「富士通」とは?

関連ニュース

設備保全管理ソフトのSaaS版―富士通エンジニアリングテクノロジーズが販売 | IT Leaders - 01月23日(火)10:55 

富士通エンジニアリングテクノロジーズは2018年1月22日、設備保全管理システム「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA」のSaaS版「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA SaaS」を発表、同日販売を開始した。価格は、1ユーザー当たり月額3万円から。
カテゴリー:

富士通、GDPR対応による個人データ保護強化を推進 - 01月22日(月)11:35 

富士通は1月19日、GDPRへの対応としてBCR-Pの承認を受けるため、オランダの欧州データ保護機関であるDutch Data Protection Authority(DPA)に申請したと発表した。この申請の承認を得ることで、同社はGDPRに準拠したより安心・安全なサービスを顧客へ提供可能になるという。
カテゴリー:

富士通、GDPR対応の承認をEUに申請 - 01月22日(月)06:00 

富士通は、5月にEU圏で施行される「一般データ保護規則」(GDPR)への対応申請を欧州データ保護機関に申請した。
カテゴリー:

発達障害児の子育て「周囲へカミングアウトすべき?」「誤解されない伝え方は?」 - 01月20日(土)22:00 

発達障害児とその家族を支えるため、発達障害の正しい理解のための講演活動や、発達障害児を持つ家族のための相談支援活動などを行っている団体、一般社団法人「発達障害ファミリーサポートMarble(マーブル)」。その代表理事を務める国沢真弓さんは自身も、高校生になる自閉症児の母であるため、「当事者家族」の視点からのお話にはとても説得力があり、温かみのある方です。本業がアナウンサーであるため、周囲への「伝え方」のアドバイスは、なるほど! と深く納得できるものばかり。©nadezhda1906-stock.adobe.com500名以上の発達障害児の家族の相談にのってきた国沢さんに、今回うかがったのは、発達障害の子どもを取り巻く、周囲との上手なコミュニケーション方法について。同じく発達障害の息子を持つ筆者が、「カミングアウトはするべきか?」「するとしたら上手な伝え方は?」、また「身近に発達障害児がいる場合、周囲はどう働きかければいいのか?」などを聞きました。■カミングアウトにあえて障害名を言う必要はない――発達障害の程度が重い場合は、あえて説明しなくても周囲は自然とわかるかもしれませんが、グレーな場合はわかりにくいですよね。特に説明する必要を感じない場合は、黙っていてもいいような気もしてしまいますが、身近なところにはカミングアウトした方が良いのでしょうか?「私が相談を受けた中では、カミングアウ...more
カテゴリー:

富士通が従業員5万人を対象に手のひら静脈認証の社内活用を開始 - 01月18日(木)17:44 

富士通は1月18日、手のひら静脈認証の大規模な社内活用を2018年より順次拡大していくと発表した。利用用途は国内の従業員約8万人の仮想デスクトップのログイン認証と入退場ゲートの従業員証明認証となる。
カテゴリー:

IoT歯ブラシで磨き残しをなくす、富士通とサンスターが共同新サービス(ニュース解説) - 01月23日(火)05:00 

 富士通とサンスターが歯科医療向けの新サービスを始める。「IoT歯ブラシ」と歯科医院をクラウドで結び、歯磨きの状態を見える化。虫歯や歯周病を未然に防ぐ「予防歯科」に役立てる。
カテゴリー:

能楽の魅力をリアルタイム英訳でスマートデバイスに表示――能楽協会ら、「能楽フェスティバル」で新たな試み - 01月22日(月)11:00 

能楽協会、富士通、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、言語の壁を越えて能楽の魅力を発信することを目指し、「能楽フェスティバル2017-2020 『第3回シンポジウム』」で、講演者の発話内容をリアルタイムに英訳して来場者のスマートデバイスに表示する仕組みを活用する。
カテゴリー:

「確実に書けるキーボード」をマレーシアに訪ねる - 富士通ノートPC新キーボード・開発編 - 01月21日(日)12:35 

富士通クライアントコンピューティングが、ノートPC搭載キーボードの大幅な改良に乗り出した。目指したのは「確実に書けるキーボード」。そして、「モバイルノートだからといって妥協を許さないキーボード」の実現だ。
カテゴリー:

仮想デスクトップと入退場ゲートの認証を「手のひら静脈認証」に切り替え――富士通、社内活用を開始 - 01月19日(金)11:00 

富士通が、仮想デスクトップのログインと入退場ゲートの従業員証明認証に「手のひら静脈認証」を本格導入。セキュリティ強化や利便性向上を図るとともに、顧客向けソリューションへの拡大を図る。
カテゴリー:

富士通、社員8万人が手のひら静脈認証に切り替え | IT Leaders - 01月18日(木)14:35 

富士通は2018年1月18日、国内約8万人の社員を対象に、仮想デスクトップへのログインを、これまでのパスワード認証から手のひら静脈認証に切り替えていくと発表した。さらに、2拠点の事業所に(社員約5200人)おいて入退場ゲートの認証に手のひら静脈を使う実証実験を開始する。
カテゴリー:

もっと見る

「富士通」の画像

もっと見る

「富士通」の動画

Wikipedia

  • 富士電機株式会社 (10.40%)
  • スパンション・ジャパン株式会社 - 設立当初は約40%を出資していたが、その後出資比率を低下させ富士通セミコンダクター(旧・富士通マイクロエレクトロニクス)を通じて11.4%の出資を行っている。
  • 都築電気株式会社 (10.86%) 東証2部上場 - 富士通マーケティングに続いて、富士通ディーラーの中で売上2位。オーナー一族だった都築省吾が社長を退いてからは、富士通が筆頭株主となっている。
  • 大興電子通信株式会社 (14.86%) 東証2部上場 - 富士通ディーラー売上3位。元々は大和証券グループだが、富士通の保有株比率が最も高いディーラーの一社となる(富士通マーケティング(旧富士通ビジネスシステム)を除く)。又、富士通出身者である高橋が社長を務めていることもあり、富士通の子会社色が比較的強いと言われる。
  • 株式会社高見沢サイバネティックス(15.46%、間接含む)

また、過去には日立プラズマディスプレイ株式会社(旧・富士通日立プラズマディスプレイ株式会社)の19.9%の株式を保有していたが、2008年3月に全株式を日立製作所に売却している。なお、エレベーター専業メーカーの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる