「富田靖子」とは?

関連ニュース

生田斗真&瑛太『友罪』特報映像解禁 夏帆、佐藤浩市、山本美月らも出演 - 12月11日(月)19:00 

 映画『64-ロクヨンー前編/後編』で興行収入36億円超えの大ヒットを記録した瀬々敬久監督がメガホンを取った、生田斗真と瑛太出演の最新映画『友罪』の特報映像などが公開。共演の夏帆、佐藤浩市、山本美月、富田靖子らも姿を見せている。【関連】『友罪』フォトギャラリー 本作は、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせる内容で話題を集めた薬丸岳の小説『友罪』をもとにしたサスペンス作品。ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始めた益田(生田)と、同じタイミングで工場勤務についた鈴木(瑛太)。同い年であることから心を通わせ始めた2人だったが、やがて益田は、鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める…。 劇中の写真は、工場での勤務中にふと冷たい視線で一点を見つめる鈴木や、タクシー運転手・山内修司(佐藤)が厳しい表情で電話を掛けているシーンなどが解禁。また、益田のジャーナリスト時代の同僚で元恋人であった杉本清美(山本)はいぶかしげな面持ちで事件の調査を進めるほか、鈴木に好意を寄せる藤沢美代子(夏帆)、堅い表情が印象的な鈴木の少年院時代の担当法務教官・白石弥生(富田)ら、事件を中心にした本作の人間模様が垣間見える。 さらに、特報映像では、「心を許した友が日本中を震撼させた元少年Aだったら」というナレーションから始まる。鈴木の過去を巡り苦悩する益田の心情や、事件を追う清美とのやり取り、「友だち...more
カテゴリー:

生田斗真×瑛太「友罪」場面写真が初披露!自撮り風ポスターも完成 - 12月11日(月)12:00 

 生田斗真と瑛太が共演し、薬丸岳氏のミステリー小説を映画化する「友罪」の場面写真が、このほど初披露された。工場での勤務中、冷たい眼差しで一点を見つめる鈴木(瑛太)のほか、逃れられない十字架を背負うタクシー運転手・山内修司(佐藤浩市)が険しい表情で電話をかける様子などを確認することができる。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  少年犯罪など重厚なテーマを扱う薬丸氏が、かつて世間を震撼させた実際の少年犯に着想を得て執筆した渾身の一作。ジャーナリストの夢に破れ町工場で働き始めた益田(生田)は、同じタイミングで入社した鈴木と出会い、次第に心を通わせていく。しかしあることがきっかけで、益田は「鈴木は17年前の連続児童殺傷事件の犯人では?」と疑いを持ち始める。  場面写真ではそのほか、益田の元恋人でジャーナリスト時代の同僚・杉本清美(山本美月)が、いぶかしげな面持ちで事件を調査する模様も。鈴木に好意を寄せていく藤沢美代子(夏帆)や、少年院時代の鈴木を担当していた法務教官・白石弥生(富田靖子)の姿も切り取った。それぞれが抱える過去とは何なのか、彼らがどのように交錯していくかに期待が高まるばかりだ。  さらに公式サイト(http://gaga.ne.jp/yuzai/)で、ティザーポスターと特報映像もお披露目。ポスターは「心を許した友は、あの少年Aだった。」というフレーズととも...more
カテゴリー:

「富田靖子」の画像

もっと見る

「富田靖子」の動画

Wikipedia

富田 靖子(とみた やすこ、1969年2月27日 - )は、日本の女優。旧姓での本名、および旧芸名:冨田 靖子(とみた やすこ)。神奈川県茅ヶ崎市生まれ、福岡県糟屋郡志免町育ち。アミューズ所属。神奈川県立港北高等学校卒業。 

来歴
  • 1983年、中学在学中に映画アイコ十六歳のオーディションを受け、約127,000人の中からヒロインに選ばれる。同年12月に同映画でデビューし、同時に「オレンジ色の絵葉書」で歌手デビューも果たした。松下由樹、宮崎ますみも同じオーディションから輩出され、この映画に出演している。監督は今関あきよし。なお、このオーディションでは岡田有希子森口博子も参加していた。
  • デビュー作をプロデュースしていた大林宣...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる