「対象路線」とは?

関連ニュース

DMM mobile/DMM光 東京メトロでの電車内広告掲出開始のお知らせ - 08月16日(水)15:00 

[株式会社DMM.com] ■掲出期間 2017年8月16日(水) ~ 2017年8月31日(木) ■対象路線 東京メトロ丸ノ内線 東京メトロ東西線 ※運行に関するお問い合わせはご遠慮ください。 [画像1: https://prtimes.jp/i/2581/2319/resize/d2581-...
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国内線9路線でセール 14日まで - 08月11日(金)23:11 

ジェットスター・ジャパンは、8月10日午後6時から14日午前10時まで、国内線9路線を対象に「Good Travel, No Troubleセール」を開催している。 対象路線と片道運賃は、東京/成田〜大阪/関西線は3,950円から、東京/成田〜札幌/千歳・高松線は4,190円から、名古屋/中部〜鹿児島線は4,690円から、東京/成田〜大分・熊本・松山・鹿児島線は4,990円から、大阪/関西〜札幌/千歳線は5,090円から。いずれも空港使用料、支払手数料は別途必要となる。 搭乗期間は9月27日から10月26日まで。10月5日から10日までは除外日となる。路線によって設定期間は異なっている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

中国南方航空、銀聯カードでの支払いで中国・東南アジア行きが10%割引 - 08月08日(火)09:44 

中国南方航空は、銀聯カードでの支払いで一部路線の運賃が10%割引になるキャンペーンを行っている。 対象路線は、東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部発着の広州・昆明・上海・長沙・成都・ウルムチ・海口・杭州・南京・南寧・瀋陽・深セン・大連・バンコク・ダナン・ハノイ・プーケット・クアラルンプール・プノンペン・フーコック・シェムリアップ・ホーチミン・シンガポール行き。航空券を検索する際にプロモーションコード「201706」を入力すると、割引価格が表示される。 対象搭乗期間は8月31日まで。予約クラスは「J・C・D・Y・B・M・H・K・U・L・Q・E・V・Z」。他の割引との併用はできない。キャンペーン期間は8月31日まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本発着4路線でセール 片道6,500円から - 08月16日(水)11:30 

セブパシフィック航空は8月21日まで、日本発着4路線でセールを開催している。 対象路線と各片道運賃は、福岡~マニラ線は6,500円、名古屋/中部・大阪/関西~マニラ線は11,500円、東京/成田~セブ線は12,500円。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込みの総額。搭乗期間は9月1日から12月31日まで。販売席数には限りがあり、完売次第終了となる。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田~マニラ線は1日1便、大阪/関西~マニラ線は週5便、名古屋/中部~マニラ線と東京/成田~セブ線は週4便、福岡~マニラ線は週3便を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、新規就航のメルボルン線で特典航空券のマイルバックキャンペーン開催 - 08月11日(金)20:26 

日本航空(JAL)は、東京/成田〜メルボルン線の開設を記念し、特典航空券マイルバックキャンペーンを開催している。 ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスのJAL国際線特典航空券とワンワールド特典航空券の利用で、対象便1便あたり2,500マイルを搭乗翌月下旬に付与する。ディスカウントマイルの利用時も対象となるものの、アップグレード特典の利用時は対象外となる。 キャンペーン期間は9月1日から11月30日までの搭乗分で、搭乗前のキャンペーン登録が必要。対象路線は直行便のJL773便とJL774便。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

2610区間で引き上げ=一般道の最高速度-警察庁 - 08月03日(木)10:26 

 全国の警察が2014~16年度にかけて一般道の最高速度規制の点検・見直しを行い、2610区間(計5000キロ)で最高速度の引き上げを決定したことが3日、警察庁のまとめで分かった。対象路線の25.9%に上り、74.1%は現状維持だった。速度規制の見直しは09年度に現行基準になって以降、09~11年度と12~13年度に続き3回目。 規制速度が40、50キロの路線のうち、規制速度に比べ実際の車の走行速度が20キロ以上速い路線など、各都道府県警が抽出した8006区間(計1万9337キロ)を対象に見直しを行った。 見直しで最高速度が引き上げられた場合は、必要に応じて路面をわざと盛り上げて段差を作り、ドライバーに注意を促す法定外表示や、「通学路」の補助標識を設置するなどの安全対策を実施。引き上げ済みの2336区間を分析したところ、10%で実際の走行速度が以前より上昇し、15%は低下した。75%は変化がなかった。 引き上げ前後1年間の事故件数が比較できた1244区間全体では、事故数増加の傾向は見られなかった。しかし、一部区間については事故数が増えているため、警察庁は今後、要因を分析して対策を取る方針。 【時事通信社】
カテゴリー:

「対象路線」の画像

もっと見る

「対象路線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる