「宮本和知」とは?

関連ニュース

元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」 - 06月16日(金)13:00 

レジェンドベースボール株式会社が手がける体感型野球ゲーム「レジェンドベースボール」は、リアルなスポーツとしてのバッティング要素、変幻自在のピッチング操作や守備操作、そうした対戦ゲームとしての要素が高次元で1つになっており、本格的な野球の試合のオンライン対戦まで可能とする新しい世代のe-Sportsゲーム機だ。ゲームの全体。バッティングセンターとは違い、それほど高さは必要ない。一見するとバッティングセンターに設置してあるバッティングマシンに見えなくもない。本作がこれまでのバッティングセンターと異なるのはそのゲーム性にある。攻撃側と守備側に分かれ、まるで本当に野球の対戦をしているかのようなシミュレーションゲームを楽しむことができるのだ。現在稼働中の筐体に関しては軟式のみだが準硬式、硬式の3種類から選択可能。ピッチングマシンではストレートやカーブといった球種を選んで投げられるほか、ストライクゾーン狙いだけでなく、あえてボール球を投げることもできるのだ。その筐体サイズだが、縦17m×横5M×高さ3.5mと本格的。ハイクォリティ仕様のプロジェクターから映し出されるリアルなピッチャーから、精巧な制球を可能とするピッチングマシンにより投球される。バッターの打席には360度全方向を読み取るセンサーが置かれており、打球速度や飛距離、方向を性格に再現してくれる。位置を測るためのセンサープレイするモード...more
カテゴリー:

「宮本和知」の画像

もっと見る

「宮本和知」の動画

Wikipedia

宮本 和知(みやもと かずとも、1964年2月13日 - )は、山口県下関市出身の元プロ野球選手投手)、司会者、タレント、スポーツコメンテーター。ホリプロ所属。

略歴・人物 プロ入り前

山口県下関市出身。小学校3年よりサッカーを始める。中学校時代はサッカー部に入部もすぐ退部して野球を始める。山口県立下関工業高等学校2年の時、投手に転向 少年期は サッカーのエース…宮本和知さん 読売新聞 2015年4月20日閲覧。高校卒業後、社会人野球の川崎製鉄水島製鉄所野球部へ入団。

1984年、公開競技として初めて開催されたロサンゼルスオリンピック・野球で金メダル獲得に貢献した。同年のプロ野球ドラフト会議で...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる