「小学校」とは?

関連ニュース

『分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.2)』 - 02月19日(月)17:00 

 漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の『ディエンビエンフー』は物語が完結せずに終了した。物語は未完のままで終わるかと思いきや、双葉社から声がかかり『ディエンビエンフー TRUE END』として連載が始まった。『TRUE END』は最速3巻で完結するということが決まっている。  2月10日には2巻が発売され、2月14日には双子のライオン堂からベトナムについてのエッセイ漫画『アオザイ通信完全版#2 歴史と戦争』も発売になり、9月には最終巻3巻の発売も決まっている。代表作でありながらも、二度の雑誌休刊に立ち会い、3社の版元を渡り歩くという文字通り「ドロ沼の戦争」「終わりなき戦争」と化した大長編『ディエンビエンフー』シリーズについて西島さんにお話を聞かせていただきました。 ■早期退職とゲリラ戦、編集者への恩と休刊へのアンチテーゼ ―― 『IKKI』版の『ディエンビエンフー』はどこまで連載で、どこから描き下ろしになったんですか? 西島 8巻と9巻から描き下ろしになりました。なんでかというと出版不況の始まりぐらいだったのかな。「『IKKI』のページが薄くなるから西島くん連載載らないのどうですか?」と...more
カテゴリー:

藤井聡太新六段も受けていた!「モンテッソーリ教育」で天才が育つ理由 - 02月19日(月)16:45 

2月17日に、最年少15歳6カ月で将棋の六段昇段を果たした藤井聡太。 親の学歴・所得に関係なく「学歴&幸福度の高い子ども」に育てる2つの条件 彼が、幼児期に受けていたとして話題になったのがモンテッソーリ教育です。 名前は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか? 日本では、モンテッソーリ教育は幼児教育と認識されていますが、モンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園や保育園は、それほど多くはありません。 でも、アメリカでは5000か所以上あるといわれ、モンテッソーリ教育を取り入れた小学校から高校まであります。そして、バラク・オバマ前大統領や、Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏やアマゾンのジェフ・ベソス氏など、多くの天才を生み出しているのです。 今日は、『モンテッソーリ教育で伸びる子を育てる』(彩図社)の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴が、モンテッソーリ教育についてお話します。 モンテッソーリ教育の大きな特徴は? モンテッソーリ教育は、イタリア初の女性医師であったマリア・モンテッソーリによって考案された教育法です。 モンテッソーリ教育の大きな特徴の一つに、個別活動があります。 子ども達は、細かく分かれたいろいろなコーナーで、モンテッソーリが考案した様々な教具を使って、自由に活動できます。この活動のことをモンテッソーリ教育では「...more
カテゴリー:

目出し帽をかぶった男が路上でオナニー  東京・中野区 - 02月19日(月)13:42  news

 きのう(18日)朝、東京・中野区の路上で、目出し帽をかぶった不審な男が、ズボンから露出した男性器をさすりながら歩いているのを通りがかった住民が目撃し、警察に通報した。  公然わいせつ事件が発生したのは、18日午前8時半ごろ、東京メトロ丸ノ内線「新中野駅」周辺の中野区中野5丁目の住宅街で、 頭から足の先まで全身黒づくめの男が、ズボンから出した男性器を触りながら無言で歩いているのを通行人が目撃した。  犯人は身長175?180センチくらいと背が高く、痩せていて、ダウンジャケット、スウェットズボンは黒で、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

入園準備に苦戦…食べるのが遅い子、入園してからどうなった?【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第21話】 - 02月19日(月)12:00 

1年前の今頃、幼稚園の入園に向けていろいろ焦っておりました。1番焦っていたのが、自分で食べる練習。イチコは食べるスピードが遅く、「あーん」で食べさせないとなかなか食事が終わらなかったのです…。全然食べ終わってないー! むしろ遊んどるー!!!たくさん食べるのに食べるスピードが遅いイチコ。幼稚園のお弁当が不安な私は、イチコに自分で食べさせようと必死でした。盛り上げたり強く言ってみたりひょうきんに伝えてみたり諭してみたり…。この頃は食事時間がストレスで仕方なかったです。それでもたいして改善は見られないまま入園しました。そしてお弁当が始まると…お友達の影響か、家でも自分で食べられる量がグッと増えました。入園前、どんなにがんばっても成長が見られなかったのに、幼稚園でお弁当が始まったらメキメキ成長。入園前にストレスを感じるほどがんばっていた私の努力がアホみたい…。いま、去年の私と同じように、入園に向けてがんばっておられる親御さん、たくさんいらっしゃると思います。でも、思うようにいかなくても大丈夫です! 幼稚園でお友達の刺激を受けて、親の予想以上に子どもはいろいろ成長します!家で親子でする準備には限界があります…。幼稚園にすべてお任せするのはもちろんNGですが、ストレスになるほど家でがんばらなくても良かったなぁ…と振り返って思います。不安よりもワクワクがたくさんの幼稚園準備になりますように。…と...more
カテゴリー:

いぶりがっこ1時間で完売 仙北・神代小児童手作り - 02月19日(月)10:11 

 秋田県仙北市田沢湖の神代小学校3年生31人が14日、同市角館町のスーパー「タカヤナギ・ワンダーモール店」で、自分たちで作ったいぶりがっこを販売した。総合学習の一環。用意した250パックが約1時間で完…
カテゴリー:

五輪スケート:横断幕掲げ「おめでとう」 小平の出身校 - 02月19日(月)16:50 

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(31)の出身校、長野県茅野市立豊平小学校で19日、児童らが「祝 小平奈緒選手」と書いた横断幕を掲げ、「おめでとう」と声を合わせて祝福した。
カテゴリー:

働く女性に立ちはだかる「小1の壁」、大阪市が実態把握へ 新1年生の親対象 データ把握し分析 - 02月19日(月)15:46 

 子供が小学校に進学し、放課後に民間以外で適当な預け先がなくなるいわゆる「小1の壁」をめぐる現状や課題をデータで把握しようと、大阪市は平成30年度、小学1年の子供を持つ市内の親を対象とした一斉の実態調査を実施する。家庭と仕事の両立支援策につなげるのが狙い。共働き世帯の増加により、「小1の壁」の改善は急務で、市は数値化して状況を把握する。市によると、こうした実態調査は全国的にも珍しいという。
カテゴリー:

先生とずっとつながりたい 100cmの視界から―あまはいくまはい―(18) - 02月19日(月)12:00 

 今年度も残すところあと1カ月。実は私はこの時期が好きではないのです。なぜかというと、学校の先生方の転勤が決まる頃だからです。  私は小学校、中学校は養護学校(現特別支援学校)に通い、クラスは私1人だけのことが多かったです。授業中、担任の先生と、私の2人で過ごすのがほとんどだったので、私にとって担...
カテゴリー:

新垣比菜さん、母校・兼原小で講話 目標の人見つけ、努力重ねて - 02月19日(月)10:33 

 【うるま】プロゴルファーの新垣比菜さん(19)が7日、沖縄県の兼原小学校の4~6年生に「夢を持とう」と題しキャリア教育講話を実施した。昨年引退した宮里藍さんに憧れ、プロを目指したという新垣さんは「憧れの人を見つけることが原動力になる」と夢を持ち続ける秘訣(ひけつ)を紹介、後輩たちにエールを送っ...
カテゴリー:

平昌冬季五輪 小学1年生の息子のフラットな世界 - 02月19日(月)09:00 

つい2週間前に、アメリカのスポーツ界最大のイベント、NFLのスーパーボウルがあったとは思えないほど、我が家はすっかり平昌冬季五輪一色である。 五輪といえば「マイケル・フェルプスが速かったね。メダルをたくさんもらったよね」と言うところからして、息子の記憶に2016年のリオデジャネイロ五輪が入っていることがわかったが、7歳ともなると、五輪というのはいろいろな国のすごいアスリートが競い合うところといったことが、なんとなくわかってきたようだ。 そして、最初はアメリカか日本に勝ってほしいと言っていたが、すごいアスリートたちに幼い心をすっかりわしづかみにされたらしく、そんなことはすぐに忘れ、誰彼なしにすごければ感動している。朝起きるなり、そして学校から帰るなり、「五輪やってる? テレビつけてもいい?」と、目をキラキラしてきいてくるので(ネットではもっとたくさん中継を見られるというのは教えていない)、テレビをつけて見入ってしまい、親子で「あーもうこんな時間!」とあわてることの繰り返しである。 小学1年生の息子にとって、世界はまだとてもフラットだ。あからさまな差別を受けたことがない環境で育っているからか、日常生活でも「人種」「国」を「違い」とは認識しても、上下関係をつけることは考えもしない。自分は日本人のお母さんがいるアメリカ人で、〇〇も僕と同じなんだよ、〇〇のお父さんはフランス人で、〇〇の...more
カテゴリー:

もっと見る

「小学校」の画像

もっと見る

「小学校」の動画

Wikipedia

小学校(しょうがっこう)は、初等教育を施し、学校系統上最も基礎的な段階をなす学校であり、一般的にISCED-1に分類される。

英語表記には、米国式のElementary Schoolと英国式のPrimary Schoolがあるが、いずれも「初等学校」という意味であり、日本の文部科学省では米国式のElementary Schoolという表記を用いている。

どこまでを小学校と区切るかは様々であり、6・3制もあれば、4・3・2制も存在し、一方で15歳までの小中一貫教育を行う国もある。

日本の小学校

ランドセルを背負った小学生の]

日本における小学校は、義務教育が行われている学校の一種であり、修業年限卒業までに教育を受ける年数)は6年である。卒業後は、中学校中等教育学校などに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる