「対立候補」とは?

関連ニュース

韓国大統領選 「歌って踊って」の空前のお祭り騒ぎ - 04月26日(水)16:00 

 5月9日に投開票される韓国大統領選は4月17日の公式選挙運動開始直後から、事実上の一騎打ちとなっている。「共に民主党」の文在寅氏(64)と「国民の党」の安哲秀氏(55)が火花を散らしているのだ。  産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏によれば、「すでに両陣営はテレビや公の場で激しいネガティブキャンペーンを行なっている」という。  文氏と安氏には因縁がある。2012年の前回大統領選時、野党候補を一本化するため、安氏は不出馬を宣言して候補の座を文氏に譲った。この“調整”を巡っては安氏の支持者が「美しい一本化といえるのか」と激しく抗議して、自殺をほのめかす騒動まで起きた。  両者の支持率は拮抗するが、元朝日新聞ソウル特派員のジャーナリスト・前川惠司氏は、「世論調査はあてにならない」と指摘する。 「回答率が20%台と低いうえ、韓国では世論調査に回答する人が嘘の答えをして、メディアを“操作”することもある。序盤から支持率が高いと、陣営に緩みが生まれますからね。そもそも韓国では“公正な選挙”など誰も信じていません」  根深い「不信」には理由がある。カネで票を買う選挙が繰り返されてきた歴史だ。前川氏が現地で取材した1992年の大統領選も金権選挙そのものだった。 「当選した金泳三は遊説の際、貸し切り列車の車両にメディアを招いた。海外メディアは別の車両だったので理由を尋ねると、『韓国の記者に...more
in English
カテゴリー:

【仏大統領選】ロシアハッカー集団、仏マクロン陣営にサイバー攻撃か - 04月26日(水)06:23 

http://www.afpbb.com/articles/-/3126389?act=all 【4月25日 AFP】日本の情報セキュリティー大手トレンドマイクロ(Trend Micro)は25日、フランス大統領選挙の決選投票に進んだエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)候補の陣営が先月、ロシアのハッカー集団によるサイバー攻撃の標的となっていたとする報告書を発表した。  同社によると、西側諸国で起きた複数の大規模サイバー攻撃との関与が指摘されているハッカー集団「ポーン・ストーム(Pawn Storm、別名APT28)」が、「フィッシング」と呼ばれる手口を用い、マクロン候...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

イヴァンカ・トランプ―世界が注目する米大統領の長女 - 04月17日(月)12:00 

2017年1月20日にドナルド・トランプが第45代アメリカ合衆国大統領に就任した。その過激な言動には賛否両論が渦巻いているが、同時に今、全米のみならず、世界中から注目を集めているのがドナルド・トランプの美しき長女、イヴァンカ・トランプだ。毀誉褒貶の激しい父親の傍らに立ち、常にやさしく微笑むイヴァンカの評価は日々上がり続けている。 美貌と知性を兼ね備え、「トップ・オブ・セレブ」と称されるイヴァンカ・トランプ イヴァンカは、トランプ夫人である「ファースト・レディ」のメラニアよりも影響力の強い「ファースト・ドーター」とも呼ばれている。身長180cm、スリーサイズは91・66・91という見事なモデル体型。美貌と知性を兼ね備え、父親譲りのブロンドヘアをなびかせて各国の要人と渡り合う姿は、まさに「トップ・オブ・セレブ」と称しても申し分のない風格さえ漂っている。 ドナルド・トランプの最初の結婚相手、イヴァナとの間で長女として生まれたイヴァンカは、兄と弟に挟まれ、ひとり娘として周囲から溺愛されて育った。やがて父ドナルドの不倫スキャンダルが発覚し、当時8歳だったイヴァンカは、ゴシップ記者に囲まれて質問攻めに遭うという洗礼を浴びた。 結局、ドナルドとイヴァナは92年に離婚。兄のドナルド・ジョン・トランプ・ジュニアは、この離婚劇にショックを受け、父ドナルドとしばらく口を聞かなかったというが、イヴァ...more
in English
カテゴリー:

【民主主義終了のお知らせ】香港長官選、親中派支持率29%が支持率56%を抑えて最有力候補に - 03月26日(日)09:56 

民意なき香港長官選 「本命」支持率、対立候補の半分 http://www.asahi.com/articles/ASK3T4CQ6K3TUHBI00Z.html 香港政府のトップを決める行政長官選挙が26日、投開票される。選挙委員による間接投票で行われる選挙は、中国の「本命」とされる前政務長官の林鄭月娥(キャリー・ラム)氏(59)が優勢だが、 世論調査の支持率はライバル候補の約半分まで低下。中国と距離がある議員は「民意なき選挙だ」と批判を強める。 香港大学の世論調査によると、25日の支持率は前財政官の曽俊華(ジョン・ツァン)氏(65)が56%...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

妻は25歳上、仏大統領マクロン候補・39歳の純愛。ゲイ不倫疑惑もデマだった - 04月26日(水)09:01 

 先日フランスで第1回大統領選挙の投開票が行われ、エマニュエル・マクロン候補(39)とマリーヌ・ルペン候補(48)の2名が5月7日の決選投票に進むことになりました。  現地メディアの多くは、決選投票ではマクロン候補が勝つと予測しています。 ◆高校生のとき、先生との結婚を宣言  当初話題を集めていたのは“極右”と呼ばれるルペン候補でしたが、ここへきてマクロン候補も注目され始めています。その理由のひとつが妻ブリジットさん(64)の存在。25歳も年上で、しかもマクロンさんが高校生だったときのフランス語と演劇の先生だということ。  なれそめはミラン・クンデラの戯曲『ジャックとその主人』でマクロンさんが主演を務めたことだったといいます。ここから彼の熱烈なアプローチがスタート。“いっしょに脚本を書き直そう”だとか色々と口実を作って、毎週金曜日に会うようになったんだそうです。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=696176  しかし当時すでに夫と3人の子供がいたブリジットさんとの交際を両親がこころよく思うわけもなく、反対されてしまいます。そのためいったん離れ離れにさせられるのですが、それでも当時17歳のマクロン少年はこう言い切ったのだそう。「あなたが何をしようと、僕は必ずあなたと結婚する」(『NewSphere』 4月22日)。...more
in English
カテゴリー:

「詐欺行為にも等しい沖縄特有の...」 自民・古谷選対委員長発言は「差別的」なのか - 04月19日(水)19:35 

   安倍政権の閣僚から失言が相次ぐ中、与党幹部の発言が議論を呼んでいる。自民党の古屋圭司選挙対策委員長が、沖縄県で行われている市長選の対立候補の政策について、「沖縄特有のいつもの戦術」などと批判したところ、野党から「差別的な認識に基づいている」といった批判が出ている。
in English
カテゴリー:

シリアへのミサイル攻撃で「米の決意を支持」。ロシアは安倍政権の八方美人外交をどう見る? - 04月14日(金)16:00 

4月6日、シリアのアサド政権が化学兵器を使ったとの理由で、アメリカはシリアの空軍基地に59発の巡航ミサイルを撃ち込んだ。 アサド政権を支持するロシアはアメリカの突然の攻撃を、そして「米政府の決意を支持」と表明した安倍政権をどう見ているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第72回は、ロシア「イタル‐タス通信」東京支局長、ワシリー・ゴロヴニン氏に話を聞いた――。 *** ─プーチン大統領は米軍によるミサイル攻撃について、「国際法違反で侵略行為だ」と強く非難していますね。 ゴロヴニン 今回のミサイル攻撃は、プーチン政権に大きな打撃を与え得るものだからです。オバマ前大統領はアサド政権の化学兵器使用に対して武力制裁をチラつかせながら、結局は何もできなかった。そして2013年以降は、国際社会における力関係で完全にロシアが米国より優位に立ってきました。トランプ大統領が指示した今回のミサイル攻撃は、この「ロシア優位」の状況を揺るがすものだったのです。 ─確かに、オバマ大統領の対応は国際社会での米国の存在感を大きく失墜させましたね。そして2014年にはロシア軍がウクライナに展開し、ウクライナ領だったクリミアがロシアに併合されました。 ゴロヴニン 中東でも米国の...more
in English
カテゴリー:

【仏大統領選】TV討論、ルペン氏の「フレグジット」めぐり激論 - 03月21日(火)16:53 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN16S0CP [パリ 20日 ロイター] - 4月下旬から5月初旬にかけて大統領選挙が実施されるフランスで20日、候補者によるテレビ討論会が開催された。極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首が自身のユーロ離脱論を擁護するのに対し、対立候補が反論・批判を展開した。 ルペン氏は、英国の欧州連合(EU)離脱や米大統領選でのトランプ氏勝利にフランスも続くべきと訴え、英米有権者の決定は、指摘されているような破滅的結果をもたらしていないと主張。 「英国民投票の前に『プ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「対立候補」の画像

もっと見る

「対立候補」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる