「宮藤官九郎」とは?

関連ニュース

浅野忠信、1人カラオケでエレカシ熱唱!「幼な子われらに生まれ」本編映像公開 - 08月22日(火)08:00 

 浅野忠信と田中麗奈が夫婦役を演じ、直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説を実写映画化した「幼な子われらに生まれ」の新たな本編映像が、公開された。浅野演じる主人公の中年サラリーマン・信が1人カラオケでストレス発散をはかるシーンを切り取っている。 ・「幼な子われらに生まれ」本編映像はこちら!  バツイチ同士で再婚した信と妻の奈苗(田中)。奈苗の妊娠を機に、奈苗の連れ子である長女が「本当のパパに会いたい」と訴えたことから、家族に不協和音が生じ始める。「しあわせのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子監督がメガホンをとり、宮藤官九郎、寺島しのぶらが脇を固める。  会社で出向を命じられ、望んでいない倉庫作業を強いられるなど仕事面でも壁にぶち当たった信。家庭にも職場にも居場所がなくなった信は、ふと思い立ち1人でカラオケボックスに立ち寄る。映像では、エレファントカシマシの「悲しみの果て」を熱唱し、外に出せない感情をぶつける姿が描かれている。信の孤独感があらわになると同時に、ワイシャツにネクタイ姿のまま直立不動で歌い、音量を微調整する姿が笑いを誘う内容となっている。  浅野は、本作について「一見この話は信が苦難を乗り越えて、父親として変わっていく話に思えるけど、そうではない。信が変わるのではなく、信に関わる人たちが変わっていく話だ、と僕は思ったんです」と語っている。  「幼な子われら...more
カテゴリー:

長瀬智也「ごめん、愛してる」5話。捨てられても虐待されても子は母を求めるもの - 08月20日(日)11:00 

長瀬智也主演、TBS日曜劇場『ごめん、愛してる』。余命わずかな男が、自分を捨てた母親の愛を求めて苦しみもがく物語だ。先週放送された第5話の視聴率はじわっと上がって9.4%。数字のとおり、見ごたえのある話だった。(サウンドトラック)言葉と行動が矛盾している主人公「俺の命は残り少ないそうだ。なので、一日一日を大切に、目標を持って生きることにした。一日一回はいいことをする。そして、家族とうまい飯を食う。家族ってのは、俺を産んだ女でも、孕ませた男でもねぇ。俺のそばにいる、俺が大事だと思っている人間だ」突然、鼻血を出すなど、さまざまな症状が出始める律(長瀬智也)。自分を見つめ直し、自分の周囲の人たちと一緒にいる時間を大切にしようと考える。彼が言う家族というのは、「若菜、魚、それとボケチンだ」。音だけ聞くと『ギャートルズ』みたい。しかし、律の言葉は、行動と矛盾している。言葉のとおりの考えなら、自分を捨てた生みの親である麗子(大竹しのぶ)への執着を断ち切り、サトル(坂口健太郎)の運転手としての仕事をこなしつつ、若菜(池脇千鶴)親子やボケチン……じゃなくて凜華(吉岡里帆)との毎日を楽しく過ごせばいい。それでも、律は麗子への執着を隠せない。視線は麗子を追い、麗子のピアノに聞き惚れる。「子どもって、母親が恋しいんですよ。いくつになっても、たとえ自分を捨てた母親でもね。いつか会いたい、甘えたいって思いな...more
カテゴリー:

鶴瓶、石原さとみとスウェーデン人母の交換条件にタジタジ - 08月16日(水)12:03 

8月15日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)は、「その後が気になるSP」と題し、これまで街でインタビューしてきた人たちの“その後”を取材。そこで、以前登場したスウェーデン人の男性が再び登場した。同番組は、街行く人々の何気ない日常会話の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様をきっかけに、MCの笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。以前、2016年11月に宮藤官九郎がゲスト出演した際、笹塚のコインランドリーで出会ったスウェーデン人の男性、アンダース・ジョンソンさん(28歳)にインタビュー。来日して4年目で、日本語を覚え異国での生活を楽しんでいるというアンダースさん。日本に来た理由を「冒険したかったから」と明かし、「再来週、名古屋に行く予定」だと言う。東京のクラブで出会った女性に会いに行くらしく、「クラブは暗いから、本当に可愛いかどうかはわからない。メイクの技術もあって、騙されやすい。でも、LINEの連絡先を交換して、翌日送られてきた写真を見たら、期待していたより可愛かった。名古屋に行くに値する」と話していた。そんなアンダースさんは現在も冒険をしているのか気になり、鶴瓶が中継を繋いで直接インタビュー。「美人をナンパするより、鶴瓶さんと話す方が緊張する」と明かしたアンダースさん。「日本の女の子のどんな...more
カテゴリー:

【芸能】「キンチョール」ラジオCMのJK女優・野田琴乃 初の生声披露にネット大興奮 - 08月16日(水)10:48  mnewsplus

「キンチョール」ラジオCMのJK女優・野田琴乃 初の生声披露にネット大興奮 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000086-spnannex-ent 殺虫剤「キンチョール」のラジオCM出演で話題を集める現役女子高生女優の野田琴乃(16)が15日、MBSラジオ「子守康範 朝からてんコモリ!」(月~金曜前5・00)で初めて生声を披露した。パーソナリティーの子守康範(56)を相手にCMの世界観を完璧に再現。番組に歓喜メールが殺到する大反響となった。  昨夏と今夏に...
»続きを読む
カテゴリー:

伊勢谷友介、異物扱いで『監獄のお姫さま』出演決定も「ハマり役」と期待の声 - 08月15日(火)21:00 

2017年8月14日に、俳優の伊勢谷友介(41)が、10月に放送開始するドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)に出演することが分かった。 『監獄のお姫さま』は人気脚本家の宮藤官九郎(47)が脚本を担当。既に小泉今日子(51)や、満島ひかり(31)、森下愛子(59)らの出演が決定している。 伊勢谷は今作で、地位と名声、出世欲のある極悪なイケメン社長を演じる。宮藤は伊勢谷にオファーした理由に、伊勢谷がもつ「異物感」をあげ、非現実的でギラギラした野心の塊、いわば美しすぎる悪を演じるのに最適だと思ったとのこと。 今作が伊勢谷の民放連ドラ初出演となり、伊勢谷はドラマへの意気込みを「世の中で最悪の人を演じさせていただきます。民放初の連続ドラマですのでちょっとはいい人の役でもよかったかなと思いつつも、現在41歳で悪者顔しているのでおそらくハマるのではないかと思います」と語っている。 伊勢谷の民放連ドラ初出演に、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。 ◆脚本もキャストも豪華!放送が楽しみ! Yahoo!ニュースのコメント欄には、このような声が寄せられている。 「キャストで見たいと思ってしまったわ!見る見る!」 「キャストも豪華だし脚本クドカンだし楽しそう。今から楽しみ!」 「確かにギラギラしてる。クドカンさんだから期待してしまう」 「民放の連ドラに出演経験が無かった事が意外。もっと若...more
カテゴリー:

【芸能】伊勢谷友介が民放連ドラ初出演 長澤まさみとの「破局」確定か - 08月21日(月)16:43  mnewsplus

10月から始まる小泉今日子主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)に、俳優の伊勢谷友介が出演する。 伊勢谷が民放の連続ドラマに出演するのは初めてのことで、過去に殺人を犯した会社社長を演じる。 伊勢谷は過去に、大河ドラマ2作品を含むNHKの3作品にしか、連続ドラマへは出演したことがない。 その理由について、「いままでは、おそらくひとりの時間が欲しかったんでしょうね。それがもう、皆さまと一緒に過ごしたくなったんでしょうか」とコメントした。 伊勢谷へ出演のオファーしたのは、脚本を手掛けた宮藤官九郎氏で...
»続きを読む
カテゴリー:

第2のガッキーと話題の南沙良。初演技はベテラン勢を超えるインパクト! - 08月19日(土)09:39 

事務所の先輩・新垣結衣に次ぐスター候補として注目を浴びる雑誌nicolaの専属モデル、南沙良。現在15歳の彼女が『幼な子われらに生まれ』(8月26日公開)に出演し、とても演技初挑戦とは思えない、存在感を放っている。 【写真を見る】南沙良演じる薫は血のつながらない信のことを父親として認めようとしない/[c]2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会 南が演じる薫は、主人公・信(浅野忠信)の再婚相手(田中麗奈)の連れ子姉妹の姉。自分という存在がいながらも、信が元妻との子・沙織(鎌田らい樹)と会っていることが気にくわない。さらに母親の妊娠が発覚し、両親の愛が生まれてくる子に移ってしまうのではないかという不安も抱く。 やがて薫は、実の父・沢田(宮藤官九郎)と会いたいと言って信を困らせたり、「このウチ、嫌だ」「こんな人、家族じゃない」と母親にヒステリックに当たり散らしたりと、反抗期まっただ中な微妙な年ごろの少女をリアルに体現している。 三島有紀子監督は「素直に気持ちをぶつけ合ってほしかったから、リハーサルをせずに『(信から)こう言われたら、(薫だったら)どう答えたくなる?』と聞いてから、浅野さんを呼んで撮影しました」と、嘘偽りのないリアルな感情がこもったシーンの秘密を説明。しかも、ほとんどのシーンが1テイクで撮影されているという。 浅野のみならず、田中や宮藤や、信の元妻役の寺島しのぶらベテラ...more
カテゴリー:

鶴瓶、石原さとみとスウェーデン人母の交換条件にタジタジ - 08月16日(水)12:00 

8月15日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)は、「その後が気になるSP」と題し、これまで街でインタビューしてきた人たちの“その後”を取材。そこで、以前登場したスウェーデン人の男性が再び登場した。同番組は、街行く人々の何気ない日常会話の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様をきっかけに、MCの笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。以前、2016年11月に宮藤官九郎がゲスト出演した際、笹塚のコインランドリーで出会ったスウェーデン人の男性、アンダース・ジョンソンさん(28歳)にインタビュー。来日して4年目で、日本語を覚え異国での生活を楽しんでいるというアンダースさん。日本に来た理由を「冒険したかったから」と明かし、「再来週、名古屋に行く予定」だと言う。東京のクラブで出会った女性に会いに行くらしく、「クラブは暗いから、本当に可愛いかどうかはわからない。メイクの技術もあって、騙されやすい。でも、LINEの連絡先を交換して、翌日送られてきた写真を見たら、期待していたより可愛かった。名古屋に行くに値する」と話していた。そんなアンダースさんは現在も冒険をしているのか気になり、鶴瓶が中継を繋いで直接インタビュー。「美人をナンパするより、鶴瓶さんと話す方が緊張する」と明かしたアンダースさん。「日本の女の子のどんな...more
カテゴリー:

キレる浅野忠信に妻田中麗奈は涙目…「幼な子われらに生まれ」夫婦バトル映像公開 - 08月16日(水)08:00 

 浅野忠信と田中麗奈が夫婦役を演じ、直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説を実写映画化した「幼な子われらに生まれ」の本編映像が公開された。 ・「幼な子われらに生まれ」本編映像はこちら!  バツイチ同士で再婚した中年サラリーマンの信(浅野)と妻の奈苗(田中)。奈苗の妊娠を機に、連れ子である長女が「本当のパパに会いたい」と訴えたことから、家族に不協和音が生じ始める。「しあわせのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子監督がメガホンをとり、宮藤官九郎、寺島しのぶらが脇を固める。  映像では、家庭も仕事もうまくいかずストレスを溜め込む信が、ついに爆発する瞬間を切り取っている。内なる苦しみを取り除くどころか、「病院で妊娠高血圧症と言われた」と悩みの種を増やし判断を仰ぐ奈苗に、信は「自分の体に色々なことが起きるんだったら、それはもう堕(お)ろすしかないでしょ」と苛立ちをぶつける。奈苗は目に涙を浮かべて「嫌よ」と首を振るが、信は「ずっと考えてるけど、今だったら俺たちきれいに別れられると思う。だから、子ども堕ろして別れよう」と自分に言い聞かせるように早口でまくしたて、ため息をついて対話を拒絶する。本作では即興を織り交ぜた演出方法が採用されており、浅野と田中の生々しい演技が見る者をひりつかせる内容となる。  浅野は撮影中、役柄同様に不安定な気持ちを抱えていたというが、三島監督は「全部、結果に...more
カテゴリー:

伊勢谷友介、民放連ドラ初出演! 宮藤官九郎ドラマでイケメン社長に - 08月15日(火)16:30 

 俳優の伊勢谷友介が、宮藤官九郎が脚本を手掛ける10月スタートのTBS火曜ドラマ『監獄のお姫さま』に出演することがわかった。5人の女に誘拐されるイケメン社長役で民放の連ドラ初出演を飾る伊勢谷は「悪者顔しているのでおそらくハマるのではないかと思います(笑)」と語っている。【関連】「伊勢谷友介」フォトギャラリー 本作は、馬場カヨ(小泉今日子)、若井ふたば(満島ひかり)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)、勝田千夏(菅野美穂)の5人の女たちが、大企業のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷)を誘拐する“おばちゃん犯罪エンターテインメント”。 5人は前社長の娘・江戸川しのぶ(夏帆)の冤罪を晴らすため、板橋が過去に犯した殺人の真相を暴こうとするものの、様々なハプニングを通じてパニックに陥ることに…。伊勢谷のほか、観察力に優れた優秀な検事・長谷川信彦役で塚本高史、女子刑務所所長・護摩はじめ役で池田成志、小泉が演じるカヨや坂井が扮する洋子と同じ雑居房の受刑者・小島悠里役で猫背椿が出演することも明らかになった。 5人の女たちに復讐されるイケメン社長役で民放の連ドラ初出演となる伊勢谷は、「今までは、おそらく一人の時間が欲しかったんでしょうね。それがもう皆様と一緒に過ごしたくなったんでしょうか。中々新しい刺激って無いものですが、今まで民放で連続ドラマをやらせていただいたことがなかったので、逆に今までに...more
カテゴリー:

もっと見る

「宮藤官九郎」の画像

もっと見る

「宮藤官九郎」の動画

Wikipedia

宮藤 官九郎(くどう かんくろう、1970年7月19日 - )は、日本脚本家俳優作詞家作曲家放送作家映画監督演出家ミュージシャン濡れ場評論家似顔絵イラストレーター。本名、宮藤 俊一郎(くどう しゅんいちろう)。宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)出身。劇団大人計画所属。

愛称は「クドカン」「くんく」「クン」。及川光博からは「カンクちゃん」...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる