「小学校」とは?

関連ニュース

10年以上...通学路に危険な足場 - 12月14日(木)18:51 

10年以上...通学路に危険な足場:小学校の通学路の脇にあったのは、今にも崩れそうな工事用の足場。...
カテゴリー:

【沖縄米軍ヘリ】「落ちたのはヘリ右側の窓」米軍が説明 - 12月14日(木)17:54  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258801000.html?utm_int=news_contents_news-main_002 12月14日 17時52分 13日、沖縄県宜野湾市の小学校のグラウンドに、隣接するアメリカ軍普天間基地を離陸したヘリコプターから窓が落下した事故を受けて、沖縄県警察本部が14日、軍の協力を得て基地に入り、機体の状況などを調べました。警察が基地に入り機体を調べるのは異例で、警察によりますと、アメリカ軍は「機体の右側の窓が落ちた」などと説明したということです。 沖縄のアメリカ軍普天間基地に隣接する宜野湾市の...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍ヘリ窓枠落下で抗議=翁長沖縄知事が山本防衛副大臣に - 12月14日(木)17:40 

 沖縄県宜野湾市の小学校に米海兵隊ヘリの窓枠が落下した事故を受け、同県の翁長雄志知事は14日、防衛省の山本朋広副大臣と会談し、「事故が短期間に繰り返し発生したことは、大きな衝撃で到底容認しがたい」とする抗議書を手渡した。米軍機の総点検を行いその間、飛行を中止するよう求めた。 抗議書は「保育園、小学校という子たちにとって一番安全であるべき場所で繰り返し発生した」と指摘。「米軍の運用を最優先し、安全を軽視する姿勢が招いたものだ」と批判し、政府の責任で普天間飛行場の5年以内の運用停止を実現するよう強く求めている。 【時事通信社】
カテゴリー:

米軍ヘリの窓が小学校校庭に落下、児童1人負傷 沖縄 - 12月14日(木)17:27 

在日米軍は、沖縄県宜野湾市の米海兵隊普天間飛行場近くにある普天間第二小学校の校庭に米軍の輸送ヘリコプター「CH53E」の窓部品が落下し、児童1人が軽傷を負ったとの声明を発表した。 落下は13日で、声明は事態を極めて深刻に受け止めており、地元の関係当局と密接に協力して原因調査に当たっているとした。「遺憾とすべき問題で、我々は地域社会に不安をもたらしたことをおわびする」とも述べた。同ヘリは落下に気...
カテゴリー:

留学先の学校はこう選ぶ…ニュージーランド留学例で学ぶチェックポイント - 12月14日(木)17:15 

 IT技術や物流の発達により、近年ますます加速するグローバル化の波。子どもたちの進路決定にも影響を及ぼしており、不確実性の高い「これから」を切り拓けるようにと、若者に海外進学や留学という選択肢を与えようとする気運が高まっている。 2020年の学習指導要領改定の背景には、こういった不透明性の高い社会、いわゆる“VUCA時代”を切り拓く子どもを育成したいとする国の願いが込められており、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成しようとする動きは2013年10月から始まった官民協働の留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」にもよく現れている。VUCA…Volatility:変動、Uncertainty:不確実、Complexity:複雑、Ambiguity:曖昧の頭文字を合わせた造語 しかし、一口に「留学」「海外進学」と言っても、保護者の不安の種は尽きない。特に、子どもの留学について保護者が考慮すべき点は「安全性」と「留学費」、そして「教育の質」の3つ。いずれも及第点と思える情報や環境が整って初めて送り出す気構えができるが、子どもの留学についてさらに深く考えるなら、参考としたいのは先輩生徒・学生のリアルライフだろう。教室の質×安全性、ニュージーランド学校事情 親の気持ちも慮りながら、海外に飛び出した子どもは一体どのような生活を送っているのだろうか。また、海外の学校ならではの学びやフ...more
カテゴリー:

ワールドホールディングス 連結子会社ワールドインテック福島が廃校を活用したテレワーク拠点の整備を開始 - 12月14日(木)18:42 

ワールドホールディングス<2429>は11日、連結子会社のワールドインテック福島が、ジェイアール東日本企画、福島県田村市、アカデミア・コンソーシアムふくしまと共同で総務省「ふるさとテレワーク推進事業」の採択先となり、『旧石森小学校拠点整備事業「田村市テレワークタウン化構想」』へ参画、福島県田村市で廃校だった小学校をテレワーク拠点とする整備事業を開始したと発表した。
カテゴリー:

「落ちたのはヘリ右側の窓」米軍が説明 - 12月14日(木)17:52 

13日、沖縄県宜野湾市の小学校のグラウンドに、隣接するアメリカ軍普天間基地を離陸したヘリコプターから窓が落下した事故を受けて、沖縄県警察本部が14日、軍の協力を得て基地に入り、機体の状況などを調べました。警察が基地に入り機体を調べるのは異例で、警察によりますと、アメリカ軍は「機体の右側の窓が落ちた」などと説明したということです。
カテゴリー:

異例 警察が基地内で調査 - 12月14日(木)17:31 

異例 警察が基地内で調査:沖縄・宜野湾市の小学校に、アメリカ軍のヘリコプターから窓が落下した事故で、沖縄県警がアメリカ軍の協力のもと、捜査員6人を普天間基地に派遣し、窓を落下させたCH-53ヘリの窓の構造などを調べた。...
カテゴリー:

運用優先、安全軽視が露呈=整備不良か扱いミスか-米軍ヘリ部品落下・海兵隊 - 12月14日(木)17:21 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する市立普天間第二小学校(児童約640人)の校庭に米海兵隊CH53E大型輸送ヘリコプターの窓が13日に落下した事故。今月7日に同飛行場近くの保育園でCH53の部品が見つかったにもかかわらず、その原因を特定しないまま運用を優先させた海兵隊の安全軽視の姿勢が招いたといえる。 在日米軍関係者によると、今回落下した窓はCH53Eの左側の操縦席側にあり、窓は内側からレバーを作動させれば開くようになっている。乗員が緊急時に脱出する際にも使用されるという。落下は整備不良か人為的なミスの可能性がある。 一方、普天間飛行場から約300メートル離れた保育園で見つかった部品について、米軍は大型輸送ヘリCH53の部品であることは認めたが、「飛行中に落下したものではない」と主張し、そのまま飛行を継続した。部品は、米海軍航空システム司令部が公表しているCH53Eの回転翼の異常を検知するために使用される放射性物質ストロンチウムを保護するカバーと酷似している。しかし、この点についても海兵隊は明確に説明していない。 普天間飛行場にはCH53Eが10機以上配備されている。同機は運用開始から30年以上経過した古い機体で、老朽化やイラク、アフガニスタン戦争で酷使されたことによる機器の消耗も指摘されており、トラブルが絶えない。2004年に普天間飛行場に隣接する沖縄国際大に墜落したの...more
カテゴリー:

【話題】大阪には他県にはない「にんげん」という授業があった / 大阪府民「本当にあったのに信じてくれない」 - 12月14日(木)17:09  newsplus

http://buzz-plus.com/article/2017/12/14/ningen-osaka 大阪府の小学校や中学校には、「にんげん」という授業があった。しかし他県にはない授業のため「にんげんって授業があった」と他県の人に話しても「えっ?」という反応をされることがあるという。 ・一般的な道徳の授業とは違う内容 人によって「にんげんは道徳の授業とは別」「道徳の授業でにんげんの本を読んだ」など記憶に違いがあり諸説あるが、全国で知られている道徳の授業とは違う内容で、部落差別やジェンダー的差別、障害者差別、被爆者問題などに鋭く切り込んだ内...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小学校」の画像

もっと見る

「小学校」の動画

Wikipedia

小学校(しょうがっこう)は、初等教育を施し、学校系統上最も基礎的な段階をなす学校であり、一般的にISCED-1に分類される。

英語表記には、米国式のElementary Schoolと英国式のPrimary Schoolがあるが、いずれも「初等学校」という意味であり、日本の文部科学省では米国式のElementary Schoolという表記を用いている。

どこまでを小学校と区切るかは様々であり、6・3制もあれば、4・3・2制も存在し、一方で15歳までの小中一貫教育を行う国もある。

日本の小学校

ランドセルを背負った小学生の]

日本における小学校は、義務教育が行われている学校の一種であり、修業年限卒業までに教育を受ける年数)は6年である。卒業後は、中学校中等教育学校などに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる