「小学校」とは?

関連ニュース

新年度始まって1カ月半 体育の授業に避難・・・もう146回 「異常」が続く普天間第二小学校 授業中断も頻発 子どもたちの学習権はどこに? - 05月21日(月)10:55 

 【宜野湾】昨年12月、沖縄県の米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリCH53Eから窓が落下した宜野湾市新城の普天間第二小学校。その後、同校方面に米軍機の離陸が確認されると避難指示が出されるようになり、運動場からの児童の避難が頻繁に繰り返されている。避難回数は、運動場の使用を再開した今年2月から3月...
カテゴリー:

スギ苗、大きく育って 上小阿仁、児童90人参加し植樹祭 - 05月21日(月)10:38 

 秋田県上小阿仁村の全村植樹祭が16日、同村南沢の村有林で開かれた。林業関係者や上小阿仁小学校の3、6年生ら約90人が参加し、約10アールにスギの苗木300本を手植えした。 村が緑化推進を目的に毎年開…
カテゴリー:

一瞬で字がうまくなる、たった2つのコツ。美文字は恋と仕事に効く - 05月21日(月)08:45 

 大人になってからは、パソコンを使うので、手書きの文字は書かない、という人も多いのではないでしょうか。  ですが、実は字がうまいだけで得をすることがたくさんありますよね。特に、「字がきれいな女性は、素敵な女性」と思っている男性は、とても多く、恋でも仕事でも美文字は大活躍してくれるのです。 ◆美しいお礼状で業績1位に! この美文字メソッドを教えてくれるのは、『誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳』の著者、萩原季実子さん(ペン字・筆ペン教室 myMOJI主宰)です。  萩原さんは、今、人気ペン字講師として活躍していますが、前職は広告代理店・イベント企画会社の営業職だったそうです。  幼少期から手紙を書くことを趣味にしてきた萩原さんは、その経験を活かし、「手書きの一筆箋・お礼状・封筒の宛名」を独自の営業ツールとして活用。顧客獲得数1位など様々な営業成績を残します。  社内のライバルとの差は、美しい手書きの文字だったのです。 ◆結婚後にやってくる「手書き」の苦しみ  意外と知られていませんが、結婚後、そして子供が幼稚園に入るころになると、断然、手書きで文字を書く機会が増えます。  多くの方が口をそろえていうのが、夫の義母、親族へのお礼状がイヤ!ということ。  子どもの洋服をもらった、プレゼントをもらった…ありがたいことですが、電話やメールでお礼をすますわけにもい...more
カテゴリー:

保育園や幼稚園帰りに「今日何したの?」と聞いてはいけない理由 - 05月21日(月)00:14 

子どもと四六時中一緒にいられる時期や、ずっと見守ってあげられる時期はほんの一時ですよね。では、子どもが一人でさまざまな環境や感情と向き合えるようになるために、親がしてあげるべきこととは何でしょうか? 今回の無料メルマガ『子どもが育つ“父親術”』では、子どもが子どもだけでいろいろな体験をする場所や時間をどう用意してあげられるかについて詳しく紹介しています。 子どもの領分 「子どもの領分」とは、子どもが(親とセットではなく)自分だけでいろいろな体験をする場所・時間を指して、私がつけた名称です。とても密度の濃い経験が得られるので、「子どもが自らの力で伸びる」ということが非常に活発に行われる場でもあります。 親から見れば、「子どもの領分」は子どもを自由にさせておくべき範囲ということになります。その「領分」の中にいる限りは、口出し・手出しは内容に関わらず一切無用。興味があっても質問せず、危ないと思っても手は出さない。目で「やめなさい」とか「パパも仲間に入れてー」と訴えるのも、もちろんナシです。 心配しつつもその場を子どもに任せることになりますし、あれこれ言いたいことも抑えなければいけないので、親が「子どもの領分」を守り通せるかは、とても難しい問題です。 なぜなら、口出し・手出しをしたい欲求は、元をたどれば我が子への「危険から守りたい」「より上手にできるように教えたい」などの真摯な親心から出て...more
カテゴリー:

「子ども食堂」もし開店したらいくらかかる? リアルにシミュレーションしてみた - 05月20日(日)19:00 

ⓒmilatas-stock.adobe.com全国で2,200カ所を超え(「こども食堂安心・安全向上委員会」の調査による)、大きなムーブメントとなっている「子ども食堂」。もともとはごはんをちゃんと食べられず困っている子どものために、食事を提供したいという思いで始められたものですが、今では地域交流など、さまざまな役割をもつスペースになっています。しかし、ボランティア活動であるがゆえに課題もたくさん。政府が発表した最新のアンケート結果からその課題を読み解きます。■「子ども食堂」が抱える“6つの問題点”急増する「子ども食堂」ですが、実際に運営するのはやっぱりたいへん? 農林水産省が3月にまとめた「子ども食堂」運営者へのアンケート結果(農林水産省「子供食堂と地域が連携して進める食育活動事例集~地域との連携で食育の環が広がっています~」)には、主要課題として6つのポイントが挙げられています。1)来てほしい人や家庭の参加2)資金の確保3)スタッフの負担、スタッフの確保4)地域との連携5)リスク管理6)会場の確保「1)来てほしい人や家庭の参加」は、お金で解決できるわけではないだけに難しい問題です。「子ども食堂」は親子で訪れる人も多いように誰でも利用できるオープンな場ですが、そもそも運営者は「生活困窮家庭の子どもの居場所作り」を活動目的にしている人が多く、その割合は90%にもなります。それなのに...more
カテゴリー:

「被害ありのまま報告」 宮森小事故、元米兵の東恩納さん語る - 05月21日(月)10:46 

 【うるま】沖縄県出身で米軍の少尉として1959年の宮森小米軍ジェット機墜落事故の被害者への聞き取り調査をした東恩納良吉さん(82)=米ハワイ州=が20日、うるま市石川の宮森小学校を訪れ、犠牲者18人の名前が刻まれた慰霊碑「仲よし地蔵」に初めて花を手向けた。東恩納さんは「胸がいっぱいだ。平和のこ...
カテゴリー:

「真実を知ってください:薬物」小冊子を無料で配布中です - 05月21日(月)10:00 

日本薬物対策協会は関東圏内の小・中学校における薬物乱用防止講演を毎年依頼され、ボランティアの派遣を行っています。都内の小学校や中学校で講演を行い、引き続き神奈川県などで薬物の真実を知らせる学校講演を開催していきます。
カテゴリー:

89歳短大名誉教授の金言…女性の50代はリスタート適齢期 - 05月21日(月)06:00 

最近、“現役バリバリ”で活躍している80歳以上の女性が目立ちます。「人生100年時代」ともいわれる今、年を重ねるほどに輝く秘訣は何なのか。素敵な大先輩の言葉に、大きなヒントがありました。“生涯現役”を実現するための50代の過ごし方――。 「夢のようなことですよ」 桐の箱から証書を広げて喜ぶのは、東海学園女子短大名誉教授の尾関清子さん(89)。30年以上にわたり、編布(縄文時代の布)についての研究を続け今年3月下旬、立命館大(京都市)から、博士号が授与された。 編布とは、麻や木の皮の繊維を編んで作られたもので、尾関さんは全国各地の165遺跡から、約830点の編布そのものや土器に付いた編布の跡から、編み方や使った道具を分析。学位の取得はまったく考えていなかったが、'12年に研究をまとめた書籍『縄文の布-日本列島布文化の起源と特質』(雄山閣)を出版。今回の“女性で最高齢”での授与につながった。 戦後の混乱期を生き抜いてきた尾関さんの人生は、波瀾万丈だ。16歳で終戦を迎えた尾関さんは、洋裁の専門学校に通った。父は小学校の先生で、趣味に絽刺しをしており、手先が器用なのは親譲り。支店長の依頼で、銀行員などをして働き、'53年4月に見合い結婚をした。ところが、3カ月で離婚。 「嫁ぎ先での気苦労のせいか相当やつれてし...more
カテゴリー:

子どもの勉強に有効? 子どものスマホ使用にママたちの間で賛否両論 - 05月20日(日)20:00 

今や私たちの生活に欠かせない存在となった“スマホ”。子どもに持たせると手軽に連絡が取れるなど便利な面がある一方で、悪影響にならないか、トラブルに巻き込まれたりしないかといった心配事もついてまわります。ネット上では“子どものスマホ事情”について、さまざまな意見が上がっているようです。 【写真】スマホは勉強に有効との声も ■ 子どもにスマホを触らせるのはアリ!? 今年4月、とある女性向け掲示板で“子どものスマホ事情”が話題になりました。「うちの子どもは小学生だけど勝手に触らせてる」「この時代だから持たせないと仕方ない」という意見が目立つ中、「いつから持たせるべきか…」とお悩みのママたちも多いよう。 また、小さい子どもを持つママから多く寄せられたのは「自分のスマホを使わせてる」という意見。「赤ちゃんのうちからあやすときに使ってた」「外出時にぐずってどうしようもないときはスマホを渡すとおとなしくなる」など、“子どもにスマホを使わせる”こと自体には抵抗のない人が多数見られました。 一方で「小さいうちからスマホを持たせるのは悪影響」「画面ばっかり見るのはよくない」といった反対意見も。「依存症にならないか心配」「勝手にゲームで課金して高額請求がきたら困る」といった心配の声が上がっています。 中には、「うちは触らせないつもりだったけど、友達同士で話についていけないらしくて仕方なく触らせるようになっ...more
カテゴリー:

3ステージで躍動!岡崎紗絵 日常生活ではコロコロが命!<GirlsAwardレポ> - 05月20日(日)17:30 

放送中の話題のドラマ「ブラックペアン」(TBS系)に出演するなど、女優としても、モデルとしても活躍中の岡崎紗絵が、19日に千葉・幕張メッセで開催された 「Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」(以下GirlsAward)に登場。「自分の体をよく知るっていうのは、すごく大事だと思うんです」と美しさの秘訣を明かす彼女に、この夏の着こなしのポイントや、「小学校ぶりくらい」に始めるという習い事などについて話を聞いた。 【写真を見る】今一番気になるという“スポーツミックス”コーデでBershkaのステージに登場 ――GirlsAwardは初出演ですが、決まったときはどう感じられましたか? 素直に、本当にうれしかったです。やっぱりショーに出られるっていうのは、お客さんの声とか温度を生で感じられるので、すごくうれしかったですね。 ――ランウェイでの見せ方と、雑誌での見せ方、異なるポイントは? 全身を意識するというのは変わらないんですけど、周りにお客さんがいる・いないというのはすごく大きいことですね。撮影でもそうなんですけど、自分も一緒に楽しむっていう感じは、すごく意識しています。 ――きょうは夏らしいスタイルがすてきですね。着用された衣装のご感想は? 生地感とかが、ちょっと麻っぽいというか。ナチュラルな感じ。涼し気で軽くて、着心地もいいですし、色味とかも落ち...more
カテゴリー:

もっと見る

「小学校」の画像

もっと見る

「小学校」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる