「小中一貫教育」とは?

関連ニュース

光文書院、タイピング学習のデジタル教材を無料提供 - 06月20日(火)19:30 

 光文書院は6月20日、タイピングの学習ができる無料デジタル教材「デジもじ」を提供開始した。光文書院のデジタル教材プラットフォーム「ひまわりポケット」を最新版にバージョンアップすれば利用できる。 ひまわりポケットは、光文書院のデジタル教材プラットフォーム。光文書院のWebサイトから無料でダウンロードできる。パソコンにインストールして電子黒板やデジタルテレビ、プロジェクターなどに映したり、タブレット端末にインストールしたりして活用する。公開されているひまわりポケットは、Windows版とiPad版の2種類。 今回リリースされたデジタル文字入力「デジもじ」は、タイピングが身に付けられるデジタル教材。きほんのタイピング練習では、ローマ字入力でパソコンのタイピング練習ができる。はじめに手の表示が出るため、指の使い方を確認してから練習できる。タッチパネルにも対応している。このほか、都道府県入力ゲームや学習記録が搭載されている。 「デジもじ」は、光文書院のデジタル教材プラットフォーム「ひまわりポケット」を最新版にバージョンアップすれば利用できる。これからひまわりポケットを利用する人は、「ひまわりポケット2017」をダウンロードのうえ、パソコンやタブレット端末にインストールして利用する。 ひまわりポケットでは、デジもじのほか、デジタル漢字ドリル「デジ漢」、デジタル計算ドリル「デジ計」、デジタル調...more
カテゴリー:

「小中一貫教育」の画像

もっと見る

「小中一貫教育」の動画

Wikipedia

小中一貫教育(しょうちゅういっかんきょういく)とは、初等教育(一般の小学校で行なわれている教育)と前期中等教育(一般の中学校で行なわれている教育)の課程を調整し、一貫性を持たせた体系的な学校制度のことである。また、これを行なっている学校を小中一貫校(しょうちゅういっかんこう)という。

無試験で上級学校に進学する学校を俗に「エスカレーター式」「エレベーター式」と呼ぶこともあるため、小中一貫校もこのように呼ばれることがある。

上記記載されている事とは別に、過疎地などでは小学校と中学校で校舎・敷地を共用する小中併設校(小中併置校)が存在する。このような形態の学校では一部の行事などを小・中学校合同で実施することがある。校長も小学校・中学校で兼任の場合も多い。

特に、小学校と中学校が1つの学校に統合されたものは、義務教育学校とされ、改正法施行により、2016年以降、一部で設置されている地域もある。

日本の小中一貫教育

日本の教育制度では、次に掲げる設置形態があるこの小項目においては小中一貫教育の展望と課題-小中学校の円滑な接続を目指して-のpp3-4に基づいて記載する。。

  • 施設一体型
    • 同一の校舎内に小学校...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる