「宮本信子」とは?

関連ニュース

最強トラウマ漫画の映画化「ミスミソウ」主演は注目女優・山田杏奈!衝撃のビジュアル完成 - 12月13日(水)15:00 

 「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる押切蓮介氏の漫画を、内藤瑛亮監督が実写映画化する「ミスミソウ」が2018年4月7日から公開されることが決定し、ティザービジュアルが披露された。さらに16歳の注目女優・山田杏奈が、本作で映画初主演を果たすことが明らかになった。壮絶ないじめを受け、心が崩壊していく少女という難役に挑む。 ・【フォトギャラリー】「ミスミソウ」ビジュアル  「ライチ☆光クラブ」「先生を流産させる会」の内藤監督が、“最強のトラウマ漫画”と謳われる同名コミックを映画化。雪が舞い散る田舎町に渦巻く、嫉妬、虐待、絶望など“人間の負のエネルギー”を、激しいバイオレンス描写とともに映し出す。主人公・野咲春花は、転校した学校で壮絶なイジメを受けていた。唯一の味方であるクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)を心の支えにして、エスカレートするいじめに耐えていた。そんなある日、自宅が火事になるという悲劇に見舞われ、ついに春花の心は崩壊する。  春花役の山田は、ゲームアプリ「城とドラゴン」のCM、人気バンド「KANA-BOON」のミュージックビデオへの出演で話題を呼んだ注目株。「初めて映画の主演をさせていただくということで、不安はありましたが、野咲春花としてこの作品に携わることができて嬉しい気持ちでいっぱいです。原作は出演が決まる前に読んだことがあったのですが、バイオレンス要...more
カテゴリー:

「宮本信子」の画像

もっと見る

「宮本信子」の動画

Wikipedia

宮本 信子(みやもと のぶこ、戸籍名;池内 信子、旧姓;宮本、1945年3月27日 - )は、日本の女優、歌手北海道小樽市生まれ、愛知県名古屋市育ち。愛知淑徳高等学校卒業。夫は伊丹十三。長男は池内万作。所属事務所は東宝芸能(1990年から)。

来歴・人物

1963年、高校卒業後、文学座附属演劇研究所に入所。翌年に木村功が中心メンバーの劇団青俳に入団。舞台で活躍後はフリーとなる。1970年代はTVドラマに脇役として多数出演。映画日本春歌考での共演が縁で1969年に伊丹と結婚し、子育てが一段落した1984年に夫がメガホンを取ったお葬式に主演しブレイク。以降の伊丹作品に全て出演し、作品ごとに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる