「宮沢りえ」とは?

関連ニュース

【芸能】松潤とは大違い V6・森田剛がモテまくる理由 - 03月23日(木)17:39 

 女優・宮沢りえ(43)がノリに乗っている。  3月3日に行われた『第40回日本アカデミー賞』の授与式では、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で最優秀主演女優賞を受賞。  「肩はモロ出し、腰から下はシースルーというセクシーな黒ドレス姿も話題になりました。実業家の夫との離婚が昨年3月に成立したこともあり、イキイキと輝いているように見えましたね」(スポーツ紙記者)  そして、V6の森田剛(38)という新恋人の存在も、彼女の表情を明るくしているようだ。  「2月には、箱根の高級旅館にお泊まりデート。1人一泊8万円の露天風呂...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

松潤とは大違い V6・森田剛がモテまくる理由 - 03月23日(木)12:03 

女優・宮沢りえ(43)がノリに乗っている。 3月3日に行われた『第40回日本アカデミー賞』の授与式では、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で最優秀主演女優賞を受賞。 「肩はモロ出し...
in English
カテゴリー:

【芸能】『サンタフェ』超えは確実! 石原さとみ“ピンクの割れ目”写真集まであと一押し - 03月21日(火)20:08 

 苦しい時の“さとみ頼み”。石原さとみ(30)を出せば1万部アップと言われる出版業界。もしヘアヌード写真集を出版すれば、なんと10億円の値が付くといわれている。  「石原のすごいところは、女性ファンが多いところ。本来、男性人気が高いタレントは、女性に嫌われる傾向があるのですが、そんな常識を覆したのが彼女でしょう」(アイドル評論家)  事実、一部芸能サイトが発表した「女性が選ぶ“なりたい顔”」では、2年連続の1位。また、女性誌が行った「憧れる女優」アンケートでも1位を獲得するなど、同性からの支持の高さを裏付けて...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

森三中の大島「好きじゃなかった」夫と結婚した理由とは!? - 03月19日(日)12:05 

 3月12日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に森三中の大島美幸(37)が出演。プライベートでも親しいというクワバタオハラのくわばたりえ(40)と北陽の虻川美穂子(42)と対談し、夫との結婚のなれ初めや育児の苦労などについて語った。  大島は2002年に、22歳で8歳年上の放送作家・鈴木おさむ(44)と結婚。2014年に妊活のため仕事を休業し、2015年に長男を出産している。  大島は夫とのなれ初めについて、一緒に仕事をしたこともなかったと説明。鈴木がダイノジの大地洋輔(44)を囲む会を開催し、そこに森三中の村上知子(37)、黒沢かずこ(38)が参加。そこで鈴木が「大島に会いたいな」と言い、大島も呼び出されたという。さらにその席で鈴木が「大島と結婚しても全然いいな」と発言。  大島は鈴木がふざけているのが分かったので「ああ~、そうですね~、ありがとうございます」と軽く受け流していたのだが、それを聞いた村上と黒沢が食いついて、「今おさむさん言いましたね、じゃあ結婚してください」としつこく詰め寄ったのだという。  大島はまだ若かったこともあり、結婚に対し「嫌だ」と言っていたのだが、周りは結婚に賛成する者ばかり。そこで実家に帰り、母親に「嫌いじゃないんだけど、好きでもない人と結婚するのってどう思う?」「結婚してくれって言われてるんだ、でもふざけてだよ」と相談したのだという。  ...more
in English
カテゴリー:

広瀬すず、日本アカデミー賞に「悔しい」 - 03月16日(木)08:05 

 女優の広瀬すず(18)が自身のブログを更新し、「第40回日本アカデミー賞」の授賞式についてコメント。日本アカデミー賞の最優秀賞を逃したことへの思いを長文で語った。  今回の日本アカデミー賞で広瀬は、『ちはやふる-上の句-』で優秀主演女優賞、『怒り』で優秀助演女優賞に選ばれていたが、最優秀主演女優賞は宮沢りえ(43)が、最優秀助演女優賞は杉咲花(19)が受賞。惜しくも広瀬は最優秀賞を獲得できなかった。  広瀬は、3月8日に「すごいひと」というタイトルでブログを更新。「今年は主演女優賞、助演女優賞にノミネートしていただきました こんな夢みたいなことが起きるとは」と喜びを伝えつつも、「今までにない悔しいという感情に出逢ったような気がします」とコメント。そして「これが素直な本音かもしれません」「そういうことがあるから きっと人間は火がつき活力に変わるのではないでしょうか」と、最優秀賞を逃した悔しさをにじませた。  広瀬は続けて、『ちはやふる』『怒り』のキャストやスタッフへの感謝をつづり、ブログの最後には、「私の周りには、すごいひとだらけなんです だから、焦るし刺激もらうしパワーとかエネルギーになります 負けてらんないなぁ」と今後の決意を語った。 「『怒り』の李相日監督は、演出が厳しいことでも有名です。この作品の撮影で、広瀬は同じシーンでリハーサルを何度も繰り返し、結局カメラを一度も回さな...more
in English
カテゴリー:

エロと芸術は両立できるのか? ヌードデッサン会に潜入してきた - 03月23日(木)15:56 

『ヌードデッサン』。どこか淫靡な響きでありながら、ほんのりとアートのエッセンスが漂ってくる……。普段はエロ系実話誌などで編集・記者をしている僕だが、幼少期はマジメに絵画教室に通っていた。現在でも仕事の息抜きに油絵を嗜んでいるほど。とはいえ、美大やデザイン系専門学校などには通っておらず、知人の女性に頼むわけにもいかない。これまでヌードデッサンをする機会などなかったのである。  そんなわけで今回は趣味と実益(!?)を兼ねて、関東近郊で行われているヌードデッサン会に潜入取材してみることにした。キレイなお姉ちゃんの全裸を前にしたら、エンピツ以外のモノも握りたくなってしまうかも……!? ◆参加者の男性たちはエロ目的でないことは一目瞭然  ヌードデッサン会当日。我がホームタウンの新宿でまず向かったのはドン・キホーテ。デッサン用のスケッチブックやエンピツなどの文具をゲットする。購入後、中年男性が路地裏で新品のエンピツをガリガリと削る光景は、平和な日曜に相応しくない、周りからしたら不審者そのものだったであろう。  それはさておき、電車を乗り継ぎ、会場の最寄駅に向かう。開始時刻10分前に会場へ到着。さっそく受付で予約の旨を伝えるとともに、参加費2000円を支払う。そしてヌードデッサンが開催されるフロアに、いざ潜入。開始時間にはまだ余裕があるのに、すでにフロア内の椅子は9割以上埋まった状態だっ...more
in English
カテゴリー:

島田陽子 「エロティシズム表現は様々、挑戦しがいがある」 - 03月22日(水)07:00 

 1980年の「将軍SHOGUN」でゴールデングローブ賞を受賞するなど、「国際女優」として数々のドラマや映画に出演する島田陽子。また、初ヘアヌードに挑戦した写真集『キールロワイヤル』が55万部の大ヒットを記録するなど多方面で活躍。そんな彼女が“ラスト写真集”と話す『quatre』(1994年・スコラ刊。撮影/渡辺達生)の撮影当時を振り返る。  * * *  映画の中での表現に、「濡れ場」と言われているラブシーンがあります。一番神経を使うシーンです。どんなシーンでも、美しくありたいという思いがあり、撮影の時にはワンカットずつ、自分の動きを意識して演じます。腕は、足は、顔は、カメラにどう捉えられているか。もちろん、普通の演技ではカメラを忘れて演じていますが、ラブシーンとなるとどうしても余計な緊張感が襲います。  10分に一度、濡れ場が必要とされる、例えば日活ロマンポルノがありますが、私も東映の映画で、それに似た撮影がありました。ロマンポルノと言われる作品の濡れ場と、一般の作品の濡れ場に差はありません。強いて言えば、ラブシーンの数の問題くらいでしょうか。  女優がヌードを写真として世に問う! そんな時代がありました。代表的なのは、樋口可南子さんや宮沢りえさん。皆さん衝撃を受けられたと思いますが、私にとっても衝撃であり、美しく、表現者であることの真の意味を問う作品でありました。  同時期、...more
in English
カテゴリー:

櫻井翔「ラプラスの魔女」主演で広瀬すず&福士蒼汰と初共演!三池崇史監督と9年ぶりタッグ - 03月20日(月)05:00 

 「嵐」の櫻井翔が、ベストセラー作家・東野圭吾氏のデビュー30周年記念作を三池崇史監督が映画化する「ラプラスの魔女」に主演し、若手随一の人気を誇る広瀬すず、福士蒼汰と初共演を果たしていることが明らかになった。「神様のカルテ2」以来約4年ぶりの映画単独主演となる櫻井が、三池監督とタッグを組むのは「ヤッターマン」以来約9年ぶりとなる。  東野氏が「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と公言したほどの野心作は、累計発行部数28万部を突破。原作権の獲得には、12社が競合した話題作であり人気作だ。連続して2つの不審死が起きるが、それぞれの事件現場は遠く離れていたのにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での硫化水素中毒死、さらに死亡した2人が知人同士だったという難解な設定。櫻井は地球科学の研究者で警察から調査を依頼される大学教授の青江修介に扮する。また、広瀬は封鎖された事件現場に現れ次に起こる自然現象を言い当てる謎の女・羽原円華、福士は円華が探す失踪した青年・甘粕謙人を演じる。  櫻井にとっては、東野作品はNHKドラマ「トキオ 父への伝言」以来14年ぶりの出演となる。それだけに、「たくさんの“久しぶり”に胸が高鳴ります。事件に、そして円華に翻ろうされる青江ですが、監督、そして共演の皆さまとの“大きな化学反応”を現場で起こしていきたいと思います」と意欲を燃やしている。  三池組...more
in English
カテゴリー:

元AV女優・大塚咲が中学生のときからアート活動を続ける想い「指は欲望の象徴だと思う」 - 03月17日(金)15:57 

 現在、東京都港区の湾岸画廊にてある個展が開催されている。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1303475  女性の体から無数に伸びる腕と指。体を覆いながらも上下に根を張るように這う、生々しくも鮮やかな赤い塊。長辺が161cmにも及ぶこの巨大な油絵を描いた人物は「大塚咲」さん。絵画に興味がない男性でも、この名前は聞いたことがある人はきっと多いのではないだろうか。  そう、彼女は’04年のデビューから’12年の引退まで、じつに700タイトル以上のAVに出演した元人気AV女優、大塚咲さんだ。引退後は画家、写真家、モデルとして精力的に活動する彼女。創作活動に込める想いについて聞いた。 ◆「“欲”について、ずーっと考えてきた」 ――そもそも、絵を描き始めたのはいつ頃からなんですか? 大塚咲(以下、大塚):子供のときから絵が好きなコでした。中学校に入った頃には「作家として絵を書いていきたいな」と思ってましたね。それからも独学でずっと絵を描いてて、AV女優として現役だった頃も描いていました。 ――冒頭に紹介した「わたしのこと-Hello-」も含めて、大塚さんの作品には“指”をモチーフとした絵が多くあります。 大塚:指って欲望の象徴だと思っているんです。もともと中学生の頃くらいから、「欲って何だろう」っていう疑問が自分...more
in English
カテゴリー:

高田純次の「明日の1万より今日の千円って考え方してるから」 タモリをしても心配される - 03月14日(火)16:58 

文春オンラインでもおなじみ、テレビっ子ライター・てれびのスキマさんがこのたび『人生でムダなことばかり、みんなテレビに 教わった』(文春文庫)を刊行しました。   有吉弘行、岡村隆史、香取慎吾、黒柳徹子、清水富美加、タモリ、友近、ふなっしー、宮沢りえ、百田夏菜子、レイザーラモンRG……、 100人の有名人がテレビで発した「何気ない一言」。放送が終われば消えて行く言葉のなかに見える人物像、人生哲学とは一体どんなものでしょうか? 高田純次の「軽い」ように見える生き方はいま多くの人にとって「憧れ」の対象に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「宮沢りえ」の画像

もっと見る

「宮沢りえ」の動画

Wikipedia

宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日 - )は、日本の女優、ファッションモデル歌手東京都練馬区出身。エムツー企画所属。女優として映画舞台テレビドラマなどに出演。身長168cm。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ。

来歴

11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 週刊セブンティーン(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM三井のリハウスの初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

同時期から活躍していたのは後藤久美子で、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。後藤久美子とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。

10代の頃には、17歳の時にふんどし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる