「宮藤官九郎」とは?

関連ニュース

邦画シーンの大人映画ニーズに応えた韓国映画 - 03月24日(金)08:10 

 この3月、気鋭の若手監督が手がけた韓国映画3本が相次いで日本公開され、映画シーンをにぎわせている。カンヌ国際映画祭での受賞のほかハリウッドでも活動するパク・チャヌク監督の『お嬢さん』(公開18日間で興収3500万円)。國村隼が出演し、韓国の権威ある青龍映画賞で外国人として初受賞したことでも話題になったナ・ホンジン監督の『哭声/コクソン』(公開10日間で興収2600万円)。新鋭キム・ソンス監督が2大スター(チョン・ウソンとファン・ジョンミン)を迎えて圧倒的な人間の“悪”を描いた『アシュラ』(非公表)。それぞれ10数館ほどの公開だが、スクリーンあたりの動員数は非常に高く、話題性も伴っていることからロングランを続けそうな気配だ。 【写真】釜山映画祭で地元の映画ファンに囲まれる國村隼の人気ぶり ◆若者向け人気漫画実写の大作ばかりが話題になる邦画シーン  ここ数年、韓国映画は日韓の社会情勢などからテレビをはじめとしたマスメディアでの露出がすっかり減り、パブリシティは映画媒体か一部のWEBメディアに限られ、シネフィルと呼ばれる映画好きのなかには韓国映画ファンは多いものの、なかなか一般層にリーチするヒットが出にくくなっていた。そんななか、國村隼が韓国で高い評価を受けたこととともに、ジャンル分けが難しいオカルトチックなクライムサスペンスという特異な作品内容も関心を引き、一般紙やスポーツ紙の...more
in English
カテゴリー:

まだ明らかになっていない謎も 今夜最終回のドラマ「カルテット」ストーリーを振り返る - 03月21日(火)15:58 

 大人の恋とサスペンスを描くTBSのドラマ「カルテット」が今夜最終回を迎えます。真紀のいなくなったカルテットドーナツホールはどうなってしまうのか――。気になる最終回を前にストーリーや伏線を振り返ります。 【拡大画像や他の画像】 以下、これまでのストーリーに関するネタバレが含まれています。ご注意ください。  ストーリーは軽井沢の別荘で共同生活をする30代の男女4人を中心に描かれており、毎週ちりばめられる謎を追うサスペンス要素と、シェアハウスでの恋模様を描く恋愛要素がうまく絡み合い、ミステリー仕立てのラブストーリーになっています。 ●ストーリーのテーマは不可逆? から揚げレモンに隠された秘密  バイオリン奏者の巻真紀(松たか子)、チェロ奏者の世吹すずめ(満島ひかり)、ビオラ奏者の家森諭高(高橋一生)、バイオリン奏者の別府司(松田龍平)は、アマチュアの演奏家。ある日、偶然カラオケボックスで知り合った4人は意気投合し、弦楽四重奏のカルテット「ドーナツホール」を結成することに。  その後、真紀は夫が失踪していること、すずめは幼少期に超能力少女として詐欺に加担させられていたこと、諭高は謎の男に追われていること、司と真紀が出会ったのは偶然ではなかったことなど、全員が何らかの事情を抱えていることが明らかになりました。  第1話から第5話までの第一幕では、真紀が失踪中の夫・巻幹生(宮藤官九郎)を殺し...more
in English
カテゴリー:

新種のダメ男!? 「カルテット」のクドカンみたいな言えない男が増えている - 03月21日(火)09:02 

 ドラマ『カルテット』(TBS系列)が話題だ。初回放送からストーリーに何かと伏線が多く、WBC中継で放送が23時スタートになろうとも、リアタイ視聴者がSNSで大騒ぎ。人気ぶっちぎりのまま3月21日(火)に最終回を迎える。  特に早乙女真紀(松たか子)と巻幹生(宮藤官九郎)が演じた夫婦のすれ違いについては反響が大きかった。既婚者は「すれ違ってしまうのは…分かる」「切ない」と共感をしていたけれど、独身の私、ライターのスナイパー小林が気になったのはズルささえ感じる幹生の性分だった。 ◆「本音が言えない」新種のダメ男をドラマに見た  私が疑問に感じた箇所はこうだ。お互いに惹かれあって結婚して幸せだったはずなのに、実は本音が言えないでいた幹生。唐揚げにレモンをかけるのは嫌いなのに「地球イチ美味しいよ!」と言ってしまう。自分が気に入った本を真紀にプレゼントしたのに、読まれないまま鍋敷きにされてこっそりと傷つく。 ……その場で「レモンは苦手だ」「これは俺がプレゼントしたものだよね。少しは大事にして欲しい」と言えばいいのに。 「こんなんじゃだめだ。このコは俺の妻だし、恋に落ちて結婚したんだから頑張らなきゃって」と、自分を追い詰める幹生。 ……そんなに頑張らなきゃいけないのが結婚なのだろうか? 未婚の私には謎の世界である。幹生は妻には言えないのに、他人には「僕の結婚は地獄です」「愛してい...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介&有村架純、憎しみではなく信頼を 「3月のライオン」で確かめた絆 - 03月19日(日)13:00 

 神木隆之介と有村架純の間に、言葉は要らない。「3月のライオン 前編」「3月のライオン 後編」では、嵐のような思いが荒れ狂う義理の姉弟に扮したが、有村が「特別、話し合って撮影していないんです。感覚です」とほほ笑めば、神木も「なぜかというと信頼しているからです」と言い切る。感情に火を点け生み出したシーンの数々は、見る者の胸をざわめかせる確かな“魔力”があった。(取材・文/編集部、写真/江藤海彦)  2人の役づくりは困難なものだったという。最大の理由は、原作漫画の特色である豊かで複雑な人物描写だ。原作者・羽海野チカ氏は、コミックス11巻のあとがきで「子供の日々から大人になる間に『境目』というものはありませんでした。何千何万という出来事を受け止めて、少しずつグラデーションがついていくだけなんだなぁ…と思っています」と述べている。そんな思いで創出された多面的・重層的な人物たちが、物語に魅力的な奥行きを持たせる。  神木「なので、とても悩んだんです。零の第一印象は物静かな男の子。ですが実際はそうではない。役づくりでは『大人しい人物』と一括りにしなかったんです。誰よりも負けん気が強く、年相応のやんちゃさもあります。そして職人気質で、小さいころから強く生きなければならなかった。監督とは『マットな感じが良い』と話していて、僕が零として感じたことを肉付けし、マットな質感から徐々に艶やかになり、最...more
in English
カテゴリー:

吉岡里帆 「目が笑っていない」演技で示した力量 - 03月18日(土)16:00 

 予定調和的世界とはまったく正反対のドラマだった。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が『カルテット』について分析した。  * * *  異色のドラマ『カルテット』(TBS系火曜午後10時)。最終局面で謎が謎を呼ぶ怒濤の急展開に、視聴者はとまどい身をよじり、嬉しい悲鳴をあげています。  単に、ミステリードラマとかラブコメディのようには「くくれない」のが、このドラマの最大の魅力。坂元裕二完全オリジナル脚本の輝きが、いかんなく発揮された独自世界。それはまるで建築物のように、立体的な構造をしています。  いくつもの部屋があって、それぞれが結合し組み合って一つの『カルテット』という構築物を形作っている。ざっくり分けると、ドラマは3つのパートからできています。  最初は出会いのパート。巻真紀(松たか子)、世吹すずめ(満島ひかり)、家森諭高(高橋一生)、別府司(松田龍平)の4人がカラオケボックスで偶然出会い、弦楽四重奏団・カルテットとして軽井沢で活動を開始する。  一人ひとり人物のテイスト感が描き出され、やがて4人の関係性、微妙な距離感とバランスが見えてくる。目の表情によるやりとり。ああいえばこう返す言葉の応酬。レトリック感覚満載のセリフ。舞台芝居にも似た、不思議な雰囲気が漂っていました。  そして、第2のパートへ。少し風合いが変わって、真紀の夫(宮藤官九郎)が突然出現する。「夫婦」にフォーカ...more
in English
カテゴリー:

エイベックス投資会社、出資第1号に「感覚ピエロ」新会社 - 03月21日(火)18:00 

 昨年4月期ドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌を担当したロックバンド・感覚ピエロのギタリストで、自主レーベル&マネジメントの代表を務める秋月琢登が、4月に新会社「JIJI INC.」を設立する。秋月自身が出資するほか、エイベックス・ベンチャーズ株式会社、株式会社エー・チームが出資し、事業を支援していく。 感覚ピエロ 主な作品一覧  昨年11月に設立された投資会社エイベックス・ベンチャーズは、「JIJI INC.」への出資を決めた理由について「エンターテインメント業界の既成概念や慣習にとらわれず、独立自営でバンド活動を行い、既に黒字化している点。自分たちだけで全国ライブハウスツアーを行った実績、感覚ピエロの中心人物・秋月氏のクリエイティブ力とビジネス感覚、エイベックスがライブ、グッズ、ファンクラブ等のインフラを提供することによりさらなる成長が期待できる点」などを鑑みたとしている。  感覚ピエロは2013年7月に大阪で結成。ミュージックビデオ(MV)、アートワーク作成など、すべてメンバーが自主プロデュースしており、宮藤官九郎が脚本を担当したドラマ『ゆとりですがなにか』の監督からのオファーで「拝啓、いつかの君へ」が主題歌に起用された。また、藤原竜也と伊藤英明がW主演する映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』(6月10日公開)の主題歌として、書き下ろしの新曲「疑問疑答」が起用され...more
in English
カテゴリー:

小泉今日子、デビュー35周年記念ベストアルバム発売決定 - 03月21日(火)14:00 

3月21日にデビュー35周年を迎えた小泉今日子のコンプリートシングルベストアルバム『コイズミクロニクル〜コンプリートシングルベスト 1982-2017〜』が、5月17日に発売されることが決定した。 【その他の画像】小泉今日子1982年のデビュー曲「私の16才」をはじめ、日本の歌謡史に金字塔を打ち立てた「ヤマトナデシコ七変化」「なんてったってアイドル」「木枯しに抱かれて」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々の大ヒット曲、そしてドラマ『あまちゃん』挿入歌としてのヒットも記憶に新しい「潮騒のメモリー」、最新シングル「T字路」に至るまでの全シングル曲を収録。さらに別名義シングル、両A面シングル、12インチシングル、配信シングルに至るまで、各時代のすべてのシングルというシングルを完全網羅した3枚組全50曲。シングルベストの決定盤であり、しかも全曲を完全リマスタリング! まさに小泉今日子の音楽年代記=コイズミクロニクルがメモリアルイヤーに発売となる。 初回限定盤プレミアムBOXは、特典として2冊の本が付属。1冊は全シングル制作に携わった作詞、作曲、編曲家、ディレクター、エンジニア、プロモーターなどクリエイター&スタッフへの総力取材による、小泉今日子の音楽史を紐解く壮大なシングルメイキング本『コイズミシングル〜小泉今日子と50のシングル物語』。あの名曲たちはいつどのようにして生まれ...more
in English
カテゴリー:

【音楽】小泉今日子 35周年に50曲ベスト盤 初回特典は250ページ大図鑑 - 03月21日(火)04:07 

 歌手で女優の小泉今日子(51)が、シングル全50曲をすべて網羅したベスト盤をリリースし、初回特典として作詞家の秋元康氏(56)、THE ALFEEの高見沢俊彦(62)ら、ゆかりの70人が楽曲の誕生秘話を明かすスペシャルブックが制作されたことが20日、分かった。アルバム名は「コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~」で5月17日発売。特典本は約250ページのボリュームを誇り、小泉の音楽史を凝縮した“キョンキョン図鑑”と呼べそうだ。  35年の歴史をすべて詰め込む。19...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

松たか子「男前すぎる」ラブシーン秘話 - 03月18日(土)18:05 

 3月21日の放送で、いよいよ最終回を迎える火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)。第6話では、夫婦役を演じた松たか子(39)と宮藤官九郎(46)のキスシーンが描かれたが、ドラマの公式ツイッターでその裏話が明かされ、話題となっている。  このドラマは、松が演じる真紀ら4人の男女が弦楽四重奏団を組むという物語。第6話では、失踪していた真紀の夫・幹生(宮藤)との出会いから、次第にすれ違っていく結婚生活までが回想シーンとして描かれ、その中で二人のキスシーンも登場した。  3月11日の公式ツイッターによると、キスシーンの撮影前、そわそわしていた宮藤に、松は「宮藤さん、ラブシーンとかあまり経験ないですか?」と尋ねたのだという。宮藤は「そうですね…」と返答。続けて二人は「一番最近(にしたラブシーン)は?」「あー、皆川くんと」「じゃあ私のこと皆川さんだと思ってください」とやりとりし、スタッフから「そりゃ無理だ!」と総ツッコミを入れられたことが紹介された。  宮藤が最後にキスしたと語った「皆川くん」とは、同じ大人計画に所属する皆川猿時(46)のこと。松たか子が宮藤の緊張を和らげるため、個性派俳優として活躍する皆川を自分に重ねたことが、ファンに大ウケ。「松さん、惚れます!」「さすが百戦錬磨の松さん、頼もしい。惚れますね~」と、SNSには二人のやりとりにほっこりしたというコメントが多く上がった。 「第6...more
in English
カテゴリー:

【キャラ弁】鬼才クドカンが生み出したコンピューターおばあちゃんが、キャラ弁に参戦 - 03月18日(土)11:30 

レタスクラブニュースにて募集していた、読者の皆様が作った「キャラ弁」。たくさんのご応募を、ありがとうございました(応募はひとまず2月で終了致しました)。応募いただいた作品の中から素敵なキャラ弁をピックアップしてお届けするこのシリーズ、今回は「それいっちゃう!?」と驚く、マニアックなキャラの登場です。 「おばあちゃんがしんじゃった。毎日泣いていた小学生の女の子「ひよりちゃん」のために、 パパが作ってくれたおばあちゃん型ロボット「わしも」。「わしも」が歩くと聞こえるカタカタカタという懐かしい音は、おばあちゃんと同じ入れ歯を使っているから。歩くスピードはカタツムリより速いけど、興奮したカブトムシより遅い。でも、本当は新幹線より速く走れちゃう。」(NHKキャラワールド「わしも WASIMO」公式HPより) Eテレをつける機会が多いママたちなら既にご損じであろう、コンピューターおばあちゃん「わしも」です。SFなのか何なのかよくわからない不思議すぎるキャラクターは、大ヒット作を続々と世に送り出す脚本家・宮藤官九郎と、「ソラミミスト」として知られる安齋肇がコラボとした絵本『WASIMO』の主人公。クドカン初の絵本が、2014年からEテレでアニメ化されているのです。こんなマニアックなキャラをお弁当にしてしまった、作者のriyuyudaさんにまずは拍手! 「子どもに大人気!『わしも』のお弁当で...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「宮藤官九郎」の画像

もっと見る

「宮藤官九郎」の動画

Wikipedia

宮藤 官九郎(くどう かんくろう、1970年7月19日 - )は、日本脚本家俳優作詞家作曲家放送作家映画監督演出家ミュージシャン濡れ場評論家。本名、宮藤 俊一郎(くどう しゅんいちろう)。宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)出身。劇団大人計画所属。

愛称は「クドカン」「くんく」「クン兄」。及川光博からは「カンクちゃん」と呼ばれたことがある。

妻は振付師の...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる