「宿泊施設」とは?

関連ニュース

JTB、「Amazon Alexa」に対応 空室やチケット情報など提供 - 11月19日(日)18:24 

ジェイティービー(JTB)は、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応する。 るるぶトラベルで取り扱う約17,000施設以上の宿泊施設の空室状況、全国2,000施設以上の観光・レジャー施設のチケット、話題のグルメやイベントなど観光に関する情報を、スマートスピーカー「Amazon Echo」に話かけるだけで得ることができる。 今後もAlexaに対応したサービスやスキルの拡大を図るとしている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

アメリカ・キューバ間の渡航制限厳格化 在キューバ日本国大使館が注意喚起 - 11月19日(日)10:35 

在キューバ日本国大使館は、アメリカとキューバ間の渡航制限の厳格化により、特定の宿泊施設や旅行会社の利用等が制限されたとして渡航の可否をよく確認するよう注意喚起を行っている。 これはアメリカ政府が11月9日に発表した規則の改正によるもので、アメリカ政府がリストアップした特定企業との取引が認められなくなったことによるもの。キューバ資産管理規則(CACR)が定めるカテゴリーに当てはまらない観光目的や、教育目的であってもアメリカ政府がリストアップした特定企業を利用する場合は渡航が認められない。 CACRでは、家族訪問、アメリカ・外国政府・政府機関の公用、報道活動、専門調査・会合、教育活動(人材交流含む)、宗教活動、公演・クリニック・ワークショップ・競技・運動・展示活動、キューバ国民支援、人道的プロジェクト、民間財団・調査・教育機関の活動、情報・情報資料の輸出・輸入・輸送、キューバ関連の既存の米商務省規則およびガイドラインで輸出許可の対象となり得る輸出取引に関連する渡航については認めている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアサーブ、ALSOKと連携しVIP向け身辺警護サービス提供 - 11月18日(土)17:37 

エアサーブは、綜合警備保障(ALSOK)と連携し、日本を訪れるVIP向けに身辺警護サービスの取次を開始する。 VIPの日本到着時にはエアサーブのスタッフが出迎えを行うとともに、ALSOKが身辺警護を開始、指定場所まで移動する。滞在中の警備も依頼することができる。依頼は日本到着予定日の1ヶ月前まで受け付る。サービスの利用料金は日程や交通機関、宿泊施設によって異なる。 エアサーブではすでに国内主要空港や港に到着した訪日旅行者の出迎え、目的地までの同行サービスを提供しているものの、大規模な国際イベントや国際会議に伴い、日本を訪れるVIPが増加傾向にあることから、国内滞在中のリスク対策として身辺警備へのニーズが高まっているという。
カテゴリー:

羽後町、盆踊り期間に民泊実施へ 宿不足解消図る - 11月18日(土)10:10 

 10万人近い観光客が訪れる秋田県羽後町の西馬音内盆踊り(国指定重要無形民俗文化財)で宿泊施設が毎年不足していることを受け、町は来年8月16~18日の盆踊り期間とその前後、一般住宅の空き部屋などを活用…
カテゴリー:

ハードロック・ジャパンが統合型リゾートを構想--日本に馴染むエンタメ体験 - 11月17日(金)16:14 

「ハードロックカフェ」など200以上の施設を世界74カ国において運営するハードロック・インターナショナルの日本法人、ハードロック・ジャパンは、11月13日、日本における統合型リゾートの新構想「ハードロック・エクスペリエンス」を発表した。 これまで、同社が各種ホスピタリティ事業の運営を通じて培ってきた経験を生かし、同プロジェクトではカフェやホテル、カジノをはじめ、音楽ライブイベントからスポーツイベントまで、幅広い世代が楽しめるエンターテイメント体験を提供する。ハードロック・ジャパンのCEOであるエドワード・トレーシー氏は、「日本の文化の伝統的要素と現代的要素を取り入れることで、日本人も海外からの観光客も魅了します」と、新たな構想について語った。 また、新構想とともに新たなロゴも発表された。「ハードロック」ブランドで使用しているロゴのグラフィックを継承しつつ、新構想を広く伝えるために“エクスペリエンス”という言葉を添え、“日本版IR(統合型リゾート)の未来”という新構想のスローガンを盛り込んだ。 同社は「ハードロック・エクスペリエンス」の第1弾として、11月13、14日に行われた人気ロックバンド・MUSE(ミューズ)の単独来日公演への協賛を実施した。今後もライブやコンサートなどのエンターテイメント分野のみならず、学術分野やスポーツなどを含む様々な活動を展開し、日本にIRの幅広い側...more
カテゴリー:

アメリカ・キューバ間の渡航制限厳格化 在キューバ日本国大使館が注意喚起 - 11月19日(日)10:35 

在キューバ日本国大使館は、アメリカとキューバ間の渡航制限の厳格化により、特定の宿泊施設や旅行会社の利用等が制限されたとして渡航の可否をよく確認するよう注意喚起を行っている。 これはアメリカ政府が11月9日に発表した規則の改正によるもので、アメリカ政府がリストアップした特定企業との取引が認められなくなったことによるもの。キューバ資産管理規則(CACR)が定めるカテゴリーに当てはまらない観光目的や、教育目的であってもアメリカ政府がリストアップした特定企業を利用する場合は渡航が認められない。 CACRでは、家族訪問、アメリカ・外国政府・政府機関の公用、報道活動、専門調査・会合、教育活動(人材交流含む)、宗教活動、公演・クリニック・ワークショップ・競技・運動・展示活動、キューバ国民支援、人道的プロジェクト、民間財団・調査・教育機関の活動、情報・情報資料の輸出・輸入・輸送、キューバ関連の既存の米商務省規則およびガイドラインで輸出許可の対象となり得る輸出取引に関連する渡航については認めている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアサーブ、ALSOKと連携しVIP向け身辺警護サービス提供 - 11月18日(土)17:37 

エアサーブは、綜合警備保障(ALSOK)と連携し、日本を訪れるVIP向けに身辺警護サービスの取次を開始する。 VIPの日本到着時にはエアサーブのスタッフが出迎えを行うとともに、ALSOKが身辺警護を開始、指定場所まで移動する。滞在中の警備も依頼することができる。依頼は日本到着予定日の1ヶ月前まで受け付る。サービスの利用料金は日程や交通機関、宿泊施設によって異なる。 エアサーブではすでに国内主要空港や港に到着した訪日旅行者の出迎え、目的地までの同行サービスを提供しているものの、大規模な国際イベントや国際会議に伴い、日本を訪れるVIPが増加傾向にあることから、国内滞在中のリスク対策として身辺警備へのニーズが高まっているという。
カテゴリー:

【地震】中国 チベット自治区で地震 マグニチュード6.9の地震 建物倒壊の被害 国営メディア伝える - 11月18日(土)13:15  newsplus

中国 チベット自治区で地震 建物倒壊の被害 国営メディア伝える 11月18日 11時58分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171118/k10011227781000.html?utm_int=error_contents_news-main_001 中国内陸部のチベット自治区で日本時間の18日午前7時半ごろ、マグニチュード6.9の地震があり、国営メディアは、これまでのところけが人の報告はないものの一部の建物が壊れるなどしており、当局が被害の状況を調べていると伝えています。 中国地震局によりますと、18日午前6時34分ごろ、日本時間の午前7時34分ごろ、中国・チベ...
»続きを読む
カテゴリー:

地元民も旅行者も!福岡に来たら‟泊まれる立ち飲みで仲良く酔っぱらおう - 11月18日(土)10:00 

福岡市中央区大手門に6月にオープンした「Hostel STAND BY ME(ホステルスタンドバイミー)」。ホステルと立ち飲み屋を融合したゲストハウスは、‟泊まれる立ち飲み“という珍しいコンセプトで、一躍福岡の人気スポットになっている。 【写真を見る】「おせっかいコースター」を使ってコミュニケーションを円滑に! ■ インスタで見かけるあの場所は!? 「フレンドリーな立ち飲みスペースを持った“おせっかいホステル”」をコンセプトとする同店は、1階が立ち飲み屋、2・3階が宿泊施設となったゲストハウスだ。立ち飲みスペースは、福岡を拠点に活躍する気鋭のアーティスト「KYNE(キネ)」のアートも飾られてクールな雰囲気。店内奥に飾られた青い女性の絵を、InstagramなどのSNSで見かけたことがある人も多いはず! ■ 楽しい仕掛けがコミュニケーションのきっかけに ここでは地元民も旅行者も初めて会った人が楽しくやりとりできる、ちょっぴりおせっかいでユニークな仕掛けを用意している。そのひとつが木札を使った通貨システムだ。立ち飲みでは1000円で4枚の木札を購入し、料理やお酒は木札と交換してオーダーするシステムになっている。ゲストハウスという場所柄、言葉がなくてもコミュニケーションがとれる方法を考え、このスタイルになったそうだ。使い切れなかった木札は「おごっちゃーよ!」といって、隣の人へ渡すもよし。...more
カテゴリー:

京都中央郵便局/手ぶら観光サービス、12月1日開始 - 11月17日(金)16:00 

京都中央郵便局は12月1日、訪日外国人旅行者をはじめ多くの人に手ぶらで京都を観光してもらえるように専用カウンターを設置し、手荷物の一時預かりと宿泊施設等への配送を実施する。 <手ぶら観光 共通ロゴマーク> カウンターでは […]
カテゴリー:

もっと見る

「宿泊施設」の画像

もっと見る

「宿泊施設」の動画

Wikipedia

宿泊施設(しゅくはくしせつ)とは、人間が泊まるための設備を備え、寝具を提供する施設を言う。

宿泊施設の定義

基本的な定義として日本においては、旅館業法の第二条に規定された旅館業で、施設の構造や設備によってホテル営業・旅館営業・簡易宿所営業・下宿営業に分類しており、それぞれの内容、および「宿泊」の定義は次のような規定となっている。

  • 「ホテル営業」とは、洋式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、簡易宿所営業及び下宿営業以外のものをいう。
  • 「旅館営業」とは、和式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、簡易宿所営業及び下宿営業以外のものをいう。
  • 「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多人数で共用する構造および設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のものをいう。
  • 「下宿営業」とは、施設を設け、一月以上の期間を単位とする宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業をいう。
  • 「宿泊」とは、寝具を使用して上記各項の施設を利用することをいう。

法律の定義以外にも、施設の収容人数・目的等によって様々な形態がある。

なお、寝具を使用しない仮眠等の設備を備えた施設は、各種...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる