「対象路線」とは?

関連ニュース

エアアジア・ジャパン、中部=新千歳線10/29就航で5円セール--名古屋メシも - 10月16日(月)13:31 

LCCのエアアジア・ジャパンは10月16日、10月29日に中部=新千歳線を1日2便、毎日運航で就航することを発表。通常運賃は片道4,500円からとなるが、今回の就航を記念し、10月17日00:00より片道「5円」からの就航記念セールを行う。 エアアジア・ジャパンは2014年7月、楽天やノエビアホールディングス、アルペンなどとともに日本再上陸を表明。当初、エアアジアグループCEOのトニー・フェルナンデス氏は2015年6月からの就航を目指すとしていた。 初号機が拠点となる中部に到着した2015年10月時点では、2016年春から中部=新千歳/仙台/台北線の運航を予定していたが、2016年9月に仙台線見送りを発表。2017年1月30日には、「安全運航を遂行するための準備スケジュールの見直し」を理由として、未定のまま就航時期見直しとなった。そして10月16日、10月29日に中部=新千歳線を毎日運航することを正式に発表した。 エアアジア・ジャパンは中部に本社を構える唯一の航空会社であり、SKYTRAX社の「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」を9年連続で受賞し、アジアのLCC市場を開拓した先駆者であるエアアジアグループの日本法人となる。 エアアジア・ジャパンの運航開始を記念して実施する特別セールは、中部国際空港に本社を置く初の航空会社として地元の方々との"ご縁"を大切にしていきた...more
カテゴリー:

エアプサン、日本発着釜山・大邱線を対象にセール 片道3,500円から - 10月14日(土)19:40 

エアプサンは、10月12日午前11時から18日午後4時まで、釜山・大邱線などを対象に「Fly Early」セールを開催している。 対象路線と片道運賃は、福岡・大阪/関西〜釜山・大邱線は3,500円から、東京/成田〜釜山・大邱線は5,000円から、札幌/千歳〜釜山・大邱線は6,000円からとなる。諸税、燃油サーチャージ別。福岡線以外では機内食を提供するほか、20キロまでの受託手荷物が付帯する。搭乗期間は2018年1月1日から31日まで。韓国国内線も対象となっている。 予約変更は1回4,000円、払い戻しは1回5,000円で可能。支払った運賃より手数料のほうが高かった場合は運賃が手数料の上限となる。燃油サーチャージと諸税は払い戻し可能。購入当日は予約変更と払い戻しは無料となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアアジア、2日間限定でセール 東南アジアへ片道総額7,700円から - 10月13日(金)18:18 

エアアジアは、10月14日と15日の2日間、「弾丸キャンペーン」記念セールを開催する。 対象路線は東京/羽田・大阪/関西・札幌/千歳〜クアラルンプール線と東京/成田・大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線、東京/成田〜デンパサール線で、片道運賃は7,700円から。 搭乗期間は2018年5月1日から9月30日までとなる。いずれも諸税込み、受託手荷物料金や支払手数料は別途必要となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チェジュ航空、日本線対象のスーパーセール 片道3,000円から - 10月11日(水)10:01 

チェジュ航空は、2018年1月と2月出発分の航空券を対象としたスーパーセールを、きょう10月11日午前10時より開始した。 日本線の対象路線と片道運賃は、名古屋/中部〜ソウル/仁川線と東京/成田・大阪/関西〜釜山線は3,000円から、大阪/関西・松山・福岡〜ソウル/仁川線と大阪/関西〜ソウル/金浦線、福岡・沖縄/那覇〜釜山線は4,000円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は5,000円から、沖縄/那覇〜ソウル/仁川線は8,500円から、札幌/千歳〜ソウル/仁川線は12,500円から。 Refreshポイント会員限定で、チェジュ航空のウェブサイトやアプリでのみ販売する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本線でセール フィリピンへ片道5,500円から - 10月08日(日)08:32 

セブパシフィック航空は10月9日まで、日本発着5路線を対象にセールを開催している。 対象路線と各片道運賃は、福岡~マニラ線は5,500円、東京/成田・名古屋/中部~マニラ線は9,000円、大阪/関西~マニラ線は9,500円、東京/成田~セブ線は10,500円。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込みの総額。搭乗期間は2018円1月1日から6月30日まで。販売席数には限りがあり、完売次第終了となる。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田~マニラ線は1日1便、大阪/関西~マニラ線は週5便、名古屋/中部~マニラ線と東京/成田~セブ線は週4便、福岡~マニラ線は週3便を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター、中部発着全6路線を片道6円になるスーパースターセール実施 - 10月16日(月)11:28 

LCCのジェットスター・ジャパンは10月17日18時より、中部国際空港を発着する国内・国際全6路線を対象とした片道6円(座席数限定)のスーパースターセールを実施する。ジェットスター・ジャパンは、今後の機材数増強による路線網の拡充、および運航品質の向上を図るため、2018年春を目処に中部国際空港の拠点化を計画している。 2013年3月中部国際空港に新千歳線および福岡線の2路線、合計1日最大4往復8便で就航したジェットスター・ジャパンは、同空港から国内外に就航する唯一のLCCとして、中部路線を6路線、1日最大8往復16便にまで拡大し、名古屋市の人口を超える300万人(平成29年9月1日現在の名古屋市推計人口総数231万3,524人名古屋市HPより)に利用されている。 中部国際空港に拠点を置くことで、新規路線の開設や増便などによる路線網の拡充が可能となり、レジャーやビジネスを目的にとした人の選択肢を広げ利便性を向上させる。さらに関係各所との連携を強化し、中部経済圏の発展に貢献することを目指す。 今後ジェットスター・ジャパンでは、2018年春の中部国際空港の拠点化に向けて様々なキャンペーンを予定。その第一弾として、9月より開始したジェットスターの新ブランドセール「Super Star Sale(スーパースターセール)」を10月17日よりスタートする。 今回のセールでは、中部「6」路...more
カテゴリー:

エアアジアが日本市場でPR強化--年内にエアアジア・ジャパンも国内線就航 - 10月13日(金)20:13 

LCCのエアアジアは10月から日本市場にフォーカスした活動を展開しており、その一環として、「CHALLENGE」をコンセプトに日本におけるエアアジアのブランディングを強化する。年内にはエアアジア・ジャパンでの国内線も就航を予定している。 エアアジアは、2010年のエアアジアXによる羽田=クアラルンプールの就航以来、気軽に東南アジアまでアクセスできる航空会社として日本市場で展開を開始した。2017年は、5 月の成田=バリ便就航、7月の関空=ホノルル便就航に加え、年内には国内線も就航を予定している。 これを記念して、新たなブランディングコンセプト「CHALLENGE」のもと、"挑戦するLCC、挑戦する人を応援するLCC"としてのコミュニケーションを含めたキャンペーンとして、第一弾の「弾丸チャレンジャーズ」を実施。日本における認知率の向上と、実際の搭乗数の増加を目指す。 「弾丸キャンペーン」記念セールとして10月14日と15 日の2日間、エアアジアの一部路線を片道税込7,700円で販売する。対象渡航期間は2018年5月1日~2018年9月30日で、対象路線は羽田=クアラルンプール、関空=クアラルンプール/ドンムアン、新千歳=クアラルンプール、成田=ドンムアン/デンパサール。 「弾丸チャレンジャーズ」コンテストは、8組16人にエアアジアの国内外ネットワークの中からエアアジアが選定し...more
カテゴリー:

中国南方航空、東南アジア・オーストラリア行き特別運賃発売中 往復2万円から - 10月13日(金)17:06 

中国南方航空は、日本発東南アジア・オーストラリア行きを対象とした特別運賃を10月20日まで販売している。 対象路線と往復運賃は、東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部発のバンコク・シンガポール・クアラルンプール・プーケット・ホーチミン・ハノイ・フーコック行きが22,000円から、チェンマイ・ニャチャン・サバ・ランカウイ・バリ・ビエンチャン行きが27,000円から、シドニー・メルボルン・パース・ブリズベン・アデレード行きが30,500円から。東京/羽田・東京/成田・大阪/関西発のコロンボ行きが20,000円から。燃油サーチャージ、諸税等は別途必要。対象搭乗期間は12月15日まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本線対象のセール 片道6,500円から - 10月11日(水)08:12 

セブパシフィック航空は10月16日まで、日本発着5路線を対象にセールを開催している。 対象路線と各片道運賃は、福岡~マニラ線は6,500円、名古屋/中部・大阪/関西~マニラ線は11,500円、東京/成田~マニラ・セブ線は12,500円。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込みの総額。搭乗期間は11月1日から2018年3月31日まで。販売席数には限りがあり、完売次第終了となる。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田~マニラ線は1日1便、大阪/関西~マニラ線は週5便、名古屋/中部~マニラ線と東京/成田~セブ線は週4便、福岡~マニラ線は週3便を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「対象路線」の画像

もっと見る

「対象路線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる