「小中一貫教育」とは?

「小中一貫教育」の画像

もっと見る

「小中一貫教育」の動画

Wikipedia

小中一貫教育(しょうちゅういっかんきょういく)とは、初等教育(一般の小学校で行なわれている教育)と前期中等教育(一般の中学校で行なわれている教育)の課程を調整し、一貫性を持たせた体系的な学校制度のことである。また、これを行なっている学校を小中一貫校(しょうちゅういっかんこう)という。

無試験で上級学校に進学する学校を俗に「エスカレーター式」「エレベーター式」と呼ぶこともあるため、小中一貫校もこのように呼ばれることがある。

上記記載されている事とは別に、過疎地などでは小学校と中学校で校舎・敷地を共用する小中併設校(小中併置校)が存在する。このような形態の学校では一部の行事などを小・中学校合同で実施することがある。校長も小学校・中学校で兼任の場合も多い。

ヨーロッパ オランダ

オランダの教育はK-12制であり、basisschool は4-12歳まで8段階の義務教育レベルの学校である。

デンマーク

デンマークの教育制度ではフォルケスコーレ(Folkeskole)が存在し、6-15歳までの義務教育レベルの学校である。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる