「寺脇康文」とは?

関連ニュース

日本の行方に迫る! 地上波選挙とくばんを一挙比較! - 10月22日(日)07:00 

10月22日(日)に投開票が行われる第48回衆議院議員総選挙。テレビでも、各局が特別編成を組んでその成り行きを報じる。そんな地上波各局の選挙とくばんを一挙に紹介! 【写真を見る】テレビ東京系では、今回も池上彰(右)が政治家たちに徹底的に切り込む/(C)テレビ東京(※写真は前回放送時) ■ NHK総合 締め切りと同時に大勢を予測し、最終議席が決まるまでを伝える 「2017衆院選開票速報」(夜7:55-4:30、NHK総合)…「クローズアップ現代+」(毎週月~木曜夜10:00-10:25、NHK総合)の武田真一アナらが、全国各地で実施した出口調査と情勢取材を基に、各党の獲得議席数の予測を夜8時の投票締め切りと同時に発表していく。大勢の判明後は、各党の党首や幹部が次々と生出演し、選挙結果を受けての政局を議論。さらに、刻々と変わる開票状況を選挙報道のプロフェッショナルたちがリアルタイムで解説する。 ■ 日本テレビ系 日テレ報道番組キャスター陣が未来を決める選挙を総力取材 「NNN衆院選特番 ZERO×選挙2017「10.22 ミライを決める」(夜7:58-1:50※中断あり、日本テレビ系)…「NEWS ZERO」(毎週月~金曜夜11:00-11:59ほか)と「news every.」(毎週月~金曜昼3:50-夜7:00、共に日本テレビ系)のキャスター陣が日本の未来を決める選挙の行方を伝える...more
カテゴリー:

【芸能】反町隆史「相棒」新シリーズ放送開始で聞こえる「現場では低姿勢」 - 10月19日(木)15:23  mnewsplus

視聴率も興行収入も苦戦してきた反町隆史  人気テレビドラマ「相棒」(テレビ朝日)のシーズン16が10月18日にスタートした。歴代の相棒は寺脇康文、及川光博、成宮寛貴。 そして現在は4代目の反町隆史。「法務省キャリア官僚」という設定が微妙なのはさておき、少なくとも撮影現場で、反町隆史への評価は高いという。  ***  反町隆史がスターだった時代は終わった。主演した連続テレビドラマの視聴率と、映画の興行成績を並べてみよう。 【連続テレビドラマ】 97年「ビーチボーイズ」(フジテレビ) 平均視聴率23.7% 9...
»続きを読む
カテゴリー:

寺脇康文、これまでのイメージ覆す交番勤務の刑事を好演 - 10月19日(木)14:00 

浅野忠信と神木隆之介が凸凹刑事コンビを演じている連続ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。この度、10月26日放送の第3話に、寺脇康文がゲスト出演することがわかった。本作は、うきよ署強行犯係で、犯罪者の心が読める天才適当刑事・弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ/浅野)と、出世欲に燃える腹黒刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお/神木)といった凸凹バディの活躍を描いた刑事ドラマ。『相棒』シリーズ(テレビ朝日系列)、『刑事貴族』シリーズ(日本テレビ系)、そしてフジテレビ系列では、2009年にスタートし、シリーズ6作を放送している『警部補・佐々木丈太郎』シリーズなどで、さまざまな刑事を熱演してきた寺脇。「刑事役と言えば寺脇康文」と言っても過言でないほど、その印象は強い。しかし本作で演じる真下誠巡査部長は、今までの“スマートな刑事”というイメージとは一線を画した“定年を迎えるまで交番勤務の刑事”だ。今月末で定年を迎えて退官、その誠実で熱心な仕事ぶりから地元住民に慕われている。交番勤務の頃に世話になった羽生も、真下のことを「警察官の鏡」だと尊敬している。しかし退官から数日後、山菜採りで裏山を訪れた老夫婦が、頭から血を流して倒れている真下を発見。真下は何者かに頭部を殴打され、意識不明のまま病院に搬送されてしまう。事件現場では、無数の足跡と2トントラックがUターンしたと思われるタイヤ痕、...more
カテゴリー:

寺脇康文、これまでのイメージ覆す“交番勤務の刑事”を好演 - 10月19日(木)14:00 

浅野忠信と神木隆之介が凸凹刑事コンビを演じている連続ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。この度、10月26日放送の第3話に、寺脇康文がゲスト出演することがわかった。 本作は…
カテゴリー:

寺脇康文、これまでのイメージ覆す“交番勤務の刑事”を好演 - 10月19日(木)13:15 

浅野忠信と神木隆之介が凸凹刑事コンビを演じている連続ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。この度、10月26日放送の第3話に、寺脇康文がゲスト出演することがわかった。本作は、うきよ署強行犯係で、犯罪者の心が読める天才適当刑事・弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ/浅野)と、出世欲に燃える腹黒刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお/神木)といった凸凹バディの活躍を描いた刑事ドラマ。『相棒』シリーズ(テレビ朝日系列)、『刑事貴族』シリーズ(日本テレビ系)、そしてフジテレビ系列では、2009年にスタートし、シリーズ6作を放送している『警部補・佐々木丈太郎』シリーズなどで、さまざまな刑事を熱演してきた寺脇。「刑事役と言えば寺脇康文」と言っても過言でないほど、その印象は強い。しかし本作で演じる真下誠巡査部長は、今までの“スマートな刑事”というイメージとは一線を画した“定年を迎えるまで交番勤務の刑事”だ。今月末で定年を迎えて退官、その誠実で熱心な仕事ぶりから地元住民に慕われている。交番勤務の頃に世話になった羽生も、真下のことを「警察官の鏡」だと尊敬している。しかし退官から数日後、山菜採りで裏山を訪れた老夫婦が、頭から血を流して倒れている真下を発見。真下は何者かに頭部を殴打され、意識不明のまま病院に搬送されてしまう。事件現場では、無数の足跡と2トントラックがUターンしたと思われるタイヤ痕、...more
カテゴリー:

「season16」がスタートした『相棒』 今後についてファンはどう見ている?  - 10月21日(土)19:00 

18日から新シーズンがスタートした、テレビ朝日系の人気刑事ドラマ『相棒season16』(以下、「season16」)。寺脇康文・及川光博・成宮寛貴と受け継がれた「相棒」の座を、今は反町隆史が務め、3年目となる。■「season16」第1話の評判は…「season16」第1話へのネット民の反応を見ると、やはり『相棒』人気は根強く健在することが伺える。また、水谷豊・榎木孝明・中村俊介と、かつて「浅見光彦」を演じた俳優3人が登場したことも話題に。肝心のストーリーも特命係が告訴され、検察と警察が特命を解散させようと暗躍する…という重厚なもの。また、スペシャル版としては異例の2週に渡るストーリーになっており、出演者の豪華さや意外性などが評価されているようだ。『土曜ワイド劇場』のスポット番組として2000年にスタートした「相棒」シリーズは、放送開始から17年目。出演者の変更や衝撃的なストーリーで賛否両論となることもあるが、やはり人気は高い。その一方で、かなり長期間の放送となっているだけに、「そろそろ終わってしまうのでは?」という声も存在する。視聴者は「相棒」シリーズの今後について、どのように感じているのだろうか。■現在の「相棒」についてどう思う?そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の「相棒」シリーズを観たことがある人932名に、今後について意識調査を実施。&c...more
カテゴリー:

寺脇康文、相棒から神木隆之介の上司役に! - 10月19日(木)15:01 

現在放送中のドラマ「刑事ゆがみ」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)で、10月26日(木)放送の第3話に寺脇康文がゲスト出演することが分かった。 【写真を見る】寺脇が「特命係の亀山ぁ~」ではなく「交番の真下さん」に!/(C)フジテレビ 本作は、浅野忠信演じる“犯罪者の心が読める天才適当刑事”弓神と、神木隆之介演じる“出世欲に燃える腹黒刑事”羽生の凸凹バディがさまざまな難事件に挑むというストーリー。 各話にゲスト出演者が登場し、第1話では杉咲花、本日19日(木)放送の第2話では水野美紀、斎藤工が出演。 第3話に登場する寺脇康文が演じるのは、定年を迎える交番勤務員・真下。羽生にとっては交番勤務時代の上司でもあり、その誠実な仕事ぶりから地元住民に慕われ、羽生からも警察官のかがみとして尊敬される、という役どころだ。しかし真下は、退職の辞令交付式から数日後、山中で何者かに襲われ、意識不明の重体になる。 寺脇といえば、「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)の“初代相棒”、真っすぐな熱血刑事・亀山薫の印象が。しかし本作では、出世を望まず、地元のために定年まで交番勤務を貫いた“聖人君子”な警察官を演じる。※寺脇の「相棒」出演は、2000年のプレシーズンから2008年のシーズン7まで 寺脇は、今回の役どころについて「(真下は)基本的には正義感が強くて、不器用な、真面目な仕事人間だと思います。人のた...more
カテゴリー:

寺脇康文、定年間近の交番巡査役 『刑事ゆがみ』第3話ゲスト - 10月19日(木)14:00 

 俳優の寺脇康文(55)が、フジテレビ系ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜 後10:00)の第3話(26日放送)にゲスト出演することがわかった。独特な推理力を持つ中年刑事・弓神(ゆがみ)役で主演する浅野忠信、弓神とバディを組む若手刑事・羽生役の神木隆之介とは、それぞれ初共演となる。 【場面写真】主演の浅野忠信と神木隆之介  寺脇と言えば『相棒』シリーズ、(テレビ朝日系)、『刑事貴族』シリーズ(日本テレビ)、さらにフジテレビ系では、2009年にスタートし、シリーズ6作を放送している『警部補・佐々木丈太郎』シリーズなどで“刑事”を演じてきたが、今回は、定年を迎えて退官する交番勤務の巡査部長・真下誠を演じる。  真下は、その誠実で熱心な仕事ぶりから地元住民に慕われ、交番勤務のころに世話になった羽生は、真下のことを警察官の鏡だと尊敬していた。退官から数日後、山菜採りで裏山を訪れた老夫婦が、頭から血を流して倒れている真下を発見。真下は、何者かに頭部を殴打され、意識不明のまま病院に搬送されていく。事件現場では、無数の足跡と、2トントラックがUターンしたと思われるタイヤ痕、そして耐寒用手袋が片方だけ落ちていた。「こんな誰からも慕われる人にひどいことをしたやつは誰だ…」と、羽生は必ず自分の手で犯人を捕まえると誓うのだった。  真下の病状を心配して訪ねてきた真下の娘・唯香(佐藤玲)、高校を中退し...more
カテゴリー:

寺脇康文、神木隆之介を「養子にしたい」 -『刑事ゆがみ』で定年間近の警官役 - 10月19日(木)14:00 

俳優の寺脇康文が、フジテレビ系ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜22:00~)で、26日放送の第3話にゲスト出演することが決まった。
カテゴリー:

堀田真由主演「36.8℃」ポスタービジュアル公開、11月18日より加古川で公開 - 10月19日(木)07:00 

 NHK連続テレビ小説「わろてんか」にヒロインの妹役で出演中の堀田真由が主演する映画「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」のポスタービジュアルと場面写真が公開された。  作品は、全国の自治体と組んで制作するオリジナル映画「ぼくらのレシピ図鑑シリーズ」の第1弾。「地域」の「食」をキーワードにした「高校生」たちの青春オリジナル映画を手がけていくプロジェクト。地元の食材やオリジナル料理が劇中にふんだんに登場するのが特徴で、地域を徹底的に取材したオリジナル脚本でシリーズの拡大・展開を目指す。  プロジェクトの具体的な内容は、地元市民を対象にした「映画セミナー」「俳優・脚本ワークショップ」にはじまり、「出演者オーディション」「映画撮影」とつながっていく。映画が完成した後も、市民と一緒になって映画や街をピーアールするための「宣伝ワークショップ」を行って、地元にある映画館で完成披露試写会を開催し、全国へ展開していく。  シリーズ第1弾の「36.8℃」は兵庫県加古川市が舞台。監督・脚本は「幸福(しあわせ)のスイッチ」(06)で娘と父親の関係を繊細に描いた、関西出身の安田真奈が手掛ける。共演には岸本華和、西野凪沙、安藤瑠一、平井亜門らフレッシュな顔ぶれが並び、渡辺真起子、寺脇康文ら実力派の俳優が脇を固める。  今回「俳優ワークショップ」「出演者オーディション」には、高校生を中心に子供から大人...more
カテゴリー:

もっと見る

「寺脇康文」の画像

もっと見る

「寺脇康文」の動画

Wikipedia

寺脇 康文(てらわき やすふみ、1962年2月25日 - )は、日本俳優タレント大阪府出身。アミューズ所属。

略歴

岐阜県立岐陽高等学校(現・岐阜県立本巣松陽高等学校)卒業後、大学受験に失敗し、デパートの地下食材売り場でアルバイトしていた。働いていたデパートのエスカレーターに乗っている最中、アルバイトの初給料を見ながら、これからの自分は何をやって食べていけるか考え、出た答えが俳優であった。名古屋の俳優養成所でオーディションを受け、合格し入所。養成所卒業後、上京して1984年に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」(SET)へ入団。同年11月、SETの第17回目公演超絶技巧殺人事件でデビュー。1987年、同劇団の岸谷...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる