「宮藤官九郎」とは?

関連ニュース

『ドクターX』第2話は19.6% 岸部一徳のベーシストいじりに沸く - 10月20日(金)10:15 

 女優の米倉涼子が主演するテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)の第2回が19日、15分拡大で放送され、番組平均視聴率が19.6%だったことがわかった。初回の20.9%に続いて、高視聴率を獲得(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。第2話は、エンディングで麻雀をしながら「ベーシストって潰しきかなそう」と、大門未知子(米倉)や城之内博美(内田有紀)が話題にしているのを、神原晶(岸部一徳)がなんとも言えない苦々しい表情で聞いている姿を話題にするファンでSNSが沸いた。 【場面写真】第3話、いまどきの幼稚園児に囲まれて未知子は…  ゆとり世代の若手外科医・伊東亮治(野村周平)がバンドをやっていて、ベーシストであることから、「潰しきかなそう」発言に至ったのだが、これは岸部自身がベーシストで、1960年代のGS(グループサウンズ)の人気バンド、ザ・タイガースでもベーシストとして活躍していたこととつながっている。  第2話は、時事ネタ満載だった初回から一転。「ゆとりですが、何か?」と、宮藤官九郎脚本のドラマのタイトルを引用しながら、組織のことなど我関せず…、院長回診をすっぽかし、空いた時間にスマホでゲーム(『ぷよぷよ!!クエスト』がチラリと登場)、サンドイッチに醤油をかけまくるなど、我が道を貫くゆとり世代の若手医師たちをフィーチャーしながら、その...more
カテゴリー:

『逃げ恥』『カンナさん』枠でクドカンが挑む“おばさん犯罪ドラマ”が痛快 - 10月18日(水)19:37 

脚本・宮藤官九郎×主演・小泉今日子の最強タッグでスタートしたばかりの新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)。5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”だ。『逃げるは恥だが役に立つ』を筆頭に、『カルテット』『あなたのことはそれほど』『カンナさーん!』と、ヒット作を次々と生み出してきた「火曜ドラマ」枠の最新作。女性をターゲットにした作品を描いているのはこれまでと同様だが、アラサー女性の生き方や活躍が目立ったのに対し、今作は“おばさんの犯罪”がテーマ。リアルでコミカルな人物設定、雑談のように見えて実は練られている台詞の応酬が印象的なクドカンの脚本とあって、「観なきゃ♪」「今から楽しみ」「キャスティングがすごい」「クドカンは面白いからなー」と、事前の期待度も断トツだった。クドカンと言えば、『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』といった若者向けの作品が有名。「火曜ドラマ」の「女性」という軸はぶれることなく、「おばさん」「女子刑務所」という捻りのきいた舞台に設定した理由について、クドカンは「今『木更津キャッツアイ』のテンポ感でドラマを作ろうと思ったら、若者よりおばちゃんの方が俄然しっくり来る。早口だし、声が大きいし、他人の話を聞かないし、同じことを何度も言うし。暴力的な速度と有り余...more
カテゴリー:

『逃げ恥』『カンナさん』枠でクドカンが挑む“おばさん犯罪ドラマ”が痛快 - 10月18日(水)19:30 

脚本・宮藤官九郎×主演・小泉今日子の最強タッグでスタートしたばかりの新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)。5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“お…
カテゴリー:

小泉今日子が誘拐犯に!? ワケありおばさんを熟演【視聴熱】 - 10月18日(水)18:55 

「監獄のお姫さま」(毎週火曜夜10:00-10:54、TBS系)の第1話が10月17日に放送され、「視聴熱(※)」デイリーランキングで7705pt(ポイント)を獲得、ドラマ部門第1位にランクイン。主演・小泉今日子、脚本・宮藤官九郎で送る話題の“火10”枠ドラマが好発進でスタートした。 【写真を見る】伊勢谷友介は民放連続ドラマ初出演。満島ひかりは冷徹な刑務官を演じる/(C)TBS ■ これは“おばさん版”木更津キャッツアイだ! 宮藤官九郎が脚本を務める「監獄のお姫さま」は、刑務所の中でたくましく生きる女性たちを描く“クライムエンターテインメント”。10月17日の第1話では、クリスマスイブ、カリスマ経済アナリストとして有名な勝田千夏(菅野美穂)とイケメン社長として人気を集める板橋吾郎(伊勢谷友介)は、テレビ番組にゲスト出演。その収録中にADが出したカンペに“息子が誘拐された”と書いてあり吾郎は驚く。じつは、スタジオに入り込んだ馬場カヨ(小泉今日子)がすり替えたものだった。一方、吾郎の息子を誘拐しようとするカヨたちだは、大門洋子(坂井真紀)が違う子を連れてきてしまい大混乱。どうすればいいかわからず若井ふたば(満島ひかり)に泣きつくが――。 “宮藤官九郎節”が光るストーリーに「これはおばさん版木更津キャッツアイだー やったー 幸せだー うれしいー」「最高かよ!まだ謎だらけだがクドカンが散...more
カテゴリー:

押切もえ『監獄のお姫さま』本人役で出演!女子刑務所の作業服をプロデュース - 10月18日(水)14:24 

脚本・宮藤官九郎×主演・小泉今日子の最強タッグでスタートしたばかりの新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)。この度、モデルの押切もえが、10月24日に放送される第2話にゲスト出演することが発表された。本作は、5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”。主人公の女囚・カヨ(小泉)が、冤罪で服役している江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のため、刑務官の若井ふたば(満島ひかり)、囚人仲間の勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)と、出所後にある大企業のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐する。第1話では、刑務所から出たカヨたちが、吾郎を誘拐するまでのくだりが描かれたが、第2話ではその6年前、彼女たちがまだ服役している時のストーリーが展開される。この刑務所の所長・護摩(池田成志)は、テレビ受けを狙った“意識高い系”の刑務所を目指し、次々と奇策を導入。その一つが、アクティブで斬新な“ジェイルウェア”(作業服)の採用だ。押切は、このジェイルウェアをデザインした本人役として登場。カヨらが作業シーンで着ている、鮮やかなグリーンが印象的なジェイルウェアに注目だ。押切は「ドラマや映画、舞台など、以前からいろんな作品を毎回楽しませていただいている宮藤官九郎さんの作品で、さらに憧れの小泉さんが主演される『...more
カテゴリー:

【ドラマ】"満島ひかり" 「しゃべるな、クズ!」に痺れる視聴者続出 - 10月19日(木)06:00  mnewsplus

2017年10月18日 19時13分 満島ひかりの「しゃべるな、クズ!」に痺れる視聴者続出  17日より宮藤官九郎脚本、小泉今日子主演のTBS火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(夜10:00~)がスタートとなり、元刑務官・若井ふたばにふんした満島ひかりが「かっこいい」と話題になっている。(以下、ネタばれあり)  第1話は、クリスマス・イブ、イケメン社長として人気の板橋吾郎 (伊勢谷友介)がバラエティー番組(司会は爆笑問題)に出演しているシーンからスタート。何とADが出したカンペに「息子が誘拐された」とあり、動揺して収録中に...
»続きを読む
カテゴリー:

『逃げ恥』『カンナさん』枠でクドカンが挑むおばさん犯罪ドラマが痛快 - 10月18日(水)19:30 

脚本・宮藤官九郎×主演・小泉今日子の最強タッグでスタートしたばかりの新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)。5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”だ。『逃げるは恥だが役に立つ』を筆頭に、『カルテット』『あなたのことはそれほど』『カンナさーん!』と、ヒット作を次々と生み出してきた「火曜ドラマ」枠の最新作。女性をターゲットにした作品を描いているのはこれまでと同様だが、アラサー女性の生き方や活躍が目立ったのに対し、今作は“おばさんの犯罪”がテーマ。リアルでコミカルな人物設定、雑談のように見えて実は練られている台詞の応酬が印象的なクドカンの脚本とあって、「観なきゃ♪」「今から楽しみ」「キャスティングがすごい」「クドカンは面白いからなー」と、事前の期待度も断トツだった。クドカンと言えば、『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』といった若者向けの作品が有名。「火曜ドラマ」枠の「女性」という軸はぶれることなく、「おばさん」「女子刑務所」という捻りのきいた舞台に設定した理由について、クドカンは「今『木更津キャッツアイ』のテンポ感でドラマを作ろうと思ったら、若者よりおばちゃんの方が俄然しっくり来る。早口だし、声が大きいし、他人の話を聞かないし、同じことを何度も言うし。暴力的な速度と有り...more
カテゴリー:

星野源&生田斗真、2人そろって「タイトスカートが好き!」【視聴熱】10/17デイリーランキング - 10月18日(水)19:05 

Webサイト「ザテレビジョン」では、10月17日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 小泉今日子主演の「監獄のお姫さま」がドラマ部門で1位を獲得 ■ 人物ランキング 星野源ラジオに生田斗真が出演で仲の良さ全開トーク 1位 嵐/2位 星野源/3位 東方神起 星野源…「星野源のオールナイトニッポン」に生田斗真が登場。映画「先生!―」(10/28土公開)の番宣で出演した生田だが、「(番宣じゃなく)源ちゃんに会いにきたよ!」と冒頭から仲の良さが感じられる展開に。2人が共演したドラマ「アキハバラ@DEEP」('06年TBS系)当時の思い出話などを披露した。また、2人共「タイトスカートが好き」などフェチ話などでも盛り上がった。 ■ ドラマランキング “クドカン”脚本のドラマが首位に!  1位 監獄のお姫さま/2位 わろてんか/3位 明日の約束 監獄のお姫さま…10月17日の第1話では、クリスマスイブ、カリスマ経済アナリストとして有名な勝田千夏(菅野美穂)とイケメン社長として人気を集める板橋吾郎(伊勢谷友介)は、テレビ番組にゲスト出演。その収録中にADが出したカンペに“息子が誘拐された”と書いてあり吾郎は驚く。実は、スタジオに入り込んだ馬場カヨ(小泉今日子)がすり替えたものだった。一方、吾郎の息子を誘拐しようとするカヨたちだは、洋子(坂井真紀)が違う子を連れてきてしまい大混乱。どうす...more
カテゴリー:

おばさん版『木更津キャッツアイ』? 『監獄のお姫さま』初回にネット大興奮 - 10月18日(水)15:00 

(画像は公式サイトのスクリーンショット)小泉今日子主演、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第一話が17日に放送された。「おばさん犯罪エンターテイメント」を掲げる本作は、当サイトでも放送前から注目。気になる第一話の内容は、目の肥えたドラマファンたちを十二分に歓喜させるものだったようだ。■遊び心最高な『サンジャポ』幕開け22時になった瞬間、テレビに写ったのは『サンデー・ジャポン』(TBS系)のスタジオ。司会の爆笑問題や、お馴染みのゲストの姿もあり……と、よく見るとその中には板橋吾郎役の伊勢谷友介と、勝田千夏役の菅野美穂の姿が。「番組内番組」で始まった作品と言えば、同局が昨年生んだ大ヒット作品『逃げるは恥だが役に立つ』が思い出されるが、『監獄のお姫さま』の場合は『情熱大陸』ではなく『サンジャポ』のようだ。このように遊び心満載なスタートとなった本作。馬場カヨ(小泉今日子)ら元女囚たちが手を組み、板橋の息子・勇介(前田虎徹)を誘拐して、とある事件の真相解明に向けて動き出した。■それは「爆笑ヨーグルト姫事件」馬場カヨたちが真相解明に向けて動いているのは通称「爆笑ヨーグルト姫事件」。もともと、板橋が代表を務める「EDOミルク」は「江戸川乳業」という家族経営の企業で、社長のポストをめぐって、娘のしのぶ(夏帆)派と、叩き上げの副社長である板橋派で対立してい...more
カテゴリー:

押切もえ『監獄のお姫さま』本人役で出演!女子刑務所の作業服をプロデュース - 10月18日(水)14:21 

脚本・宮藤官九郎×主演・小泉今日子の最強タッグでスタートしたばかりの新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)。この度、モデルの押切もえが、10月24日に放送される第2話にゲスト…
カテゴリー:

もっと見る

「宮藤官九郎」の画像

もっと見る

「宮藤官九郎」の動画

Wikipedia

宮藤 官九郎(くどう かんくろう、1970年7月19日 - )は、日本脚本家俳優作詞家作曲家放送作家映画監督演出家ミュージシャン濡れ場評論家似顔絵イラストレーター。本名、宮藤 俊一郎(くどう しゅんいちろう)。宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)出身。劇団大人計画所属。

愛称は「クドカン」「くんく」「クン」。及川光博からは「カンクちゃん」...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる