「宮澤佐江」とは?

関連ニュース

【モデル】永尾まりや「AKBの看板はスゴイ大きかった」 板野友美に卒業後の“苦悩”を相談 - 04月28日(金)12:47 

26日深夜放送のTBS系「タビフク。」で、元AKB48の永尾まりやが板野友美にAKB卒業後の苦悩を相談する場面があった。 番組で永尾と板野はインドネシアのバリ島を訪れた。 番組の後半、ソファーに腰を落ち着けたところで、永尾は「もう私もAKB卒業したじゃないですか」と板野に相談を切り出した。 永尾は「私は、何か変わるかなって思ったんですよ」と卒業当時の心境を振り返り「まだ一年経ってないですけど……自分が思い描けてた自分にはまだ慣れてないかな」と現状を明かす。 さらに「結局変わりたくて辞めたけど『なりたい自分にま...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

初日リポート! SKE48研究生「青春ガールズ」公演 - 04月16日(日)08:30 

4月14日にSKE48研究生の新公演「青春ガールズ」がスタート。同公演は大島優子や宮澤佐江らが在籍していたAKB48・チームKが2006年に行った公演で、その後も同じAKB48のチームBやNMB48・チームNなどによって上演されてきた。 【写真を見る】「禁じられた2人」は矢作有紀奈と野々垣美希(写真左から)/(c)AKS SKE48では、この研究生公演が初めての「青春ガールズ」。そこで、今回は名古屋・SKE48劇場で行われた初日のステージを取材。披露された楽曲や、印象的だったメンバーについてリポートしていく。 ■ 1曲目からSKE48らしい全力パフォーマンスが光る 公演は表題曲の「青春ガールズ」で幕開け。ここで早速気になったのが、最年少メンバーの倉島杏実だ。というのも、昨年の大みそかに行われた「SKE48 忘れられない大忘年会-」を取材した際、最後の楽曲披露で倉島が踊る姿を見て「SKE48らしく、全力で踊る子だ」という印象が残っていたからだ。この日も倉島はツインテールを振り回し、小さな体を目いっぱい使ったパフォーマンスを見せていた。 また、この公演の主なメンバーとなるのは、2016年に加入した8期生たち。初日ということで緊張している様子がうかがえる中、先輩として同じステージに立つ7期生の相川暖花、片岡成美、和田愛菜には「さすが先輩」と思える安心感が見られた。 そして、楽曲は「ビーチ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】<井上公造が選ぶ「魔性の女優ランキングTOP5」>3位は高岡早紀。2位は葉月里緒奈。 1位は? - 03月22日(水)14:49 

21日に放送された『芸能マル秘チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーター・井上公造氏が「魔性の女優ランキング」のTOP5を発表した。  この日のゲスト・元AKB48の宮澤佐江は自身の「ウレぴあ総研」における連載をまとめた“成長記録”である書籍『これさえあれば。』を発売する。ここでは宮澤がいかに成長したかといった話も出てくるが、あけすけな性格の宮澤は「魔性の女」とは程遠いよう。  宮澤自身も「魔性の女」という言葉には「あまりホメ言葉のようには感じられないです……。『小悪魔』みたいな感じだから、プラスのイメー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

元HKT48の菅本裕子、アイドル時代より収入が100倍以上になったことを告白 - 03月14日(火)19:19 

「収入も100倍以上」AKBグループ出身の元アイドルが卒業後の華麗な転身と収入語る 13日、元HKT48の菅本裕子が自身のTwitterアカウントで「収入も100倍以上になった」ことを告白した。 菅本は2011年7月にHKT48第1期生オーディションに合格し、グループに加入。2012年8月まで在籍した。 卒業後は事務所への加入を経て、個人事務所を立ち上げ、YouTuberとして、またタレント・モデルとして芸能活動を行っているほか、 全国で開かれる彼女の主宰イベント「ゆうこすのモテ教室」には彼女の指南を受けるべく来場者が殺到していると評判...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

AKB鈴木まりや、卒業直前で心境「夢を追い続けていきたい」 - 04月24日(月)22:25 

 30日に人気アイドルグループ・AKB48を卒業する鈴木まりや(25)が24日、都内で行われた映画『いのちあるかぎり 木田俊之物語』の初日舞台あいさつに出席した。 【写真】映画「いのちあるかぎり 木田俊之物語」初日舞台あいさつの模様  卒業を直前に控えた鈴木は「アイドルとして17歳から活動して満足のいくところにいけず、夢を諦めかけたときもありました」と赤裸々に回顧。それでも同作の撮影を経て、諦めない姿勢を学んだといい「100歳になっても120歳になっても夢を追い続けていきたい」と前を向いた。  同作は、筋ジストロフィーの難病と闘いながら車椅子で歌い続ける木田俊之の半生を描く。モデルになった木田も来場し「自分の半生なのに感動してしまいました」と絶賛。安堵したように喜んだ主演の武田知大は「やっとこうして皆さんに届けられて、うれしい気持ちでいっぱいです」と感無量に語った。  舞台あいさつにはそのほか、植野葉子、武智大輔、若井久美子、畠山智行、渡邊豊監督が出席した。 【関連記事】 宮澤佐江&鈴木まりやがSNH48公演デビュー「思い出がまた増えた」 (13年10月12日) こじはる、最年長29歳でAKB卒業 昭和生まれが皆無に 秋元康氏の手紙に涙 (17年04月19日) 秋元康氏、こじはる卒業に手紙贈る「心の底から感謝します」【全文】 (17年04月19日) AKB48島田晴香、...more
in English
カテゴリー:

【芸能】 ミュージカル「王家の紋章」ヒロイン、新妻聖子 バラエティーもカラオケ番組もこなす個性派 夢は「歌手」 - 03月27日(月)18:22 

 立て板に水のトーク。圧巻の歌唱力の歌姫は、その秘密を笑顔で明かす。「母が大阪人で、私は“ハーフ”だからかな」。頭の回転が速い。そんな新妻がわれを忘れるほど興奮したのが、ミュージカル「王家の紋章」のヒロイン役の依頼だった。「まさかと。発狂しそうでしたよ」  昭和51年から連載中の、細川智栄子あんど芙~みんによる少女漫画「王家の紋章」をミュージカル化。好評の昨年の初演に続き、4月に東京、5月に大阪で再演。大阪は初上陸となる。  考古学を研究するキャロル(新妻聖子/宮澤佐江)が古代エジプトにタイム...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

風俗嬢からユーチューバーへ転身 元HKT48菅本裕子さん 収入100倍、指原を凌ぐ勝ち組に - 03月14日(火)21:17 

13日、元HKT48の菅本裕子が自身のTwitterアカウントで「収入も100倍以上になった」ことを告白した。 菅本は2011年7月にHKT48第1期生オーディションに合格し、グループに加入。2012年8月まで在籍した。卒業後は事 務所への加入を経て、個人事務所を立ち上げ、YouTuberとして、またタレント・モデルとして芸能活動を行ってい るほか、全国で開かれる彼女の主宰イベント「ゆうこすのモテ教室」には彼女の指南を受けるべく来場者が殺到し ていると評判を呼んでいる。 自身のTwitterでは「『モテクリエイター』という職業を作ったし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「宮澤佐江」の画像

もっと見る

「宮澤佐江」の動画

Wikipedia

宮澤 佐江(みやざわ さえ、1990年8月13日 - )は、日本出身のアイドル、女優。女性アイドルグループAKB48チームK/SNH48チームSII/SKE48チームSの元メンバーである。チームSではリーダーを務めていた。

東京都出身。フレイヴ エンターテインメント所属。

略歴

2006年

  • AKB48 オープニングメンバーオーディションに応募し落選したが、2月26日、第二期AKB48追加メンバーオーディションに合格。旧チームKの一員となった。
  • 4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において、公演デビュー。
  • 10月25日発売のメジャーデビューシングル会いたかった」で初めて選抜メンバーになる。

2007年

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる