「小学館」とは?

関連ニュース

背中を押すフィットネスマンガ『fit!!!』で描かれるリアル - 12月18日(月)11:00 

(C)ウラモトユウコ/小学館 『お笑い』→『海外ドラマ』→『マンガ』→『ラジオ』の4ジャンルを週替わりで、そのスペシャリストが“最推し番組”を指南する『今週の萌えガタリ』。今週は『マンガ』ということで、幼いころからマンガ好きな、歌人・小説家の加藤千恵さんが最推しマンガを紹介! 【最推しマンガ】『fit!!!』ウラモトユウコ著・小学館 今の職業につき、家で仕事をするようになって、つくづく運動不足を実感する。肩こりも腰痛も、いつしか身近な存在だ。運動しなきゃ、と思いはするものの、フィットネスのガラス越しに身体を動かす人たちを見ては、やっぱりわたしには無理だ、と引き返すような日々。 けれど今回、『fit!!!』を読み、やっぱり通おうかなあという気持ちが生まれたのは事実である。メインの登場人物は女性三人だ。ラーメン食べ歩きが趣味で、その界隈ではちょっとした有名人でもあるテンポ。美人だし、美にも意識的であるが、自分の身長の低さがコンプレックスのサナ。フィットネスで先生として働き、エアロビ教室などを受け持っているユイ。 テンポがフィットネスに通いはじめた理由は、代謝を上げて、ラーメンをいっぱい食べるため。サナは、筋肉をつけ、さらには姿勢を改善して身長を伸ばすため。まるっきり違うタイプの二人が、優しいユイ先生のアドバイスを参考にしな...more
カテゴリー:

【芸能】カラテカ・矢部太郎の実話マンガが話題 じわじわと売れ続け現在15万部 - 12月17日(日)12:46  mnewsplus

2017年12月16日 掲載 カラテカ・矢部太郎の実話マンガが話題 じわじわと売れ続け現在15万部  12月12日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『漫画 君たちはどう生きるか 』が獲得した。  第2位は『九十歳。何がめでたい』。第3位は『信仰の法 地球神エル・カンターレとは』となった。 大切な人をもっと大切にしたくなる、 泣き笑い、奇跡の実話漫画『大家さんと僕』矢部太郎[著](新潮社)  4位以下で注目は7位の『大家さんと僕』。お笑い芸人のカラテカ・矢部太郎さんが...
»続きを読む
カテゴリー:

「映画ドラえもん」最新作に山下大輝ら超豪華声優陣が出演決定! - 12月17日(日)05:00 

劇場版38作目となる、2018年3月3日(土)公開の「映画ドラえもん のび太の宝島」に、山下大輝、折笠富美子、悠木碧、大友龍三郎、早見沙織ら豪華声優陣が出演することが発表された。 【写真を見る】山下大輝、早見沙織ら新たに出演が発表された声優陣/(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018 本作は、夢とロマンあふれる大海原を舞台に、太平洋上に突如現れた謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げる物語。 また俳優・大泉洋が、のび太たちを襲う海賊船の船長キャプテン・シルバーを演じ、さらに星野源が主題歌と挿入歌を手掛けることでも話題を集めている。 2018年春、果てしなく広がる水平線の向こうに誕生した「宝島」を目指して、のび太たちの海賊船が出航する。 そして新たに出演する声優陣が発表された。 魅力的なハイトーンボイスの持ち主で、「弱虫ペダル」(主人公・小野田坂道役)などで人気の山下大輝が、のび太たちが海で出会った宝島の重要な秘密を知る少年「フロック」を演じ、さまざまな女性の声を演じ分けて「BLEACH」(朽木ルキア役)などのメインキャラクターを数多くこなす折笠富美子は、しずかちゃんにそっくりなフロックの妹「セーラ」役に。 重低音で渋い声が特徴の大友龍三郎はキャプテン・シルバー率いる海賊の一味の二丁拳銃で戦う「ガガ」役を、透明感のある癒やし系ボイスで人気を博す早見沙織が...more
カテゴリー:

「スプラトゥーン2」で使えるエンペラーギアをゲット!コロコロにシリアルコード - 12月15日(金)23:05 

本日12月15日に発売された月刊コロコロコミック2018年1月号(小学館)には、アクションシューティングゲーム「スプラトゥーン2」で使用できるシリアルコードが付属している。
カテゴリー:

乃木坂46松村沙友理:生駒里奈から「太鼓のようにたたかれ…」 初写真… - 12月15日(金)20:54 

 アイドルグループ「乃木坂46」の松村沙友理さんが15日、東京都内で初のソロ写真集「意外っていうか、前から可愛いと思ってた」(小学館)の発売記念イベントを行った。松村さんは、写真集について「私の乃木…
カテゴリー:

川端新さんの漫画『神軍のカデット』第四巻が12月12日に小学館から発売!宝塚大学東京メディア芸術学部マンガ領域 卒業生の活躍 - 12月18日(月)09:00 

宝塚大学東京メディア芸術学部 マンガ領域の2011年度卒業生でもあり、本学講師の川端新さんの漫画『神軍のカデット』第四巻(完結)が12月12日に小学館から発売いたしました。同作品は同社の月刊漫画雑誌「月刊!スピリッツ」で連載していた軍国ダークファンタジーです。
カテゴリー:

全身ポカポカの鍵は首にあり! 欅坂46・上村莉菜が試してみた - 12月17日(日)11:00 

マフラーを巻くことによる暖かさを実感している人は多いはず。実は、さらに積極的に首を温めることで、根本的な冷えにもアプローチできるんです! 首が全身を温めるメカニズムを、自律神経の第一人者に伺います。実際に首温活を試した欅坂46の上村莉菜さんも驚きの効果があったようです。 「温活について考えるときに、切っても切り離せないのが自律神経です」と話すのは、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生。 「自律神経には血流をコントロールする働きがあります。交感神経が優位なときは血管が収縮し、副交感神経が優位になると血管は拡張する。ストレスに晒される機会が多い現代の女性は、常に交感神経が優位な状態です。すなわち、血管は収縮したままに。結果として、ひどい冷えや肩こりなどの血流障害につながります」 それを防ぐには、副交感神経を優位にして血管を広げることが大切。その鍵を握るのが“首”。 「首は皮膚から近い位置に太い血管があり、温熱が届きやすい。つまり首を温めると、血管周囲の筋肉も緩み、血管が広がりやすくなり、効率よく全身に温かい血液が巡るのです。同時に迷走神経という、脳から腸にまで唯一届いている神経にも刺激が伝わります。その結果、副交感神経の働きも高まり、血管が広がる。温まった血液が全身に巡りやすくなるんです」 首はマフラーなどで通勤中や仕事中にも気軽に温められるのがメリット。首温活で副交感神経アップ&体ポカ...more
カテゴリー:

「妹さえいればいい。」第11話の先行カットが到着。新刊発売を祝う会でカオスな展開に! - 12月16日(土)19:25 

テレビアニメ「妹さえいればいい。」第11話の先行カットとあらすじが到着しました。 第11話「主人公にさえなればいい。」より/ (C)平坂読・小学館/妹さえいれば委員会 <第11話「主人公にさえなればいい。」あらすじ>伊月に頼まれて著者校を出版社に届けに行った京は、那由多の原稿を待ち続けている編集者・山県と出会う。自ら提案して那由多のもとへ出かけて原稿を書かせることに成功した京は、山県から大いに感謝される。京は編集者という職業への興味をますます募らせていくのだった。新刊が無事発売されたのを祝う会で、伊月たちは「ワンス・アポン・ア・タイム」という物語を作るゲームを始めるのだが、非常にカオスな展開が待っていた……。 第11話「主人公にさえなればいい。」は、12月17日(日)22時30分からのTOKYO MXを皮切りに、サンテレビ・KBS京都・BS11・AT-Xで放送。Amazonビデオ・GYAO!ストア・J:COMオンデマンド他にて、毎週水曜12時から配信されます。 本作は、平坂読さんによるライトノベルが原作。妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの小説家・羽島伊月が、天才作家にして変態の可児那由多、女子大生の白川京、イラストレーターのぷりけつ、鬼畜税理士の大野アシュリーなど個性豊かなキャラクターに囲まれながら、楽しくも心に刺さる日常を繰り広げる青春ラブコメ群像劇です。(WebNewt...more
カテゴリー:

「コロッケ!」新シリーズがアニキで開幕、しょこたんがポケモン愛描くマンガも - 12月15日(金)21:20 

樫本学ヴ「コロッケ!」の新シリーズ「コロッケ!~BLACK LABEL~」が、本日12月15日発売のコロコロアニキ2018冬号(小学館)にて開幕した。
カテゴリー:

スチャダラパーの新メンバーになれる?コロコロアニキで20年ぶり投稿コーナー復活 - 12月15日(金)20:39 

本日12月15日発売のコロコロアニキ2018年冬号(小学館)にて、スチャダラパーの連載「スチャダラ通信」が約20年ぶりに復活した。
カテゴリー:

もっと見る

「小学館」の画像

もっと見る

「小学館」の動画

Wikipedia

株式会社小学館(しょうがくかん)は、東京都千代田区にある日本の総合出版社。系列会社グループの通称「一ツ橋グループ」の中核的存在である。

概要

社名の由来は創設時に小学生向けの教育図書出版を主たる業務としていたことに起因する。特に学年別学習雑誌は長らく小学館の顔的存在として刊行され続けてきたが、2000年代から2010年代にかけて相次いで休刊され、2017年現在、月一回発売されているのは「小学一年生」のみとなっている。1926年に娯楽図書部門を集英社として独立させたが、太平洋戦争後は娯楽図書出版に再進出し、総合出版社へ発展した。

2006年度の総売上高で、それまで国内出版業界で最大手だった講談社を抜き、小学館が最大手となった(講談社は1,456億円(2006年11月期)、小学館は1,470億円(2007年2月期))が、2007年度の決算では講談社は売上高1443億100万円、小学館は売上高1413億4400万円となり、業界最大手の座を講談社に奪還された。

歴史
  • 1922年(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる