、炎上が起きる背景などを考えるシンポジウム「これってなんで炎上したの?このネタ、笑っていいの?」の第1回目が、東京大学で行われた。 東京大学の林香里教授の研究室が主催。メディア側として、竹下隆一郎・ハフポスト日本版編集長や羽生祥子・日経DUAL編集長が登壇し、エッセイストの小島慶子さ...
»続きを読む
カテゴリー:

2035年には人口の半分が独身! この先、必要になる「ソロで生きる力」とは? - 05月16日(火)10:00 

2035年には日本の人口の半分が独身になる? 急激な高齢化と並行して進む未婚化、非婚化、さらに離婚率の上昇によって、日本には「ソロ社会化」の波が着実に押し寄せているという。 その現実を大手広告会社・博報堂の「ソロ活動系男子研究プロジェクト」リーダーを務める荒川和久氏が、著書『超ソロ社会「独身大国・日本」の衝撃』で明らかにする。 独身者たちの生活意識や価値観、そして「ソロで生きる力」とは何かを問う一冊だ。 * * * ―本書で紹介されている具体的なデータとマーケティング調査の分析を併せて見ることで、独身者に対する先入観や思い込みがひっくり返ります。なぜ、「ソロ社会化」をテーマに本を書こうと思われたのですか? 荒川 以前、『結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル』という本を書いたのですが、そのきっかけは、社内で独身男性のマーケティング活動を研究するプロジェクトチームを立ち上げたことでした。 広告会社はこれまで独身男性をマーケティングのターゲットとして、ほとんど見てこなかったんです。一般的に「消費は女性がつくる」とされていて、主婦や女子高生などの消費動向はとても熱心に分析するのに、男性といえば対象にするのは「缶コーヒー」ぐらいなの...more
カテゴリー:

TVは何でもありではない 小島慶子、マツコへの苦言真意 - 05月14日(日)10:00 

「『カラコンをする年じゃない、気持ち悪い』なんてテレビで言うのは、おかしいです。なぜ他人から見て納得のいくおしゃれをしなくちゃいけないんでしょうか。何才で何をし…
カテゴリー:

SNSで正論をシェアするよりも現実世界で行動することの方が尊い - 未来メモリー - 05月12日(金)20:07 

SNSで正論をシェアするよりも現実世界で行動することの方が尊い - 未来メモリー2017 - 05 - 12 SNSで正論をシェアするよりも現実世界で行動することの方が尊い 独白 子連れでウィーンの友人を尋ねた時、街の人が子連れにめちゃ親切で夢の国かと思った。そしたらこれが日常だと。その後訪れたロンドンでもハワイでもオーストラリアでもそうだった。 キューバ に行った友人もモスクワにいた友人も、そうだという。外国が夢の国なんじゃなくて、日本が悪夢なのかよ!と愕然 — 小島慶子 ...
カテゴリー:

TVは何でもありではない 小島慶子、マツコへの苦言真意 - 05月11日(木)11:00 

「『カラコンをする年じゃない、気持ち悪い』なんてテレビで言うのは、おかしいです。なぜ他人から見て納得のいくおしゃれをしなくちゃいけないんでしょうか。何才で何をしようが、本人の好みなら別にいいじゃないですか」  元TBSアナウンサーの小島慶子さん(44才)はこう話す。ことの発端はバラエティー番組『かりそめ天国』(テレビ朝日系)でのやりとりだった。  久保田直子アナ(35才)が目を大きく見せるためにカラーコンタクトレンズを入れていると明かしたことで、出演者の間で激論が始まった。「裸は見せられても、コンタクトを取った姿は見せられない」と言う久保田アナをバッサリ切り捨てたのはマツコ・デラックス(44才)。 「もう年なんだからやめたほうがいいわよ!」に始まり、「ババアが盛ってどうすんのよ」「あなたに目のクリクリさは誰も求めてないんだから!」と、“35才のカラコン”を全否定。マツコに調子を合わせた有吉弘行(42才)に対し、久保田アナが応戦してスタジオは大いに盛り上がっていたのだが、番組を見ていたアラフォー女性たちの心境は複雑だった。カラコンを入れたぐらいでそこまでボロクソ言われないといけないのか…。 「放送を見ていて、私のカラコンも『ババアが盛ってる』と周りに笑われていたのかと思うと背筋が冷たくなりました。でも、今さらカラコンを外して小さな黒目に戻るのもつらい」(30代女性)  42才のコラム...more
カテゴリー:

今週末は『WOMAN EXPO TOKYO 2017』へ行こう! 入場無料で有名人にも会える~働く女性の応援イベント - 05月19日(金)19:11 

今週末、5月20日(土)・21日(日)の2日間、“キレイもキャリアもハッピーも手に入れる!”働く女性向けイベント『WOMAN EXPO TOKYO 2017』が東京・六本木のミッドタウンで開催される。 毎年約1万人が来場し、女性達から高い満足度を得ている『WOMAN EXPO(ウーマン エキスポ)』。今回の見どころは!?   ■入場は無料! 有名人ゲストの貴重なトークを間近で聞ける! 入場無料。たくさんの有名タレントやアーティストの講演を間近で見られるほか、占いやサンプリングなどのお楽しみコーナーも盛りだくさん。東京で働く女性を応援する“お祭り”イベント、それが『WOMAN EXPO TOKYO』だ。 主催は日本経済新聞社および日経BP社。女性が今よりもっと活躍できる環境づくりを応援する「日経ウーマノミクス・プロジェクト」の一環として2014年にスタート。女性のタメになる最新情報が入手できるリアルな場として、多くのワーキングウーマンに支持されてきた。4回目を迎える今年も、豪華ゲストによるここでしか聞けない特別なトークや対談、女性に役立つ講演や展示ブースなど盛りだくさん! 20日(土)に講義・セッションを行うのは以下の方々。 吉田沙保里さん(レスリング選手兼女子日本代表コーチ)×栄和人さん(日本レスリング協会強化本部長) 池上彰さん(ジャーナリスト)×増田ユリヤさん(...more
カテゴリー:

「屋台が消えて寂しい…」市川紗椰がお花見で気になった桜の精の行方 - 05月14日(日)11:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。 報道情報番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)ではメインMCを務める人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。 今回は、靖国神社で花見をするのが恒例行事という彼女が経験した、印象的なエピソードを語ってくれた。* * * アメリカの桜の名所といえば、ワシントンD.C.のポトマック河畔です。ここには、1912年に日本から贈られた約3000本の桜が植えられています。桜が咲く季節になると、100万人以上の人が訪れるという、全国的に有名なスポットです。 ただ、アメリカ人には、日本の人々のように桜の樹の下にブルーシートを敷いてお酒を飲む、といった慣習はありません。せいぜい、桜を眺めながら散歩したり写真を撮ったりする程度です。そもそも、日本のようにどこの公園や学校にも桜が植わっているということがありません。 私も、花見という文化に直接、触れたのは日本に住むようになってからです。しかも、中高生の頃は季節の花になんて大して興味がなかったので、イベントとして花見を楽しむようになったのは大人になってからですね。 どちらかというと、花を眺めるより、外でお酒を飲んだりお...more
カテゴリー:

【芸能】TVは何でもありではない 小島慶子、マツコへの苦言真意 ★2 - 05月14日(日)00:02 

「『カラコンをする年じゃない、気持ち悪い』なんてテレビで言うのは、おかしいです。なぜ他人から見て納得のいくおしゃれをしなくちゃいけないんでしょうか。 何才で何をしようが、本人の好みなら別にいいじゃないですか」  元TBSアナウンサーの小島慶子さん(44才)はこう話す。ことの発端はバラエティー番組『かりそめ天国』(テレビ朝日系)でのやりとりだった。  久保田直子アナ(35才)が目を大きく見せるためにカラーコンタクトレンズを入れていると明かしたことで、出演者の間で激論が始まった。 「裸は見せられても、コ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】TVは何でもありではない 小島慶子、マツコへの苦言真意 - 05月11日(木)23:30 

「『カラコンをする年じゃない、気持ち悪い』なんてテレビで言うのは、おかしいです。なぜ他人から見て納得のいくおしゃれをしなくちゃいけないんでしょうか。 何才で何をしようが、本人の好みなら別にいいじゃないですか」  元TBSアナウンサーの小島慶子さん(44才)はこう話す。ことの発端はバラエティー番組『かりそめ天国』(テレビ朝日系)でのやりとりだった。  久保田直子アナ(35才)が目を大きく見せるためにカラーコンタクトレンズを入れていると明かしたことで、出演者の間で激論が始まった。 「裸は見せられても、コ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】「あの人とは価値観が違う」有吉弘行が小島慶子からのイジメ批判に反論 - 05月09日(火)20:36 

4月28日に放送された情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)にて、司会を務める菊川怜が結婚を発表した。 しかし番組の中で「祝 脱・独身」という文面の垂れ幕で祝福したことに関し、ネットでは批判の声が上がったという。 「今回の祝福方法に関して、ネットでは『ハラスメントではないのか?』という声が飛び交いました。 また元TBSアナウンサーの小島慶子も、自身のツイッターにて『結婚した人に「おめでとう」ではなく 「独身じゃなくなって良かったね」って、人としてめちゃくちゃ感じ悪いし、幼稚だろ。いじり? 文脈読め?...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小島慶子」の画像

もっと見る

「小島慶子」の動画

Wikipedia

小島 慶子(こじま けいこ、1972年7月27日 - )は、タレントエッセイストラジオパーソナリティ。TBSアナウンサー30期生。オーストラリアパース在住。2児あり。趣味は着物、乗馬、ピラティス。

経歴

オーストラリアのパースで出生したのち、父親の仕事の都合で、7歳のころはシンガポールに、8歳から9歳のころは中国返還前の香港と日本国外で暮らす。のち日本に帰国、日野市立三沢台小学校、学習院女子中・高等科へ進学。15歳のとき過食嘔吐を繰り返し、摂食障害を経験した小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」週刊朝日 2013年12月13日号。学習院大学法学部政治学科卒業後、1995年4月、TBSにアナウンサ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる