「対抗措置」とは?

関連ニュース

埋め立て承認の即時撤回を要請 うるま市島ぐるみ会議 - 05月26日(金)13:05 

 うるま市島ぐるみ会議の仲宗根勇共同代表らは26日、県庁に池田竹州基地対策統括監を訪ね、名護市辺野古の新基地建設計画を巡り、翁長雄志知事が直ちに埋め立て承認を撤回するよう求めた。県が承認を撤回した場合は国がその効力を一時停止することが想定されるとして、それを封じる法的な対抗措置を取ることも要請し...
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴 - 05月22日(月)16:38 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

【韓国】大統領特使来日 対日外交「経済は歴史と切り離して協力して」 慰安婦蒸し返し丸投げ - 05月18日(木)10:51 

http://www.sankei.com/world/news/170518/wor1705180009-n1.html 産経新聞 2017.5.18 08:00更新  【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅政権は与党「共に民主党」の重鎮議員、文喜相氏の特使としての派遣を、対日関係の改善への足がかりにしたい考えだ。  韓国は米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備問題で中国との関係を悪化させている。中国と比べ日本との関係改善は難しくないというのが、一般的な見方のようだ。  文在寅大統領は日本に対して、慰安婦や竹島など「歴史」がからむ問題と経済・...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝、ウエスタンデジタルへの対抗措置見送り - 05月16日(火)22:10 

 経営難に陥っている「東芝」は、半導体事業の売却をめぐり対立しているアメリカの「ウエスタンデジタル」に対して、共同運営する工場への情報アクセスを遮断する「対抗措置」を見送ったことを明らかにしました。
カテゴリー:

アメリカ様、東芝に死刑宣告 メモリ事業を台湾や韓国に売却しようとしたため - 05月15日(月)12:03 

東芝の半導体メモリー事業の売却を巡り、協業先の米ウエスタンデジタル(WD)が米国時間14日、 売却差し止めを求めて国際商業会議所(ICC)国際仲裁裁判所に仲裁申立書を提出した。 (中略) これまでWDは東芝がメモリー事業を第三者に売却することで四日市工場の枠組みが変わることを 懸念し、売却手続きの即時停止と独占交渉権を求めていた。東芝は対抗措置として、15日深夜までに WD側が態度を軟化させなければ四日市工場へのWD社員の立ち入りや情報アクセスを遮断すると警告していた。 東芝の半導体メモリー事...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴★2 - 05月23日(火)04:05 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

政府、サイバー攻撃に対し反撃を行えるように法整備を検討へ - 05月18日(木)21:39 

政府がサイバー攻撃を受けた際に、国が同様の手段で対抗措置を行えるようにするための立法や法改正を検討しているという(TBS、日経新聞)。
カテゴリー:

東芝、WDへの通信遮断保留 半導体売却で協議継続の姿勢 - 05月17日(水)06:09 

 経営再建中の東芝が、三重県四日市市の半導体メモリー工場を共同運営するウエスタン・デジタル(WD)に対し、事前通告していた通信設備の遮断の判断を保留していることが16日、分かった。半導体子会社「東芝メモリ」の売却で対立し、対抗措置として検討していたが、問題解決のため、協議を続けていく姿勢に転換したもようだ。
カテゴリー:

東芝 WDへの通信遮断を保留 半導体売却協議を継続 - 05月16日(火)22:00 

 経営再建中の東芝が、三重県四日市市の半導体メモリー工場を共同運営するウエスタンデジタル(WD)に対して通告していた通信の遮断を保留していることが16日、分かった。WDとは半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐって対立しており、対抗措置として遮断を検討していた。
カテゴリー:

【東芝】米WD、東芝の半導体売却差し止め請求 国際仲裁裁に - 05月15日(月)08:52 

東芝の半導体メモリー事業の売却を巡って、協業先の米ウエスタンデジタル(WD)が14日、売却差し止めを求めて国際商業会議所(ICC)国際仲裁裁判所に仲裁申立書を提出したと発表した。 両社は同事業の売却可否を巡って対立しており、東芝側は合弁会社が運営する四日市工場(三重県四日市市)へのWD社員の立ち入りや情報アクセスを15日深夜に遮断すると警告していた。 WDは「東芝の更なる契約違反を禁止する旨の差し止めによる救済を求めるもの」としており、仲裁内容次第では東芝の再建計画が大幅に見直しを迫られる可能性...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「対抗措置」の画像

もっと見る

「対抗措置」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる