「小学生時代」とは?

関連ニュース

多部未華子、手紙の魅力を再発見「ガラスペン買いました」 - 04月28日(金)06:00 

 「書道セットを広げたのは、小学生時代以来。文鎮も久しぶりに見た、という感じでした。書道指導の先生に筆も持ち方や書く時の姿勢などを、一から教えていただきました」。 【場面写真】主演の多部未華子ほか主な出演者  NHK・ドラマ10『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(毎週金曜 後10:00)で、なじみのなかった筆書きに挑戦した多部未華子(28)。2017年本屋大賞にノミネートされた小川糸氏の小説を映像化した本作で、美しい文字を代筆する「代書屋」を演じている。  鎌倉で「ツバキ文具店」を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなり、後を継ぐことになった主人公・雨宮鳩子(多部)。文具店とは名ばかりで、本業は手紙を一から考えて代筆する、一風変わった代書屋だった。ツバキ文具店に集まる、ちょっと風変わりな人々との交流。さまざまな手紙の依頼に応えていくうちに、鳩子自身の新しい一歩につながっていく、というストーリー。  「お悔やみ、離婚の報告、絶縁状など、手紙といってもいろいろあって、第一話(4月14日放送)では、弔事の手紙は薄墨の筆で書き、不幸が重ならないように一重の封筒を使うなど、原作を読んでいてためになるな、思ったところもドラマにいかされています。ご近所さんとの付き合いなど、いまの時代に薄れてきているものが丁寧に描かれているドラマだと思います」。  依頼に合わせて、紙やペンにもこだ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】8頭身G乳!“リアル峰不二子”小倉優香、「ヤンマガ」でグラビアデビュー - 04月23日(日)05:33 

2017.4.23 05:05  人気モデルの登竜門「ミスセブンティーン2013」でファイナリストに選出されたモデルで女優、小倉優香(18)が、24日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)でグラビアデビューする。キュートな笑顔と推定Gカップ巨乳の8頭身美女で、芸能関係者も「奇跡の十代」「(ルパン三世の)リアル峰不二子」と称賛する逸材。今後はグラビアと女優を両立し、「この体形をさらに磨いて頑張ります!」と誓った。  この春高校を卒業したばかりの小倉が1メートル67、B87W59H89の極上ボディーを“解禁”する...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

東大が滑り止め!?“天才”育成メソッドを検定形式で紹介 - 04月22日(土)08:26 

4月22日(土)にテレビ朝日で放送の『日本ソダテル検定』(14:55~16:25※関東ローカル)。日本でトップクラスのキッズアスリートやさまざまな分野の天才を育てた人物を取材し、天才を育てるメソッド=“ソダテルメソッド”を“検定(クイズ)”形式で紹介していく子育て検定バラエティー。番組では、我が子を東京大学に合格させた“東大ママ”たちの実体験に基づく“ソダテルメソッド”を多数紹介。東大ママがおススメする小学生時代の習い事や、生活の中で手軽にできる思考力、数学力UP術などが公開される。さらには、天才児を続々と輩出する人気そろばん教室や、天才卓球少年の日常にも密着。すぐに役立つ子育て情報が満載な上、4組の親子パネラーがマル秘子育てエピソードを暴露するのも大きなみどころとなっている。子どもを東大に入れたママたちのソダテルメゾットでは、東大が滑り止めだったという長男を育てた“小成ママ”が登場。日本最高峰の東大がまさかの滑り止めで本命は世界大学ランキング15位のアメリカの名門イェール大学(東京大学は世界大学ランキング34位)。イェール大学の入学時期は8月で、「将来の人脈つくり」のために東大に4カ月だけ通い8月にはあっさりイェール大学に入学した超グローバル息子を育てたソダテルメゾットとは?全日本選手権1年生から3年生までの部で3年連続優勝し小学4年生以下では日本一強い卓球少年・松島輝空(まつし...more
in English
カテゴリー:

TKO木下は超マザコン!?母親が赤裸々エピソードを大暴露! - 04月22日(土)05:00 

4月22日(土)昼2時55分より、「日本ソダテル検定」(テレビ朝日)が放送される。本番組は、日本でトップクラスのキッズアスリートやさまざまな分野の天才を育てた人物を取材し、天才を育てるメソッド=“ソダテルメソッド”を“検定(クイズ)”形式で紹介していく子育て検定バラエティーだ。 【写真を見る】4組の芸能人親子パネリストが“ソダテル検定”に挑戦!/提供:テレビ朝日 子どもを一流芸能人に育て上げた親たちが、“ソダテル検定”に挑戦し、子どもたちはその“応援役”として彼らの奮闘を見守っていく。 わが子を東京大学に合格させた“東大ママ”たちが、実体験に基づく“ソダテルメソッド”を多数紹介。中でも、東大が滑り止めだったという長男を育てた“小成ママ”が登場。 日本最高峰の東大がまさかの滑り止めで、本命は世界大学ランキング15位のアメリカの名門イェール大学(東京大学は世界大学ランキング34位)。イェール大学の入学時期が8月だったことから、“将来の人脈つくり”のために東大に4カ月だけ通い、8月にはあっさりイェール大学に入学した超グローバル息子を育てた小成ママが、小学生時代の習い事や生活の中で手軽にできる思考力、数学力UP術などを公開する。 そして、両親も全日本選手権に出場した卓球名門一家の日常に密着。全日本選手権1年生から3年生までの部で3年連続優勝し、小学4年生以下では日本一強い卓球少年、松島輝空...more
in English
カテゴリー:

【野球】広島加藤、東大目指し3歳から英才教育 野球も一環 - 04月08日(土)11:29 

<広島4-1ヤクルト>◇7日◇マツダスタジアム 広島ドラフト1位の加藤拓也投手(22=慶大)が快投デビューを飾った。 ヤクルト相手に9回1死までノーヒットノーラン。87年近藤真一(中日)以来の初登板で無安打無得点の夢は、 バレンティンのヒットで破れたが、見事リーグ新人一番乗りの初勝利をつかんだ。 加藤が野球を始めたきっかけは、実は勉学のためだった。 幼少期から「東大に行かせたかった」という父弘志さんから英才教育を受けた。3歳と6歳を教育の節目とし、まだ字を読めない3歳時に本を与えられ、6歳時に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】8頭身G乳!“リアル峰不二子”小倉優香、「ヤンマガ」でグラビアデビュー ★2 - 04月24日(月)04:58 

2017.4.23 05:05  人気モデルの登竜門「ミスセブンティーン2013」でファイナリストに選出されたモデルで女優、小倉優香(18)が、24日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)でグラビアデビューする。キュートな笑顔と推定Gカップ巨乳の8頭身美女で、芸能関係者も「奇跡の十代」「(ルパン三世の)リアル峰不二子」と称賛する逸材。今後はグラビアと女優を両立し、「この体形をさらに磨いて頑張ります!」と誓った。  この春高校を卒業したばかりの小倉が1メートル67、B87W59H89の極上ボディーを“解禁”する...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

東大が滑り止め!?天才育成メソッドを検定形式で紹介 - 04月22日(土)08:30 

4月22日(土)にテレビ朝日で放送の『日本ソダテル検定』(14:55~16:25※関東ローカル)。日本でトップクラスのキッズアスリートやさまざまな分野の天才を育てた人物を取材し、天才を育てるメソッド=“ソダテルメソッド”を“検定(クイズ)”形式で紹介していく子育て検定バラエティー。番組では、我が子を東京大学に合格させた“東大ママ”たちの実体験に基づく“ソダテルメソッド”を多数紹介。東大ママがおススメする小学生時代の習い事や、生活の中で手軽にできる思考力、数学力UP術などが公開される。さらには、天才児を続々と輩出する人気そろばん教室や、天才卓球少年の日常にも密着。すぐに役立つ子育て情報が満載な上、4組の親子パネラーがマル秘子育てエピソードを暴露するのも大きなみどころとなっている。子どもを東大に入れたママたちのソダテルメゾットでは、東大が滑り止めだったという長男を育てた“小成ママ”が登場。日本最高峰の東大がまさかの滑り止めで本命は世界大学ランキング15位のアメリカの名門イェール大学(東京大学は世界大学ランキング34位)。イェール大学の入学時期は8月で、「将来の人脈つくり」のために東大に4カ月だけ通い8月にはあっさりイェール大学に入学した超グローバル息子を育てたソダテルメゾットとは?全日本選手権1年生から3年生までの部で3年連続優勝し小学4年生以下では日本一強い卓球少年・松島輝空(まつし...more
in English
カテゴリー:

元祖・スー女が語る相撲ブーム「ようやく時代が追いついた」 - 04月22日(土)07:00 

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、相撲ブームを分析。  * * *  4月17日、フジテレビ広報部から『大相撲夏巡業「大相撲ODAIBA場所2017」』開催が発表されてからというもの、巷の“スー女”が、この話題でおおいに沸いている。  フジテレビお台場移転20周年を記念した「大相撲ODAIBA場所」は、8月23日(水)、24日(木)の両日。臨海副都心青海R地区の「お台場特設会場」に、2日合わせて9000人の大相撲ファンが訪れる予定だ。 「お兄ちゃん」こと、第66代横綱・若乃花以来、19年ぶりに誕生した日本人横綱・稀勢の里が2場所連続優勝を果たし、件の若乃花と貴乃花による「若貴ブーム」以来とも言われる相撲ブームが到来。会場に連日「満員御礼」の垂れ幕が下がる光景が当たり前になってきた。  実は、稀勢の里が横綱昇進を決める数年前からブームの兆しはあった。主役は女性ファンで、彼女たちは「スー女(じょ)」=相撲女子と呼ばれ、「カープ女子」(広島カープファン)や「プ女子」(プロレスファン)らと共にメディアに度々取り上げられている。 「スー女」たちは、イケメンの若手力士やハーフ力士をアイドルのようなニックネームで呼ぶのを始め、力士を「かわいい」と感じているようで、そうした層を取り込もうと、各種イベントもあるそうだ。LINE...more
in English
カテゴリー:

「笑う朗読」が再び! 出演キャスト・水島裕&大塚明夫&小野賢章に直撃インタビュー - 04月21日(金)16:00 

水島裕さんがプロデュースする公演「笑う朗読」。2015年に上演された第4弾から約2年の時を経て、5月19日(金)から21日(日)まで、品川プリンスホテル クラブeXにて公演されます。 水島裕さん 本公演には、前回2015年9月の「笑う朗読 vol.4」に出演した大塚明夫さんや寿美菜子さん、斉藤こず恵さん、潘めぐみさん、そして水島さんをはじめ、野沢雅子さん、井上喜久子さん、井上ほの花さん、春名風花さん、悠木碧さん、小野賢章さん、島崎信長さん、関智一さん、瀬名快伸さん、西亮一さん、山寺宏一さんと豪華なメンツが共演します。 今回は、水島さん、大塚さん、小野さんによる対談を実現。台本完成前ということでしたが、演じる役柄やその内容について、「笑い」にふさわしい楽しげな雰囲気が伝わるものとなりました。 ■「笑うためだけの、笑うことに特化した朗読」があってもいい ――まず、水島さんにお伺いします。「笑う朗読」を始めようと思ったきっかけを教えていただけますか。 水島:これまで、何度かプロデュース公演をやらせてもらっていて、朗読とかお芝居をいろいろ観ていると、大事なテーマや気持ちを揺さぶられるものは多いのですが、大笑いできる朗読ってないなと感じたんですね。だったら笑うためだけの、笑うことに特化した朗読があってもいいんじゃないかなと思ったのが、きっかけでした。 ――今回の「笑う朗読」では4作品が朗読さ...more
in English
カテゴリー:

カリスマJSモデルだった工藤美桜ちゃん(17)がめざましテレビのイマドキガールに - 04月06日(木)18:09 

「ゴースト」工藤美桜がイマドキガール初登場 「仮面ライダーゴースト」深海カノン役で注目を浴びた工藤美桜(17歳)が4月5日、情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)内のコーナーで、 “イマドキガール”として初登場した。 「めざましテレビ」の“イマドキ”は、日替わりでトレンド情報を発信するコーナー。 これまでに飯豊まりえ、武田玲奈など、多数の人気モデルや女優が出演してきた、若手の登竜門的なコーナーだ。 工藤は、小学生時代からモデルを始め、「仮面ライダーゴースト」や「モスバーガー」のCMなど幅広...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「小学生時代」の画像

もっと見る

「小学生時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる