「宮沢りえ」とは?

関連ニュース

田中千絵、6年ぶりに日本語で囲み取材「逆に緊張します」 - 06月16日(金)12:44 

 台湾を拠点に活躍する女優の田中千絵(35)が16日、都内で行われた『2017 TAIWAN EXCELLENCE in Tokyo』記者会見にゲストとして登壇。6年ぶりという囲み取材では「日本で仕事する方が逆に緊張します」と話し、苦笑いを浮かべた。 【写真】台湾メディアの取材を受ける田中千絵  イベント終了後、囲み取材に応じた田中は台湾と日本の違いなどを日本語で説明。しかし、日本語で囲み取材を受けるのは「6年ぶりぐらい」で、「かなり緊張しています」と苦笑い。「日本語でお芝居したり、日本語でインタビューを受けさせていただくことが、ほとんどない。日本で仕事する方が逆に緊張します」とグローバルに活躍する田中ならではの悩みを明かしていた。日本メディアの取材が終わると台湾メディアの取材が、すぐにスタート。流暢な受け答えで難なく質問に答えていた。  田中はメイクアップアーティストのトニー・タナカ氏を父に持ち、高校生の時にスカウトされ、1996年に芸能界デビュー。98年、フジテレビ『美少女H』第4話の主演を務め、ドラマデビュー。05年、傑作『インファナル・アフェア』シリーズなどで知られるアンドリュー・ラウ監督の香港映画『頭文字D』に出演。アジア映画の可能性を感じるとともに、ラウ監督から「中国語を勉強して、もっとアジア映画界にチャレンジしては?」と激励され、06年に一念発起。本格的に中国語...more
カテゴリー:

岩田剛典&杉咲花、初タッグ!「パーフェクトワールド」映画化にW主演 - 06月10日(土)05:00 

 「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典と若手実力派女優の杉咲花が、有賀リエ氏の人気漫画を実写映画化する「パーフェクトワールド」(柴山健次監督)にダブル主演し、初共演を果たしていることがわかった。岩田にとっては「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」以来2度目、杉咲にとっては初めての主演作となる。  「Kiss」(講談社刊)で連載中の同名原作は、突然の事故で下半身に障がいを持ち車イス生活になってしまった建築士の鮎川樹と、初恋相手の樹を一途に思い、悩み、もがきながら一緒に前を向いて生きていこうとするOL・川奈つぐみの純愛を描いている。その人気ぶりは国内のみならず、フランスの老舗漫画雑誌「Animeland」では編集部セレクション、一般投票ともに2016年ベスト少女漫画を受賞した。  6月2日から都内近郊でクランクインした岩田は、「漫画原作のキャラクターかつ身体に障がいをもった役柄ということで、どちらも自分にとっては初めて経験させて頂く役どころになります」と意欲新た。さらに、「この作品のテーマでもある大切な人と障がいと共に生きていくという難しいテーマをより身近に感じて頂けるよう、真摯に向き合い、丁寧に演じたいと思います」と心境を明かしている。  一方の杉咲は、宮沢りえと親子を演じた中野量太監督作「湯を沸かすほどの熱い愛」での受賞ラッシュ、木村拓哉&三池崇史監...more
カテゴリー:

【芸能】<とんねるず>新体制移行のフジテレビで“崖っぷち”なワケ 視聴率が5%を下回ることも 制作費は高額 - 05月28日(日)01:05 

6月での退任が決まっているフジテレビの亀山千広社長(60)が5月26日、同社で定例記者会見を行った。 視聴率上昇を託され13年に社長に就任したものの、昨年の年間平均視聴率(全日帯)が民放キー局4位にとどまるなど低迷。 亀山社長は「責任を痛感している」と残念がったというが、新体制に移行する同局で“崖っぷち対象”と噂なのがとんねるずだという。 「冠バラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』は97年6月から放送されている長寿番組。 ところが最近は目新しい企画もなく視聴率が5%を下回ることもあります。に...
»続きを読む
カテゴリー:

深い谷間だニャ。チュート徳井推薦の「ネコ×おっぱい」写真集は女子も二度見するレベル - 06月14日(水)11:45 

女性も手に取りたくなる爽やか系セクシー写真集って、いつから始まったのでしょう。宮沢りえさんや菅野美穂さんのヌード写真集がそうでした。2017年5月31日に玄光社から発売された『パイニャン』は、エロティシズムと爽やかさに癒し要素も加わって、ソファの横に置いておきたくなる1冊です。 ポヨポヨが先か、モフモフが先か 明るい自然光の下に浮かび上がる、やわらかそうなおっぱいと、ネコのまっすぐすぎる眼差し。ページをめくるたび、ポヨポヨとモフモフ、どっちに焦点を当てたらいいのか脳が混乱します。 チュートリアルの徳井義実さんが、 「男はおっぱいの前で我を忘れるが、猫は、冷静だ」 と推薦する通り、ネコはおっぱいに対して無関心そのもの。居心地がよければそれでいいのでしょう。人間の男が感じるエロスも、人間の女が感じる羨望もない、まさに無の境地です。それでいて「こんな豊乳に生まれたかった......」とため息を漏らす、貧乳コンプレックスの東京バーゲンマニア編集部員の心をなぐさめるのだから、この生き物の力は計り知れません。 作者は、フェティッシュな「スクールガール・コンプレックス」シリーズや、宙に浮くサラリーマン「ソラリーマン」シリーズなどで有名な写真家・青山裕企さん。青山さんは、ネコ愛好家でもあったんですね。4月には『ネコとフトモモ』(新潮社)という写真集も出していて、ネコとエロスが同...more
カテゴリー:

【芸能】痩せない方が良かったのにと思う有名人ランキング…宮沢りえ、戸田恵梨香、パパイヤ鈴木、深田恭子、貴乃花光司 など - 06月04日(日)02:26 

ほっそりとした抜群のスタイルを誇る有名人が多い芸能界。 食事管理やジム通いするなど、体型維持に忙しい人も少なくありません。 しかし痩せた方がキレイになる人が多い中、逆に痩せない方が魅力的だったと思われてしまっている人も。 そこで今回は、痩せない方が良かったと思う有名人について探ってみました。 1位 宮沢りえ 2位 戸田恵梨香 3位 パパイヤ鈴木 4位 上戸彩 5位 深田恭子 6位 貴乃花光司 7位 中森明菜 8位 中島美嘉 9位 村上知子 森三中 10位 熊田曜子 ■1位は「宮沢りえ」! 整った顔立ちと...
»続きを読む
カテゴリー:

「宮沢りえ」の画像

もっと見る

「宮沢りえ」の動画

Wikipedia

宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日 - )は、日本の女優、ファッションモデル歌手東京都練馬区出身。エムツー企画所属。女優として映画舞台テレビドラマなどに出演。身長168cm。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ。

来歴

11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 週刊セブンティーン(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM三井のリハウスの初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

同時期から活躍していたのは後藤久美子で、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。後藤久美子とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。

10代の頃には、17歳の時にふんどし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる