「寺脇康文」とは?

関連ニュース

「ユーミン×帝劇」新作は松任谷正隆初の当て書き - 08月18日(金)16:15 

ユーミン×帝劇 vol.3『朝陽の中で微笑んで』の製作発表が行われ、松任谷由実、寺脇康文、宮澤佐江、六平直政、斎藤洋介、脚本・演出の松任谷正隆が登壇した。【チケット情報はこちら】(PC)本作は、ユーミンの歌、俳優の演技、劇場空間が一体となる、コンサートでもミュージカルでもない舞台作品「ユーミン×帝劇」シリーズの第3弾。2012年の第1弾から脚本・演出はすべて松任谷正隆(以下、正隆)が手掛けており、今作では、500年先の未来の世界を舞台に、時を超えた純愛物語が描かれる。一万人の応募から選ばれた400人のオーディエンスが参加した製作発表では今作の予告編も初公開された。脚本・演出を手掛ける正隆は、SFとなる今作の舞台について「“500年”先がいいのは、“想像をちょっと超えた未来”だと思ったから。今、想像できることはこの数百年のうちに終わって、500年位先になるとまた別のサイクルが始まるんじゃないかというイメージを持ちました。でも、今と同じものも残っているんじゃないかと思う。変わるもの、変わらないもの、それをストーリーにして、由実さんの音楽で包んでみたいと思います」と今作の世界観を語る。また、脚本に関して「これまでの2作と大きく違うのは、出演者が決まってから書き始めたことです」と、かねてからの希望だった“当て書き”の実現を喜んだ。歌とストーリーテリングを担当するユーミンは、楽曲と作品の関わ...more
カテゴリー:

【舞台】ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」 - 08月17日(木)17:52  mnewsplus

ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」 2017年8月17日 15:29 http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/17/kiji/20170817s00041000192000c.html 舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表に臨んだ(左から)松任谷正隆氏、斎藤洋介、寺脇康文、松任谷由実、宮澤佐江、六平直政 Photo By スポニチ  シンガーソングライターの松任谷由実(63)が主演し、歌と芝居が融合する舞台「朝陽の中で微笑んで」(11月27日~12月20日、東京・帝国劇場)の製作発表が17日、都内で行...
»続きを読む
カテゴリー:

松任谷由実、難曲「朝陽の中で微笑んで」で帝劇コラボ! 宮澤佐江と歌唱も? - 08月17日(木)16:17 

シンガーソングライターの松任谷由実が17日、ユーミン×帝劇 vol.3『朝陽の中で微笑んで』製作発表に、寺脇康文、宮澤佐江、六平直政、斉藤洋介、脚本・演出の松任谷正隆と共に登場した。
カテゴリー:

松任谷由実「喜んでもらえるなら」弁当差し入れ公約 - 08月17日(木)16:08 

 松任谷由実(63)寺脇康文(55)主演舞台「朝陽の中で微笑んで」(11月27日開幕、東京・帝国劇場)の制作発表が17日、都内で行われた。  ユーミンの歌と演劇が融合した音楽劇の第3弾。歌とストーリーテラーを担当するユーミンは「役者さん…
カテゴリー:

松任谷由実、41年前発表の最難曲を舞台で歌唱「今の私の声で歌うのは楽しみ」 - 08月17日(木)15:30 

 シンガーソングライターの松任谷由実が17日、都内で行われた帝国劇場の公演『ユーミン×帝劇vol.3「朝陽の中で微笑んで」』(11月27日~12月20日)の制作発表会見に参加。舞台のタイトルでもある「朝陽の中で微笑んで」は41年前に発表した難曲であり、公演で披露することに不安を語りつつも「今の私の声で、今の表現力でこの歌をテーマとして歌うのは楽しみ」と前を向いた。  この曲は、荒井由実時代の1976年に発表したアルバム『14番目の月』に収められた名曲。「私の作品の中でも最も歌うのが難しい。カバーしてくれる方もスーパー歌唱力の人のみ。私は『この人は歌唱力以上の曲を書く』と評価されていたんですけど、窮鼠(きゅうそ)猫を噛んだというか、その切実さがこの歌に反映されている」と語った。作曲に込めた思いを改めて問われると「バラードにしたかったぐらいしか覚えていない」としつつも「永遠の中の一瞬というか、その感じをメロディーに載せたのを覚えている」と振り返った。  一方で、その高い難易度には不安があるようで、「こんなにレンジが広くて難しい歌になるとは思わずに歌唱力を無視して作った。あらためて聞いて『うわっ、難しいな』と思ってます」とぽつり。それでも「キャリアの中で鍛えられてきたところもある。今の私の声で、今の表現力でこの歌をテーマとして歌うのは楽しみですね」と意欲を見せた。「永遠とか宇宙という...more
カテゴリー:

松任谷由実、座長の自覚 差し入れも期待に応える - 08月18日(金)07:46 

 松任谷由実(63)寺脇康文(55)が17日、都内で主演舞台「朝陽の中で微笑んで」(11月27日開幕、東京・帝国劇場)の制作発表に出席した。ユーミンの歌と演劇が融合した音楽劇の第3弾。歌とストーリーテラーを担当するユーミンは「役者さんの…
カテゴリー:

ユーミン、荒井由美時代の楽曲軸にした舞台に意欲「今の実力で丁寧に歌いたい」 - 08月17日(木)16:30 

 シンガーソングライターの松任谷由実の楽曲と芝居が融合する東京・帝国劇場の舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表が8月17日、都内で行われた。  由実と帝劇のコラボレーションは3年ぶり3度目。夫の松任谷正隆氏が荒井由美時代の1976年に発表したアルバム「14番目の月」に収録した楽曲をタイトルに脚本を書き下ろし、演出も担当する。  由実は同曲について、「永遠の中で一瞬の巡り合う2人を、バラードのメロディに乗せたかったのを覚えている。歌唱力を無視して作ったので、私の作品の中で最も歌うのが難しい曲」と苦笑い。それでも、「永遠や宇宙といったものを、初めて日本のポップスに取り入れたのは私だと自負している。歌を作った時の自分に戻れるよう、今の実力で丁寧に歌いたい」と抱負を述べた。  由実はストーリーテラーの役割も担い、生歌唱をバックに500年後の未来を舞台にした寺脇康文と宮澤佐江のラブストーリーを軸にしたファンタジックな物語が展開する。寺脇は「世界観が素晴らしくて、心が躍る。宇宙、死生観が大きなテーマとしてあって、設定は突飛なところもあるが差し引いても現実感がもてる。寺脇康文の新しい、ダークな側面が見ていただけると思う」と意欲を見せた。  宮澤はAKB48時代の2011年、NHK紅白歌合戦で由実が「春よ来い」を歌った際にバックで歌ったことがあり、「あの時が、一番テレビに映りたかった瞬間だ...more
カテゴリー:

松任谷由実、難曲「朝陽の中で微笑んで」で帝劇コラボ! 宮澤佐江と歌唱も? - 08月17日(木)16:17 

シンガーソングライターの松任谷由実が17日、ユーミン×帝劇 vol.3『朝陽の中で微笑んで』製作発表に、寺脇康文、宮澤佐江、六平直政、斉藤洋介、脚本・演出の松任谷正隆と共に登場した。
カテゴリー:

宮澤佐江、松任谷由実との共演に歓喜 「私と同じぐらい母が喜んでくれた」 - 08月17日(木)16:03 

 ユーミン×帝劇 vol.3「朝陽の中で微笑んで」の制作発表会が17日、東京都内で行われ、歌とストーリーテリングを担当する松任谷由実、出演者の寺脇康文、宮澤佐江ほかが登場した。  本作は、松任谷の生歌と俳優の演技、劇場空間が一体となった新しい音楽劇の第3弾で、500年後の世界を舞台にした純愛物語。  松任谷は、本作について「『永遠』とか『宇宙』というワードを初めて日本のポップスに持ち込んだのは私だと自負してるんですけど、その『永遠』の中のうたかたというのを、今回のメンバーで最大限表現できると思っています。ご期待ください」とアピールした。  ヒロインを演じる宮澤は「出演が決まった時は本当にうれしくて、私と同じぐらい母が喜んでくれました。ユーミンさんの曲で母は育ってるので、今回親孝行ができる気がします。ユーミンさんの楽曲の中でお芝居をさせていただける機会はもう一生ないと思うので、一瞬一瞬をかみしめて頑張ります」と意気込みを語った。  松任谷の楽曲で「思い出の曲は?」と聞かれると、宮澤は「以前、AKB48で紅白歌合戦に出させていただいた時に、ユーミンさんが『春よ、来い』をピンク色の着物を着て歌っていて、その後ろで皆で合唱させていただいて。私としては、その時が一番テレビに映りたかった瞬間で、ユーミンさんと一緒に歌ってる自分が、どう映り込めるかなっていうのを考えちゃってた自分がいたのが、すご...more
カテゴリー:

【ドラマ】相棒:反町隆史続投で新シーズン放送決定 10月スタート - 08月11日(金)05:05  mnewsplus

2017年08月11日 相棒:反町隆史続投で新シーズン放送決定 10月スタート  人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シリーズ「シーズン16」の放送が決定し、俳優の反町隆史さんが水谷豊さん演じる杉下右京の相棒・冠城亘(かぶらぎ・わたる)役を続投することが11日、明らかになった。反町さんの「相棒」出演は「シーズン14」「シーズン15」に引き続き3シーズン目で、今年公開された劇場版「相棒-劇場版4-」にも出演していた。「シーズン16」は10月から毎週水曜午後9時放送。  「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「寺脇康文」の画像

もっと見る

「寺脇康文」の動画

Wikipedia

寺脇 康文(てらわき やすふみ、1962年2月25日 - )は、日本俳優タレント大阪府出身。アミューズ所属。

略歴

岐阜県立岐陽高等学校(現・岐阜県立本巣松陽高等学校)卒業後、大学受験に失敗し、デパートの地下食材売り場でアルバイトしていた。働いていたデパートのエスカレーターに乗っている最中、アルバイトの初給料を見ながら、これからの自分は何をやって食べていけるか考え、出た答えが俳優であった。名古屋の俳優養成所でオーディションを受け、合格し入所。養成所卒業後、上京して1984年に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」(SET)へ入団。同年11月、SETの第17回目公演超絶技巧殺人事件でデビュー。1987年、同劇団の岸谷...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる