「小島慶子」とは?

関連ニュース

『小島慶子 気になるカノジョ』──不倫と整形はどっちに転んでも叩かれる。夫の愛人なら許せないけど… - 02月21日(水)10:00 

“キョンキョン”こと小泉今日子が俳優の豊原功補との不倫関係を公表。「キョンキョンらしい」と好意的にとらえるコメンテーターが多数いるなか、「不倫は不倫」と、そうした見方に疑問を呈する声も散見される。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に思うあんなこと、こんなこと。 * * * 不倫と整形は、どっちに転んでも叩かれるもの。 往年のアイドルが人並みに年を重ねれば「劣化した」とこき下ろされ、リフトアップを公言すれば「痛い!」と叩かれ、実に理不尽です。不倫も暴かれれば人でなしと罵(ののし)られ、自ら明かせば恥知らずと総スカンで、どっちも地獄。 そもそも不倫なんかするな!とお怒りの方々も多いようですが、そういう皆さまは瀬戸内寂聴さんの「恋は雷に打たれるようなもの。避けることはできない宿命です」というお言葉をどう聞くのでしょうか。山尾志桜里さんの一件のときにも寂聴さん、そう仰っていましたね。ちなみに寂聴さんは夫の教え子と恋に落ちて、子供を捨てて家を出ています。 同じやじ馬でも、他人の恋愛模様やもめ事を眺めて人間の割り切れなさを面白がるのならわかります。あー、浅ましいねえ、情けないねえ、ままならないねえとか言いながら。でも、...more
カテゴリー:

香山リカさん心がけるセクハラ被害受けた家族や友人のケア - 02月19日(月)11:00 

'17年10月、米国ハリウッドの大物映画プロデューサー・ワインスタイン氏によるセクハラ疑惑が報じられたのを受け、女優のアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことの女性たちに向けて、「#MeToo(私も)」を合言葉に名乗りを上げるようツイッターで呼びかけた。 これに応え、有名スターたちだけでなく一般人も続々と行動を起こし、やがて世界的なムーブメントになった。 日本にも瞬時に波及。「#MeToo」運動をきっかけに、政界、教育界、スポーツ界から元NHKの看板アナウンサーの事件まで、押さえ込まれていたセクハラ告発が噴出。長らくセクハラ後進国に甘んじていた社会が、「絶対にNO」と認識を変えた。 「性暴力被害に遭った女性は、忌まわしい記憶と直面するのもストレスなのです。それに目を背けてきたのに、カウンセリングで『ひどい犯罪ですね』『暴力ですね』と言われると、一気にトラウマ化することもあります。ですから私は『よく思い出してくれました』や『お仕事の頑張りがすごいですね』という言葉で、まずは安心させることから始めます」 こう語るのは、精神科医の香山リカさん。性暴力被害に遭った場合、心のケアがまずは大事。とくに避けなければいけないのが自己嫌悪に陥ることだと香山さんは言う。 「“私はレイプされた女”と自分自身に間違ったレッテルを貼ってしまう方も多いのです。ときには医師と...more
カテゴリー:

会社側がグルになることも…弁護士語るセクハラ被害への対処 - 02月18日(日)11:00 

'17年10月、米国ハリウッドの大物映画プロデューサー・ワインスタイン氏によるセクハラ疑惑が報じられたのを受け、女優のアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことの女性たちに向けて、「#MeToo(私も)」を合言葉に名乗りを上げるようツイッターで呼びかけた。 これに応え、有名スターたちだけでなく一般人も続々と行動を起こし、やがて世界的なムーブメントになった。 日本にも瞬時に波及。「#MeToo」運動をきっかけに、政界、教育界、スポーツ界から元NHKの看板アナウンサーの事件まで、押さえ込まれていたセクハラ告発が噴出。長らくセクハラ後進国に甘んじていた社会が、「絶対にNO」と認識を変えた。 「厚労省HPにもあるように何より『セクハラは犯罪』なのです。毅然とした態度で対処しましょう」 こう話すのは、弁護士の打越さく良さん。では、セクハラ被害に遭ったとき、どう対処すればいいのか。打越さんが解説してくれた。 「勤務中や仕事に関する範囲内でセクハラ被害に遭った場合は、記録やメモを取っておくべきです。自分の手帳でかまわないので、日付や細かいシチュエーションを書いたうえで『◯◯をされた』と具体的な記載を心がけてください」(打越さん・以下同) また上司と部下、対クライアントなど、NOと言えない立場だからこそおとしめられる。もとから支配されていて断わりにくいという図式は、裁判になっても考慮さ...more
カテゴリー:

『小島慶子 気になるカノジョ』──朝ドラ・ヒロインに出産したばかりの安藤サクラさん…「すべての放送局に常設の託児所を!」 - 02月14日(水)10:00 

今年10月スタート予定のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロインに、昨年第1子を出産したばかりの女優・安藤サクラが起用される。NHKは育児をしながらの出演を「全面サポート」するよう現場に要請。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に思うあんなこと、こんなこと。 * * * 「朝ドラは憧れだったけど子供も産んでおばちゃんだし、もう考えてなかった」 今年10月スタート予定のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロインに決まった安藤サクラさんの言葉です。まだ31歳なのに、そんなこと思わなくちゃならないなんて! 確かに朝ドラといえば、若くて頑張り屋さんでおっちょこちょいな美少女の成長物語というイメージ。でも、もっといろんな主人公がいていいですよね。 安藤さんは昨年出産したばかり。これまで、赤ちゃんを育てながら朝ドラのヒロインを演じた役者さんはいないというのですから、今回のオファーは画期的だったんですね。初めは育児との両立は無理だと諦めていた安藤さんは、家族の後押しを受けて出演を決意したそうです。 まだ31歳の女性が年齢を負い目に感じなくちゃならないなんておかしいし、同じ役者という仕事を選んでも...more
カテゴリー:

SNSがセクハラと闘うスキルになる!被害を防ぐ方法とは… - 02月19日(月)16:00 

'17年10月、米国ハリウッドの大物映画プロデューサー・ワインスタイン氏によるセクハラ疑惑が報じられたのを受け、女優のアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことの女性たちに向けて、「#MeToo(私も)」を合言葉に名乗りを上げるようツイッターで呼びかけた。 これに応え、有名スターたちだけでなく一般人も続々と行動を起こし、やがて世界的なムーブメントになった。 日本にも瞬時に波及。「#MeToo」運動をきっかけに、政界、教育界、スポーツ界から元NHKの看板アナウンサーの事件まで、押さえ込まれていたセクハラ告発が噴出。長らくセクハラ後進国に甘んじていた社会が、「絶対にNO」と認識を変えた。 「セクハラで泣き寝入りするケースが多いのは、写真をばらまかれるなど二次被害があるからです。パワハラがらみも非常に多い。『仕事をくれるんじゃないか』は逆に言えば『仕事を失うんじゃないか』という恐れにつながる。それで私のようなカウンセラーに相談に来られるわけです」 そう話すのは、男女問題研究家の山崎世美子さん。先日は、女子中学生の母親が相談に訪れたという。 「娘がSNSで社会人男性と知り合い、ラブホテルに連れ込まれて、最悪のことは避けられたが、写真を撮られ『誰かに言ったら、写真をばらまくぞ』と脅された。警察に行ったが、3,000円を受け取っていたため『事件としては扱えない』と。私は、そういう男は...more
カテゴリー:

市川紗椰が「これからはお土産を買ってくることは自重しよう」と思った事件とは? - 02月18日(日)11:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。 人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。 今回は、「日本のお土産文化ってどうなの?」と思ったエピソードについて教えてくれた。 * * * 昨年末の話になりますが、いつもの仲良し女子6人で、熱海に旅行に行きました。ホテルでは、みんなで飲み物や食べ物を持ち寄って、気安い部屋飲みもしました。 そして事件は翌朝、起こったんです! 机の上には、まだ中身の入っている飲み物や食べかけのポテチ。その中に、友人のひとりが台湾旅行の際に買ってきたお土産が交ざっていました。 前夜、みんなで取り分けたはずのお土産。「コレ誰の~?」と聞いても、誰も名乗り出ません。みんな不思議がっているなか、完全に沈黙しているコがひとり……。実は、犯人はそのコだったんです! せっかく友達が買ってきたお土産をしれっと置いていこうとしていたなんて! みんなそのコのことを非難したんですが、同時に誰もが思いました。「確かにこのお土産、いらないよな」(笑)。それは、ちっちゃなパイナップルケーキとお茶っ葉がセットになったものでした。ティーバッグならまだしも、急須を出してお...more
カテゴリー:

小島慶子さん語る「テレビ業界のセクハラ事情」、先日の収録でも… - 02月18日(日)06:00 

'17年10月、米国ハリウッドの大物映画プロデューサー・ワインスタイン氏によるセクハラ疑惑が報じられたのを受け、女優のアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことの女性たちに向けて、「#MeToo(私も)」を合言葉に名乗りを上げるようツイッターで呼びかけた。 これに応え、有名スターたちだけでなく一般人も続々と行動を起こし、やがて世界的なムーブメントになった。 日本にも瞬時に波及。「#MeToo」運動をきっかけに、政界、教育界、スポーツ界から元NHKの看板アナウンサーの事件まで、押さえ込まれていたセクハラ告発が噴出。長らくセクハラ後進国に甘んじていた社会が、「絶対にNO」と認識を変えた。 「ネットの時代が来たことで、テレビをはじめ、旧メディア側は『世論』を知ることになりました。視聴者や読者にどう伝わっているかが、ネットの反響という形で直に見られるようになったのです。悪気なく作った番組でも配慮に欠ければ批判される。価値観が多様化した時代に合わせた変化球が求められています」 こう話すのは、元アナウンサーで現在はエッセイストとして活躍する小島慶子さん。マスコミに携わる小島さんが、テレビ業界のセクハラ事情を明かしてくれた。 「大手放送局のアナウンサーは、いわば会社の“箱入り娘”。守られた立場でもあったので、私は性行為を強いられた経験はありません。ただ、『出演者...more
カテゴリー:

話題の美しすぎるGカッププロ雀士高宮まり。最初はワケもわからずグラビア撮影も…「永遠の23歳で焦らずにやっていきたい!」 - 02月13日(火)15:00 

美しすぎるGカップと美貌で評判となっているプロ雀士・高宮まりが、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD「秘密の時間」の発売記念イベントを行なった。 6枚目となる今回のDVDは9月にバリで撮影。「特典映像の撮影で、ちょっと観光に行ってリポートをやったりとか、いろいろ旅の思い出もこの中に入っています」とアピールした。 気になる内容だが「ミステリアスな感じのところが多くて、衣装もこれまでよりグッと大人っぽい感じになっていると思います。ストーリーは、彼氏と秘密の旅行みたいな。オフバカンスのイメージですね」と教えてくれた。 その中で、本人が恥ずかしかったのは?という質問に、ドレスを着て旅行の感想を言う夜のシーンをあげた。「『乾杯、お疲れ様、また来たいね』みたいなシーンがあるんですけど、私、トークが上手じゃなくて、相手が喋っているのに、食い気味で喋ってるみたいになってて…ここは恋人感がうまく出なかったですね(笑)」と反省の様子。恥ずかしかったのは、そういうことなんですね。 そんなまりちゃん、プロ雀士ということで、芸能事務所ではなく協会に所属しながらグラビア活動をしている。専属のマネージャーもいないそうだが、「撮影はすごい楽しいですね。最初はワケもわからず、どう表現したらいいのかもわからなかったのですが、...more
カテゴリー:

「小島慶子」の画像

もっと見る

「小島慶子」の動画

Wikipedia

小島 慶子(こじま けいこ、1972年7月27日 - )は、タレントエッセイストラジオパーソナリティ。TBSアナウンサー30期生。オーストラリアパース在住。2児あり。趣味は着物、乗馬、ピラティス。

経歴

オーストラリアのパースで出生したのち、父親の仕事の都合で、7歳のころはシンガポールに、8歳から9歳のころは中国返還前の香港と日本国外で暮らす。のち日本に帰国、日野市立三沢台小学校、学習院女子中・高等科へ進学。15歳のとき過食嘔吐を繰り返し、摂食障害を経験した小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」週刊朝日 2013年12月13日号。学習院大学法学部政治学科卒業後、1995年4月、TBSにアナウンサ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる