「小型無人機」とは?

関連ニュース

沖タイ「ドローンは米軍基地のベールをはぐ武器。写真はイメージ奪い去る暴力を秘めている」 - 05月23日(火)13:47 

小学生の女の子が興味津々で私の一眼レフカメラを見ている。 手渡してシャッターの切り方を教えたら、そのまま駆け出して撮影に行ってしまった。イベント会場でのこと ▼5分ほどで返してくれたので撮影画像を見てみると、とびっきりの笑顔をした大人がたくさん写っていた。 おじさんには絶対撮れない。写真には被写体だけでなく、撮る側との関係も写る ▼最近増えてきた小型無人機ドローンは少し違う。 機体は見えても操縦者がどこにいるか分からない。撮る側だけが見ている、一方的な関係 ▼ヘリより低空で、見たこともない角...
»続きを読む
カテゴリー:

【海底探査】潜行試験中の小型無人機、浮上できず回収断念 マリアナ海溝 - 05月21日(日)22:43 

 海洋研究開発機構は19日、深海探査システムの技術開発用の小型無人機(長さ1・7メートル、幅1・2メートル、高さ1・4メートル)が太平洋西部のマリアナ海溝で潜行試験中に浮上できなくなり、回収を断念したと発表した。  小型無人機は、今月14日にマリアナ海溝で航走試験などを実施。水深約1万900メートルまで潜った後、重りを切り離して浮上していたところ、水深約5320メートルで止まったという。回収を試みたが、19日に断念した。同機構は、上昇の際に切り離す3個の重りのうち、一部の切り離しに不具合があっ...
»続きを読む
カテゴリー:

尖閣領海での中国ドローン飛行 石平氏「攪乱戦術、本来なら撃ち落とすべきだが…」 - 05月20日(土)15:30 

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海で18日、中国海警局の船から飛ばされたとみられる小型無人機「ドローン」に対し、航空自衛隊がF15戦闘機を緊急発進(スクランブル…
カテゴリー:

【軍事】中国外務省「ドローンはメディアの撮影。軍事活動ではない」「釣魚島は中国固有の領土」 - 05月19日(金)20:55 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000120-jij-cn  【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は19日の記者会見で、沖縄県尖閣諸島沖で18日に確認されたドローン(小型無人機)らしき物体の飛行について、「中国海警局が飛ばしたものではなく、メディアが空中撮影で使用していた。軍事活動ではない」と主張した。    日本政府が物体の飛行で在日中国大使館に行った抗議に対し、華氏は「釣魚島(尖閣の中国名)は中国の固有の領土だ。受け入れられない」と述べた。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

尖閣周辺:ドローンで初の緊急発進 空自4機 - 05月19日(金)19:48 

 稲田朋美防衛相は19日の記者会見で、18日に尖閣諸島(沖縄県)周辺の領海に侵入した中国海警局の船の上で小型無人機ドローンとみられる物体1機の飛行が確認され、航空自衛隊のF15戦闘機など4機を緊急発進(スクランブル)させたことを明らかにした。ドローンに対する緊急発進は初めて。
カテゴリー:

【緊急】中国武装船団、尖閣沖の領海侵犯 - 05月23日(火)12:02 

23日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海に相次いで侵入し、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。 第11管区海上保安本部によりますと、23日午前10時すぎ、尖閣諸島の魚釣島の沖合で、中国海警局の船合わせて4隻が相次いで日本の領海に侵入しました。 4隻は午前10時半現在、魚釣島の北西およそ18キロから20キロを航行しているということで、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。 尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは今月18...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドクターヘリ】国交省、飛行経験を2千時間から千時間に緩和 ドクターヘリの操縦士確保 - 05月21日(日)16:22 

国交省、飛行経験を千時間に緩和 ドクターヘリの操縦士確保 2017/5/21 15:38 https://this.kiji.is/238913143359897604?c=39546741839462401  国土交通省はドクターヘリの操縦士になるための飛行経験時間などの要件を定めた国の基準を月内にも新設する。若手パイロットらの人材確保が狙いで、飛行経験は業界団体の自主基準である「2千時間以上」から「千時間以上」に短縮する。  要件緩和の一方、操縦技能を維持するため、事業者には年1回の訓練と能力判定の実施を義務付ける。来年4月から適用する。  近年の小型無人機「ドロ...
»続きを読む
カテゴリー:

小型無人機の回収断念=マリアナ海溝で海洋機構 - 05月19日(金)21:36 

 海洋研究開発機構は19日、米グアム島近くのマリアナ海溝(水深約1万900メートル)で小型無人機(重さ約1.5トン)が航走・光通信試験の終了後に浮上せず、回収を断念したと発表した。バラストを切り離せなかった可能性がある。 試験は大型無人探査機「かいこう」を改造し、潜航可能な水深を約7000メートルから約1万900メートルにするための技術開発・評価が目的。試験自体は目的を達成し、今年度からの改造に影響はないという。 【時事通信社】
カテゴリー:

ドローン 中国外務省は「海警局が飛ばしたものではない」「釣魚島は中国固有の領土」 - 05月19日(金)20:14 

 【北京=藤本欣也】中国外務省の華春瑩報道官は19日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入した中国海警局の船の上空を小型無人機「ドローン」が飛んでいたことについて、「中国海警局が飛ばした無人機ではない。メディアが空撮のために使用した無人機だ。軍事的な行動ではない」と述べた。メディア名は明らかにしなかった。
カテゴリー:

尖閣周辺に中国のドローン 空自が緊急発進 - 05月19日(金)17:53 

稲田朋美防衛相は2017年5月19日の閣議後会見で、18日朝に沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した中国公船の近くを飛んでいたドローン(小型無人機)とみられる物体に対し、航空自衛隊のF15戦闘機など4機を緊急発進(スクランブル)させたと明らかにした。稲田氏は、
カテゴリー:

もっと見る

「小型無人機」の画像

もっと見る

「小型無人機」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる