「宮本亜門」とは?

関連ニュース

黒澤明の名作『生きる』を、世界で初めてミュージカル化。主演の渡辺勘治役を演じるのは、市村正親と鹿賀丈史(ダブルキャスト)。演出は宮本亜門が担う。10月、開幕。 - 02月19日(月)11:35 

[株式会社ホリプロ] [画像: https://prtimes.jp/i/28143/40/resize/d28143-40-229892-0.jpg ] 詳細はこちら http://hpot.jp/stage/ikiru2018 1952年公開の黒澤明監督の代表作「生きる」が、黒澤明没後20年の今年、ミュージカルと...
カテゴリー:

【元俳優】成宮寛貴氏をかくまった人気男性歌手Aとその彼氏 - 01月28日(日)15:23  mnewsplus

江角マキコ、堀北真希、清水富美加(現・千眼美子)、安室奈美恵そして小室哲哉と、昨年から続く芸能界の“引退連鎖”。 それぞれ事情は異なるが、火付け役といえば、一昨年末にコカイン吸引疑惑をうやむやにしたまま芸能界を去った元俳優・成宮寛貴氏(35)だ。 昨年7月末、成宮氏は万人向けのインスタグラムを開始。 鍛えた裸の上半身裸やハイブランドの服を着たセルフィーなど“インスタ映え”する画像をたびたびアップし、世間から忘れられないよう存在感をアピールしている。 そして、今月11日にはインスタからリンクできる仕...
»続きを読む
カテゴリー:

黒澤明監督『生きる』初ミュージカル化が決定 市村正親&鹿賀丈史がWキャスト - 02月19日(月)06:00 

 日本の映画史上、世界にもっとも影響力のある映画監督・黒澤明氏が、1952年に発表した代表作『生きる』を、世界で初めてミュージカル化することが19日、明らかになった。2018年は、黒澤監督が亡くなってから20年目の年。同作は「黒澤明 没後20年記念作品」として上演する。 【写真】過去には…“夫婦”を演じた市村正親&鹿賀丈史  物語は、役所の市民課に30年勤め、まもなく60歳で定年を迎えようとしている市民課長の渡辺勘治が、当時、不治の病とされていた胃がんになり余命がわずかだと知る。あまり時間が残されていないことを知った渡辺は、これまでの人生を考えて苦悩しつつも、公僕としての自分の仕事に目覚め、人間として自分は何をすべきか「本当に生きる」ことの意味を見つけていく。  今作で、主人公・渡辺を俳優の市村正親(69)と鹿賀丈史(67)がダブルキャストで交互に演じ、演出を手がけるのは、日本を代表する演出家の宮本亜門(60)。音楽は、今もなお全米で愛されるブロードウェイ・ミュージカル『若草物語』の作曲家、ジェイソン・ホーランド氏が務め、脚本・歌詞は、ディズニーアニメ『アナと雪の女王』の翻訳・訳詞を手がけた日本屈指のミュージカル作家、高橋知伽江氏が担当する。  「黒澤監督の映画『生きる』をミュージカルにすると最初に聞いたときは、非常に目のつけどころが面白いと感じました」と話す市村は「今回の...more
カテゴリー:

「宮本亜門」の画像

もっと見る

「宮本亜門」の動画

Wikipedia

宮本 亜門(みやもと あもん、1958年1月4日 - )は、日本演出家

東京・銀座生まれ。ミュージカルストレートプレイオペラ歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。2017年、演出家デビュー30周年で、演出作品数は110本以上(再演作品含む)。株式会社ホリプロ スポーツ文化部所属。

略歴

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる