「小学館」とは?

関連ニュース

週刊裏読み芸能ニュース 4月22日から4月28日 - 04月29日(土)18:00 

■4月22日(土) 上原さくらがグラビア挑戦を報告 上原が自身のブログで、24日発売の「週刊ポスト」(小学館)で人生初の袋とじグラビアに挑戦したことを報告。同誌では40歳とは思えな...
in English
カテゴリー:

高須院長、北朝鮮情勢を読む「米朝開戦は五分五分」 - 04月29日(土)07:00 

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は緊迫する北朝鮮情勢についてお話をうかがいました。  * * * ──北朝鮮情勢の緊張が高まっています。 高須:ロシア軍も北朝鮮との国境に部隊を移動させているようだね。これはもう一触即発ということなんだと思う。プーチン大統領もアメリカの動きを傍観するわけにもいかないだろうから、牽制をしているんだろうね。  ただ、北朝鮮をどうこうしたいということよりも、極東でアメリカが攻撃を始めること自体が、ロシアにとって不都合だということなんだろうね。ここでもしも北朝鮮がアメリカに屈して、さらには中国もアメリカにやられちゃうと、アメリカ一強になってしまう。ロシアとしては、その状況はできれば避けたい。アメリカが軍事力を発揮して、今のバランスが崩れるのは困るからね。アメリカにヘタなことをさせないためにも、北朝鮮に肩入れする動きを見せて、トランプの動きを封じたいんだろうな。 ──日本としてみたら、ロシアの肩入れが北朝鮮の暴走を駆り立てているようにも感じます。 高須:それは本当に困った話だよ。ロシアとしてもそう簡単に戦争なんてことにはなってほしくないはずで、そのためにはプーチンが金正恩をうまくコントロールしなくちゃいけない。金正恩もバカじゃないから、戦争はしないほうがいいってわかっているだろうけど、プーチ...more
in English
カテゴリー:

さぁ読むぞ!2位るろ剣「連休中に一気読みしたい少年・青年漫画」1位は - 04月28日(金)20:40 

大型連休が近くなると、どこに出かけようかなと浮足立つもの。ですが、外に出ることだけが充実した連休というわけでもありません。例えば、たっぷりある時間を懐かしの漫画に費やし、一気に読みこむというのも、連休の醍醐味ですよね! そこで今回は、一般男女500名に「大型連休中に一気読みしたい少年・青年漫画」について独自アンケートを実施。誰もが何度読んでも面白いと思う、名作たちをご紹介します!   ■同率2位:『るろうに剣心』(和月伸宏)(9.0%) 改めて考えると「るろうに剣心」って完璧な漫画だよなwwwww(画像あり) https://t.co/HkZsuIe5iN pic.twitter.com/R3IXUK7xnc — ジャンプまとめ速報 (@jump_sokuhou) 2017年2月23日 同率で2位だったのは、『るろうに剣心』でした。 「るろ剣読んだことなくて、いつか一気読みしたいなーと思ってたので、今年実行します」、「追憶編が面白くて、毎年実家で一気読みしちゃう」、「今でも、俺の青春。何度でも読みたくなる」と、古くからのファンが多数いるよう。 『るろうに剣心』は1994年~1999年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、1996年にアニメ化、さらに2012年、2014年に実写映画化されており、長年にわたり世代を超えて愛され続けている作品。 one ok rockるろ...more
in English
カテゴリー:

知念侑李単独初主演で「坂道のアポロン」映画化!共演に中川大志と小松菜奈 - 04月28日(金)12:40 

知念侑李(Hey! Say! JUMP)が単独初主演し、中川大志と小松菜奈共演で、人気少女コミック「坂道のアポロン」を実写映画化することがわかった。 原作の「坂道のアポロン」は、人気マンガ家・小玉ユキが2007年11月号から12年3月まで「月刊flowers」で連載した作品。「このマンガがすごい!2009」オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化(2012年4月〜6月放送)もされた青春音楽ラブストーリーだ。 舞台は長崎県・佐世保市。高校1年生の西見薫(にしみ・かおる)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(かわぶち・せんたろう)と心優しいクラスメイト・迎律子(むかえ・りつこ)との出会いが彼を変えていく。初めてできた親友、初めての片思い、千太郎を通じて知ったジャズの魅力…。海辺の街を舞台に、切ない恋と胸を打つ友情、そして音楽がまぶしく交錯しながら物語が展開していく。 知念が演じるのは都会からの転校生・西見薫役。ジャズピアノの魅力に目覚めていく役柄を演じるため、昨年9月よりピアノの練習を開始し、初回の練習から未経験とは思えないセンスの良さを見せ、2度目の練習をした際は、家で自主練して完璧に覚えてくるという...more
in English
カテゴリー:

知念侑李が単独初主演!『坂道のアポロン』が実写映画化 - 04月28日(金)09:01 

第57回小学館漫画賞を受賞した小玉ユキによる青春ジャズ漫画「坂道のアポロン」の実写映画化が決定した。さらに、Hey! Say! JUMPの知念侑李が単独初主演、共演者は中川大志、小松菜奈に決定!長崎県・佐世保市を舞台に、親戚に引き取られた高...続きを読む
in English
カテゴリー:

着るだけで美人になれる!上品レーストップスはこの春絶対買いアイテム!【春トレンド指名買い】 - 04月29日(土)12:00 

もう厚手のアウターもいらなくなってきて、春本番の季節です! ファッションも徐々に春にシフトしていきたいところ。この春ゲットすべきアイテムを、ファッション誌『CanCam』で活躍するスタイリストの奥冨志誉里さん聞いてみました! ■美人見えする!レースの透けブラウスは絶対買い!   ブラウス¥7,900(AILES TOKYO<ECLIN>) 「淡いオレンジとベージュの間の、ヴィンテージな色に惹かれました。インナーは白や黒だとコントラストが強いので、同系色のベージュがおすすめ!」(奥冨さん)   実際に着てみると、こんな感じ。繊細なレースからちらっと見える素肌が色っぽく上品な印象に。 首元にギャザーがはいっていて、顔周りがすっきりと見えます。   「なんだか着やせして見えるし、着心地もばっちり。ノースリワンピを重ね着してもサマになりそうだし、一枚あればいろいろ着回せそうですね!」とモデルの尾身さんも大絶賛! このアイテムは、小学館女性誌の通販サイト『editstore』で購入することができます。ぜひ早めにチェックしてみてくださいね! ◆editstore 【あわせて読みたい】 ※2017年夏トレンドは「ブラック×レース」!この夏ゲットすべきトレンド水着はコレ! ※今欲しい「大人かわいい」が詰まった、まいまいコラボのコットンレースワンピース ※流行のレ...more
in English
カテゴリー:

『お酒は夫婦になってから』TVアニメ化に「しふく!」 - 04月29日(土)01:02 

 無料漫画サイト「やわらかスピリッツ」(小学館)で連載中の『お酒は夫婦になってから』(原作:クリスタルな洋介)が、テレビアニメ化されることが発表された。2015年4月より連載が始まり、これまでにコミックス第1~5集を発売中。カクテル好きの間では「しふく!」のフレーズでおなじみ、かも。最新第6集は5月12日発売予定。 【画像】クリスタルな洋介氏の自画像  無口だけど優秀な美人主任・水沢千里には、夫の壮良しか知らない秘密がある。それはお酒が大好きで、酔うととってもかわいくなってしまうこと。今晩も、ソラの作るカクテルでちーちゃんは”しふく”なほろ酔い気分。日本一のイチャイチャ夫婦の”酔いデレ”カクテルコメディー。  クリスタルな洋介氏は、2008年より『週刊少年サンデー』(小学館)にて『オニデレ』を連載。無料漫画サイト「サンデーうぇぶり」にて『おとこのこ妻』、その他の代表作に『ひめはじけ』(小学館) 、『M・ゲーム』(少年画報社)など。  「この一報を聞いた時は、信じられませんでした。いまだに実感が湧きませんが、僕もスタッフの一人として、全力を尽くしたいと思います。と、いう建て前は置いといて。わーーーい! うれしーーーーーーーー!」とコメントを寄せている。 ■公式サイト http://www.osakefufu-anime.jp 【関連記事】 『妖怪アパートの幽雅な日常』T...more
in English
カテゴリー:

【映画】「坂道のアポロン」実写映画化!主演は知念侑李、中川大志&小松菜奈も出演 - 04月28日(金)15:12 

小玉ユキ「坂道のアポロン」の実写映画化が決定した。主人公の西見薫役は知念侑李(Hey! Say! JUMP)、川渕千太郎役は中川大志、迎律子役は小松菜奈が演じる。 月刊flowers(小学館)にて2007年から2012年まで連載されていた「坂道のアポロン」は、ジャズを通じて交流を深めていく学生たちを描いた青春ラブストーリー。長崎県佐世保市に引っ越してきた心を閉ざしがちな転校生・薫は、ドラムを叩く不良少年・千太郎と、心優しいクラスメイト・律子に出会ったことで変わっていく。同作は「このマンガがすごい!2009」オンナ編で1位を獲得...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

知念侑李が単独初主演!『坂道のアポロン』が実写映画化 - 04月28日(金)09:01 

第57回小学館漫画賞を受賞した小玉ユキによる青春ジャズ漫画「坂道のアポロン」の実写映画化が決定した。さらに、Hey! Say! JUMPの知念侑李が単独初主演、共演者は中川大志、小松菜奈に決定! 【写真を見る】原作コミックは全 9巻+BONUS TRACK1巻。12年には渡辺信一郎監督でTVアニメ化され話題に。/(C)2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会 長崎県・佐世保市を舞台に、親戚に引き取られた高校1年生の西見薫(にしみかおる)が”ジャズ”と出会い、人生を大きく変えていく成長物語。 優等生で周囲に心を閉ざしがちな主人公・薫を演じる知念侑李は本作でラブストーリーに初挑戦。「脚本を読んだ時、最近の実写化映画にはない素朴さや繊細さが魅力的な作品だと感じました。そんな魅力を伝えられるよう三木監督の元で素敵なキャストの皆さんと共に演じていきたいと思います。この作品でキーとなるジャズは絶賛練習中です。主人公のようにジャズを楽しみながら撮影していきたいと思います」と意気込みを語っている。 また、ジャズピアノの魅力に目覚めていく役柄を演じるため、昨年9月よりピアノの練習を開始。初回の練習から未経験とは思えないセンスの良さを見せているようで、自ら電子ピアノを購入するなど気合十分! 薫をジャズの世界に引きこむ“学校一の荒くれ者”川渕千太郎(かわぶちせんたろう)には、中川大志...more
in English
カテゴリー:

『坂道のアポロン』実写映画化 主演・知念侑李&中川大志はピアノとドラムのセンス抜群!? 脅威のスピードで上達中 - 04月28日(金)08:00 

第57回小学館漫画賞を受賞し、2012年にノイタミナ枠でアニメ化もされ、本格的なジャズサウンドが男女ともに多くのファンを魅了した『坂道のアポロン』の実写映画化が決定、メインキャストが発表されました! 都会から長崎県・佐世保市へと引っ越してきた転校生で、周囲に心を閉ざしがちな主人公・西見薫には、単独初主演となる知念侑李さん(Hey!Say!JUMP)。 “札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎は、今注目の若手俳優・中川大志さん、千太郎の幼馴染で町のレコード屋の娘、薫が想いを寄せる心優しい女の子・迎 律子を小松菜奈さんが演じます。 本作でメガホンを取るのは、最新作『先生!』が公開待機中、『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『僕等がいた(前篇・後篇)』『陽だまりの彼女』『ホットロード』などを手掛ける、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督。 三木監督はどれだけ少女漫画の実写映画化に携わるんだ……という感じになってきましたが、自身も音楽好きで、多数のミュージックビデオを手掛け、『ソラニン』『くちびるに歌を』『青空エール』などの音楽をモチーフにした映画を数多く手掛けてきており、本原作のメッセージ性に共感し、本作の監督を快諾したとのこと。キュンとしたり、切なくなる友情・恋模様は勿論のこと、やるからには“最高の音楽シーン”を目指すと意気込みを見せているそうです。 ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「小学館」の画像

もっと見る

「小学館」の動画

Wikipedia

株式会社小学館(しょうがくかん)は、東京都千代田区にある日本の総合出版社。系列会社グループの通称「一ツ橋グループ」の中核的存在である。

概要

社名の由来は創設時に小学生向けの教育図書出版を主たる業務としていたことに起因する。特に学年別学習雑誌は長らく小学館の顔的存在として刊行され続けている。1926年に娯楽図書部門を集英社として独立させたが、太平洋戦争後は娯楽図書出版に再進出し、総合出版社へ発展した。

2006年度の総売上高で、それまで国内出版業界で最大手だった講談社を抜き、小学館が最大手となった(講談社は1,456億円(2006年11月期)、小学館は1,470億円(2007年2月期))が、2007年度の決算では講談社は売上高1443億100万円、小学館は売上高1413億4400万円となり、業界最大手の座を講談社に奪還された。

歴史
  • 1922年(大正11年) - 相賀武夫により創設。
  • 1926年(大正15年) - 娯楽雑誌部門を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる