「小学館」とは?

関連ニュース

『モブサイコ100』実写ドラマ化 濱田龍臣主演×坂本浩一監督『ウルトラマンジード』コンビ - 10月17日(火)09:52 

 テレビ東京とNetflixのタッグによる木曜深夜のドラマ枠「木ドラ25」第4弾作品として、小学館のマンガアプリ「マンガワン」で連載中の、ONE氏の漫画『モブサイコ100』の実写化が決定。現在放送中の『ウルトラマンジード』(同局)でもコンビを組む、俳優の濱田龍臣主演、坂本浩一監督、特撮やアクションを得意とする2人が、大人が鑑賞する深夜ドラマに挑戦する。来年1月より、同局系ほか、Netflixで配信、BSジャパンでも放送される。 【写真】ウルトラマンジートに変身する濱田龍臣  おかっぱ頭の内気で目立たない中学2年生、影山茂夫(濱田)、通称モブ。勉強もスポーツも人付き合いも苦手で、恋心を抱く幼なじみのツボミちゃんにも相手にされない。そんなモブには生まれつきある特殊な能力が備わっていた。それは強大な超能力。その能力に目をつけた自称・霊能力者の霊幻新隆は時給300円のバイト代でモブを雇い、都合よく利用して悪霊の除霊をさせている。  超能力に頼らず普通の生活を送りたいと考えているモブは、平凡な自分を変えたいと肉体改造部へ入部。ツボミちゃんに振り向いてもらおうと必死に努力し始める。しかし、怪しい超能力者たちが現れて周囲で様々な事件が起き、モブも巻き込まれていく。なるべく超能力を使いたくないモブだが、感情が高ぶり「100%」に達すると爆発。壮大な超能力バトルがはじまる。  小林史憲プロデ...more
カテゴリー:

『モブサイコ100』濱田龍臣主演で実写ドラマ化 - 10月17日(火)06:04 

俳優の濱田龍臣を主演に迎え、人気漫画『モブサイコ100』を実写ドラマ化。テレビ東京系列にて、2018年1月クールに放送されることがわかった(毎週木曜25:00~)。『モブサイコ100』とは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」にて連載中の、ONEによる人気作。2016年にアニメ化もされ、今年1月には「小学館漫画賞」(少年向け部門)を受賞した。少年の成長物語という王道の青春ドラマでありながら、ギャグ満載のコメディーとシリアスなシーンが絶妙に絡み合っている。ドラマの見どころは、特撮や VFX を駆使した壮大な“超能力バトルシーン”だという。濱田演じる主人公・影山茂夫(通称・モブ)は、超能力を持つおかっぱ頭の中学2年生。内気で目立たず、勉強もスポーツも苦手。幼馴染のツボミちゃんに恋心を抱くが相手にされない。超能力に頼らず普通に生活したいと考えているが、感情が高ぶり 「100%」になると強大な力を発揮する、という役どころだ。今回、モブを演じるにあたり「冴えないけれどとてもひたむきで、純粋なモブをどのように演じていこうか今からわくわくしています」と明かした濱田。「モブを取り囲む個性豊かなキャラクターや悪霊たちも含め、どんな風に作品が仕上がっていくか、これからの撮影がとても楽しみです!」と期待に胸を膨らませている。 関連リンク 【ビジュアル】...more
カテゴリー:

完売につき緊急重版のOggi11月号、10月20日より通販でも購入可能に - 10月16日(月)18:36 

GUCCIの付録が話題で完売し、緊急重版が決定したOggi。前回お伝えした通り、書店入荷は10月20日ごろの予定ですが、新たに通販での販売情報も入ってきました。 Oggi11月号の重版分は10月20日(金)に書店に入荷予定(入荷日は地域により異なります)です。 また、書店で購入できなかった方のために、通信販売での発売も予定しております。 一人でも多くのお客様にご購入いただくためにお一人様一冊までの販売とさせていただく場合があります。 また、品切れの際はご容赦ください。 と、Oggi編集部より。 気になる通信販売の情報は以下のとおりです。 10月20日(金)午前10時より 小学館PS通販係 0120-494-656(月~金10:00~19:00、土10:00~17:00、日・祝休)にて受付。 (全国一律600円の送料がかかります) お問い合わせは、小学館雑誌販売 03-5281-1771(月~金9:30~17:30、土・日・祝休)まで。 ぜひこの機会にOggi11月号をゲットしたいですね! 【関連記事】入手困難!緊急重版決定のOggiは10月20日頃に書店に入荷予定!手に入らない方必見!「Oggi」史上初、緊急重版決定!衝撃のクオリティ。雑誌「Oggi」11月号付録がまさかの「グッチ」コラボノートドバイ旅行、長~いトランジットで「寄り道旅」が超オススメって、知ってる?通勤に絶対使え...more
カテゴリー:

【芸能】吉高由里子が関ジャニ∞大倉忠義との交際を「匂わせ」 浮かれモードか偶然の一致、根本には大倉の性癖が関係か - 10月16日(月)15:46  mnewsplus

 ジャニーズアイドルと熱愛の噂が出ている女性がやたらやってしまう交際匂わせ。今度はなんと、関ジャニ∞・大倉忠義(32)との交際疑惑がある吉高由里子(29)までやらかしたと話題になり、ファンがTwitterなどで大激怒している。  大倉と吉高の熱愛は、昨年7月発売の「FRIDAY」(講談社)で報じられ、10月の同誌では2人がバリ島に旅行へ行っていたことも伝えていた。その後しばらく音沙汰がなかったため破局説も流れたのだが、今年8月発売の「女性セブン」(小学館)が高級寿司店でのデートをスクープ。関係は続いているようだった...
»続きを読む
カテゴリー:

柴田阿弥、ベッドの上で胸の谷間あらわ!『スピリッツ』で写真集カット公開 - 10月16日(月)08:00 

元SKE48でフリーアナウンサーの柴田阿弥が、16日発売の漫画誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)46号の表紙とグラビアを飾っている。
カテゴリー:

【芸能】戸田恵梨香の熱愛発覚に村上信五ファンは安堵か - 10月17日(火)07:27  mnewsplus

熱愛が報じられた女優の戸田恵梨香(29)と、俳優の成田凌(23)。両者が乗る車が写真週刊誌『フライデー』(講談社)の取材車両に接触し、事故を起こしたことで交際が明らかになったという。 事件が起きたのは渋谷区の路上で、取材車両の横を成田が乗る車が通り抜けようとして接触したという。 運転席からは成田が降りてきて、さらに警察による事故処理が始まると今度は戸田が登場したようだ。 戸田は当初、成田に代わって警察へ対応する一幕もあったようだ。車に乗っていた記者が素性を明かすと、戸田は豪快に笑い飛ばしていたと...
»続きを読む
カテゴリー:

濱田龍臣が超能力少年に!「ウルトラマンジード」の坂本監督とテレ東深夜でタッグ - 10月17日(火)06:00 

テレビ東京ほかでは、2018年1月から「木ドラ25『モブサイコ100』」の放送が決定。主演は濱田龍臣が務める。 【写真を見る】/(C)ONE・小学館 同ドラマは、ONEが描く同名漫画を原作に、おかっぱ頭の超能力少年“モブ”こと影山茂夫(濱田)の成長を描く青春群像劇。内気で目立たないが特殊な能力を持つモブが、普通の生活を送ろうと努力しながらも怪しい超能力者たちの起こす事件に巻き込まれてゆくストーリー。超能力バトルシーンはVFXで描かれる。 主演を務める濱田は、大河ドラマ「龍馬伝」(2010年、NHK総合ほか)や「怪物くん」(2010年、日本テレビ系)などに出演経験がある他、「ゴールド ドリーム アワード 2010」にて金の卵賞を受賞するなど、注目を集める若手俳優の一人。 放送中の「ウルトラマンジード」(テレビ東京系)でも主人公を熱演中で、「モブサイコ100」では同作品の坂本浩一監督と再びタッグを組むこととなる。 濱田は主演にあたって、「今回モブを演じるにあたり、冴えないけれどとてもひたむきで純粋なモブをどのように演じていこうか今からわくわくしています。 モブを取り囲む個性豊かなキャラクターや悪霊たちも含め、どんな風に作品が仕上がっていくか、これからの撮影がとても楽しみです!」と気合十分に語る。 また、小林史憲プロデューサーはドラマ企画について「これまでにない革新的な深夜ドラマを作る。...more
カテゴリー:

『モブサイコ100』濱田龍臣主演で実写ドラマ化 - 10月16日(月)17:03 

俳優の濱田龍臣を主演に迎え、人気漫画『モブサイコ100』を実写ドラマ化。テレビ東京系列にて、2018年1月クールに放送されることがわかった(毎週木曜25:00~)。『モブサイコ100』とは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」にて連載中の、ONEによる人気作。2016年にアニメ化もされ、今年1月には「小学館漫画賞」(少年向け部門)を受賞した。少年の成長物語という王道の青春ドラマでありながら、ギャグ満載のコメディーとシリアスなシーンが絶妙に絡み合っている。ドラマの見どころは、特撮や VFX を駆使した壮大な“超能力バトルシーン”だという。濱田演じる主人公・影山茂夫(通称・モブ)は、超能力を持つおかっぱ頭の中学2年生。内気で目立たず、勉強もスポーツも苦手。幼馴染のツボミちゃんに恋心を抱くが相手にされない。超能力に頼らず普通に生活したいと考えているが、感情が高ぶり 「100%」になると強大な力を発揮する、という役どころだ。今回、モブを演じるにあたり「冴えないけれどとてもひたむきで、純粋なモブをどのように演じていこうか今からわくわくしています」と明かした濱田。「モブを取り囲む個性豊かなキャラクターや悪霊たちも含め、どんな風に作品が仕上がっていくか、これからの撮影がとても楽しみです!」と期待に胸を膨らませている。 関連リンク 【ビジュアル】...more
カテゴリー:

【芸能】藤田ニコル 梅沢富美男ともっと“濃い友達”になりたい - 10月16日(月)11:39  mnewsplus

人を惹きつける毒舌や辛口コメントで引っ張りだこ。 梅沢富美男(66才)が自らの役者人生から浮気の真相までぶっちゃけたエッセイ『富美男の乱』(小学館)を上梓した。そんな梅沢との“年の差の友情”を藤田ニコルが語った。  * * * 私の“いちばん年上のお友達”が梅沢富美男さん。私が19才で、梅沢さんは66才。 “47才差の友情”って、スゴくないですか!? 初めて梅沢さんと共演したとき、派手な格好で、言うことも派手(笑い)。 でも、梅沢さんは私を見た目で判断せずに真剣に私と向き合ってくれたんです。嬉しかったな。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

[柴田阿弥]元SKEのフリーキャスターが黒ビキニに 「スピリッツ」で写真集の厳選カット公開 - 10月16日(月)08:00 

 元「SKE48」でフリーキャスターの柴田阿弥さんが、16日発売のマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)46号の表紙と巻頭グラビアに登場した。グラビアでは、23日に発売される柴田さんの初の写真集「あやちゃん」(小学館)の厳選カットを公 ……
カテゴリー:

もっと見る

「小学館」の画像

もっと見る

「小学館」の動画

Wikipedia

株式会社小学館(しょうがくかん)は、東京都千代田区にある日本の総合出版社。系列会社グループの通称「一ツ橋グループ」の中核的存在である。

概要

社名の由来は創設時に小学生向けの教育図書出版を主たる業務としていたことに起因する。特に学年別学習雑誌は長らく小学館の顔的存在として刊行され続けてきたが、2000年代から2010年代にかけて相次いで休刊され、2017年現在、月一回発売されているのは「小学一年生」のみとなっている。1926年に娯楽図書部門を集英社として独立させたが、太平洋戦争後は娯楽図書出版に再進出し、総合出版社へ発展した。

2006年度の総売上高で、それまで国内出版業界で最大手だった講談社を抜き、小学館が最大手となった(講談社は1,456億円(2006年11月期)、小学館は1,470億円(2007年2月期))が、2007年度の決算では講談社は売上高1443億100万円、小学館は売上高1413億4400万円となり、業界最大手の座を講談社に奪還された。

歴史
  • 1922年(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる