「専門誌」とは?

関連ニュース

【IBM】量子コンピュータの重要部品、バリスティック伝導ナノワイヤ接続を実証-IBM - 05月27日(土)01:26 

http://news.mynavi.jp/news/2017/05/26/265/?rt=top 荒井聡 [2017/05/26] IBMチューリッヒ研究所は、シリコン上に集積した化合物半導体ナノワイヤによる接続デバイスにおいて、電子のバリスティック伝導を実証したと発表した。バリスティック伝導は、材料中を伝わる電子が散乱せずに、弾丸のように直線的に進む現象。この性質を利用すると、電子がもっている量子情報を損失なく伝送できるため、量子コンピュータを実用化する上で重要な部品になると期待されている。研究論文は、米国化学会発行のナノテク専門誌「Nano Letters」に掲...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】立川談志一門が分裂! 志らくvs志の輔、談春、生志 お家騒動 - 05月26日(金)14:51 

お笑い界の重鎮・ビートたけしも弟子入りした、立川流の家元の故・立川談志さんの遺志を継ぐ立川談志一門会の主要メンバー、立川志の輔(63)、立川談春(50)、立川生志(53)の3人が、 『立川流落語会』を欠席することで、一門会の自然解散説が流れている。 「『立川流落語会』は、5月26日から28日まで国立演芸場(東京都千代田区)で開催されるのですが、同会が毎年5月に開かれることが分かっているにもかかわらず、3人はスケジュールの都合で欠席する。 その理由が、“談志師匠のDNAを受け継ぐのは自分だけ”と公言したとされる立川志らく(5...
»続きを読む
カテゴリー:

「ミュージックマガジン 日本のヒップホップルバムベスト100」にちゃんとガタガタ言ってみる - 05月25日(木)10:00 

『フリースタイルダンジョン』によって日本のラップシーンが活性化し、その盛り上がりは続いている。R−指定は『未来予想図』でブームへの懸念を表明しているが、日本語ラップは人気ジャンルとして定着した。ミュージックマガジン6月号の特集「日本のヒップホップアルバムベスト100」がネットで物議を呼んでいることがその証左ではないだろうか。この特集では31人のライターの投票によってベスト100が決定された。「100選」ではなく、1位から100位までビシッと順位がついていることが騒動の原因だ。音楽との出会いはある日ある時、突然おこる。その場面によって思い入れは千差万別。当然、ガツーンと来た作品が1位でなければ納得出来ない。なのでミュージックマガジンが作った順列に違和感があるのは当然だろう。そのことは選者たちも十分にわかっていて、ライターのひとりとしてこの企画に加わったDJの荏開津広は「始めなくては始まらない」と言っている。そうなんだよ。ジャンルは異なるが、ぼくもメディア芸術作品等の審査をすることがある。作品に順列をつけることはモヤモヤする。オレって何様? という葛藤だ。しかしながら「でもやるんだよ!」の一心でやっている。それはなぜか? まさに「始めなくては始まらない」からだ。特にポップカルチャーは、それをしないでいると世情の移ろいの中に霧散してしまう。それはポップの美学とも言えるけど、やはり思い入れ...more
カテゴリー:

3,000円でかなり遊べる「ポータブルカセットプレイヤー」 - 05月24日(水)05:05 

誰にでも思い出の曲があると思います。僕の場合は、昔からMIXテープが好きなので、曲単位じゃなくて、曲の順番とか、つなぎとか、トータルで思い出になっています。というわけで、“ちょっと懐かしい音楽でも聴くか”となった時は、CDでもレコードでもなくカセットテープで聴くことになる。だからポータブルカセットプレーヤーを今でも持っているわけです。現在の相棒はANOD(アンドー)というメーカーのもの。いわゆるジェネリック家電というやつでしょうか。はっきり言ってチープです。まず再生、一時停止、早送りしかできない。そう、巻き戻しができないんです! 巻き戻そうと思ったら、いちいちカセットを裏返して早送りか再生をするという(笑)。ディテールもトイ感があります。一般的に電化製品のブランドロゴはレーザーカッティングで刻印されていると思うんですが、このプレーヤーのロゴはなんとデカール(転写シート)。プラモっぽいです。音質はいわずもがな。それでも僕がANDO推すのは、3,000円も出せば今でも新品が買えるところです。これは心強い。ヴィンテージ価格の有名メーカーのプレーヤーもいいですが、実だけをとるならこれです。僕はスタイルはどうでもよくて、ただ懐かしいMIXを聴きたいだけなので実をとります。さらに、最近気づきました。3,000円のプレーヤーでも、高級ヘッドフォンをつければ、結構音がいい!...more
カテゴリー:

子鉄のための新雑誌! 子ども図鑑<鉄道専門誌な入門誌『鉄道KING』創刊 - 05月22日(月)15:30 

『旅と鉄道』『SINRA』といった雑誌の発行元である出版社・株式会社天夢人では、子どもから大人まで、鉄道ファンの好奇心と知的欲求に応える、新しい鉄道雑誌『鉄道KING』を発刊した。価格は780円(税込)。 これまで子ども向けの鉄道本といえば、車両図鑑や幼児向けの絵本がほとんどで、逆に大人向けの鉄道趣味雑誌では専門用語も多く、入門書としてはハードルが高すぎるというマーケット事情があった。そのため同社では、おもに対象年齢を小学生から中学生を想定して、鉄道好きな子どもたちの「なぜ?」「どうなってるの?」と思う好奇心や探究心、「もっと知りたい」という知的欲求に応える雑誌として本誌を創刊したという。 最新の鉄道情報を取り上げつつ、鉄道運行の仕組みや裏舞台、仕事の現場をクローズアップするなど、大人目線の情報をわかりやすくお届けするという『鉄道KING』。創刊号では、待望のデビューを果たした2つのクルーズトレイン、JR東日本「トランスイート四季島」とJR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風」を取り上げるほか、速さ、安全性、快適さに注目した新幹線のヒミツを大特集。人気のドクターイエローのヒミツにも、精密なスケルトンイラストで詳しくせまる。 特別綴じ込み付録には、首都圏&京阪神エリアの鉄道路線図ポスターが付く。JRと私鉄をテーマカラーで色分けして、すべての駅名に読み仮名がふってあり、分か...more
カテゴリー:

【芸能】立川談志一門が分裂! 志らくvs志の輔、談春、生志 お家騒動 ★2 - 05月26日(金)22:26 

お笑い界の重鎮・ビートたけしも弟子入りした、立川流の家元の故・立川談志さんの遺志を継ぐ立川談志一門会の主要メンバー、立川志の輔(63)、立川談春(50)、立川生志(53)の3人が、 『立川流落語会』を欠席することで、一門会の自然解散説が流れている。 「『立川流落語会』は、5月26日から28日まで国立演芸場(東京都千代田区)で開催されるのですが、同会が毎年5月に開かれることが分かっているにもかかわらず、3人はスケジュールの都合で欠席する。 その理由が、“談志師匠のDNAを受け継ぐのは自分だけ”と公言したとされる立川志らく(5...
»続きを読む
カテゴリー:

カバーガールに高梨沙羅、フィットネス専門誌「ウィメンズ ヘルス」が日本上陸 - 05月25日(木)16:54 

女性向けフィットネス&ライフスタイルメディア「ウィメンズ ヘルス(Women's Health)」が日本に上陸。
カテゴリー:

カラスって実はカワイイ!総選挙「カラス写真アワード」に身もだえる - 05月24日(水)12:35 

カラスは身近な鳥だが、実はじっくり見たことがない人もいるのでは? なかには不気味だからと敬遠する人も。しかし、そんなカラスたちが主役の「カラス写真アワード」が行われる。カラスのかわいさ、カッコよさに身もだえよう!今回が第2回目となる「みんなのカラス写真アワード」。1回目は2014年夏に行われ、あまりの盛り上がりに応募期間を延長するほどだったという。同企画ではさまざまなカラスの写真を募集。後日インターネットで人気投票を行い、受賞作を決定する。日本、いや、世界でただひとつかもしれないカラス専門誌『CROW’S』が主催している。HPには『さぁ、みんなでカラスを撮って、ヤツらの可愛さ&カッコよさに悶えよう!!』という熱いコメントが……。受賞作は9月6日発行予定の『CROW’S』第4号に掲載されるという。さらに今回は受賞作のグッズ化&販売も予定されているとのこと。「カラス写真アワード」前回はどんな作品が?「カラスの写真? どうせ真っ黒で地味でしょ?」と侮るなかれ。前回も相当な力作が集まった。ここではその一部をご紹介しよう。・最優秀賞タイトル「中秋の名月」(撮影:竹野光春さん)木の枝に止まったカラスのシルエットが、大きな満月の光で浮かび上がる。静かさとドラマティックさが共存する作品だ。投票者からは「アングルが美しすぎる!」、「まるで日本画」、「グッズにしてほしい」と絶賛する声が上がった。写真と...more
カテゴリー:

【欅坂46】とどまるところを知らない欅坂46旋風「平手友梨奈をはじめとして、存在がロック」 - 05月23日(火)10:17 

乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾のアイドルグループとして2016年4月にデビューした欅坂46。 多感な10代の心情を歌ったメッセージ性の強いデビューシングル『サイレントマジョリティー』がアイドルファン以外にも幅広く支持され、初週売り上げは26万枚を突破。 女性アーティストにおけるデビューシングルの記録を塗り替えてロケットスタートを切った。 そこからグループの勢いは右肩上がりが続き、2ndシングル『世界には愛しかない』(16年8月発売)は初週32万枚を記録。 3rdシングル『二人セゾン』(16年11月発売)は初週44万...
»続きを読む
カテゴリー:

「オウム」新実死刑囚、獄中から妻の不倫相手を提訴 - 05月22日(月)05:58 

 オウム真理教事件の死刑囚の中で「最も血なまぐさい男」と言われたのが、新実智光(53)である。関連訴訟も事実上終結し、いよいよ彼ら13名のXデーも間近と見られるが、そんな折、新実は獄中から前代未聞の訴訟を起こしていた。  ***  関わった事件は、地下鉄サリン、松本サリン、坂本弁護士一家殺害など7件。殺害人数は26名と、麻原彰晃に次ぐ数である。また、公判を通して「麻原尊師の直弟子です」と帰依を捨てなかったことでも知られる新実。  この“原理主義者”は、2012年、アレフの信者(39)と結婚しているが、 「信じがたい動きが」  とは、さる公安関係者。 「昨年、彼は妻の以前の不倫相手2人に対し、“著しい精神的苦痛を被った”とそれぞれ100万円の損害賠償請求訴訟を起こしているのです。確定死刑囚が国やメディアを訴えることはままありますが、男女の話では聞いたことがない」  東京地裁に赴くと、確かにその記録は残されていた。そこには、 〈原告にとっては、妻との交流は生きがいであり、人格的生存に直結することであった。その妻に不貞されたことは、多大な精神的苦痛を与えるものであった〉 〈貞操権の侵害が発覚後、急激にやつれ、体重が10kg以上も激減した。その後、体重が一向に戻らない。東京拘置所では適切な食事がカロリー計算されて三度きちんと提供されている。体重が回復しないのは、苦痛がトラウマとなって残って...more
カテゴリー:

もっと見る

「専門誌」の画像

もっと見る

「専門誌」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 専門雑誌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる