「小学館」とは?

関連ニュース

林原めぐみと沢城みゆきが「境界のRINNE」新章に! - 02月20日(月)22:25 

NHK Eテレで、4月8日(土)より「境界のRINNE」第3シリーズの放送が決定(毎週土曜昼5:35‐夜6:00)。また、新たな登場キャラクター2人の声を沢城みゆきと林原めぐみが担当することが分かった。 【写真を見る】新キャラクターの人気占い師、姉祭・アネット・瞳/(C)高橋留美子・小学館/NHK・NEP・ShoPro 同番組は、“死神みたいな仕事”をしている貧乏な高校生、六道りんねと、幽霊が見える冷静沈着なヒロイン、真宮桜を中心とした個性豊かなキャラクターたちが登場する学園&ラブコメディー。 第3シリーズでは新たに、超人気の占い師、姉祭・アネット・瞳と、謎に包まれていたりんねの母、六道乙女が登場する。 アネットを演じることになった沢城は、「アニメ『犬夜叉』を楽しみにしていた月曜の夜を懐かしく思い出しました。高橋留美子先生の漫画の一員になれること、とてもうれしく今からワクワクしているところです!」と素直な感想を語った。 一方、乙女役に決まった林原は、「ああ、やっと出ることができます。『らんま1/2』から、どれだけ待ち望んだことでしょう。やっと、やっと“高橋留美子ワールド”へ帰って来ました。狂喜乱舞でござぁいます。先生から頂いたお年賀状のイラストとコメントを胸に抱きアフレコに臨みます」と、思い出を振り返りながら、今作への参加の喜びを表した。 【関連記事】 ・公開目前!劇場版アニメ“...more
in English
カテゴリー:

早川書房「ツイッターの認証バッジ」却下に同情集まる - 02月20日(月)11:01 

早川書房公式Twitter公式アカウント(@Hayakawashobo)が2月14日、「アカウントの認証リクエスト」が却下されたことに凹むツイートを投下。「アイデンティティ喪失の危機」を嘆くと、多くの応援とともに他の公式アカウントへの連鎖反応も引き起こしていた。「認証済みアカウント」バッジは、従来Twitterが選定した相手にだけ与えられていたが、2016年から誰でも申請が可能になったもの。早川書房公式Twitter公式アカウントは14日、「【悲報】」として、認証リクエストが通らなかったことを報告するとともに、「我々は、公式のアカウントであるにもかかわらず、ツイッター的にはニセモノと認定されたことに。アイデンティティ喪失の危機ですね」と呆然。認証バッジが与えられる対象として、「音楽、演劇、ファッション、政府、政治、宗教、ジャーナリズム、メディア、スポーツ、ビジネス、その他の注目分野のアカウントによって管理されているアカウント」とされていることを引用しながら、「なるほど『本』とか『出版』とかはないんですね……って、そうじゃないでしょ!」と嘆いた。ちなみに、出版社でTwitterを運用しているところのバッジ事情をみてみると、例えば集英社では「集英社PR」(@SHUEISHA_PR)や「集英社文芸書」(@shueisha_bungei)はバッジがないが、「BAILA」(@BAILA_ma...more
in English
カテゴリー:

高梨臨、赤裸々女子会トークの経験を紹介「ズバズバ言っちゃうタイプ」 - 02月20日(月)10:43 

読売テレビ・日本テレビ系で4月6日にスタートする木曜ドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59~)で主演を務める高梨臨が、クランクインを翌日に控えた19日、都内で行われた取材会に出席。4年ぶりの主演への意気込みや、作品のみどころなどを語った。同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2ヶ月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・雄島佳介(田中圭)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチのウラには実は乗り越えられない過去が……。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。4年ぶりの主演について、高梨は「作...more
in English
カテゴリー:

金正男暗殺 20年前の「金正日の甥」銃撃との共通点 - 02月20日(月)07:00 

 2月13日、北朝鮮の最高指導者・金正恩の異母兄である金正男がマレーシアの首都・クアラルーンプールの国際空港で殺害された。北朝鮮情勢をウォッチする公安関係者は、驚きを隠さない。 「東南アジアで北朝鮮の暗殺部隊が動いているという情報が昨年の春頃からあったが、まさか金正男を狙っていたとは……。金正男は投資顧問のビジネスをしており、ここ数年、マカオと香港やシンガポール、マレーシアなどを行き来する生活をしていた。マカオであれば中国の警備要員がついていたはず。監視から離れた隙を北朝鮮の工作員は狙ったのだろう」  中朝関係に詳しいジャーナリストの富坂聰氏はこう言う。 「金正男の存在はもはや中国にとって利用価値があるものではなく、本気で保護すべき存在ではなかったはず。しかしだからこそ、このタイミングであえて暗殺することには中国国内でも衝撃が広がっています」  暗殺のタイミングをめぐって情報関係者の間で話題となったのは、20年前に起きた暗殺事件と符号する点が極めて多かったことだ。北朝鮮事情に詳しいジャーナリストの李策氏が語る。 「金正日の甥で、金正男の従兄弟にあたる李韓永(=イハニョン。金正男の母である成恵琳の姉の息子)です。スイスの大学に留学後、韓国に亡命した彼は、金一族のことを書いた暴露本を出版したり、日本メディアの取材にも応じるなどした。その後、彼は韓国の友人宅前で北朝鮮の工作員2人に銃撃さ...more
in English
カテゴリー:

【野球】野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」 - 02月19日(日)18:22 

昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、 それについて、野球評論家、野村克也氏(81)が、自ら連載している2月20日発売の月刊『本の窓』(3、4月合併号)の「野村の日本プロ野球史」のなかで異議を唱えている。 広島カープでの永久欠番は“ミスター赤ヘル”こと山本浩二の「8」、“鉄人”衣笠祥雄の「3」に続く三例目。 松田元オーナーは、「理由はふたつ。彼の残した成績と優勝したこと。それとお金だけではない価値観をいまの社会に示した」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】ノムさん、黒田永久欠番に「がっかりした」 なってしかるべきは「この私だ」 - 02月20日(月)18:30 

2016年シーズン限りで現役を引退した元広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番になったことについて、野球評論家の野村克也さん(82)が雑誌の連載コラムで「ぼやき」を連発した。 黒田投手の永久欠番は、日米通算203勝という通算成績に加え、メジャーからの高額オファーを蹴って古巣・広島に戻った「男気」が評価されたものだ。だが、この決定を知った野村さんは「プロ野球と関わりたくなくなったほどがっかりした」という。 永久欠番も安っぽくなった」 野村さんが永久欠番に関する「ぼやき」を連発したのは、2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

高梨臨、赤裸々女子会トークの経験を紹介「ズバズバ言っちゃうタイプ」 - 02月20日(月)11:00 

読売テレビ・日本テレビ系で4月6日にスタートする木曜ドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59~)で主演を務める高梨臨が、クランクインを翌日に控えた19日、都内で行われた取材会に出席。4年ぶりの主演への意気込みや、作品のみどころなどを語った。同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2ヶ月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・雄島佳介(田中圭)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチのウラには実は乗り越えられない過去が……。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。4年ぶりの主演について、高梨は「作...more
in English
カテゴリー:

【乃木坂46】「次世代エース」山下美月の“伝説”開幕 「スピリッツ」初表紙・巻頭グラビア登場 美脚披露 - 02月20日(月)10:16 

乃木坂46の3期生・山下美月(やました・みづき)が、20日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」12号の表紙を飾る。 ◆“づっきー”が初表紙・巻頭グラビア 昨年、乃木坂46・3期生オーディションに合格し、「週刊ビッグコミックスピリッツ」賞を受賞した“づっきー”こと山下美月が、初表紙・巻頭グラビアで登場。 誌面では、制服やリラックスした部屋着姿、美脚あらわなミニスカートなどを着こなし。 撮影の序盤は、緊張からか少し表情が固かった彼女だが、撮影が進むにつれていろんな表情を見せてくれるように。 将来のエース候補...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」 ★2 - 02月19日(日)20:57 

昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、 それについて、野球評論家、野村克也氏(81)が、自ら連載している2月20日発売の月刊『本の窓』(3、4月合併号)の「野村の日本プロ野球史」のなかで異議を唱えている。 広島カープでの永久欠番は“ミスター赤ヘル”こと山本浩二の「8」、“鉄人”衣笠祥雄の「3」に続く三例目。 松田元オーナーは、「理由はふたつ。彼の残した成績と優勝したこと。それとお金だけではない価値観をいまの社会に示した」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

芸能界引退…乃木坂46の橋本奈々未にのしかかる最後の重圧 - 02月19日(日)17:10 

2月20日をもって芸能界を引退する乃木坂46の橋本奈々未。同日、自身のラスト写真集「2017」(小学館)が発売されるが、橋本にはプレシャーが重くのしかかっているという。 プレッシ...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「小学館」の画像

もっと見る

「小学館」の動画

Wikipedia

株式会社小学館(しょうがくかん)は、東京都千代田区にある日本の総合出版社。系列会社グループの通称「一ツ橋グループ」の中核的存在である。

概要

社名の由来は創設時に小学生向けの教育図書出版を主たる業務としていたことに起因する。特に学年別学習雑誌は長らく小学館の顔的存在として刊行され続けている。1926年に娯楽図書部門を集英社として独立させたが、太平洋戦争後は娯楽図書出版に再進出し、総合出版社へ発展した。

2006年度の総売上高で、それまで国内出版業界で最大手だった講談社を抜き、小学館が最大手となった(講談社は1,456億円(2006年11月期)、小学館は1,470億円(2007年2月期))が、2007年度の決算では講談社は売上高1443億100万円、小学館は売上高1413億4400万円となり、業界最大手の座を講談社に奪還された。

歴史
  • 1922年(大正11年) - 相賀武夫により創設。
  • 1926年(大正15年) - 娯楽雑誌部門を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる