「宮本和知」とは?

関連ニュース

【芸能】水卜アナ人気もメッキ剥がれ…『ヒルナンデス!』、あの『バイキング』に敗北寸前の危機 - 10月19日(木)20:18  mnewsplus

昼の情報番組『ひるおび!』(TBS系)の今年上半期の平均視聴率が、同時間帯トップを記録した。 「午後(11時55分~13時55分)が7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、裏の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『バイキング』(フジテレビ系)に勝利しました。 『笑っていいとも!』(同)の全盛期、TBSは伊集院光司会の『素敵な気分De!』や 『宮本和知の熱血!昼休み』『おサイフいっぱいクイズ!QQQのQ』『マダムんむん』といった番組で『いいとも』に挑むも、次々と玉砕しました。 しかし、今やそんな悲しい歴史...
»続きを読む
カテゴリー:

博物館のような調度に囲まれていただく、北海道料理の店 - 10月10日(火)15:10 

10月7日放送の「ぶらり途中下車の旅秋の北海道2時間スペシャル」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、札幌市営地下鉄東西線・JR函館本線で途中下車しながらぶらり旅した中で、「かすべ」(北海道小樽市)が紹介された。 こちらは薪や船の錨が置いてあるなど、外観からも気になる北海道料理のお店。 店内に入るとすぐに土間、バーカウンターは船、広告や飾り付けの花が置いてあるのは馬ソリと、博物館さながらの独特な雰囲気だ。調度品は皆実際に使われていたものなのだという。 「かすべ煮こごり」(860円/税込み)と「トロイカ鍋」(2人前2,160円/税込み)を、宮本和知さんがいただいた。 「かすべ煮こごり」は、かすべというエイを使った骨もおいしい一品で、女性にも人気なのだとか。 看板メニューの「トロイカ鍋」は、鉄鍋に特製のスープを浸し、たっぷりの野菜とえび・ホタテを盛りつけて煮込み、仕上げに生玉子を割り入れて完成だ。シンプルながら深みのある味わいが楽しめる鍋となっている。 「うわぁ!ぷるんぷるんしてますね!」とコメントしつつ「かすべ煮こごり」を一口食べた宮本さんは、「んっ?ザクザク、サクサク、すっごい歯ごたえですね!これ、軟骨ですか?このコリコリっていうのは。うわ~…、おいしい…。おいしいです!」と感嘆した。 「トロイカ鍋」のスープを一口飲むと、「うわーっ!このなんていうんですか、えびのこ...more
カテゴリー:

原氏らペルーで野球教室=日系人協会設立100周年で - 10月19日(木)16:46 

 国際協力機構(JICA)は19日、東京都渋谷区のペルー大使館で記者会見し、11月19日にリマ市で前巨人監督の原辰徳氏らによる子ども向けの野球教室を開催すると発表した。ペルー日系人協会設立100周年を記念するイベントで、巨人でプレーした宮本和知、駒田徳広、西山秀二、元大洋(現DeNA)の久保文雄各氏も講師として参加する。 原氏は「野球を通じて、ペルーの人たちにいい形の物を残したい。野球のレベルは高くないと思うが、種をまき、芽が出て大きな花を咲かせられたらいい」と語った。 [時事通信社]
カテゴリー:

「宮本和知」の画像

もっと見る

「宮本和知」の動画

Wikipedia

宮本 和知(みやもと かずとも、1964年2月13日 - )は、山口県下関市出身の元プロ野球選手投手)、司会者、タレント、スポーツコメンテーター。ホリプロ所属。

略歴・人物 プロ入り前

山口県下関市出身。小学校3年よりサッカーを始める。中学校時代はサッカー部に入部もすぐ退部して野球を始める。山口県立下関工業高等学校2年の時、投手に転向 少年期は サッカーのエース…宮本和知さん 読売新聞 2015年4月20日閲覧。1980年秋季中国大会に進出するが、準々決勝で岡山理大付に敗退。翌1981年夏の甲子園県予選でも準決勝に進むが、下関商に惜敗し甲子園には出場できなかった。高校卒業後、社会人野球の川崎製鉄水島製鉄所野球部へ入団。

1983年には、日本鋼管福山の補強選手として都市対抗に出場「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年。翌1984年も川崎製鉄水島のエースとして都市対抗予選で好投、チームを初出場に導く。一方、同年に公開競技として初めて開催されたロサンゼルスオ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる