「宮根誠司」とは?

関連ニュース

【テレビ】<古舘伊知郎氏> 宮根誠司氏と8年間連絡を断っていた!「あんな司会者になりたくない」 - 03月22日(水)15:03 

19日放送の「フルタチさん×Mr.サンデー合体SP」(フジテレビ系)で、フリーアナウンサーの古舘伊知郎氏が、宮根誠司氏と8年もの間一切の連絡を断っていたことが明らかとなった。 番組では、古舘氏がMCを務めるバラエティ番組「フルタチさん」と、宮根氏がMCを務める情報番組「Mr.サンデー」が合体し、両MCが共演することになった。 オープニングで古舘氏が「(ふたりは)あんまり仲良くないですからね」と早速冗談を飛ばすと、宮根氏は「あなたが私の連絡を遮断したんですよ!」と声を張り上げた。なんでも、古舘氏は報道番組「報道...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】「フルタチさん」名物、日本語テストで宮根アナと川田裕子アナが反則 - 03月19日(日)20:53 

 フジテレビ系の日曜夜の番組「フルタチさん」(後7時)と「Mr.サンデー」(後10時)が合体した「フルタチさん×Mr.サンデー合体SP」(後7時~)が19日、放送され、それぞれのMCである古舘伊知郎アナ(62)と宮根誠司アナ(53)が4時間スペシャルで共演した。  「フルタチさん」の名物企画「正しい日本語テスト」に宮根アナが挑戦。フジテレビの阿部千代アナ、宮澤智アナ、小澤陽子アナ、宮司愛海アナに元フジテレビの中井美穂アナ、近藤サトアナ、小島奈津子アナ、フリーの川田裕子アナも加わり、難問に挑んだ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

安藤政信「デタラメで最高な一本」初の探偵役に手応え - 03月17日(金)18:48 

安藤政信が、フジテレビで3月27日(月)24時35分から放送されるドラマ『ストリートワイズ イン ワンダーランド –事件の方が放っておかない探偵-』で主演することが決定。安藤がフジテレビのドラマで主演するのは初となる。安藤が演じるのは、どこからどう見てもハードボイルドな私立探偵・和田。「平凡でささやかな依頼に真正面から向き合う」という信条とは裏腹に、周りの連中に慕われ、絡まれ、まとわりつかれながら、いつも不本意にも世紀の大事件に巻き込まれていってしまう。安藤は本作について「こんなドラマは見たことがない」と語り、「一直線の気持ち良いほどのデタラメ感。画面の中の人たちは大真面目に演じているのに、撮ったものを客観的に見るとクスッと笑えるという不思議な空気。ハードボイルドなのにコメディ。コメディなのにハードボイルド。なんか面白い」と独特の世界観を紹介。「デタラメで最高な一本を、是非、皆さん観て下さい」とアピールしている。このオリジナルストーリーの脚本を担当したのは、先月「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる「第61回岸田國士戯曲賞」の受賞が決まったばかりのヨーロッパ企画代表・上田誠。「探偵ものなのに群像もの、ハードボイルドでありコメディ、そしてSF、という新しい触感の作品ができたと思っています。そうSFでもあるんです」とアピール。撮影現場の様子を振り返り「大変な熱気でしたし腹を抱えて笑いました」と...more
in English
カテゴリー:

宮根誠司、古舘伊知郎とのコラボ番組で恨み節からの舌戦へ - 03月17日(金)17:29 

古舘伊知郎と宮根誠司がそれぞれメーンを務めるフジテレビの2番組によるコラボレーション企画『フルタチさん×Mr.サンデー合体SP』が、3月19日(日)19時より4時間超にわたり放送される。今回、それぞれがお互いの番組にゲストとコメンテーターとして出演。宮根をゲストに迎えた『フルタチさん』パートでは、しゃべりのプロである古舘と宮根による「東西! 伝説のしゃべり番付」を発表。古舘は、東の横綱として徳光和夫、みのもんた、立川志の輔、田中角栄、立川談志を、宮根は西の横綱としてやしきたかじん、浜村淳、桂米朝、橋下徹、上岡龍太郎の名前を挙げ、過去の名シーンや、古舘や宮根だから知る貴重なエピソードを交えながら紹介していく。スタジオでは、古舘と宮根が赤井珠緒の結婚式の後に2人でカラオケに行った際、宮根が歌いたくても歌えなかったというエピソードを披露。宮根から古舘への恨み節は止まらず、これに対して古舘も古舘ならではのロジックで応戦。番組冒頭から、古舘と宮根による激しい舌戦が展開される。「日本語とアナウンサー」のコーナーでは、宮根はもちろん、ゲストにフリーの川田裕美、中井美穂、近藤サト、小島奈津子、フジテレビの阿部知代、宮澤智、小澤陽子、宮司愛海が登場。東西のアナウンサーが一堂に会し、「失敗談」や「体を張った仕事」などについて深く語り合っていく。入社1年目の中井が、緊急のニュースを読むことになった際の映...more
in English
カテゴリー:

アキラ100%、R-1特需にホクホク顔 村主章枝と裸つながり共演も - 03月14日(火)14:33 

 “ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2017』で優勝したお笑い芸人・アキラ100%が14日、都内で行われたGYAO!オリジナル番組『ニュース生オオギリ!!』の記者会見に出席した。 【写真】なわとびに挑戦したアキラ100%  この日も大勢の報道陣がカメラを向けるなか、お盆で股間を巧みに隠し続ける優勝ネタを披露したアキラ。会場をヒヤヒヤさせたが、囲み取材で「今までに失敗したことは?」と聞かれると「ないと言えばうそになる。裸3年目ですけど、ルーキーイヤーのときはファンブルしていましたね」とぶっちゃけて笑わせた。  優勝から約2週間が過ぎたが「今までとは全く違って、いろいろとお仕事をいただいている」と多忙な日々を送っている。「今までバイトに行ってライブに夜出る生活。今、バイトに行けなくなってるのが人生で初めて。それが一番、違いますね」とホクホク顔だった。  イベントには、自身初のフルヌード写真集を発売した元フィギュアスケーターで振付師の村主章枝も会見に同席。ゲスト出演としてオファーを受け「なんで呼んでいただいたのかわからなかった」と話すも、隣のアキラを横目に「“脱ぎ”かと。こういうコンビもあるんですね」と納得した様子。写真集の反響については「賛否両論いろいろあります。こんな話題になるとは思ってなかったですね」とコメントした。  同番組は、放送作家・倉本美津留氏と岡副麻希...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】「フルタチさん」宮根キャスター「Mr.サンデー」と合体で7・6% - 03月21日(火)18:08 

 19日に4時間に渡って放送されたフジテレビ系情報番組「フルタチさん」と宮根誠司キャスター(53)の「Mr.サンデー」合体SP(日曜・後7時)の平均視聴率が午後7時からが5・5%、午後9時からが7・6%を記録したことが21日分かった。  「フルタチさん」は昨年11月6日の初回8・2%、2回目8・1%で滑り出し。3回目で5・8%に急落も、4回目で8・0%と盛り返し。5回目5・3%、6回目6・0%、1月8日の新年1回目の放送が5・6%。15日が4・9%、22日が5・1%、29日が6・0%、2月5...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

古舘伊知郎と宮根誠司が4時間話しっぱなし!「フルタチさん」と「Mr.サンデー」がコラボ! - 03月17日(金)20:55 

9日放送回は、宮根誠司がMCを務める「Mr.サンデー」とコラボし、「フルタチさん×Mr.サンデー合体SP」との番組タイトルで、19時から23時9分までの4時間話しっぱなしの内容で放送される。
in English
カテゴリー:

安藤政信「デタラメで最高な一本」初の探偵役に手応え - 03月17日(金)18:30 

安藤政信が、フジテレビで3月27日(月)24時35分から放送されるドラマ『ストリートワイズ イン ワンダーランド –事件の方が放っておかない探偵-』で主演することが決定。安藤がフジテレビのドラマで主演するのは初となる。安藤が演じるのは、どこからどう見てもハードボイルドな私立探偵・和田。「平凡でささやかな依頼に真正面から向き合う」という信条とは裏腹に、周りの連中に慕われ、絡まれ、まとわりつかれながら、いつも不本意にも世紀の大事件に巻き込まれていってしまう。安藤は本作について「こんなドラマは見たことがない」と語り、「一直線の気持ち良いほどのデタラメ感。画面の中の人たちは大真面目に演じているのに、撮ったものを客観的に見るとクスッと笑えるという不思議な空気。ハードボイルドなのにコメディ。コメディなのにハードボイルド。なんか面白い」と独特の世界観を紹介。「デタラメで最高な一本を、是非、皆さん観て下さい」とアピールしている。このオリジナルストーリーの脚本を担当したのは、先月「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる「第61回岸田國士戯曲賞」の受賞が決まったばかりのヨーロッパ企画代表・上田誠。「探偵ものなのに群像もの、ハードボイルドでありコメディ、そしてSF、という新しい触感の作品ができたと思っています。そうSFでもあるんです」とアピール。撮影現場の様子を振り返り「大変な熱気でしたし腹を抱えて笑いました」と...more
in English
カテゴリー:

和田アキ子の電話に「うっとおしい」岡田圭右が本音ポロリ - 03月17日(金)11:05 

 3月12日放送の『アッコにおまかせ!』に、ますだおかだの岡田圭右(48)が出演。司会の和田アキ子(66)からの電話に、おびえていることを明かす場面があった。  番組では、昨年12月に当て逃げ事故を起こして謹慎中のNON STYLEの井上裕介(37)が、謝罪会見を行ったことを取り上げ、「自分がもしそうなった(謹慎した)とき、寂しくて私は耐えられないから。芸能界の匂いというか、ちょっとでも(電話)してあげたほうが、気が休まるというか」と、和田が井上を気遣って、毎日電話していたことを紹介した。  また、これについて国山ハセンアナ(26)は、宮根誠司アナ(53)が『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、「まぁ、これね、(アッコさんからの電話は)井上さんにとってはうっとうしかったでしょうねぇ」とコメントしたことを紹介。そこで番組スタッフが、準レギュラーの陣内智則(43)、松村邦洋(49)、増田英彦(47)、岡田の4人にメールで緊急アンケートをとったことが明かされた。  最初の3人は「逆にありがたい」といった返答だったのだが、「アッコさんからの電話をうっとうしいと感じたことはありますか?(これは無記名にしようと思ってます…)」という質問に、岡田は「ハイ」と回答したという。和田に「どういうこと?」と詰め寄られると、「いやいやいや、だから、うっとうしいという、その意味合いが違うのよ。字で見た...more
in English
カテゴリー:

【話題】宮根氏「朴槿恵さんあまりにも可哀想」 - 03月13日(月)23:22 

2017年3月13日 21時0分 トピックニュース 13日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、司会の宮根誠司氏が、韓国の元大統領・朴槿恵(パク・クネ)氏について「あまりにも可哀想」と同情する場面があった。 番組では「失職でトップ不在 孤独な元大統領の未来」と題し、朴槿恵氏が罷免され、ソウル市内の自宅に帰宅したことを伝えていた。 スタジオには、週刊現代特別編集委員で、過去には朴槿恵氏にロングインタビューをしたこともある近藤大介氏が出演。朴槿恵氏について「女子高生みたいな純粋無垢な少女が、そのまま大人になっ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「宮根誠司」の画像

もっと見る

「宮根誠司」の動画

Wikipedia

宮根 誠司(みやね せいじ、1963年4月27日 - Take Off Mg > Talent > 宮根誠司(Seiji Miyane))は、日本フリーアナウンサータレント、司会者。元朝日放送アナウンサー。島根県大田市出身、。テイクオフ(TakeOFF)所属。

来歴 局アナ時代

島根県立大田高等学校卒業後、浪人生活宮根誠司、タモリと念願の初対面「かなり追っかけでした」― オリコン 2014-01-13 12:48を経て関西大学経済学部に入学。大学卒業後の1987年、朝日放送(以下、ABC)へ入社。元々アナウンサーを志してはいなかったが、就職活動中にふと立ち寄った就職課で朝日放送の募集掲示を見て軽い気持ちで応募し、面接でのトークが成功して採用された。新人時代はアナウンサーとしての基礎知識がなくなかなか担当番組がもらえずニュース読みを続けたという。

ABCテレビ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる