「宮沢りえ」とは?

関連ニュース

宮沢りえがパペットに息吹を注ぐ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」予告編完成 - 10月20日(金)08:00 

 1970年代に製作されたムーミンのパペット(人形)アニメーションの劇場版「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」の予告編が、このほどお披露目された。川本喜八郎監督作「死者の書」以来、12年ぶりに劇場版アニメの吹き替えに挑戦する宮沢りえが、主人公・ムーミントロールに息吹を注いでいる。 ・【動画】「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」予告編  今作は、78~82年にトーベ・ヤンソン監修の下、テレビシリーズとして製作されたパペット・アニメーションを再編集し、カラー補正などを加えた劇場版。物語の舞台となるのは、木の葉が舞い落ちる秋を迎えたムーミン谷。スナフキンとともに冬を満喫しようと考えていたムーミンは、まもなくやってくる“クリスマス”の存在を知り、不思議な冬の魔法を目撃して、驚きの体験をする。  オーストラリア出身の歌姫サラ・オレインの主題歌が響く予告編では、パペットならではの愛くるしい動きや表情を浮かべるムーミントロールに、宮沢が透き通った声を当てている。アフレコのために「研究を重ねた」という宮沢の声は、どことなく少年らしさを感じられる仕上がりだ。また、ムーミンパパやヘムレンを担当した森川智之、ムーミンママやリトルミィなどを演じた朴ろ美が、声色を自在に変えて複数のキャラクターを表現しているほか、なめらかな声で物語を紡ぐ神田沙也加のナレーションも確認できる。  なお、劇場前売...more
カテゴリー:

ずばり、「スター・ウォーズ」が素晴らしい理由とは? - 10月15日(日)11:00 

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。10月8日(日)の放送では、映画解説者の中井圭さんをゲストに迎えました。新作映画を年間500本観ているという中井さん。「スター・ウォーズ」が大好きな高須と映画話に花が咲きました。 ◇◇◇ 高須:僕は、「スター・ウォーズ」が大好きなんですよ。中1のときに観て「すごく面白い」と思って。それ以来ハマっていますね。 中井:いいですね。「スター・ウォーズ」は重要な作品なんです。それまでSFは“ジャンルムービー”と呼ばれていて、一部のマニアが観るものとして扱われていたんです。それが「スター・ウォーズ」からみんなが観られるものに変わったんです。 高須:僕はあの映画には素晴らしいところがふたつあると思っているんです。 中井:いってください! 高須:ひとつは、最初に「遠い遠い昔……」って出てきますけど、過去のストーリーだということ。宇宙の話なのに、SFなのに、過去っていうのがファンタジーになるじゃないですか。 中井:はい。 高須:逆に“西暦5千年”といわれると、子ども心に冷めるんです。しかも(映画が描く未来に)近づいてくると「違うやん」ってなるし。 中井:あるあるですね(笑)。 高須:過去の話であれば、恐竜ものもあるしこういうものあると飲み込めるんで...more
カテゴリー:

宮沢りえ、映画『ムーミン』で12年ぶり劇場版アニメ吹き替え「胸がキュンとなる」母との思い出も - 10月11日(水)19:54 

女優の宮沢りえが、11日に行われたアニメ映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』の公開アフレコに登場し、本作への思いを明かした。宮沢は、ムーミン役の日本語吹き替えを担当。劇場版アニメの吹き替えは、2005年に公開された『死者の書』以来、12年ぶりとなる。
カテゴリー:

宮沢りえ、12年ぶり劇場版アニメでムーミン役演じ「心がキュンとなる」 - 10月11日(水)18:03 

パペット(人形)アニメーションの劇場版「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」の日本語吹き替え版キャストを務める女優の宮沢りえが10月11日、都内で行われたアフレコイベントに出席した。今作は、1...
カテゴリー:

ムーミンを演じる宮沢りえ、亡き母との思い出を明かす - 10月11日(水)15:24 

ムーミンのパペットアニメ『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)のアフレコ取材が、10月11日にアバコクリエイティブスタジオで開催。ムーミントロール役の日本語吹替えを担当する宮沢りえが、公開アフレコを行った。 【写真を見る】宮沢りえが北欧風テキスタイルのファッションで登場 宮沢はアフレコについて「ムーミンは子どもの頃から慣れ親しんでいました。でも、大人の方にもすごく響くストーリーだなと思って、そういうことがみなさんに伝わればいいなと思いました」と意気込みを口にした。 ムーミンについては、特に「ねぇ ムーミン こっちむいて」という主題歌のフレーズが思い出深いそうだ。「私世代はもちろん、みなさんの脳にもすごく残っている歌。子どもの頃、すごく消極的で人見知りだったので、母がムーミンを私の名前に変えて、よく歌っていたなと。自分の幼少期を思い出して、心がキュンとなります」。 さらにアフレコの苦労について「表情とかをすべて音にしなきゃいけないところは普段のお芝居と全然違いますし、ムーミンという妖精の役なので、キャラクターを作るのが難しかったです」と述べた後「アフレコの時間は清らかで穏やかで気持ち良かったです」と笑顔で感想を語った。 『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は、フィンランド発のキャラクター、ムーミンのパペットアニメを、原作者トーベ・ヤンソン監修によりデジタルリマ...more
カテゴリー:

宮沢りえがパペットに息吹を注ぐ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」予告編完成 - 10月20日(金)08:00 

1970年代に製作されたムーミンのパペット(人形)アニメーションの劇場版「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」の予告編が、このほどお披露目された。川本喜八郎監督作「死者の書」以来、12年ぶりに...
カテゴリー:

宮本亜門命名のミュージカルシンガーデュオ「ショーストッパーズ」がクリスマスソングのカヴァーアルバムをリリース - 10月12日(木)13:17 

宮本亜門が命名した実力派女性ミュージカルシンガーデュオ「ショーストッパーズ」がクリスマスソングをカヴァーしたアルバムを11月15日にビルボードレコーズよりリリースすることがわかった。 「ショーストッパーズ」はミュージカルを中心に活躍する実力派シンガー・エリアンナとダンドイ舞莉花から構成されるデュオ。歌唱力、表現力、存在感ともにミュージカルの華やかさや臨場感をそのまま歌に封じ込むことができる。今回発売されるアルバムは、有名クリスマスソングに、オリジナルのメロディ・歌詞を追加しニューバージョンにアレンジ。歌手・竹内まりや『すてきなホリデイ』の英詞バージョンなどが収録される。 エリアンナは、両親ともにミュージシャンのブラジル人・日本人のハーフで、2003年DJ KAORIプロデュースでデビュー。HY、Jazztronik、城田優、BENIなど多くのアーティストと共演を果たしており、2020年東京オリンピック招致PRで流れた映像『Feel the Pulse』にも出演。さらに『RENT』『アイ・ガット・マーマン』『ウィズ~オズの魔法使い~』など多くのミュージカルにも出演した経験を持つ。 ダンドイ舞莉は舞台『プリシラ』『狸御殿』『ブルックリン』『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』など多くの舞台経験を持ち、2011年から2015年までディズニーチャンネル『マイ・ディズニ...more
カテゴリー:

宮沢りえ、12年ぶり劇場版アニメでムーミン役演じ「心がキュンとなる」 - 10月11日(水)18:03 

 パペット(人形)アニメーションの劇場版「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」の日本語吹き替え版キャストを務める女優の宮沢りえが10月11日、都内で行われたアフレコイベントに出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  今作は、1978~82年に原作者のトーベ・ヤンソン監修のもと、テレビシリーズとして製作されたパペット・アニメーションを再編集し、カラー補正などを加えた劇場版。スナフキンとともに冬を満喫しようと考えていたムーミンが、まもなくやってくる“クリスマス”の存在を知り、不思議な冬の魔法を目撃して、驚きの体験をする様子を描いた。  宮沢は、「死者の書」(川本喜八郎監督)以来12年ぶりにアニメ映画に出演し、主人公・ムーミントロールの声を担当する。「ねえムーミン、こっち向いて」というテーマソングについて、「母がムーミンのところを私の名前に変えて、よく歌っていたなというのが1番の思い出」と語り、「この歌を聞くと自分の幼少期を思い出して、心がキュンとなります」と述壊。自身も娘に同曲を歌うと明かし、「ムーミンはずっと愛されている存在だなと感じます」とほほ笑んだ。  また、アニメ声優の仕事について、「映像とか舞台では表情だけで表せるところをすべて音にしなきゃいけないというのは、普段のお芝居とは全然違いますし、ムーミンという妖精の役なので、キャラクターを作るのがすごく...more
カテゴリー:

宮沢りえがムーミン担当「心がキュンと」幼少期語る - 10月11日(水)15:45 

 女優宮沢りえ(44)が11日、都内でアニメーション映画「ムーミン谷とウインターワンダーランド」(12月2日公開)公開アフレコに出席した。  宮沢が劇場版アニメの吹き替えを担当するのは「死者の書」以来12年ぶり。同作はパペット(人形)ア…
カテゴリー:

宮沢りえ、12年ぶり劇場版アニメ声優 ムーミン役に「研究した」 - 10月11日(水)15:00 

 女優の宮沢りえが11日、都内で行われたパペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)のアフレコを行った。ムーミン役を演じた同作で、12年ぶりに劇場版アニメで吹き替えに挑戦した宮沢は「アフレコは、狭い空間で一人の時間。音として濁りのない音を出せるように、純粋な気持ちを持って、清らかで穏やかな時間で、気持ちが良かった」と笑顔を見せた。 【画像】『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』メインカット  ムーミンの思い出を振り返り、「『ねぇ、ムーミン』っていう音楽は皆さん脳に残っていると思います。私は子どもの頃すごく消極的で人見知りだったので、母がムーミンのところを私の名前に変えて歌っていたのが一番の思い出。この歌を聴くと、自分の幼少期を思い出して心がキュンとなります」とコメント。娘に歌うこともあるといい、「今アニメーションがいっぱいあるなかで、ムーミンはずーっと愛される存在だなと感じます」と話した。  報道陣を前にしたアフレコでは「恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべた宮沢。「キャラクターを作るのが難しかった」と苦労をにじませ、「家で男の子っぽい声を出したりしてみて、あんまり作りすぎると耳障りだろうなとか、研究していきました」と語った。  同作は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソン氏が1945年に第1作を発表して以来、世界中で愛されてきたムーミンの...more
カテゴリー:

もっと見る

「宮沢りえ」の画像

もっと見る

「宮沢りえ」の動画

Wikipedia

宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日 - )は、日本の女優、ファッションモデル歌手東京都練馬区出身。身長167cm、血液型はB型。エムツー企画所属。女優として映画舞台テレビドラマなどに出演。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ。

来歴

11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 週刊セブンティーン(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM三井のリハウスの初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

同時期から活躍していたのは後藤久美子で、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。後藤久美子とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。

10代の頃には、17歳の時に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる