「宮本恒靖」とは?

「宮本恒靖」の画像

もっと見る

「宮本恒靖」の動画

Wikipedia

宮本 恒靖(みやもと つねやす、1977年2月7日 - )は、大阪府富田林市出身の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者。ガンバ大阪U-23監督。同志社大学卒。

2002年と2006年にはFIFAワールドカップに出場し、キャプテンを務めた。

2013年7月19日、第13期FIFAマスターを卒業し、元プロ選手としては2人目、日本人元プロ選手としては初めてのFIFAマスター卒業生となった。

来歴 プロ入り前

大阪府富田林市出身。サッカーを始めたのは富田林市立伏山台小学校5年生(10歳)。ポジションはフォワードだった。サッカーを始めるまでは、地区の少年ソフトボールをしていた。地元の富田林市立金剛中学校に進学、同校にてサッカーの指導を受けて技術を向上、サッカーを始めてから約3年後の中学2年生時「第14回全日本選抜中学生大会」(現・14歳以下ナショナルトレセン)、日本ジュニアユース代表候補(現・U-15代表候補)合宿に招集。中学校2年生時「大阪府英語暗唱大会」で優勝。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる