「小学生時代」とは?

関連ニュース

バレンタインのチョコ持ち込みはアリ? ナシ? 小学校教員の粋な計らいに賛否の声 - 02月24日(土)20:00 

今年も2月14日にバレンタインデーが到来し、多くの人がチョコレートと共に思いを伝え、悲喜こもごもあったご様子。 【写真を見る】「外で渡せば万事丸く収まるやん」という声も それは小学生も例外ではないようですが、学校によってはチョコレートの受け渡しが禁止されているところもあるようです。 ■ チョコ持ち込みに関する神対応 今年2月のバレンタインデー直前に、とあるTwitterユーザー(@_h_e_r_o_i_n_)が小学生時代の思い出をツイート。同ユーザーが通っていた小学校ではバレンタインチョコの受け渡しが禁止されており、先生は当日にチョコを持ってきた人を教室に残したそうです。 しかし頭ごなしに怒るようなことはなく、好きな人の机にチョコを入れるのを容認してくれたとのこと。 このエピソードに他のTwitterユーザーからは、「これはファインプレーだと思う」「素敵な先生じゃないか」「粋な計らい過ぎて惚れそう」「むしろ先生の机にチョコを入れたい」といった声が続出しました。 その一方で、「結局容認してしまったら正直に決まりを守った子が報われないのでは?」「泣く泣くルールを守った子のことを考えたらちょっと可哀そう」との指摘も。本来は禁止されているチョコレート持ち込みの容認には、賛否の声があるようです。 ちなみに学校教員向けのWEBサイト「JUST.School」には、「バレンタインデーのチョコの持...more
カテゴリー:

単行本「永世七冠 羽生善治」発売 森内九段との初対談など内容盛りだくさん - 02月23日(金)17:06 

 藤井聡太六段の活躍で将棋がかつてないブームになっているが、それでも現在の第一人者であるのは永世七冠となった羽生善治竜王だろう。2月24日に宝島社(東京)から発売される羽生善治著「永世七冠 羽生善治」(価格1,300円+税)は、ファンなら是非読んでおきたい一冊になりそうだ。【写真】関連情報を含む記事はこちら  羽生善治竜王は、15歳で史上3人目の中学生プロ棋士となり、26歳で七冠制覇を達成したのは周知の通り。当時、ぼくとつとした雰囲気や寝癖が付いたヘアスタイルとは対照的に、圧倒的な強さを誇り天才と称され、日本中に羽生フィーバーが巻き起こった。その後も躍進を続け、昨年2017年に前人未到の「永世七冠」を達成、今年ついに将棋界初となる国民栄誉賞を受賞した。 本書は、小学生時代からの永遠のライバルで永世名人資格者である森内俊之九段との、初となる対談を64ページにわたって収録。対談では、永世七冠という前人未倒の記録についてや、初めて将棋を覚えた時のこと、二人が初めて対戦した思い出、さらにAIの参入についても語っている。 また、40年間将棋界を撮り続けてきた弦巻勝氏の写真で振り返る羽生竜王の小学生時代から現在までの軌跡や、少年時代の羽生竜王が腕を磨いた「八王子将棋クラブ」の八木下征男席主のインタビューなどを掲載している。 さらに、将棋の才能だけではなく、「努力」「直感力」「向上心」という人間...more
カテゴリー:

森三中・黒沢かずこ「朝ごはんを食べるなんて欲深い!」発言、そのワケとは? - 02月20日(火)10:30 

2月19日放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に出演した黒沢かずこ(森三中)が、「朝ごはん」を中学に入るまで知らなかったと、衝撃!?の真実を告白した。 【写真をみる】「食べもの=性のイメージがあって、朝ごはんを食べるなんて、性欲むき出しにみえた!恐ろしい!」と持論を展開していた森三中・黒沢かずこ 中学1年生まで「朝ごはん」の概念がなかったという黒沢。小学生時代の朝は決まって「スポロン(乳酸飲料)1本。果糖ブドウ糖の力は本当にスゴイなと思っていました」 「実家が食堂喫茶なんだから、普通ならモーニングを出すほうなのに、なんで朝ごはん食べられなかったんですか?」とゲストの前野朋哉が的確な質問をぶつけると「その時間、親はパチンコに行っているから」と。さらに、両親の生活の中心がパチンコだったため「営業している時間が少なかったから『黒沢の家はいつ営業しているんだ』って学年中で噂になって、ついたあだ名が『準備中』だった」と、悲しい!?エピソードを明かした。 中学に入ってもまだ「朝、ご飯を食べる」ということを知らないまま黒沢は、朝練ありのソフトボール部に入部。朝ごはんを食べないまま、部活に参加していたという黒沢に「えぇ~」出演者たちが驚きの声をあげても「スポロン1本飲んでいましたから。果糖ブドウ糖があるんで力にはなっていました!」 とは言え、育ち盛りの上さらに朝練にまで参加していた黒...more
カテゴリー:

我が子が繋げてくれた「ご縁」。信頼できる「ママ友」とのお付き合いとは - 02月15日(木)13:50 

世間では、その付き合い方に不安を感じている方もいる「ママ友」という存在。「ママ友」との付き合いかたは複雑で、どこまで踏み込んでお付き合いすればいいものかと悩んでしまいます。なかには相談したことが周囲に尾ひれがついて広まってしまったりなど、悲しい現実があります。しかしママ友から本当の友達へ、良い関係を築いたママたちもいらっしゃいます。 あなたには信頼できるママ友がいますか? いませんか? 心からは信頼しない。「所詮はママ友」派 ママ友はママ友として割り切る派のご意見。最近のママ友事情だと「深入りせず!」が原則のようになってきていますね。子どもをメインとした繋がりのママ友だと、ママ同士の相性が必ずしも良いとは限らないようです。 『ママ友では一人もいない。 それどころか心から信頼できる友達は、小学生時代からの親友一人だけしかいない。 ママ友は所詮ママ友』 『いない。 別に相手が悪いわけではなくて、新たにそこまで深い人付き合いをしようと思わない。 ママ友とは楽しくお話したりちょっとした愚痴を言ったりでちょうど良い』 『いない。 ママ友なんて信じちゃダメ』 『いないしいらない。 心から信用できる他人なんかまず現れないよ。 身内でも難しいのに』 「ママ友」は同士!同じ想いを共有できる存在 ママ友とのお付き合いは難しい……。しかしなかにはママ友に対し、感謝してもしきれないという方もいるよう...more
カテゴリー:

【芸能】浜田雅功 セレブモデルに怒りの蹴り「団地をバカにするなよ」 - 02月08日(木)11:36  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000096-spnannex-ent スポニチアネックス  お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功(54)が8日放送の読売テレビ「浜ちゃんが!」(水曜深夜1・09)に出演。ゲストのモデル・藤井サチ(20)のセレブなエピソードに「バカにしてるやろ」とツッコミを入れる場面があった。  この日の放送内容は浜田がゲストとともに買い物を楽しむという企画。「ルイ・ヴィトン ジャパン」の元社長を父に持つ藤井は、自己紹介を終えたのちに「家の間取りは16LLDDKK」と笑顔で告白。...
»続きを読む
カテゴリー:

『さよならの朝に約束の花を飾ろう』で監督デビュー、岡田麿里作品を輝かせる時間のジレンマ - 02月24日(土)11:00 

少女の姿のまま年を取らない主人公マキアと、彼女に育てられて成長していく少年エリアルの年代記。この映画を観て涙を流さずにいることなどできるだろうか。きっとどのような境遇にある人でも、自身の中に眠っている思い出が走馬灯のように駆け巡り、終盤にはスクリーンをまっすぐ見つめることさえ困難になるはずだ。 【写真を見る】美しい作画の数々に注目!場面写真はこちらからチェック/[c]PROJECT MAQUIA 深夜アニメというジャンルに市民権を与えることになった「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」でシリーズ構成と脚本を務めた岡田麿里。これまで数多くのアニメ作品の脚本を手がけてきた彼女は、2017年に実写映画の脚本に挑み、そして2018年ついに自ら監督という立場で作品に命を吹き込んだ。それが『さよならの朝に約束の花をかざろう』(公開中)だ。 外見の成長が止まり数百年生き続けることから“別れの一族”と称されるイオルフの民が暮らす集落に、あるときナザーテという国の軍隊が攻め込んでくる。その混乱の中を逃げおおせ、森の中で1人の赤ん坊とめぐり会ったマキアは、家族を失ってひとりぼっちになったその赤ん坊と自分の境遇を重ね合わせ、母親に代わって育てていくことを決意をする。 エリアルと名付けられた赤ん坊は、マキアと共に身を寄せた農場で幼い兄弟とともに成長し、動物の死を通して命の限界を知る。その後マキアと2...more
カテゴリー:

「さよ朝」新進声優・石見舞菜香を直撃!声優になったきっかけは「あの花」!? - 02月22日(木)16:00 

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(13)、『心が叫びたがってるんだ。』(15)などで知られる、脚本家・岡田麿里の初監督作品として注目を集める映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』(2月24日公開)。同作で10代半ばで外見の成長が止まり、寿命も数百年というヒロイン、マキア役の声を務めたのが新人声優・石見舞菜香。映画初挑戦にして主役の大役を担う石見に、作品への思いや、声優を志すようになったきっかけを語ってもらった。 【写真を見る】声優になるきっかけは、本作の監督・岡田麿里が手がけた作品だった!? ■ 声優を志したきっかけは岡田麿里が手掛けた作品 ヒロインを務めた「クジラの子らは砂上に歌う」(17)など17年だけで10数本のアニメで声優を務めた石見。そもそも声優を志した理由は岡田が手掛けた作品に起因する。「きっかけは『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に感動したからなんです!ヒロインの“めんま”の声を担当した茅野愛衣さんの演技に引き込まれて、私もこんな風に人の心を動かせる仕事がしたいと思うようになりました」と本人は語る。 さらに「(岡田)監督が脚本を手掛けた作品では、TVアニメ『凪のあすから』(13~14)も印象的です。ヒロインが私と同じ名前だったのが、作品に触れるきっかけだったのですが、空や海の映像がすごくきれいで惹き付けられました。美術監督が本作と同じ東...more
カテゴリー:

「うれしいよ」 小平の金、小学生時代の指導者も感無量 - 02月19日(月)11:29 

 小平奈緒の金メダル獲得から一夜明けた19日朝。出身地の長野県茅野市役所には「祝 小平奈緒選手 金メダルおめでとう!」の言葉と似顔絵入りの懸垂幕が掲げられ、喜びの輪が広がった。 地元の豊平地区や北部中…
カテゴリー:

通信教育の漫画、セミの抜け殻……小学生が母親に捨てられたモノ - 02月14日(水)08:00 

小学生の頃、夢中で収集していたものってありませんでしたか?親にとってはただのガラクタに過ぎず、無断で捨てられてしまうこともしばしば……。「小学生の頃、母親に捨てられたモノ」について、ヒトメボ読者に聞いてみました。 「バレンタインチョコがお母さんのだけ」 男性の半数が経験 ●牛乳瓶のキャップ 「給食で飲み終えた牛乳瓶のキャップ。友だちにも分けてもらいながら机の引き出しに大量に集めていたのですが、おかんの『臭い!』の一言とともに捨てられてしまいました(笑)」(東京・34歳男性) きっとキャップの多くはカビで黒ずんでいたはず……ゾッとしますね。 ●通信教育の付録 「とある通信教育のダイレクトメールについてくる漫画。大事にコレクションしていたのですが、母にまとめて捨てられたことがあり、大げんかになった覚えがあります」(東京・34歳男性) 「小学生のときに通信教育の『チャレンジ』をやってて、付録が毎回楽しみだった。ある日、コラショの算数マシーンをリビングに置いてたら母親に勝手に捨てられてた。ゲームだと思ったらしい」(東京・25歳男性) 子どもにとっては、むしろ漫画や付録が本体なのに……。 ●スーパーのチラシ 「なぜかスーパーのチラシが好きで、ストックしていました。でも母親が古いチラシを最新のものだと勘違いして買い物に出てしまうことが何度か続き、めちゃくちゃ怒られましたね(笑...more
カテゴリー:

今の若者はキーボードF8を押しても半角になるのを知らないらしい - 02月05日(月)17:56  news

キーボード操作も怪しい「若者のPCスキル不足」が話題に 小学生時代からパソコン教育を受けたにもかからわず、スマホの普及によりパソコン操作に苦戦する学生が増えているという。そんな現状を1月30日に「神戸新聞」が伝えた。ネットではかねてから指摘されていたことだが、改めて多くの反響が寄せられている。 スマートフォンの普及で、パソコンと疎遠になっている学生が増加。就職活動を前に苦戦を強いられているというのだ。 各大学はパソコンの課外講座を開くといった、キャリア支援を実施。民間のパソコン教室では学割コ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小学生時代」の画像

もっと見る

「小学生時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる