「家庭料理」とは?

関連ニュース

一汁六菜で体の中からキレイになる「リバーカフェ」が表参道に出店!シフォンケーキを無料サービスも - 11月21日(火)08:00 

今日は何となくカラダにいいものが食べたいというときに使える、“美味しい健康”がコンセプトのヘルシーカフェが本日、表参道のアップルストア裏路地にオープンしました!「リバーカフェ」は日本古来の一汁三菜をベースに、六菜まで豊富な小鉢を取り揃えた「一汁六菜バランス定食」で知られる大阪 梅田の人気店。ヘルスコンシャス派にぴったりの同カフェが、この度初の東京進出を果たしました♪お肉と野菜がたっぷりの「一汁六菜バランス定食」美味しいだけでなく栄養バランスを考えた「一汁六菜バランス定食」はバラエティ豊かなメニューが魅力で、お値段も1080円からとお手頃。定食のラインナップは、高タンパクでヘルシーな鶏肉を使った「若鶏と季節野菜の黒酢あん定食」(1280円)に「若鶏の竜田揚げ柚子塩ポン酢定食」(1280円)のほか…さっぱりいただける「炙りサーモンとイクラのアボカド丼」(1180円)など、飽きのこないラインナップが勢揃いしています。オープン記念の「ミルキーシフォンケーキ」をプレゼント♡なお本日より12月25日(月)までオープン記念特典として、日本初の生クリーム専門店「MILK」でいちばん人気の「ミルキーシフォンケーキ(プチデザート)」を全定食に無料サービスしてくれるそう。いままで表参道というとリッチなディナーや高級スイーツというイメージでしたが、こういうベーシックな家庭料理が食べられるお店がひとつあると...more
カテゴリー:

リノベーション空間を再現したカフェREISM(リズム) STAND(スタンド)に限定メニューが新登場♪ - 11月17日(金)18:14 

東京23区に特化したリノベーション賃貸ブランド「REISM(リズム)」を展開するREISMが、REISMのリノベーション空間を再現したカフェ“REISM STAND(リズムスタンド)”にて11月8日(水)より、限定メニューとして「厳選宮崎和牛のロースト」と具沢山の「体あったか本格キムチ鍋」を販売開始しました。また、グランドメニューを一部リニューアル。寒くなる季節にぴったりな身体が温まる一品がラインナップしています。活力をリチャージして賢く生きる東京生活を自分らしく、賢く生きるための活力をリチャージできるオープンコミュニティカフェ 「REISM STAND」。「Your Mom’s Cooking Tokyo」をコンセプトに、“身体を温める”食材を使った家庭料理をリチャージ食として提供しています。落ち込んだ時、元気が欲しいときにお母さんの料理を食べて、気持ちがほっこりした、カラダに栄養が染みわたっていくあの体験・記憶を、REISMのスタイリッシュなリノベーション空間で味わえます。そんなREISM STANDから限定メニューが登場します。数量限定!厳選宮崎和牛のローストREISM STANDのオーナーが自ら宮崎へ出向き厳選した、宮崎和牛。柔らかくきめ細かな赤身のランプ肉がミディアムレアで提供されます。お肉本来の旨味が味わえるよう、西洋わさびや粒マスタード、自家製りんごと玉ねぎのソースが...more
カテゴリー:

今度のコマツは博多駅近&ビル地下!ここにしかない格安&ばり旨メニューがずらり - 11月16日(木)22:00 

福岡市を中心に、バルやホテルレストラン、リバーサイドダイニングなど、様々な業態で人気を博している「COMATSU」グループ。2017年夏オープンの「ニューコマツ」(博多デイトス1F)に続く6店舗目が、9月13日にJR博多駅から徒歩すぐの場所にオープンした。店名は、地下にあるから「地下のニューコマツ」(福岡市博多区)と、いたってシンプル。他の系列店にはない魅力を探りに、さっそく地下に潜入! 【写真を見る】肉豆腐温玉のせ(626円)。甘めに味付けした牛肉と豆腐を、まろやかな温泉玉子と一緒に食べる ■ 一日の疲れを癒してくれる、暖かなおふくろの味 店舗ごとにさまざまなジャンルの料理を楽しめる「COMATSU」。ここ「地下のニューコマツ」では、和食をベースにした家庭的な料理が充実している。特に週替わりで登場するおばんざいが好評で、「肉豆腐温玉のせ」や「小松菜としらすの梅ごまあえ」(270円)など、どれも思わずホッとする味わいだ。 料理は、主婦スタッフが考案したレシピをもとに店内で手作り。270円からとリーズナブルでありながらも、しっかりとボリュームがある。店内は連日、仕事帰りのサラリーマンやカップル、大学生と大勢の客で賑わっている。 ■ 飲んべえのツボを得たメニューに、思わずお酒がすすむ! ほかにも、お酒と相性抜群の料理を多数ラインナップ。「大根の唐揚げ 柚子七味」(464円)は、カリッと...more
カテゴリー:

あまった食材5品で作るゴージャスなつくりおきレシピ - 11月16日(木)16:00 

元フレンチの料理人の腕をふるい、家庭の残りモノからゴージャスなおかずを生み出す志麻さん(38)。 「フランスの人は『作る時間より食べる時間』と言い、食事の時間を大切にします。忙しい日本人は食事の時間を削りがちですが、夕食は1日の出来事を家族で話しながら取るほうが幸せ。そのために、1週間分のつくりおきをおススメしているんです」(志麻さん) いま話題の“伝説の家政婦”志麻さん(38)は、フレンチレストランで15年、料理人として働いた後、フランスの家庭料理を学ぶために退職。そして家事代行マッチングサービスの「タスカジ」に登録すると、「冷蔵庫の残りモノで豪華な料理を作ってくれる!」と話題となり、1年足らずで定期契約顧客数ナンバーワンに。著書『志麻さんのプレミアムな作りおき』(ダイヤモンド社)も出版した。 そんな志麻さんが、本誌のために即興料理を披露。今回は肉や野菜に加え、残りモノの定番「マーマレード」「ピーナツバター」「塩昆布」「切り干し大根」「チキンラーメン」の5品を使ってもらった(材料はすべて3〜4人分、時間はすべて目安です)。 ■さつまいものマーマレード煮 【材料】 さつまいも…2分の1 マーマレード…大さじ1〜2 水…300ml 砂糖…小さじ1 【作り方】 (1)さつまいもは皮付きのままくし...more
カテゴリー:

短い北欧の夏を「食」で楽しむ家庭料理。 - 11月11日(土)11:58 

いつだってあったかくて、やさしい、おばあちゃんの手料理。家族をひとつにするその味わい、世界の国々にはどんな“忘れ時の味”があるのでしょう。50カ国の台所から、おばあちゃんの料理を伝えるガブリエーレ・ガリンベルディ(フォトグラファー)によるプロジェクト「In Her Kitchen」。5回目は、北欧スウェーデンの夏の定番料理をご紹介。【スウェーデン】ブリジッタ・フランソン(70歳)ブリジッタおばあちゃんは生粋のスウェーデン人。ストックホルムで生まれ育った彼女は、様々な場所へ旅をした経験があります。新しくできたコンドミニアムの2階にある、きれいで整った家に住んでいます。すべてが限りなく正確に計算され、家具のほとんどが白。たくさんの大きな窓からは、日の光が差し込みます。家に入った時は、IKEAのショールームに迷い込んだかのような印象を受けましたが、キッチンから漂う美味しそうなサーモンの香りがそんな印象をかき消しました。ブリジッタおばあちゃんは、娘さんが昔使っていた部屋を借りているドイツ人留学生ニーナと共に住んでいます。「孫たちは遠くに住んでおり、なかなか会うことができません。ニーナは1年ほど一緒に住んでいて、家族同然。夜、独りぼっちではなく誰かのために料理ができるのはとても嬉しい。ほぼ毎晩一緒にテーブルで夕食をしています。新しく孫ができたみたいで」ポーチドサーモン...more
カテゴリー:

余録:1人用、1回分に小分けした鍋のつゆ、焼き肉の… - 11月20日(月)00:01 

 1人用、1回分に小分けした鍋のつゆ、焼き肉のたれ、ご飯のおとも……。スーパーの棚にいつからこうも増えたのかと驚くほどだ。食卓に「個食」「孤食」と呼ばれる風景が広がったせいだろう▲こちらの料理も5人分から始まったが、やがて4人分になり、今では2人分の時も多い。NHKの長寿番組「きょうの料理」のレシピだ。1957年の放送開始から今月で60周年を迎えた。紹介する料理は視聴者のニーズを反映してきた▲79年、番組の講師に抜てきされたのは料理研究家の小林カツ代さんだ。働く女性が増えてきた時代。今でいう「時短メニュー」のはしりのころである。彼女のレシピには三つの約束事があったという。「おいしくて、早くて、安い」「特別な材料は使わない」「食卓にはユーモアがないといけない」(中原一歩<なかはらいっぽ>著「小林カツ代伝」)▲小林さんはこう言っていたという。「(家庭料理は)家族全員で食事を終えたとき、ああ、おいしかった、この献立、今度はいつ食べられるかなって家族に思ってもらえる必要がある」。家族のリクエストが家庭の味になっていった▲同書には小林さんの詩が紹介されている。<らくらくと らくらくと 料理作りができたなら 人生どんなにらくでしょう 苦しいことや つらいこと いっぱい いっぱいあるなかで せめて日々のお料理は 底抜けに明るく 楽しく作りたい-->▲レシピには処方箋という意味もある。寂しい食卓の...more
カテゴリー:

さっぱりとした家庭の味「けんちん汁」 - 11月17日(金)14:10 

11月16日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、手軽に登山が楽しめる「鎌倉アルプス」と近場のおすすめスポットを特集した中で、「鎌倉五山・別館」(神奈川県鎌倉市)が紹介された。 建長寺の眼前に店を構える同店では、地域の家庭料理を味わうことができる。 席についた渡辺正行さん、大島麻衣さんが運ばれて来たお椀の蓋を開くと、野菜を中心とした具材たちが泳ぐ汁物が現れる。玉子と三つ葉で見た目を美しく整えられたこの家庭料理は「けんちん汁」(600円/税込み)。 このお店ではゆずなどを加えたさっぱりとした味わいが特徴。お椀を傾ける大島麻衣さんも「あっ、ほんとだ、本当にさっぱり」と声をあげ「美味しい! ゴマ油の香りも…」とコメント。つづいた渡辺正行さんも「魚介のスープであっさりと…ああ、美味しい!」と家庭の味に満足した様子。かつおダシを使っていると聞いた大島麻衣さんは、改めて「これは飲みやすい!」と感嘆の声を漏らした。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:かまくら五山別館(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:鎌倉のお店紹介・同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介・ぐるなび検索:鎌倉×和食のお店一覧・30種類の野菜が味わえるパフ...more
カテゴリー:

伝説のフレンチ家政婦語る残りモノで献立を決める3原則 - 11月16日(木)16:00 

「フランスの人は『作る時間より食べる時間』と言い、食事の時間を大切にします。忙しい日本人は食事の時間を削りがちですが、夕食は1日の出来事を家族で話しながら取るほうが幸せ。そのために、1週間分のつくりおきをおススメしているんです」 こう語るのは、いま話題の“伝説の家政婦”志麻さん(38)だ。フレンチレストランで15年、料理人として働いた後、フランスの家庭料理を学ぶために退職。そして家事代行マッチングサービスの「タスカジ」に登録すると、「冷蔵庫の残りモノで豪華な料理を作ってくれる!」と話題となり、1年足らずで定期契約顧客数ナンバーワンに。著書『志麻さんのプレミアムな作りおき』(ダイヤモンド社)も出版した。 志麻さんは、冷蔵庫にある食材を使って1週間分、10〜15品もの料理を作る。あまりがちな食材も見事に使いこなし、滞在時間3時間のなかで、メニュー考案から後片付けまで終了するのだ。そんな、志麻さんが残りモノで献立を決める3原則を教えてくれた。 【1】冷蔵庫にある肉・魚で「主菜」決め 【2】「副菜」はメイン食材以外を似たもので代用 【3】ジャムやあまり調味料の『ソース』で味に変化 「まず、食材とあまり調味料を取り出して並べ、メニューを考えます。あまりがちなジャムやピーナツバターは野菜に加えるとコクが出るので便利です。時短のコツは、料理に使う野菜を最初に全部切...more
カテゴリー:

倒産危機の老舗和菓子屋を救った「桔梗信玄餅」の奇跡 - 11月16日(木)04:30 

山梨の定番みやげとして誰からも愛されている「桔梗信玄餅」。最近では桔梗信玄餅シリーズとしてプリンやケーキを売り出したり、定期的に行う「信玄餅詰め放題」でも大きな話題を呼んでいます。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。今回は、伝統と新しさが不思議とマッチした「桔梗信玄餅」の歴史と、その人気の秘密をご紹介します。 老舗菓子店が挑む常識破りのベンチャー魂・桔梗屋 東京駅の地下にある「諸国ご当地プラザ」には全国各地のおみやげが取り揃っている。この店の売上げナンバーワンが巾着袋に入った山梨の「桔梗信玄餅」。発売から50年経つ超ロングセラーだ。きな粉をタップリまぶした餅に特製の黒蜜をかけて食べる、素朴なお菓子。JR東日本の「おみやげグランプリ2017」でも、みごとお菓子部門の金賞に輝いた。 人気のお菓子を作っている桔梗屋は山梨県笛吹市にある。朝5時半。桔梗屋の本社兼工場に続々と人が集まり、大行列ができていた。 お目当ては「信玄餅」の詰め放題。観光客に人気のイベントとなっている。あまりにも人数が多いため、整理券を配布する。この日は220人分用意されたが、わずか10分でなくなった。ビニール袋に詰め放題の参加費はわずか220円。安さの秘密は、消費期限がこの日までだからだ。 桔梗屋の工場は山梨屈指の観光スポット。年間160万人がやってくる...more
カテゴリー:

【テレビ】『きょうの料理』の神回再び! 土井善晴先生の「塩むすび」再登場が話題に - 11月10日(金)18:27  mnewsplus

11月4日、NHK Eテレの料理番組『きょうの料理』が、放送開始60周年を迎えた。そして同日、『祝60歳 きょうの料理 伝説60』と題する記念番組を放送。料理研究家の土井善晴先生(60)が紹介した「伝説のレシピ」が、ファンを喜ばせたようだ。 『きょうの料理』は、60年間で4万点以上のレシピを紹介してきた長寿番組。今回の記念番組では、特に人気の高かったレシピを振り返る企画が放送された。  その大トリとして登場したのが、土井先生。同番組における伝説の“神回”といわれている「塩むすび」のレシピを再び...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「家庭料理」の画像

もっと見る

「家庭料理」の動画

Wikipedia

家庭料理(かていりょうり)とは、一般家庭で日常的に作られ、食べられている料理のこと。

概要

家庭料理は、ありていに言えばおふくろの味に代表される素朴な料理群だが、さらに言えば地域色色濃い郷土料理を含む。日本では和食に加え洋食中華料理など、家庭内で調理されるものを「家庭料理」と呼ぶ。

世界的にみれば、やはり郷土料理に始まり、物流やメディアの発達にも伴って様々な近隣地域の食文化が混在する傾向も見られ、これらは食文化の内の最も大衆的な部分を占めている。ただ、インスタント食品など簡便で調理済みの食品群は先進各国で盛んに用いられる傾向が強いが、これのみを利用して食卓を幾ら盛り立てたとしても、これは家庭料理の範疇には含み難い。購入してきて家庭内で食するものは中食(なかしょく)と呼び、家庭料理とは区別される。

家庭料理は、家庭内で料理して家族で食卓を囲む(→一家団欒)際に食べられているものであるた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる