「小型魚」とは?

関連ニュース

【環境/社会】ニシキゴイ放流 本当に「美談」か 生態系「破壊の恐れ」指摘も - 05月10日(水)12:30 

  全国各地の河川で定期的に行われている「ニシキゴイの放流活動」。地域団体や地元有志がボランティアとして実施するケースが多く、メディアでもよく「美談」として好意的に取り上げられる。    そんな放流活動をめぐり、いまインターネット上では、放流されたコイが地域固有の生態系を「破壊」すると訴えたブログが大きな注目を集めている。はたして、ニシキゴイの放流活動は「美談」なのか、それとも「生態系を破壊」するものなのか。J-CASTニュースは、魚類の生態や分布に詳しい専門家に見解を聞いた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【漁業】太平洋クロマグロ、日本はあと1㌧で漁獲枠上限に 海外から批判も - 04月26日(水)01:17 

 乱獲が問題化している太平洋クロマグロについて、漁業者や環境保護団体などが意見を交わす北太平洋まぐろ類国際科学小委員会(ISC)の会合が25日、東京都内で開幕した。今回の協議を踏まえ、国際機関の中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)が今夏にも長期的な管理計画を策定する。最大の漁獲・消費国の日本は、週内にも国際合意に基づく漁獲枠を超過する見通しで、国際社会から批判の声が集まりそうだ。  会合には日本や米国、台湾などの政府関係者らが参加。27日までの日程で、水産資源の回復に向け、太平洋クロマグロ...
»続きを読む
カテゴリー:

水産庁、クロマグロ漁獲枠を追加配分…追加分は7月から始まる来期分から差し引き - 05月01日(月)19:18 

 水産庁は1日、4月27日時点で日本に割り当てられた漁獲上限(枠)を突破した太平洋クロマグロ小型魚(30キログラム未満)について、長崎県など枠を消化した一部の県に漁獲枠を追加配分していたことを明らかにした。 日本海北部など既存の枠を未消化の地域でも当初配分した枠の上限まで漁獲を認めるという。  追加配分したのは6月までの今期分。追加配分は7月から始まる来期分から差し引くことが条件になる。水産庁は加配分… 続きは会員登録で読めます http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB01H73_R00C17A5000000/?dg=1&am...
»続きを読む
カテゴリー:

「小型魚」の画像

もっと見る

「小型魚」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる