「審査対象」とは?

関連ニュース

デル・トロ監督作が最多13ノミネート=メーク部門に辻さんも-米アカデミー賞 - 01月24日(水)00:38 

 【ロサンゼルス時事】第90回米アカデミー賞の候補が23日発表され、孤独な女性とモンスターの恋愛を描いた映画「シェイプ・オブ・ウォーター」(ギレルモ・デル・トロ監督)が作品賞を含む13部門でノミネートされた。授賞式は3月4日。 日本関係では、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」でメークを担当した辻一弘さんがメーキャップ部門で候補になった。辻さんは米国で活躍している特殊メーキャップアーティストで、2007年と08年にもノミネートされた。 長編アニメ部門の審査対象となった「この世界の片隅に」(片渕須直監督)など日本作品は候補に残らなかった。 【時事通信社】
カテゴリー:

アニメやマンガやキャラクターを活用したコラボ事例を表彰する「第2回アニものづくりアワード」 - 01月19日(金)15:15 

「第2回アニものづくりアワード」 アニメビジエンス編集部とガリガリ編集部が運営するアニものづくりアワード実行委員会は、「第2回アニものづくりアワード」を2018年5月に開催予定。2018年3月9日(金)まで、公式Webサイトにてエントリーを受け付けている。「アニものづくりアワード」は、アニメ作品やマンガ作品、キャラクターなどを活用した企業のコラボレーション事例を表彰する企画。各部門の入賞作品は、5月上旬に徳島で開催される「マチ★アソビ」にて発表され、授賞式が実施される。 2017年に開始された「アニものづくりアワード」は、第1回で延べ120作品の応募があった。第2回となる2018年は、「テクノロジー・イノベーション部門」と「インターナショナル部門」を新設。「アニメーションCM部門」「コンテンツコラボ部門」「オリジナルコンテンツ部門」「クラフトデザイン部門」と合わせて、より幅広い異業種コラボレーションの取り組みを募集し、上記カテゴリーの中から優れたものに対して贈される総合グランプリも用意されている。 原則として自薦による応募とし、各部門への重複応募は可能。第1回の応募作品は審査対象外とされる。ただし、アニメCMやコラボ商品などでシリーズ新作の発売 / 公開などが第2回の応募期間内に含まれる場合は応募可。また「アニメ×異業種」がテーマであるため、たとえばアニメ会社や新作アニメCM、出版...more
カテゴリー:

【社会】世界遺産に北海道・北東北を中心とした「縄文遺跡群」推薦が有力/2018年国内審査 - 01月01日(月)21:00  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-01121154-webtoo-l02  青森県など4道県が2020年の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」について、国の文化審議会の複数の関係者が、日本の新たな登録推薦候補を決める18年の審査で「有力」と見なしていることが東奥日報紙取材で分かった。三内丸山遺跡をはじめとする遺跡自体の価値を高く評価し、中には「縄文が最有力」とする声もあった。推薦への課題として、国内他地域の縄文文化との違いを明確に打ち出す必要性が指摘されている。  世界文化遺産へ...
»続きを読む
カテゴリー:

【放送界の第三者機関】BPOの中立性に疑義 不透明な審査基準、委員の人選「リベラル寄り」 - 12月31日(日)21:17  newsplus

http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/171231/ent1712310019-s1.html  放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会の中立性に疑義がもたれている。放送界の第三者機関として「裁判所」に例えられ、政府批判や選挙報道など政治的なテーマにも踏み込む組織だが、審査基準は不透明で、委員の人選にも「リベラル寄り」との批判がつきまとう。設立から10年がたち、存在意義を問う声が上がっている。(玉崎栄次) 「放送してはいけない番組を放送した」。昨年12月14日、検証委は沖縄の米軍基地反対運動を批判...
»続きを読む
カテゴリー:

「ミスグラジャパ!」グランプリが決定!ハタチの新世代グラドル候補・島﨑由莉香 「今もまだ自分の体に自信がないけど…」 - 01月23日(火)17:00 

『週刊プレイボーイ』全面バックアップの下、デジタルコンテンツ配信サイト『週プレ グラジャパ!』主催にて開催されたグラビアアイドルオーディション「ミスグラジャパ!」。今回、本オーディションを勝ち抜いたグランプリ・準グランプリ・週プレ酒場賞受賞者が決定し、新宿・歌舞伎町「週プレ酒場」にてお披露目記者会見が行なわれた。 「ミスグラジャパ!」とは、“デジタルファースト時代”で活躍が期待される新人グラドルを発掘すべく開催されたオーディション。 選考では、撮影会での獲得ポイントやチェキの販売数に加え、「WEB投票」「ネット生配信」も審査対象となるなど、従来型のオーディションに比べデジタルコンテンツへの親和性がより重要視されている。 そして今回、見事「ミスグラジャパ!」グランプリに輝いたのは、20歳の超新星・島﨑由莉香。なんと本企画がグラビア撮影初挑戦とのことで「(グラビア撮影に対して)戸惑いもあったけど、『ハタチになったし、新しい挑戦がしたい』という決意で挑みました。胸もないし、グランプリいただいた今もまだ自分の体に自信がないんですけど…」と初々しいコメント。 またグランプリ受賞者には、現在発売中のデジタル写真集『3000冊、買ってください!』が半年以内に売り上げ3000冊を達成すると、週プ...more
カテゴリー:

OSSコンソーシアム、OSSを活用した「ドローン・コンテスト2018」を開催、ローバーも審査対象 - 01月11日(木)16:00 

~ オープンソースを活用したドローン・ローバーを募集、最優秀賞は賞金30万円 ~ OSSコンソーシアムは、オープンソースプロジェクトの支援と、OSS技術者の育成に寄与すべく「ドローン・コンテスト2018」を開催いたします。 2016年開催のオープンソースコンテストに続き、今回のコンテストを開催することで、さらなるOSS文化への貢献が出来ればと期待しています。
カテゴリー:

【放送倫理】BPOの中立性に疑義 不透明な審査基準、委員の人選がリベラル寄り 「新たに放送を監視する枠組みが必要」 - 12月31日(日)21:48  mnewsplus

http://www.sankei.com/entertainments/news/171231/ent1712310019-n2.html  放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会の中立性に疑義がもたれている。放送界の第三者機関として「裁判所」に例えられ、政府批判や選挙報道など政治的なテーマにも踏み込む組織だが、審査基準は不透明で、委員の人選にも「リベラル寄り」との批判がつきまとう。設立から10年がたち、存在意義を問う声が上がっている。(玉崎栄次)  「放送してはいけない番組を放送した」。昨年12月14日、検証委は沖縄の米軍基地反対運動を批判的...
»続きを読む
カテゴリー:

「審査対象」の画像

もっと見る

「審査対象」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる