「寄宿舎」とは?

関連ニュース

パンケーキがかわいい! 東京ソラマチ「くまのがっこう」カフェに行ってきた - 11月18日(土)07:00 

森の寄宿舎で暮らす12匹のくまのこたちの物語を描いた絵本「くまの学校」。累計発行部数220万部を超える人気絵本のキャラクターは、そのかわいさから幅広い年代に愛されている。そんな絵本の世界が散りばめられた期間限定のダイニングカフェがこのほど、東京スカイツリータウン・ソラマチにオープンした。
カテゴリー:

「寄宿舎」の画像

もっと見る

「寄宿舎」の動画

Wikipedia

寄宿舎(きしゅくしゃ)は、日本の住宅の類型。相当数の労働者又は学生生徒児童などが宿泊し起居寝食をともにする施設である。

労働法規における寄宿舎

かつて紡績工場、製糸工場に女工寄宿舎が付属していた。これは女工の福利厚生のためではなく、女工には前借りがあるから逃亡しないようにしたということと、早朝から就業させたということからであった。過酷な待遇が、女工哀史などで問題となり、また風紀上かんばしからざることもあり、政府は、昭和2年4月6日、内務省令第26号工場附属寄宿舎規則を発布したが、これには罰則がなかったため、実効はとぼしかった。

こうした歴史を受け、1947年(昭和22年)施行の労働基準法では、使用者が労働者に提供するその事業に附属する寄宿舎については、その第10章(第94条~第96条の3)及び事業附属寄宿舎規程(昭和22年労働省令第7号)・建設業附属寄宿舎規程(昭和42年労働省令第27号)によって規制している。

  • 第94条
  • 使用者は、事業の附属寄宿舎に寄宿する労働者の私生活の自由を侵してはならない
  • 使用者は、寮長、室長その他寄宿舎生活の自治に必要な役員の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる