「審査会」とは?

関連ニュース

【犬】迷子犬、殺処分から一転、警察犬へ挑戦 シバイヌ「愛ちゃん」 - 04月22日(日)22:41  newsplus

シバイヌの愛ちゃん 25日の審査会に向け赤木さんと訓練に励む愛ちゃん 迷子犬として動物保護施設に収容された。人を恐れ、かみついた。飼育は難しいと判断され、殺処分が決まった…。そんな運命をたどってきたシバイヌが、岡山県警の嘱託警察犬になるために訓練を続けている。岡山市の動物愛護団体に引き取られた「愛ちゃん」(推定3歳、雌)。人を信頼することを学び、新たな道を歩み始めた愛ちゃんは25日、総社市である警察犬の審査会に初挑戦する。  「伏せ」「止まれ」「来い」。岡山市南区川張の公園で訓練士の赤木美穂さ...
»続きを読む
カテゴリー:

ついに開幕!「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」の見どころはこれだ! - 04月19日(木)20:38 

本日4月19日より、ついに「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」が開幕した。2009年にスタートした沖縄国際映画祭は、2014年から「島ぜんぶでおーきな祭」と改称し、映画・音楽・ダンス・お笑い・ファッション・アート・スポーツなどを含む総合エンタテインメントの祭典として春の沖縄を代表するイベントに成長してきた。 【写真を見る】ワニに頭をガブリ!インパクト大なラブコメ“妻ふり”も上映!/[c]2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会 今年の特別招待作品では、照屋年之(ガレッジセール・ゴリ)監督が自身の短編『born、bone、墓音。』を長編映画化した『洗骨』(18年公開)や、ネットで話題となったある夫婦の変わった日常を榮倉奈々、安田顕らで映画化したラブコメディ『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)など、バラエティに富んだ作品が上映される。 また、第5回沖縄国際映画祭から始まった、次世代を担う人材の発掘を目的に映像作品に携わったスタッフの中から最優秀賞を選出する「クリエイターズ・ファクトリー 最優秀作品イベント」や、ジャンルを問わず、25歳以下の若手クリエイターにしか撮れない新しい感覚に満ちた作品を取り扱う「クリエイターズ・ファクトリー2018U-25映像コンペティション」の審査会&授賞式など、若者を応援する試みにも注目が集まりそ...more
カテゴリー:

キヤノンによる恒例の文化支援プロジェクト「写真新世紀」が2018年度の作品公募を開始 - 04月18日(水)09:45 

2017年度(第40回公募)グランプリ受賞作品 「17 toner hvitt」(動画作品)より キヤノン株式会社は、「写真新世紀」2018年度(第41回公募)の応募受付を、2018年4月18日(水)に開始した。「写真新世紀」は、新人写真家の発掘 / 育成 / 支援を目的とした文化支援プロジェクト。2018年6月6日(水)まで作品を募集して、7月に開催予定の「優秀賞選出審査会」で優秀賞7名(組)と佳作14名(組)を選出し、11月に開催予定の「グランプリ選出公開審査会」で優秀賞受賞者の中からグランプリ1名(組)が決まる。 1991年にスタートした「写真新世紀」は、今年で28音目を迎える。応募者の国籍や年齢や経験(プロ / アマチュア)は不問で、個人でもグループでも応募が可能だ。ただし、グループで応募する場合には、今後もグループでの活動を継続していくことが条件となる。グランプリ受賞者には、奨励金100万円と副賞のキヤノン製品のほか、特典として次年度の受賞作品展における個展開催の権利などを授与。優秀賞と佳作の受賞者にも、奨励金と本年度の受賞作品展への出展などの権利が授与され、受賞者の今後の創作活動を奨励する。 作品形態や点数などの制限はなし。郵送による応募だけでなく、オンラインによるデジタル作品(静止画 / 動画)での応募にも対応している。静止画データの場合は、1000MBかつ100枚以...more
カテゴリー:

森友文書改ざん:佐川氏ら告発の市民団体「適正な処分を」 - 04月17日(火)17:02 

「不起訴なら、検察審査会に申し立てる」  学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、佐川宣寿前国税庁長官らに対する刑事告発状を提出していた市民団体は17日、「適正な刑事処分が行われるべきだ」などとする要請書を大阪地検特捜部に送付したと明らかにした。送付は16日付。
カテゴリー:

男女10:1で性暴力事件が「不起訴相当」。検察審査会というブラックボックス - 04月17日(火)11:37 

伊藤詩織さんだけではなかった。 View Entire Post ›
カテゴリー:

【優生保護法】「今なら許されないことだが、当時の時代背景などを考えると仕方がない面もあった」 強制不妊手術した医師、心境語る - 04月22日(日)14:02  newsplus

◆「今なら許されない」 強制不妊手術した医師、心境語る かつての優生保護法に基づき障害者らに不妊手術が強制された問題で、強制不妊手術をした北海道の80歳代の産婦人科医は、朝日新聞の取材に応じた。 障害者支援団体の理事長も務める医師は「今なら許されないこと」としつつ、時代背景などを考えると「仕方がない面もあった」と、複雑な心境を明かした。 この医師は、公立病院の勤務医だった1967年、20歳前後の女性について、両親から不妊手術の相談を受けた。 女性は知的障害があり、耳も不自由だったため、自分の意...
»続きを読む
カテゴリー:

【兵庫】操作ミス? Microsoft「Word」の蛍光ペン機能で黒塗りしたはずなのに… 三田市、個人情報をホームページ上に誤掲載 - 04月19日(木)19:41  newsplus

神戸新聞NEXT 2018/4/19 18:35 兵庫県三田市は19日、2016年3月から今年4月にかけて、市のホームページ(HP)上で計40件の個人情報が見える状態になっていたと発表した。 被害は確認されていないという。 3月27日に市行政不服審査会の答申書をHPに掲載したところ、匿名のメールで指摘があり発覚した。 市によると、答申書の個人情報は1人分。職員が文書ソフト「ワード」の蛍光ペン機能で、非公開にすべき名前などを黒塗りにして公開した。 画面上は黒塗りになっているが、閲覧者がコピーして他の文書に貼り付け...
»続きを読む
カテゴリー:

不妊手術、診断書再提出求める 大分で「実際に診察したか疑問」 - 04月17日(火)17:22 

旧優生保護法下での障害者らへの不妊手術問題で、大分県優生保護審査会が1960年、強制手術の申請があった女性5人の健...
カテゴリー:

発想と工夫\ギュッ/と詰めた ローソン×那覇商業高校 商品開発プロジェクト - 04月17日(火)12:00 

ローソン沖縄と県内の現役商業高校生がコラボする「商品開発プロジェクト」。昨年11月の最終審査会でグランプリに輝いた那覇商業高校の「ちぎりタコスパン」の商品が完成した。「3つにちぎって友達とシェアできる」という現役高校生ならではの発想を生かした惣菜(そうざい)パンだ。17日に県内のローソンで発売を開...
カテゴリー:

2018年度のプログラミング・ロボット大会情報 - 04月17日(火)10:15 

 国内外で注目されているプログラミング教育。ここ1、2年で、プログラミングやロボットに関係する塾・スクールも多くなってきた。せっかく通うのであれば、成果物は夏休みの自由研究やコンテスト・コンクール等に応募してみてはいかがだろうか。未就学児から高校生、大学生や高専生などを対象に、公募されているプログラミングおよびロボットに係るコンテスト・コンクール、大会情報をまとめた。 なお、情報は2018年4月12日時点で2018年度(平成30年度)大会にかかわるWebサイトおよび情報紹介ページが発表されているもの。応募要項が今後発表されるコンテスト・コンクール、大会の情報は本文末に紹介している。2018年度 プログラミング・ロボット大会情報U-22 プログラミング・コンテスト2018http://www.u22procon.com/募集期間:2018年7月1日(日)~9月5日(水)対象:22歳以下(1996年4月2日以降に生まれた者) 1980年から経済産業省主催として、優れた人材の発掘・育成を目的に開催している作品提出型のプログラミングコンテスト。22歳以下であれば誰でも応募できる。応募作品は「プロダクト」「テクノロジー」「アイデア」の、3つの評価ポイントで審査する。2018年度の開催では、未発表または2017年9月1日以降に発表したオリジナル作品の募集を受け付ける。ジャンルやプログラミング言...more
カテゴリー:

もっと見る

「審査会」の画像

もっと見る

「審査会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる