「小学生時代」とは?

関連ニュース

声優界最高の美女逢田梨香子、初写真集で最大の挑戦 小学生時代を過ごしたLAで撮影 - 04月26日(木)05:00 

 声優の逢田梨香子が、7月19日に1st写真集(タイトル未定/集英社)を発売することが、明らかになった。26日発売の『週刊ヤングジャンプ』(同)で発表された。初挑戦となる水着だけではなく、ランジェリー姿にも挑戦するなど、初めてにしてすべてが詰まった作品となりそうだ。 【写真】白いビスチェがまぶしい…笑顔の逢田梨香子  逢田は『ラブライブ!サンシャイン!!』桜内梨子役をきっかけにブレイク。アニメ映画の主演や、公開中のハリウッド大作『パシフィック・リム:アップライジング』の吹き替えも担当するなど、急速に活躍の場を広げている。また、“声優界最高の美女”と呼び声も高く、昨年からグラビアにも進出。11月発売の『ヤンジャン』で初表紙を飾ると、癒し系ルックスと豊かなバストが大反響を呼び、驚異的な売上を記録した。  そんな最旬美女声優の記念すべき初写真集の舞台は、自身が小学生のころに住んでいたアメリカ・ロサンゼルス。ゆかりの地だから見せることができた素の笑顔や、大人の自然な美しさは、ファンでも初めて触れる一面となりそうだ。  さらに、写真集の裏側や自身の生い立ち、将来の夢までを語ったロングインタビューを収録。写真と言葉で逢田梨香子のすべてを感じられる。  本作は全112ページで、初版限定でポスター1枚封入(全4種)。発売記念イベントの開催を予定している。 【関連記事】 【写真】Gui...more
カテゴリー:

「これがバーチャル洗濯機なんだよなぁ」愛と夢が詰め込まれた月ノ美兎の洗濯機3Dモデルがニコニ立体で公開 - 04月25日(水)20:00 

 にじさんじ所属のバーチャルライバーの月ノ美兎さん。学級委員も務める高校2年生という清楚な設定だったが、「小学生時代によく雑草を食べていた」「映画『ムカデ人間』を見たことがある」などサブカル発言をきっかけにブレーク。 それ以降も生配信をするたびに数々の伝説や名言を残し続け、現在、YouTubeのチャンネル登録者数は17万人(記事作成時)と、その勢いはとどまるところを知らない。  活動を始めた当初、月ノ美兎さんは、洗濯機の上にMacbookを置いて中腰の姿勢で生配信に臨んでいたという。そのエピソードをきっかけに「みとあーと(ファンアート)」ではたびたび洗濯機が登場している。  そんな月ノ美兎さんの代名詞とも言える洗濯機の“3Dモデル”が3DCG投稿共有サービスである「ニコニ立体」に投稿された。(作成・投稿:サンタPさん) 愛と夢が詰め込まれたバーチャル洗濯機 (画像はニコニ立体より)  ー関連記事ー 月ノ美兎の3Dモデル初お披露目! さらに彼女自身がムカデ人間に? 「月ノ美兎の放課後ニコ生放送局 」 が伝説すぎた NGワード「クソ」解禁、ムカデ人間再現、「VRはおっぱい触るためにあるの?」ニコ生で生まれた月ノ美兎伝説&名言まとめ 実物を忠実に再現!  この洗濯機、実は月ノ美兎さんのメーカー・型番まで忠実に再現してあるという。本人のツイートによると「パナソニックの全自動...more
カテゴリー:

AKB48小嶋真子、親友の番長キャラ暴露に真顔「考えて話してね」 - 04月24日(火)18:00 

 4月17日深夜に放送された『AKBINGO!』(日本テレビ系)で、AKB48チーム4の小嶋真子(20)が、親友から小学生時代の意外なエピソードを暴露される場面があった。  この日は先週に引き続き、学生時代にAKBメンバーよりモテていた友達が、メンバーたちのAKB加入前のさまざまなマル秘エピソードを披露した。まず登場したのは、小嶋と小学校から中学校を通じての親友で、現在は大学に通い、秘書を目指しているあんなさん。本人がスタジオに登場し、MCを務めるウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が、小嶋は学生時代にモテていたのか聞くと、あんなさんは「めっちゃモテてました」と即答して、高嶺の花のような存在だったと明かした。それを聞いた小嶋は「本当にやめて」と笑いながらあんなさんにじゃれついたが、急に声のトーンを落とし「ちゃんと私の職業を考えて話してね」と真剣な表情で頼み込んでいた。  そんな二人に、村本がどのぐらい仲が良かったのか聞くと、小嶋は「服ほぼ毎日一緒」と、二人で同じ服を着て撮った写真が紹介された。一方あんなさんは、小学校時代の小嶋が番長キャラで、めちゃくちゃ怖かったと暴露。あんなさんによると、小嶋がブランドの服を買ってきて見せるのだが、そのときに「同じ服を買わなきゃダメ」という無言の圧力をかけてきたという。  あんなさんはそれが恐怖で、すぐ祖母に連絡をして同じ服を買いに...more
カテゴリー:

「東京タラレバ娘」「海月姫」の敏腕女性編集者、夫はパート勤務のイクメンだった - 04月23日(月)12:11 

「東京タラレバ娘」などの人気作を世に送り出した漫画編集者・助宗佑美が、4月24日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)に出演する。講談社に務める34歳の助宗は、東村アキコら約20名を担当し「東京タラレバ娘」「海月姫」などの人気作を多数生み出してきた敏腕編集者。現在、月刊誌で9本の連載を同時進行している助宗の日常は、漫画家との打ち合わせに会議、実務作業と多忙を極めている。番組では、そんな膨大な仕事を滞りなく進める秘訣や、漫画家から厚い信頼を得ている独特の気配りなどを探っていく。一方で、同い年の夫、5歳の息子と暮らす家庭にも潜入。夫は、息子が生まれる2週間前に会社を退職し、現在はパートをしながら家事と子育てをメインで担当している。さまざまな家族の形がある中で、番組はこの形を選んだ助宗や夫の考え方に迫る。果たして、この関係をうまく行かせるための秘訣とは?また、小学生時代から読書好きで成績も優秀だった助宗だが、実は10代の頃から人知れぬ悩みがあったという。それは、自分には個性がないこと。漫画家をはじめとするクリエイターたちのように、何かを生み出し、1つのことにのめり込んだ経験もない自分に引け目を感じていたのだ。そんな彼女が漫画編集者という職業で見つけた自分の生きる道、そして“いつもしている7つのこと”=“セブンルール”とは? ...more
カテゴリー:

『save your dream』第2譜 金井恒太六段―高見泰地六段:第3期叡王戦 決勝七番勝負 第1局 観戦記 - 04月21日(土)17:00 

 今期から新たにタイトル戦へと昇格し、34年ぶりの新棋戦となった「叡王戦」の決勝七番勝負が2018年4月14日より開幕。 本戦トーナメントを勝ち抜き、決勝七番勝負へ駒を進めたのは金井恒太六段と高見泰地六段。タイトル戦初挑戦となる棋士同士の対局ということでも注目を集めています。  ニコニコでは、金井恒太六段と高見泰地六段による決勝七番勝負の様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。 (画像は叡王戦 公式サイトより) ■前回の観戦記・第1局観戦記 『save your dream』第1譜 第3期叡王戦 決勝七番勝負 第1局観戦記『save your dream』第2譜 白鳥士郎  前夜祭は名古屋城最寄りのKKRホテル名古屋で盛大に執り行われた。 会場からは城が見える。抽選で選ばれた80名の将棋ファン、そしてスポンサー関係者などで会場は早くも熱気に包まれていた。 両対局者が登場すると、その熱気は最高潮に達する。 金井は舞台の上手側、髙見は下手側にそれぞれ離れて立つ。金井の隣には豊島の姿があった。 やがて両対局者の挨拶になり、まずは金井が壇上に上がった。「私は名古屋に来たのは初めて…………では、ありません」 タメを作って言った金井の第一声に、会場は大きく沸いた。 金井は真面目なだけの青年ではない。その文章は常にユーモアに溢れており、必ずネタを入れてくる(豊島にもその傾向があ...more
カテゴリー:

日本がホンダジェットから学ぶべき教訓とは?:日経ビジネスオンライン - 04月26日(木)00:33 

日本がホンダジェットから学ぶべき教訓とは?:日経ビジネスオンライン四戸 哲 (しのへ さとる)有限会社オリンポス代表取締役。1961年、青森県三戸郡生まれ。小学生時代に見た三沢基地でのブルーインパルスのアクロバット飛行を見たことが航空エンジニアを志すきっかけとなった。学生時代のヒーローは航空エンジニアの木村秀政氏。高校卒業後に木村氏が教授として在席している日本大学理工学部航空宇宙工学科に入学し、日大航空研究会に所属。卒業後、日本には極めて珍しい、航空機をゼロから...
カテゴリー:

『東京タラレバ娘』『海月姫』などを担当した敏腕漫画編集者に密着 - 04月24日(火)18:49 

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00)。24日の放送では、テレビドラマ化された東村アキコ氏の『東京タラレバ娘』や『海月姫』など、人気作を世に送り出した漫画編集者・助宗佑美さん(34)に密着。家事と育児は夫がメインで担当。「個性がなくても向いてる仕事はたくさんある」という彼女の「セブンルール」とは? 【画像】『ハツキス』は6・25発売号から完全電子化  助宗さんは、講談社の少女漫画雑誌『Kiss』や『ハツキス』を担当し、東村氏のほかにも、『コミンカビヨリ』の高須賀由枝氏、『カカフカカ』の石田拓実氏、『メイクはただの魔法じゃないの』の六多いくみ氏など、ベテランから新人まで20人の漫画家を担当し、二人三脚で作品を作り上げてきた敏腕編集者。  現在、9本の連載を同時進行している彼女の日常は、漫画家との打合せに会議、入稿作業と多忙を極める。そんな仕事現場に密着し、膨大な仕事を滞りなく進める仕事術や、担当する漫画家が絶大なる信頼を寄せる彼女ならではの気配りを映し出す。また、次回作を準備中の漫画家・東村氏は、助宗さんが担当した『海月姫』『東京タラレバ娘』を連載中の裏話を明...more
カテゴリー:

「東京タラレバ娘」「海月姫」の敏腕女性編集者、夫はパート勤務のイクメンだった - 04月24日(火)05:00 

「東京タラレバ娘」などの人気作を世に送り出した漫画編集者・助宗佑美が、4月24日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)に出演する。講談社に務める34歳の助宗は、東村アキコら約20名を担当し「東京タラレバ娘」「海月姫」などの人気作を多数生み出してきた敏腕編集者。現在、月刊誌で9本の連載を同時進行している助宗の日常は、漫画家との打ち合わせに会議、実務作業と多忙を極めている。番組では、そんな膨大な仕事を滞りなく進める秘訣や、漫画家から厚い信頼を得ている独特の気配りなどを探っていく。一方で、同い年の夫、5歳の息子と暮らす家庭にも潜入。夫は、息子が生まれる2週間前に会社を退職し、現在はパートをしながら家事と子育てをメインで担当している。さまざまな家族の形がある中で、番組はこの形を選んだ助宗や夫の考え方に迫る。果たして、この関係をうまく行かせるための秘訣とは?また、小学生時代から読書好きで成績も優秀だった助宗だが、実は10代の頃から人知れぬ悩みがあったという。それは、自分には個性がないこと。漫画家をはじめとするクリエイターたちのように、何かを生み出し、1つのことにのめり込んだ経験もない自分に引け目を感じていたのだ。そんな彼女が漫画編集者という職業で見つけた自分の生きる道、そして“いつもしている7つのこと”=“セブンルール”とは? ...more
カテゴリー:

「先生って若く見えますね」 小学生のとき、クラスにいた早熟な男子 - 04月23日(月)12:00 

天真爛漫でやんちゃ、イタズラ好き。そんなイメージの男子小学生。しかし中には、兄弟や親の影響か、周囲の男子たちとは一風違った早熟なクラスメイトがひとりくらいはいたはず。「小学生のとき、クラスにいた早熟な男子」について、ヒトメボ読者に聞いてみました。 小学校時代、男子が好きな女子にやってしまった真逆の行動 ●難しい言葉を知っている 「難しい熟語をたくさん使う友だちがいました。四字熟語もたくさん知ってましたね。きっと家でたくさん熟語を仕込んでいたんだと思います(笑)いま思えば、そこらへんの大人よりもよっぽど色々な言葉を知っていたのですごいと思います」(北海道・33歳女性) 「そんな言葉、どこで覚えてくるの?」と聞きたくなるような言葉を使う小学生。筆者も小学生の頃に、ある程度の言葉なら学校のテストで必死に覚えましたが、大人になった今ではすっかり忘れてしまいました……。 ●扱う話題が大人 「よく『昨日の国会がさ……』と話しかけてくる友人がいました。ぼくたちはゲームとかアニメの話で盛り上がっているので全然相手にされてませんでしたね(笑)子どもながらに考えて、しかも周りと議論したいなんて並の子どもじゃないですよ」(兵庫・37歳男性) 「友だちが『ねぇ! 昨日のプロジェクトX見た? 』って毎週聞いてくるんです。僕はその番組自体知らなくて……母親に聞いたら『ずいぶん成長が早い子なのね』...more
カテゴリー:

【ドラマ】朝ドラ「半分、青い。」で29歳「佐藤健」が高校生役 違和感なしの驚きの声 - 04月21日(土)08:29  mnewsplus

2018年4月21日 掲載 朝ドラ「半分、青い。」で29歳「佐藤健」が高校生役 違和感なしの驚愕  どうなるものかと思って見てみれば、あれ、ぜんぜんイケるじゃん――。この度のNHK朝ドラで、29歳にして高校3年生を演じる、佐藤健である。10歳以上の“若作り”に耐えた格好だが、上には上がいて……。  ***  胎児(! )、小学生時代を経て、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」は4月16日放送回で“高校3年生編”に突入した。時代が平成になった1989年という舞台設定だから、リアルの佐藤はこの年に生まれたということになる。ヒロインを演...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小学生時代」の画像

もっと見る

「小学生時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる