「宮沢りえ」とは?

関連ニュース

宮沢りえに満島ひかりも終了…芸能人に広がるSNS疲れの波 - 12月17日(日)14:00 

芸能人のSNSアカウント閉鎖が相次いでいる。 11月30日、宮沢りえ(44)がInstagramで「不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさいね」とコメント。12月5日にはアカウントを削除した。 11月1日には満島ひかり(32)がInstagramで「思っていたよりも長く続きました。終わりますね。どうもありがとう!」とコメント。こちらもアカウントを閉鎖している。記憶に新しいところでは、真木よう子(35)も 8月29日にTwitterのアカウントを削除。ここへきて、大物芸能人がSNSと決別し始めているのだ。 「宮沢さんがコメントしているように、芸能人のSNSアカウントは一般人よりも多くの人から注目されがち。そのぶん、荒らしや批判にも晒されやすくなります。結果として”SNS疲れ”を感じてしまい、続ける意味を見出せなくなるのでしょう」(IT関係者) こうした”SNS疲れ”は芸能人に限った話ではない。 昨年5月にはピッツバーグ大学医学部の研究チームが「SNSの利用頻度が高ければ高いほどうつ病になりやすい」という趣旨の論文を発表。また13年8月にはミシガン大学の研究チームが「フェイスブックの利用が若者の主観的幸福度を低下させる」という研究論文を発表している。 「多くの人はSNSに投稿する際、“充実した自分”...more
カテゴリー:

2017年に売れた電子書籍は? 「進撃の巨人」の人気続く - 12月15日(金)15:38 

 年々、利用する人が増える電子書籍。今年は何が売れたかというと・・・。ブックリスタ(東京)が電子書籍ストアの販売実績から集計した「ブックリスタ年間ランキング2017」によると、2017年の年間ランキング総合1位は「進撃の巨人」22巻がトップになり、上半期ランキングに引き続き2冠を達成。「進撃の巨人」23巻も2位にランクインしており、「進撃の巨人」人気が続いている。 小説部門では、ピアノコンクールを舞台とした人間の才能を描く青春群像小説「蜜蜂と遠雷」が1位となり、実写映画化も話題となった「君の膵臓をたべたい」や、第155回芥川賞受賞作「コンビニ人間」、現在TVドラマ放送中の「陸王」も上位にランクインしている。■ブックリスタ年間ランキング2017<総合> ※10位まで抜粋1位:『進撃の巨人 22巻』諫山創(講談社)2位:『進撃の巨人 23巻』諫山創(講談社)3位:『蜜蜂と遠雷』恩田陸(幻冬舎)4位:『ダンジョン飯 4巻』九井諒子(KADOKAWA / エンターブレイン)5位:『ダンジョン飯 5巻』九井諒子(KADOKAWA / エンターブレイン)6位:『キングダム 45』原泰久(集英社)7位:『終末のハーレム セミカラー版 3』LINK、宵野コタロー(集英社)8位:『キングダム 46』原泰久(集英社)9位:『逃げるは恥だが役に立つ 9巻』海野つなみ(講談社)10位:『orange6 -...more
カテゴリー:

【舞台】"北乃きい" 14年目の進化!舞台初主演でいきなり世界的名作に挑戦 - 12月11日(月)21:55  mnewsplus

2017.12.11 05:05  女優、北乃きい(26)が来年5月に上演される「人形の家」で舞台初主演することが10日、分かった。 ノルウェーの劇作家、ヘンリック・イプセンの世界的名作で、人間らしく生きるために家庭を捨てて、新たな人生に向かうヒロインを演じる。 6年ぶり2度目の舞台で、女性の自立の象徴となった大役に挑む若手の演技派は「プレッシャーもありますが、覚悟を決めてやるしかない」と女優人生の転機を意識している。  来年デビュー14年目を迎える北乃が、舞台初主演で世界的名作に挑む。  「人形の家」は、...
»続きを読む
カテゴリー:

“肉食女子”宮沢りえにすっかり骨抜きにされたV6・森田剛 - 12月08日(金)21:03 

今月に入り、女優の宮沢りえ(44)が突如、自身のインスタグラムを閉鎖してしまった。 「宮沢が交際中のV6・森田剛の主演舞台を娘と一緒に観劇したといううわさが森田のファンの間で...
カテゴリー:

【女優】宮沢りえ「不快な思いをさせたしまった方達、ごめんなさい」 アンチコメント殺到でインスタ閉鎖★2 - 12月05日(火)20:20  mnewsplus

女優の宮沢りえさん(44)が2017年12月5日までにインスタグラムのアカウントを削除しており、ネット上で悲しみの声が広がっている。  宮沢さんはこの1年ほど「V6」森田剛さんとの「熱愛」を報じられており、これに反発する森田さんのファンが彼女のインスタに殺到していた。 「不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさい」。宮沢さんは11月30日、最後にこんな長文の投稿を残した。 ■今まで見て下さった皆様、ありがとう 宮沢さんは11月30日、花の写真とともに「このインスタを始めてどのくらいだったのかな。普段、ファンの...
»続きを読む
カテゴリー:

日本代表映画は選考漏れ アカデミー賞外国語部門 - 12月15日(金)18:43 

 米映画芸術科学アカデミーは14日、来年3月の第90回アカデミー賞外国語映画賞部門の選考結果を発表、チリやハンガリー、イスラエルなどからの9作品を選んだと明らかにした。日本代表として出品された宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」(中…
カテゴリー:

貴乃花親方が沈黙守る理由…妻明かしていた封印された真実 - 12月12日(火)00:00 

(写真:アフロ) 10月に起きた平幕力士・貴ノ岩(27)への暴行事件。加害者の横綱・日馬富士(33)は11月29日に引退を発表したが、騒動は収束するどころか日本相撲協会と貴乃花親方(45)のバトルへと発展してきた。貴乃花親方は貴ノ岩が暴行されたことを受け、警察に被害届を提出。いっぽう相撲協会には連絡せず、危機管理委員会の調査協力を拒否してきた。 そんななか女将である花田景子さん(53)は全国で講演を行ってきた。11月11日には茨城県を、11月14日には北海道を訪問。夫が沈黙を守るなか粛々と講演を続けてきた。だが、それも限界だった。11月23日に愛媛県で、彼女は「連日の報道は本筋とズレているような気がします」と告白したのだ。また彼女は、ひそかに本音を漏らしていた。騒動後に行われた後援者の集まりでのこと。景子さんは支援者を前に、こんな本音を口にしたのだ。 「一部マスコミが『貴乃花親方はおかしい』と報じていることに、景子さんはひどく腹を立てていました。彼女は『親方は角界のために身を捨てる覚悟で臨んでいます。自分の立場や保身などを考えての行動では絶対にありません』と言っていました。穏やかな口調ながら、強い意思を感じました」(後援会関係者) 彼女はこれまで報じられていない“封印された真実”も明かし始めたという。 「景子さんは『貴乃花親方は警察の捜査にゆだね、...more
カテゴリー:

【芸能】“肉食女子”宮沢りえにすっかり骨抜きにされたV6・森田剛 - 12月09日(土)01:31  mnewsplus

 今月に入り、女優の宮沢りえ(44)が突如、自身のインスタグラムを閉鎖してしまった。  「宮沢が交際中のV6・森田剛の主演舞台を娘と一緒に観劇したといううわさが森田のファンの間で広がった。そのため、インスタのコメント欄に森田ファンからの誹謗中傷が殺到。さすがの宮沢も閉鎖を決めたようだ」(芸能記者)  若かりしころ、貴乃花親方(45)との婚約破棄騒動を発端に、数多くの男性と浮名を流して来たりえだが、すっかり森田に“ロックオン”してしまったようだ。  「このところのりえは、自らの主戦場である演劇の舞台での才能...
»続きを読む
カテゴリー:

人気記事4コマ漫画~「俺たち、距離を置こう」…これって100%別れのサイン!?~ - 12月08日(金)17:48 

DOKUJOの人気記事を漫画化! 元記事はこちらから→「俺たち、距離を置こう」……これって100%別れのサイン!? よく恋愛相談の中で「彼(彼女)に距離を置こうって言われた」という話を聞きます。 「距離を置こう」というセリフに込められた意味はさまざまですが、言われた側は、まるで別れを予告されたような気分になりますよね。 でも果たしてこの「距離を置く」というセリフ、本当に別れたいばかりの意味しかないのでしょうか?20代~30代の男女にホンネを聞いてみました。   DOKUJO[女子]公式LINE  (文/編集部) 【関連記事】 ※ ドラマ『奥様は、取り扱い注意』最終回!好評だったのに続編はお断り派が多数? ※ 浅野忠信、父親の逮捕に自ら触れる斬新対応?大正解と称賛された理由って? ※ 前田敦子、ぶれぶれのセブンルールに今後の女優活動を心配する声も ※ 宮沢りえインスタ削除で森田剛ファンの内戦ぼっ発?! ...more
カテゴリー:

宮沢りえ「不快な思いをさせたしまった方達、ごめんなさい」 アンチコメント殺到でインスタ閉鎖 - 12月05日(火)12:56 

女優の宮沢りえさん(44)が2017年12月5日までにインスタグラムのアカウントを削除しており、ネット上で悲しみの声が広がっている。
カテゴリー:

もっと見る

「宮沢りえ」の画像

もっと見る

「宮沢りえ」の動画

Wikipedia

宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日 - )は、日本の女優、ファッションモデル歌手東京都練馬区出身。身長167cm、血液型はB型。エムツー企画所属。女優として映画舞台テレビドラマなどに出演。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ。

来歴

11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 週刊セブンティーン(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM三井のリハウスの初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

同時期から活躍していたのは後藤久美子で、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。後藤久美子とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。

10代の頃には、17歳の時に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる