「寺尾聰」とは?

関連ニュース

西田敏行VS寺尾聰、初対決!浅田次郎原作「琥珀」で本格共演実現 - 06月15日(木)12:00 

日本を代表する俳優の西田敏行と寺尾聰が、人気作家・浅田次郎氏の小説をテレビ東京がドラマ化する「琥珀」で、共演することがわかった。主演・西田が定年間近のさえない刑事・米田勝己、寺尾が逃亡犯・荒井敏...
カテゴリー:

西田敏行、同い年・寺尾聰との共演で浅田次郎氏の『琥珀』SPドラマ化 - 06月15日(木)10:09 

 俳優の西田敏行(69)主演で、直木賞作家・浅田次郎氏の小説『琥珀』がスペシャルドラマ化され、今秋、テレビ東京系で放送されることが明らかになった。NHKで放送中の連続テレビ小説『ひよっこ』の作者・岡田惠和氏が脚本化し、西田と同じ1947年生まれの寺尾聰(70)が共演。西田と寺尾はこれまで同じ作品に出演することはあっても、芝居で絡む“シーン共演”は本作が初となる。 【場面写真】西田敏行、寺尾聰のソロカット  西田が演じるのは、定年間近のさえない刑事・米田勝己。偶然出会った小冊子の記事から止まっていた20数年前の事件が再び動き出す。北陸・魚津の寂れた田舎町でひっそりと喫茶店を営む店主・荒井敏男役の寺尾は、自分の罪を背負いながら、ただ時の流れをじっと待つ、静かに耐える男を演じる。  西田が浅田氏の小説原作のドラマに主演するのは、1999年『角筈にて』、2001年『天国までの百マイル』、2003年『ラブ・レター』、そして2010年『シューシャインボーイ』に続き、7年ぶり5作目となる。  西田は「寺尾さんとは、お互い同じ作品に出てはいるのですが、顔を合わせてちゃんと演り合うということはなかったので、今回は『念願叶った!』って感じですね。喫茶店のカウンター越しでのやり取りだけで、僕の想像を超える“過去に何かを持ってる男”という感じがにじみ出ていて…。その横顔を見ているだけで涙が出てきた...more
カテゴリー:

西田敏行×寺尾聰、今秋ドラマ「琥珀」で初タッグ - 06月15日(木)06:00 

今秋テレビ東京系で、西田敏行主演ドラマ「琥珀」が放送される。浅田次郎の同名小説を原作に、岡田惠和が脚本を担当し、共演には寺尾聰。西田と寺尾は作品としての“共演”はあるものの、同じシーンでの共演は今作が初となる。 【写真を見る】西田敏行は定年間近のさえない刑事・米田勝己を演じる/(C)テレビ東京 同ドラマは、西田演じる定年間近のさえない刑事・米田勝己が、とある小冊子の記事を目にしたことをきっかけに、20数年前に起きたある事件が再び動き出すヒューマンストーリー。北陸・魚津の寂れた田舎町でひっそりと喫茶店を営む店主・荒井敏男役の寺尾は、自分の罪を背負いながら、ただ時の流れをじっと待つ、静かに耐える男を演じる。 ■ 西田敏行コメント 浅田さん原作の短編のドラマ化で主演を演じさせていただくのは5作目になります。今回、岡田惠和さんのサイドストーリーを含めた脚色も素晴らしく、密度の濃い芝居ができたので、胸弾む楽しい撮影現場となりました。 米田という男は、職場では“ダメなやつ”とはんこ押されるタイプの刑事なのですが、最後の最後に、社会に対して行った悪に対して落とし前をつけてやろうという気持ちで寺尾さん演じる荒井の元に出向きます。 しかし、一緒に過ごすうちに気持ちを抱え込まれてしまうという、相手の心境をおもんぱかる、トゲの無い刑事、とんがってない刑事を演じました。 今回、コーヒーがポイントポイントで...more
カテゴリー:

西田敏行VS寺尾聰、初対決!浅田次郎原作「琥珀」で本格共演実現 - 06月15日(木)12:00 

 日本を代表する俳優の西田敏行と寺尾聰が、人気作家・浅田次郎氏の小説をテレビ東京がドラマ化する「琥珀」で、共演することがわかった。主演・西田が定年間近のさえない刑事・米田勝己、寺尾が逃亡犯・荒井敏男に扮する。2人は同じ作品に出演したことはあるが、これまで共演シーンはなかったため、一緒に芝居をするのは本作が初めて。“追う男と追われる男”として、ベテラン俳優の直接対決が実現した。 ・【フォトギャラリー】「琥珀」場面写真  ドラマ「角筈にて」(1999)、「天国までの百マイル」(2001)、「ラブ・レター」(03)、そして10年放送の「シューシャインボーイ」に続き、主演・西田、原作・浅田氏の再タッグが実現。浅田氏の同名小説を原作に、25年前の未解決事件をめぐり、2人の男と1人の女に待ち受ける運命を描く。現場一筋の刑事・米田は、偶然に手にした小冊子に「琥珀」という名の喫茶店の記事を見つけ、表情を強張らせる。25年前の未解決事件「吉祥寺・放火殺人事件」の資料を手に、富山・魚津にある琥珀を訪ねた米田は、マスターの荒井、常連客の平井幸子と交流を深めていくが、3人はそれぞれ大きな闇を抱えていた。  西田は、「今回、岡田惠和さんのサイドストーリーを含めた脚色も素晴らしく、密度の濃い芝居ができたので、胸はずむ楽しい撮影現場となりました」と充実感をにじませる。寺尾との共演については、「同じ作品に出...more
カテゴリー:

西田敏行×寺尾聰、シーン初共演!直木賞作家・浅田次郎の『琥珀』をドラマ化 - 06月15日(木)06:04 

西田敏行と寺尾聰が、今秋にテレビ東京系列で放送されるヒューマンドラマ『琥珀』にて、“シーン初共演”を果たすことがわかった。本作は、歴史小説から現代小説まで幅広く執筆し、多くの読者を魅了し続けている直木賞作家・浅田次郎の同名小説が原作。“蜃気楼”で有名な北陸・魚津を舞台に、不器用な大人たちが織りなす、サスペンスフルな展開が時に切なく、心に迫るヒューマンドラマとなっている。『角筈にて』(1999年)、『天国までの百マイル』(2001年)、『ラブ・レター』(2003年)、そして『シューシャインボーイ』(2010年)と、これまで高い評価を獲得してきた“西田敏行×浅田次郎”のゴールデンコンビによる過去作。7年ぶりとなる待望の5作目『琥珀』では、脚本家に『イグアナの娘』や『ちゅらさん』などの代表作を持つ岡田惠和を迎える。「岡田さんのサイドストーリーを含めた脚色も素晴らしく、密度の濃い芝居ができたので、胸はずむ楽しい撮影現場となりました」と撮影の感想を語った西田。演じる米田勝己については、「職場では“ダメなやつ”と判子押されるタイプの刑事なのですが、最後の最後に、社会に対して行った悪に対して落とし前をつけてやろうという気持ちで寺尾さん演じる荒井の元に出向きます。しかし、一緒に過ごすうちに気持ちを抱え込まれてしまうという、相手の心境をおもんぱかる、トゲの無い刑事、とんがってない刑事を演じました」と...more
カテゴリー:

西田敏行×寺尾聰、シーン初共演!直木賞作家・浅田次郎の『琥珀』をドラマ化 - 06月14日(水)19:24 

西田敏行と寺尾聰が、今秋にテレビ東京系列で放送されるヒューマンドラマ『琥珀』にて、“シーン初共演”を果たすことがわかった。本作は、歴史小説から現代小説まで幅広く執筆し、多くの読者を魅了し続けている直木賞作家・浅田次郎の同名小説が原作。“蜃気楼”で有名な北陸・魚津を舞台に、不器用な大人たちが織りなす、サスペンスフルな展開が時に切なく、心に迫るヒューマンドラマとなっている。『角筈にて』(1999年)、『天国までの百マイル』(2001年)、『ラブ・レター』(2003年)、そして『シューシャインボーイ』(2010年)と、これまで高い評価を獲得してきた“西田敏行×浅田次郎”のゴールデンコンビによる過去作。7年ぶりとなる待望の5作目『琥珀』では、脚本家に『イグアナの娘』や『ちゅらさん』などの代表作を持つ岡田惠和を迎える。「岡田さんのサイドストーリーを含めた脚色も素晴らしく、密度の濃い芝居ができたので、胸はずむ楽しい撮影現場となりました」と撮影の感想を語った西田。演じる米田勝己については、「職場では“ダメなやつ”と判子押されるタイプの刑事なのですが、最後の最後に、社会に対して行った悪に対して落とし前をつけてやろうという気持ちで寺尾さん演じる荒井の元に出向きます。しかし、一緒に過ごすうちに気持ちを抱え込まれてしまうという、相手の心境をおもんぱかる、トゲの無い刑事、とんがってない刑事を演じました」と...more
カテゴリー:

「寺尾聰」の画像

もっと見る

「寺尾聰」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる