「専門誌」とは?

関連ニュース

LIFE&MAGAZINE株式会社、株式会社士業クラスタとの業務提携を発表 - 01月22日(月)12:00 

弁護士、税理士、司法書士、社労士、行政書士向けの事務所経営の専門誌『FIVE STAR MAGAZINE』を出版するLIFE&MAGAZINE株式会社(東京都豊島区、榊原陸)は、弁護士を中心に士業向けのセミナー・研修会の開催、実施を手掛ける株式会社士業クラスタ(東京都千代田区、北周士)と2017年12月12日(火)に業務提携し、両社の提供するサービスを拡充し、より充実した士業向けの情報サービスを提供していきます。
カテゴリー:

【ストライクイーグル】史上最強戦闘機F-15が目指したもの・・40年無敗のワケとは? - 01月21日(日)13:36  news

40年空戦無敗の最強戦闘機が嫌われるワケ 「F-15は嫌いだ」  筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)はある航空専門誌のF-15戦闘機特集を読み狼狽(ろうばい)しました。なんと冒頭からいきなり著者がF-15を嫌いだと宣言しているではありませんか。  筆者はF-15「イーグル」が好きです。そもそも戦闘機を好きになったきっかけがF-15でしたし、いまも変わらずF-15が一番好きだと自負しています。F-15は航空自衛隊の主力戦闘機であり 、わりとなじみ深い機種ですから、F-15が嫌いだと書かれていた文章を読んだときの憤りを理解して...
»続きを読む
カテゴリー:

【ライフ】思春期は今や「10歳から24歳まで」=豪研究 - 01月19日(金)23:03  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/42742814 ケイティー・シルバー、BBCヘルス担当記者 思春期というのは以前は19歳で終わると考えられていたが、最近では10歳から24歳まで続くという研究が、英医学誌に掲載された。 医学誌ランセットの子供と若者の健康を扱う専門誌に掲載された、豪メルボルンの王立小児病院の研究によると、若者が教育を受ける期間が長くなり、結婚や出産・子育ての開始が以前より遅くなっていることから、「いつから大人か」という世間の認識が変化しているという。 実態や認識の変化に合わせて法律や政府の政策も...
»続きを読む
カテゴリー:

「嫌われない撮り鉄になるために」アサヒカメラが特集―ネットの声反映か - 01月19日(金)00:00 

写真専門誌の「アサヒカメラ」は2月号で特集記事「嫌われない「撮り鉄」になるために!」を掲載する。鉄道を撮影するのが好きな「撮り鉄」のマナーがインターネット上の一部で話題になっていることを反映したものと見られる。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 特集の内容は鉄道の撮影愛好家はどう振る舞うべきなのかを取り上げたもの。「悪質な撮り鉄は車を使うことが多い」「場所取りしても良い写真は撮れない」など、写真家と元鉄道員の証言を掲載している。最近の事例からマナーの実態を明らかにするとともに、マナーと写真のできばえについて写真家が分析するという。 鉄道の撮影マナー問題は、風景や動物の撮影マナーの問題とも似ているとアサヒカメラは言及している。 アサヒカメラは2017年にも「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」「“写真泥棒”にならないための法律&マナー」などとして、写真の著作権侵害を取り上げるなど、しばしばインターネット上の話題を反映した特集を組む。【関連記事】・アマゾンの独自ドラマ「チェイス」、新潮社が配信中止求める―書籍と類似の指摘・JR北海道、スマホに表示して使う「スマホ定期券」発売・大丈夫?LINEで「ギャンブル依存」セルフチェック可能に―「ガチャ」も対象へ?・あの「妖怪惑星クラリス」のLINEスタンプが登場―LINEのレギ...more
カテゴリー:

【朝日新聞】ハエの集団にも多様性が大切 実験で生産性最大に - 01月18日(木)13:13  newsplus

1/18(木) 11:50配信 朝日新聞デジタル  性格が異なる2タイプのハエを一緒に飼ったときのほうが、同じ性格のハエだけを集めて育てたときよりも元気な個体が多くなることを、千葉大などのチームが実験で突き止めた。集団全体の活力を高めるうえで「多様性」が大切なことを示す成果だという。17日付の英専門誌で発表した。  キイロショウジョウバエの幼虫には、エサを探すときに活発に動き回る「せかせか型」と、あまり動かない「おっとり型」がある。千葉大の高橋佑磨特任助教(進化生態学)らは、エサに含まれる栄養が少なく生...
»続きを読む
カテゴリー:

18年はウェルネス事業に期待/東急不HD - 01月22日(月)09:00 

「東急ステイはインバウンド比率が3割を超え、客室料も強気に設定しており収益が期待できる」と大隈社長  東急不動産ホールディングス(株)および東急不動産(株)の代表取締役社長・大隈郁仁氏が19日、専門誌記者等と会見。
カテゴリー:

累計販売112万台でもはや新国民車!?の2代目「N-BOXカスタムG・EXターボ」登場…その実力は? - 01月21日(日)06:00 

2011年12月の発売以来、累計112万台を販売。もはや新国民車と言っても過言ではないのがホンダのN-BOXだ。それが証拠に今年9月1日から2代目が発売となったが、約1ヵ月で5万2千台を受注! 今回、初のフルモデルチェンジとなったそんな軽スーパーハイトワゴンだが、まずはスタイルを見てびっくり。一見すると初代から全然変わってない。まあ、鼻の下が延びてTバック顔になったワイルドな「カスタム」はイメチェンできている気もするが、ボディサイズを見ると全長全幅はまったく同じで、厳密には全高が1cm延びたくらい。 ところが! N-BOXのLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)の白土清成(しらと・きよなり)氏に聞いてみたところ、「まったく同じパーツはネジ、ボルトぐらいです」とのこと。マジか!? つまり一見、努力してないようで中身は全力でフルチェンジ! それこそが新N-BOXの真骨頂なのだ。 インテリアを見ても確かに全力。相変わらず使いやすい位置にあるシフトレバーを中心に実用的にまとめられている。もちろんこちらも旧型から全取っ換え。助手席前の棚はより機能的に四角く大きくなっているし、メーターは小さく上部にまとめられ、ステアリング前には巨大なフタ付き収納ボックスまでついた。外観も前後ライト類はすべてLED化され、先進安全の...more
カテゴリー:

欧州モデルにも負けない? 日本が誇る最強ホットハッチ「新型スイフトスポーツ」登場! - 01月19日(金)17:00 

これはひっさびさに、河口まなぶが絶大なる自信を持ってオススメできる一台だ!と断言できるクルマが登場した。そう、スズキの新型スイフトスポーツだ。コイツは国産車の中で最も輝いているホットハッチ。 2016年にモデルチェンジで4代目となったスズキのスイフト。そのスポーツモデルであるスイフトスポーツが今年9月13日に新型へと切り替わった。このモデルは、トヨタのヴィッツやホンダのフィット、日産のノートなどがライバルとなる日本のコンパクトカーだが、スイフトスポーツは走りが群を抜く。 衝撃だったのが2005年に登場した2代目スイフトスポーツ。当時のスズキの副社長が欧州に行き、スズキの製品と欧州車を乗り比べ、その差に愕然とし、ここから指揮を執って誕生させたモデルなのだ。このクルマが登場するまで筆者や同業者は「スズキに操縦安定性はナシ!」なんて揶揄(やゆ)していたが、このモデルに乗ってひっくり返った。なぜならその走りはまるで欧州車! 気がつけばスイフトスポーツは日本のホットハッチの代名詞的存在になった。 そんな経緯を持つスイフトスポーツが新型になって登場。早速、試乗取材したが、今回のスイフトスポーツ最大のトピックは3ナンバーボディを得たことだろう。先代に比べて40mm拡大された全幅は173mmとなった。5ナンバーから3ナン...more
カテゴリー:

「嫌われない撮り鉄になるために」アサヒカメラが特集―ネットの声反映か - 01月18日(木)18:00 

写真専門誌の「アサヒカメラ」は2月号で特集記事「嫌われない「撮り鉄」になるために!」を掲載する。
カテゴリー:

『逃げ恥』『ハイロー』など、話題のドラマに迫る! 『美術手帖』2月号 - 01月17日(水)14:00 

美術専門誌『美術手帖』(美術出版社)は、17日発売の2018年2月号で「テレビドラマをつくる 物語の生まれる場所」特集を行う。
カテゴリー:

もっと見る

「専門誌」の画像

もっと見る

「専門誌」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 専門雑誌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる