「小中一貫教育」とは?

関連ニュース

なぜ、京都の教育熱心な家庭は「御所南小学校」に入れたがるのか - 10月16日(月)20:30 

京都で最も栄えている地域、「田の字地区」。四条烏丸の交差点を中心とする百貨店やブランドショップなどがひしめき合っている人気エリアです。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者の英学(はなぶさ がく)さんが、この地区周辺の土地についての豆知識等を紹介しています。 田の字地区 今回は京都の人気エリア「田の字地区」についてです。京都は昔から場所に強いこだわりを持つ人が多いようです。どこを京都と呼ぶかで揉めることもあるとか。そんな京都の中心部の人気エリアをご案内します。 田の字地区は京都市内中心部、四条烏丸の交差点を中心とする京都で最も栄えたエリアと言っていいでしょう。 四条烏丸は、昔から京都の商業・ビジネスの中心地として繁栄してきました。南北に走る烏丸通は、1,200年前の平安京開設当時の烏丸小路にあたる通りです。その通りは京都のど真ん中を走るメインストリートとして現在に至ります。京都の南北を御池通から五条通、東西を河原町通から堀川通で囲んだ約2キロ四方ぐらいの地区を「田の字地区」と言います。位置関係がわからない全国のみなさんはインターネットなどで地図を検索してみて下さい。 この地区は、平安時代には公家の邸宅や呉服問屋などが建ち並び、住宅地としても商業の拠点としても重要な場所となりました。また、祇園祭の山や鉾を出す33の鉾町がすっぽりとおさまる地区でもあります。室町通や新町通など...more
カテゴリー:

「小中一貫教育」の画像

もっと見る

「小中一貫教育」の動画

Wikipedia

小中一貫教育(しょうちゅういっかんきょういく)とは、初等教育(一般の小学校で行なわれている教育)と前期中等教育(一般の中学校で行なわれている教育)の課程を調整し、一貫性を持たせた体系的な学校制度のことである。また、これを行なっている学校を小中一貫校(しょうちゅういっかんこう)という。

無試験で上級学校に進学する学校を俗に「エスカレーター式」「エレベーター式」と呼ぶこともあるため、小中一貫校もこのように呼ばれることがある。

上記記載されている事とは別に、過疎地などでは小学校と中学校で校舎・敷地を共用する小中併設校(小中併置校)が存在する。このような形態の学校では一部の行事などを小・中学校合同で実施することがある。校長も小学校・中学校で兼任の場合も多い。

特に、小学校と中学校が1つの学校に統合されたものは、義務教育学校とされ、改正法施行により、2016年以降、一部で設置されている地域もある。

日本の小中一貫教育

日本の教育制度では、次に掲げる設置形態があるこの小項目においては小中一貫教育の展望と課題-小中学校の円滑な接続を目指して-のpp3-4に基づいて記載する。。

  • 施設一体型
    • 同一の校舎内に小学校...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる