「小中一貫教育」とは?

関連ニュース

学習環境を整え子どもたちの「学ぶ意欲」を高めたい【東京・品川区】 - 12月15日(金)12:00 

2006年に全国で初めて公立での小中一貫校を設立。「小1プロブレム」や「中1ギャップ解消」に取り組み、小学校での英語教育を導入するなど、教育の環境作りに積極的に取り組む品川区。「子どもは地域・社会全体で育てていく」と語る濱野健区長に教育にかける想いや子育て支援の取り組みについてお話を伺いました。 ママたちの育児不安を軽減するため、妊娠中の面接相談を実施 ――「しながわネウボラネットワーク」という妊娠・出産・育児に関する事業を行っているということなのですが、具体的にどのような取り組みか教えてください。 濱野区長:助産師、保健師などの資格を持った「妊産婦ネウボラ相談員」を保健センターに配置しています。妊娠中の方を対象として面談を行い、さまざまな相談をお受けしたり、母子保健情報を提供しています。初回の面談終了時に育児用品などを購入できる1万円相当のカタログギフトをプレゼントしています。また、児童センターには保健師、看護師、保育士などの資格をもった「子育てネウボラ相談員」を配置し、子育て全般の相談、子育てサービス情報の提供、他機関の紹介を行っています。 ――ほかにも、ママたちをサポートする支援はありますか? 濱野区長:あります。心と体のケアに対応できる家事・育児支援のヘルパー利用に対して、サービス費の一部を助成しています。生後6ヵ月になるまでの乳児を育児中の方を対象に1時間につき100...more
カテゴリー:

「小中一貫教育」の画像

もっと見る

「小中一貫教育」の動画

Wikipedia

小中一貫教育(しょうちゅういっかんきょういく)とは、初等教育(一般の小学校で行なわれている教育)と前期中等教育(一般の中学校で行なわれている教育)の課程を調整し、一貫性を持たせた体系的な学校制度のことである。また、これを行なっている学校を小中一貫校(しょうちゅういっかんこう)という。

無試験で上級学校に進学する学校を俗に「エスカレーター式」「エレベーター式」と呼ぶこともあるため、小中一貫校もこのように呼ばれることがある。

上記記載されている事とは別に、過疎地などでは小学校と中学校で校舎・敷地を共用する小中併設校(小中併置校)が存在する。このような形態の学校では一部の行事などを小・中学校合同で実施することがある。校長も小学校・中学校で兼任の場合も多い。

特に、小学校と中学校が1つの学校に統合されたものは、義務教育学校とされ、改正法施行により、2016年以降、一部で設置されている地域もある。

日本の小中一貫教育

日本の教育制度では、次に掲げる設置形態があるこの小項目においては小中一貫教育の展望と課題-小中学校の円滑な接続を目指して-のpp3-4に基づいて記載する。。

  • 施設一体型
    • 同一の校舎内に小学校...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる