「寺島進」とは?

関連ニュース

『下北沢ダイハード』 超ド級の深夜コメディが描く「シモキタの光と影」 - 08月11日(金)07:00 

(C)テレビ東京「最悪の一日」を描くというコンセプトで、気鋭の劇作家11名が脚本を担当し話題のドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)。第一話「裸で誘拐された男」、第二話「違法風俗店の男」、第三話「夫が女装する女」……と各話のタイトルを見るだけで「なんじゃそれ!」と叫びたくなる切れ味の本作は、ネット上でも大きな話題に。この記事では今夜に放送が迫った第四話のあらすじと、超ド急の深夜コメディドラマに込めた制作陣の思いを紹介したい。■第四話は「夜逃げ」がテーマ(C)テレビ東京公式サイトのあらすじを確認すると……20年間下北沢に住み続ける須田類(緒川たまき)と椎名照美(酒井若菜)は、2人で下北沢の小さな古着屋を共同経営している。ある日、類の元に照美の恋人である原田利夫(山西惇)が現れ、300万円の返済を迫った。原田に対し音信不通の状態であった照美は、店の奥に隠れていた。なぜなら、その300万円は店の経営のために使ってしまったのであった。金が返せないなら結婚する、と言う原田。耐えかねた照美が姿を現すが、結婚して照美を下北沢から連れ出そうとする原田に、照美は下北沢を離れる気はないと突っぱねる。それでもしつこく結婚を迫る原田に、類は後ろからビンテージのブーツを何度も何度も振り下ろす。原田は頭から血を流し、動かなくなり…。(C)テレビ東...more
カテゴリー:

「寺島進」の画像

もっと見る

「寺島進」の動画

Wikipedia

寺島 進(てらじま すすむ、1963年11月12日 - )は、日本俳優。本名同じ。東京都江東区出身。オフィス北野所属。

来歴

男三兄弟の次男で実家は江東区深川にある屋。父親は日本酒を好み、ユーモアがあって丁寧な仕事をする人であるというINLIFE 男の履歴書 寺島進。江東区立深川第二中学校卒業、東京都立葛飾野高等学校卒業。三船芸術学院で殺陣を学び、宇仁貫三に師事。

映画のデビュー作は、松田優作監督のア・ホーマンス。優作は芸能界に入って初めて褒めてくれた人だと語っている。2008年9月7日に放映された情熱大陸の撮影中に、優作の二男・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる