「寺島進」とは?

関連ニュース

ビートたけし主演ドラマ、仏カンヌ「MIPCOM 2017」でグランプリ受賞 - 10月21日(土)05:00 

 お笑いタレントのビートたけしが主演したテレビ東京のドラマ『破獄』が、フランス・カンヌで開催されていた世界最大規模の国際テレビ番組見本市(MIPCOM 2017)で、「MIPCOM BUYERS’ AWARD for Japanese Drama」グランプリを受賞した。テレビ東京作品のグランプリ受賞は初。 【場面写真】橋爪功、松重豊、寺島進ら出演者  同賞は、日本の放送各局のドラマの中から世界的にも通用する優秀作品を選出するもの。2009年から「国際ドラマフェスティバルin TOKYO」とMIPCOMとの連携事業として実施しており、今回で8回目の開催となった。  同国際見本市を主催するReed MIDEM(リード・ミデム)社が推薦する世界各国の有力バイヤーが審査員となり、在京テレビ5社およびWOWOW、NHKの計7社が各々自推したドラマを視聴・選考してもらった。選考基準は、「世界のマーケットで売れる可能性がある作品」「バイヤーとして買いたい作品」。項目別に審査され、最も高い総合点を獲得した1作品にグランプリが贈られる。  今回、受賞した『破獄』は、テレビ東京開局記念日のドラマ特別企画として今年4月12日(後9:00~11:18)に放送された。完全無欠の看守と史上最悪の脱獄犯の闘いを描いた、壮絶な人間ドラマ。たけしが看守役を演じ、脱獄犯を山田孝之が熱演した。ほかに、満島ひかり...more
カテゴリー:

寺島進の人気シリーズ『駐在刑事』黒木瞳が拳銃を構える姿が美しすぎ - 10月12日(木)06:30 

(画像提供:(C)テレビ東京『駐在刑事スペシャル』)人気俳優・寺島進主演の「駐在刑事」シリーズが、約1年ぶりに帰ってきた――ドラマ特別企画『駐在刑事スペシャル』(テレビ東京系)が、明日13日夜8時から放送される。笹本稜平『駐在刑事』『尾根を渡る風 駐在刑事』(講談社文庫)原作の同ドラマは、2014年に「水曜ミステリー9」で3作、2016年「水曜エンタ・水曜ミステリー9」で4作目を重ねた人気シリーズだ。■寺島の人情味あふれる駐在さん(画像提供:(C)テレビ東京『駐在刑事スペシャル』)同シリーズでは、元警視庁捜査一課の敏腕刑事・江波敦史(寺島進)が、ある事件で重要参考人を取り調べ中に服毒自殺させてしまったことから、奥多摩・水根に左遷され“駐在さん”として活躍する。今作は、冬山遭難事件、奥多摩で起きた殺人事件、そして森林開発に絡む贈収賄事件――複雑に絡み合う3つの事件を駐在・警視庁捜査一課・捜査二課、それぞれの立場の人間が対立しながら解決へ突き進む中で、人情味あふれる“駐在刑事”が傷ついた子供のために奮闘する展開に。(画像提供:(C)テレビ東京『駐在刑事スペシャル』)寺島といえば、その鋭い眼光で強面俳優としての人気が高いが、子供や動物に優しい人情家の役もぴったり。緑豊かな奥多摩の自然の中で、みんなに親しまれる“駐在さん”というのが、ヤクザ役と同じくらいしっくりくる稀有な俳優のひとりでもあ...more
カテゴリー:

黒木瞳、筧利夫と夫婦役「愛はまだ始まったばかり」 - 10月19日(木)16:50 

 女優の黒木瞳(57)、俳優の筧利夫(55)が19日、都内で行われた明治座11月公演『京の螢火』公開けいこに参加した。  11月3日から26日まで上演される同作は幕末の京都、伏見の船宿「寺田屋」が舞台。黒木が女将お伊勢役、筧が夫・寺田屋伊助を演じるほか、藤本隆宏、渡辺大輔、桜乃彩音、田村芽実、深沢敦、伊藤正之、河合我聞、沢田亜矢子ら豪華共演陣が脇を固める。  終了後の囲み取材に対応した黒木は「舞台は私が育ったところなので初心に帰ります。新鮮な気持ちで、宝塚時代を思い出す」と語り、筧との夫婦役が話題にあがると「そうですね~、返答に困るくらいな感じです」と笑いつつ「まだおけいこの途中で夫婦の愛はまだ始まったばかり」と笑顔を浮かべた。  一方で筧は「テクニックはあるので喜ばせ方は知ってる」と得意げ(?)に胸を張り「見どころは黒木さんです!」と何度も絶賛。これには黒木も照れ笑いを浮かべ「いえいえ、見どころは皆さんです」と謙そんしていた。 【関連記事】 【写真】きらびやかなワンピでスレンダーボディを披露した黒木瞳 土屋太鳳、“憧れ”黒木瞳と共演にドキドキ「胸がいっぱい」 (17年08月12日) 海藏亮太、テレビ朝日のオーディション番組で発掘 来春プロデビュー決定 (17年10月08日) 関ジャニ・村上&黒木瞳、新番組『音楽チャンプ』へ意気込み (17年09月23日) 黒木瞳、「久し...more
カテゴリー:

「奥様は、取り扱い注意」の綾瀬はるかは、クラーク・ケントや只野仁のようなヒーロ像と似ているようで違う - 10月11日(水)10:00 

10月4日、日本テレビで『奥様は、取り扱い注意』がスタートした。この新ドラマの内容について、同作ホームページでは以下のように解説されている。「伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、ひとも羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな人生を手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅地に引っ越してきた。しかし暮らし始めて1年と経たないうちに、彼女は気づいてしまう。幸せに見える主婦たちが抱えるさまざまなトラブルに……実は菜美、料理も掃除も超苦手だけど、正義感が超強く、怒らせたら超凶暴! 世の中のルールなんてお構いなしに、危ない場所へ突入していく!そのワケは夫にも内緒の過去にある。天涯孤独に生まれ育った菜美は、スリルあふれる生活にヤミツキで、愛情も知らずに生きてきたのだった」綾瀬はるかと遠藤憲一がだぶる第1話が始まるや、早速、主人公・伊佐山菜美によるモノローグが展開された。生まれてすぐに捨てられてしまった菜美は、ある国家の情報機関に雇われた特殊工作員として生きていくこととなった。ある日、中国の某所で囚われの身となるも、見事な武術で任務遂行に成功した菜美。そのまま某所から脱出せんと走り行く彼女を追っ手が阻むも、「私のいるこの荒んだ世界にお別れしよう」と決意した菜美は、自ら川に身を投げてしまう。「私は死ぬことにした」(菜美)いや、本当に死ぬわけではない。今までをリセ...more
カテゴリー:

「寺島進」の画像

もっと見る

「寺島進」の動画

Wikipedia

寺島 進(てらじま すすむ、1963年11月12日 - )は、日本俳優。本名同じ。東京都江東区出身。オフィス北野所属。

来歴

男三兄弟の次男で実家は江東区深川にある屋。父親は日本酒を好み、ユーモアがあって丁寧な仕事をする人であるというINLIFE 男の履歴書 寺島進。江東区立深川第二中学校卒業、東京都立葛飾野高等学校卒業。三船芸術学院で殺陣を学び、宇仁貫三に師事。

映画のデビュー作は、松田優作監督のア・ホーマンス。優作は芸能界に入って初めて褒めてくれた人だと語っている。2008年9月7日に放映された情熱大陸の撮影中に、優作の二男・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる