「対策法」とは?

関連ニュース

【ネット】“ダミーの巣”でアシナガバチの巣作りを防げるとのツイート話題に 蜂の専門家に聞いてみた - 04月22日(日)09:46  newsplus

◆“ダミーの巣”でアシナガバチの巣作り防げるとのツイートが話題に 蜂の専門家に効果聞いた  ~新聞紙で簡単に作れちゃうダミーがまさかの効果発揮 「蜂の巣に見立てたものをつるす」と、蜂の巣作りを防げるというツイートが話題になっています。 新聞紙などで使って簡単に試せるこの方法は本当に効果があるのか、蜂の専門家を取材してみました。 https://twitter.com/sakikob_w/status/984346604927778816 ツイート主は野鳥や鯨類などを愛するsakiko(@sakikob_w)さん。 毎年ベランダにアシナガバチの巣が作られて困っていた...
»続きを読む
カテゴリー:

[特集]民泊をイチから学ぶ 第2回 許可なし民泊の具体的なトラブル例とその対策法 - 04月20日(金)10:24 

インバウンド需要の拡大に対応する新たな宿泊手段として注目を集める「民泊」。しかし、これまでに特に民泊の「投資」を巡り、さまざまなトラブルが発生してきました。今回は、民泊の具体的なトラブル例と今後のトラブルを回避するための対策を解説します。
カテゴリー:

【先輩しくじり体験談】週6授業で全休なし! 自分の時間が作れないスケジュールで失敗【学生記者】 - 04月18日(水)08:00 

取りたい授業ばかりの理想の時間割のはずが…… 全休なんていらない! 僕は勉強するんだ! と、シラバスとにらめっこしながら取りたい授業を履修登録画面にポチポチ……。見事に週6授業で埋まった時間割が完成しました。  僕の場合は必修科目が土曜日に入っていたため、週5授業にするためには平日に全休を作る必要がありました。友達と時間割を見せ合ったときには、他のみんなも平日に全休を作っていました。実は、そのグループで全休が1日もないのは僕だけだったのです。今思うと、この時点でいくつか履修をキャンセルして、全休の日を作っておけばよかったと思います。  全休なしでのリアルな失敗談 こうして、全休を作らなかったことにより、後悔や失敗した経験もエピソードもいろいろとあります。 失敗談1.平日ディズニーが…… 大学生がみんな大好きなディズニー。いけるものなら空いている平日に行きたいものです。学科の友達グループで全休を使って行こう! となったのですが、私は授業があったため断ることに。せっかくのディズニーが……と、そのとき全休にしていなかったことを後悔しました。 失敗談2.課題に追われて…… 授業も後半になってくると、レポートや課題がたくさん出てきます。みんなが全休を使ってさっと終わらせる中で、自分だけ長い通学時間をかけて授業を受けに行き、また長い時間をかけて帰ってすぐにバイトという生活を送っていました...more
カテゴリー:

【兵庫】「みかじめ料」店側も処罰 兵庫県警が暴排条例改正へ 福岡県、北海道、京都府など7道府県で既に施行 - 04月16日(月)08:10  newsplus

「みかじめ料」店側も処罰 兵庫県警が暴排条例改正へ 4/16(月) 5:32配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000004-kobenext-l28  暴力団組員が飲食店などから集めるあいさつ(みかじめ)料について、組員と支払った店側の双方に罰則を設けることを兵庫県警が検討していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。指定暴力団山口組から分裂した「神戸山口組」が指定暴力団となって同日で2年。同組は神戸・三宮をはじめ県内の歓楽街で影響力を持ち、あいさつ料を資金源の一つにしているとみられ、県警は取り締ま...
»続きを読む
カテゴリー:

【大阪】半グレを「準暴力団」認定 複数の不良グループ、大阪で初 - 04月14日(土)19:24  newsplus

 大阪府警が「半グレ」と呼ばれる府内の複数の不良グループを、警察庁で規定する「準暴力団」と認定し、取り締まり対象としていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。  警察庁などによると、これまで準暴力団と認定された半グレは、暴走族「関東連合」のOBグループなど首都圏を中心に少なくとも8集団(平成26年末時点)あるが、大阪では初めて。府内では最近、繁華街・ミナミの飲食店へのみかじめ料徴収などで半グレの活動が目立っており、府警は摘発態勢を強化する。  捜査関係者によると、数グループの認定は昨...
»続きを読む
カテゴリー:

許可なし民泊の具体的なトラブル例とその対策法 - 04月20日(金)10:24 

●マンションでの無断民泊は訴訟問題につながる恐れ 民泊に対する正しい知識が不足していると、裁判沙汰に発展しかねない インバウンド需要の拡大に対応する新たな宿泊手段として注目を集める「民泊」。しかし、これまでに特に民泊の「投資」を巡り、さまざまなトラブルが発生してきました。今回は、民泊の具体的なトラブル例と今後のトラブルを回避するための対策を解説します。 ○民泊を巡るトラブル事例その1 民泊副業・兼業が勤務先にバレて懲戒処分 民泊は「旅館業」に該当する立派な事業。もし、あなたが公務員や会社員の場合には、民泊を営むことが、法令や勤務先の就業規則などに抵触する可能性があります。 実際、民泊副業が勤務先に発覚し、懲戒処分となった事例はいくつもあります。2016年9月には、埼玉県の公立高校の教諭が、無断での民泊営業が副業を禁じる地方公務員法に違反するとして減給処分を受けました。2017年8月には、名古屋市に勤めるバス運転手が、同じく地方公務員法違反として減給処分を受けた事例が存在します。 ■トラブル回避の対応策 厳しい法令の制限がある公務員とは対照的に、民間企業においては、2018年1月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」と兼業・副業を原則として認める「モデル就業規則」が公表されました。今後は、就業規則で副業・兼業が認められるケースが増えていくと予想されます。民泊を副業・...more
カテゴリー:

梅沢富美男、極道ルックスでボヤき節… セクハラ問題に持論も - 04月18日(水)20:12 

 俳優の梅沢富美男が18日、都内で行われた映画『孤狼の血』(5月12日公開)の新宿歌舞伎町・二丁目連合試写会に出席した。  白石和彌監督がメガホンをとり、俳優の役所広司が主演を務めた同映画。物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との癒着をうわさされる刑事・大上章吾(役所)とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…という内容。  劇中からそのまま飛び出してきたような“極道ルックス”で登場した梅沢。ひと足早く鑑賞し「久しぶりに痛快な映画を観たね。テンポがよくて、話が深い」と絶賛しつつ「この映画のくだらないところは、俺を出さなかったこと。少し準備すれば出れた。こういう役者を使えば、2倍、3倍と深みが出たね。次回作はぜひ…」と、ボヤき節も忘れなかった。  映画コメンテーター・赤ペン瀧川とのトークでは、財務省・福田淳一事務次官のセクハラ疑惑に触れる一幕も。梅沢は「女の嫌なことをしないこと。相手が嫌なことをしたらセクハラになる。相手がその気になっていればセクハラにはならない」と持論を展開し「権力使って、名指しで呼んだら記者の女の子は行くに決まってるだろ。それで『触らせろよ』って、嫌に決まってるだろ」と怒りをにじませていた。 ...more
カテゴリー:

インスタで見つけた!いまどきのかわいい「ベビーリュック」4選 - 04月18日(水)06:30 

赤ちゃんが自分と同じくらいの大きさのリュックを背負ってるのって、とってもかわいいですよね。 【毎日のお風呂をラクにする♪】赤ちゃんに使える入浴便利グッズまとめ 出産祝いやお誕生日などの贈り物としても人気な“ベビーリュック”。 今回は、インスタグラムで見つけた、いまどきのベビーリュックをいくつかご紹介いたします! 手作り雑貨屋さんの、ボーダーベビーリュック 広島県にある贈りモノ雑貨店 LISULISU(リシュリシュ)さんのInstagramです。 赤ちゃんが背負ったちいさなベビーリュックがとってもかわいいですね~! お名前はオーダーをいただいてから職人さんたちが1つひとつ手縫いで入れていくそうです。ママにとっても大切なものになりそうですね。 LISULISUさんの自社ブランド Lisumom(リシュマム)さんのInstagramです。 ボーダーとはまた違った雰囲気のベビーリュックでおそろコーデがかわいいですね。 男の子にも!兄弟や姉妹で使えるコスモ柄ベビーリュック 続いて、男の子にも使える宇宙(コスモ)柄のリュックです。 BelleVie Enfant(ベルビーアンファン)さんのInstagramからです。男女どちらでも持てそうなデザインなので、兄妹のおそろコーデとかにもよさそう! 筆記体のお名前入りのデザインがおしゃれです! 女の子の憧れ!ビッグリボン...more
カテゴリー:

意外!? 恋人としてはOKでも「結婚相手」としては問題アリな男性の特徴&対策法 - 04月15日(日)18:00 

「ギャンブルが好き」「浮気性」「浪費家」「暴力的」「キレやすい」「定職に就いていない」「マザコン」などは、結婚相手としてはおろか、恋人としても問題アリなので、そういう彼とは「結婚は、やめておいたほうがいいのかも…」と考える女性は多いと思います。 こんな人もアリかも! 意外と“結婚向き”な男性の特徴3選 しかし、恋人としては全然アリだった彼の性格が、結婚して生活を共にするようになると、家庭に思わぬトラブルや暗雲をもたらす大きな原因になることも…。 恋人に、もしくは意中の男性に次のような特徴があるなら、結婚を真剣に考える前に少し立ち止まってみるか、今のうちに対策をとったほうがいいかもしれません。 恋人としてはOKだけど、結婚相手としては問題アリな“意外な”特徴と、対策をお伝えします。 気前がいい男性 ご飯を食べに行ったら「なんでも好きなもの頼んでいいよ」と言ってくれて、普段からプレゼントもよくしてくれて、ときには自分の家族の分のおみやげやプレゼントまで惜しみなく出してくれる。 このように気前がいい男性を好む女性は多いでしょう。ケチで倹約家の彼氏より、一緒にいて楽しいですよね。 ただし、この気前のよさは、他人に対しても同じように行われていることを忘れてはいけません。 そう、あなたに対して気前がいい人は、他の人に対しても気前がいいのです。 そして、この気前のよさに付け込...more
カテゴリー:

麻美ゆまが「ウズウズしちゃう…」と大興奮!『孤狼の血』トークイベントにホンモノの男たちが勢ぞろい - 04月11日(水)20:30 

5月12日(土)公開の『孤狼の血』を応援するため、3月18日、新宿ロフトプラスワンにて公開記念応援トークイベント「東映じゃけぇ、何をしてもええんじゃ~第一夜~」が開催され、このたびイベントレポートが到着した。 【写真を見る】麻美ゆまが「過激すぎ!」と興奮したイベントの動画はコチラからチェック/[c]2018「孤狼の血」製作委員会 『孤狼の血』の舞台となるのは昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。県警本部から所轄署に配属された“キャリア組”の刑事・日岡(松坂桃李)は、暴力団との癒着が噂される大上(役所広司)とともに金融会社社員の失踪事件の捜査を担当する。しかし常軌を逸した捜査を行う大上に翻弄されつづけ、日岡は次第に暴力団同士の激しい抗争に巻き込まれていく…という物語だ。 玉袋筋太郎扮するクラブのマスターが、映画さながらの世界を実際に体験してきたゲスト陣から話を聞くという本イベントは、サブパーソナリティに麻美ゆまと映画コメンテーターの赤ペン瀧川先生を迎え、トークゲストには作家の宮崎学、元兵庫県警の飛松五男、NPO法人「五仁會」代表の竹垣悟、フリーライターの伏見敬、「TABLO」編集長の久田将義、フリーライターの藤木TDCが登壇した。 メインパーソナリティの玉袋は映画の感想を聞かれると「血湧き肉躍るというか、見事だったねこの映画は!」と大興奮。麻美も「過激な描写にウズウズしちゃう私、大...more
カテゴリー:

もっと見る

「対策法」の画像

もっと見る

「対策法」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる