「家庭用プラネタリウム」とは?

関連ニュース

グリーンハウス、ブルーライトカット機能を搭載した23.6型ディスプレイを発売 - 02月19日(月)20:05 

GH-LCW24C-BK 株式会社グリーンハウスは、23.6型ワイド液晶ディスプレイ「GH-LCW24C-BK」を2月下旬に発売すると発表した。 同製品は、スピーカーと電源を内蔵した23.6型ワイド液晶ディスプレイ。ブルーライトを最大約49%(450nm)カットするブルーライトカット機能を搭載している。アナログ入力端子(D-Sub15)のほか、HDCPに対応したDisplayPortやHDMIを装備しており、著作権保護されたコンテンツやブルーレイディスクのハイビジョン映像を楽しめる。視野角は上下左右178°で、バックライトにはエッジライト式の白色LEDを採用し、最大30W、省電力モード時0.5W以下の低消費電力を実現している。 株式会社グリーンハウス価格:オープンURL:https://www.green-house.co.jp/products/gh-lcw24c/2018/02/19 ■関連記事 ベンキュー、24.5型144Hz駆動のe-Sports用ディスプレイを発売 (2018.2.18) ASUS、18:9フルビューディスプレイを搭載した「ZenFone Max Plus(M1)」を発売 (2018.2.15) セガトイズ、火星から見た天体を再現する家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic...more
カテゴリー:

ASUS、18:9フルビューディスプレイを搭載した「ZenFone Max Plus(M1)」を発売 - 02月15日(木)20:40 

ZenFone Max Plus(M1) ASUS JAPAN株式会社は、SIMフリースマートフォン「ZenFone Max Plus(M1)」を2月17日に発売すると発表した。 同製品は、5.2型クラスの本体サイズに、5.7型(2160×1080ピクセル)でアスペクト比18:9のフルビューディスプレイを搭載したスマートフォンで、画面占有率を79.8%まで拡大した。4130mAhのロングバッテリーを搭載することで、連続待受時間最大約28日間を実現しており、付属のOTGケーブルを使用することによりモバイルバッテリーのように利用できる「リバースチャージ機能」を搭載している。背面には1600万画素のメインカメラと、120°の広角レンズカメラを搭載。指紋認証機能や顔認証機能も搭載する。また、2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使用できるトリプルカードスロットを搭載しており、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応している。カラーはディープシーブラック、サンライトゴールド、アズールシルバーの3色。 ASUS JAPAN株式会社URL:https://www.asus.com/jp/Phone/2018/02/15 ■関連記事 セガトイズ、火星から見た天体を再現する家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」を発売 ...more
カテゴリー:

【本日発売】火星からの星空を再現したプラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」 - 02月15日(木)08:00 

火星からの星空を再現した家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」が、セガトイズから販売開始される。
カテゴリー:

ベンキュー、24.5型144Hz駆動のe-Sports用ディスプレイを発売 - 02月18日(日)20:05 

XL2536 ベンキュージャパン株式会社は、24.5型ディスプレイ「XL2536」を2月23日に発売すると発表した。 同製品は、リフレッシュレート144Hz駆動のe-Sports用ディスプレイ。激しい動作において残像を低減し、明瞭さを提供するDyAc(Dynamic Accuracy)技術を搭載している。液晶パネルはTNパネルを採用。解像度は1920×1080ピクセル。ゲーム画面に集中できる専用アイシールドやモニター設定を簡単に持ち運べる「Profiles to go」機能付きのS.Swithを搭載している。また、暗い場面の視認性を高めるBlack eQualizer機能も搭載している。 ベンキュージャパン株式会社URL:http://www.benq.co.jp/product/gaminggears/xl2536/2018/02/8 ■関連記事 ASUS、18:9フルビューディスプレイを搭載した「ZenFone Max Plus(M1)」を発売 (2018.2.15) セガトイズ、火星から見た天体を再現する家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」を発売 (2018.2.15) スマホと連動できるカーテン自動開閉機の新モデル「mornin’ plus」が発売 (2018.2.15)
カテゴリー:

セガトイズ、火星から見た天体を再現する家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」を発売 - 02月15日(木)10:15 

「HOMESTAR Classic MARS」使用イメージ 株式会社セガトイズは、光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」を、2018年2月15日(木)に発売する。火星の地軸から想定した“火星から見た星空”の鑑賞体験を提供するモデル。投影範囲は約2.5mの円状(天井までの投影距離が約2mの場合)、最適な投影距離は2〜2.3mで、約6万個の星が投影される。希望小売価格は1万1000円(税抜)。 「HOMESTARシリーズ」は、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修を務め、2005年7月に発売を開始した。2008年には約12万個の星を投影できる最上位モデルが登場。その後も、オーロラを投影できるシリーズやキャラクターおよびアーティストとのコラボレーションモデル、風呂でも使えるシリーズなどの話題商品が続々と発売されている。10周年にあたる2015年には、販売台数が100万台を突破した。 今回のモデルでは、“地球から見たものと一見似ているようで全く違う”火星から見た天体を再現。0〜180°の角度調整に対応し、専用恒星原板は「日本の星空と火星」「火星から見た星空」の2枚が付属している。本体サイズは159(幅)×167(高さ)×151(奥行)mmで、電源には付属のACアダプタを使用。 「HOMESTAR Classic MARS」 株式会社セガトイズ問い合...more
カテゴリー:

火星に移住した気分を味わえる?―家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」 - 02月14日(水)17:30 

火星からの星空を再現した家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」が、セガトイズから販売開始される。
カテゴリー:

「家庭用プラネタリウム」の画像

もっと見る

「家庭用プラネタリウム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる