「宮本亜門」とは?

関連ニュース

宮本亜門も「販売した方が良い」と絶賛の納豆アレンジは? - 06月27日(火)14:30 

日々の生活をだんぜんシアワセにする、“食・健康・美容・住まい”の裏ワザを紹介する人気バラエティ『ガッテン!』(NHK総合、毎週水曜19:30~)。6月28日は、ゲストに宮本亜門、磯山さやか、山根千佳を迎え、「すごいネバ!納豆の新ワザ大連発」を放送する。日本人の食卓に欠かせない「納豆」。その特徴はもちろん、臭いと、ネバネバ。これらを生み出しているのが納豆菌だが、実は納豆菌には驚くべきパワーが秘められていることが明らかになった。日本では納豆を「臭いと粘り」の食べ物として、そのままいただくことが多いが、実はアジアやアフリカでは、納豆を色々な料理に入れて美味しさをアップさせる、うま味調味料として活用していることを発見。実は納豆菌はタンパク質を分解する酵素パワーが強く、それがうま味調味料の代わりになるほどの美味しさを引き出していたのだ。それがわかれば納豆菌で、大豆以外のタンパク質豊富な身近な食材も大変化!?また、アメリカでは、納豆が大好きな少年が、ネバネバが苦手な人にもうれしい、新食感ふわふわ納豆を提案!? さらに東南アジアのミャンマーの人々は、納豆をつぶして香辛料を加え、かけてよし、ぬってよしの万能調味料として活用しているという。今回番組では、オリジナルの調味料「納豆ジャン」を開発し、詳しいレシピを大公開。予告動画では、その美味しさにゲストたちが驚く一幕も……。納豆と納豆菌のまったく新しい...more
カテゴリー:

うどん県クロニクル(年代記)第2章/アートの時代(20)現代サーカスの拠点  幸運は海の向こうから - 06月24日(土)09:34 

宮本亜門さんの話を聞いて同じフレーズをどこかで聞いた気がした。
カテゴリー:

宮本亜門が日仏共同制作オペラ《金閣寺》を演出 - 06月23日(金)16:20 

日本最大のオペラ団体である東京二期会は近年、ヨーロッパの歌劇場との提携公演や共同制作を積極的に行なって、世界のオペラ・シーンを見据えた活動を展開しているが、来シーズンはフランス国立ラン歌劇場と共同で、黛敏郎(1929-1997)のオペラ《金閣寺》(三島由紀夫原作)を新制作上演する。6月19日、都内で制作発表会見が行なわれた。【チケット情報はこちら】(PC)黛敏郎の《金閣寺》はベルリン・ドイツ・オペラの委嘱により作曲、1976年6月にベルリンで世界初演された。だから歌詞はドイツ語。日本では1991年にようやく初演され、その後1997年、1999年、2015年にも国内上演されている。けっして上演回数が多いとは言えないかもしれないが、20世紀オペラ屈指の名作だ。今回の演出を委ねられたのは宮本亜門。ミュージカルからスタートした彼だが、2002年の《フィガロの結婚》以来、二期会とも多くの名オペラ演出を生んできた。「(黛の《金閣寺》は)いつかもし演出できれば、とずっと待ち望んでいた。音楽がなんと力強いことか。ストラヴィンスキーやラヴェルのようにエネルギーが生々しく迫ってくる」(宮本)この原作を舞台化する際、金閣寺という存在をどう扱うかがポイントになるだろうが、黛と宮本は、その方向性において共鳴し合っているようだ。2011年、神奈川芸術劇場(KAAT)こけら落とし公演で宮本亜門が手がけた演劇版《...more
カテゴリー:

宮本亜門、演出家生活30周年に感慨「90歳過ぎても演出家やる」 - 06月15日(木)22:00 

 演出家の宮本亜門氏(59)が15日、出身地の東京・銀座にあるレストラン「ティエリーマルクス」で演出家生活30周年記念パーティーを開いた。パーティー前に取材に応じた宮本氏は「世界的に演出家って長生きする。僕は90歳を過ぎても演出家やる」と宣言した。 【写真】出身地の銀座を上から眺める宮本亜門氏  30年という月日について問われると宮本氏は「30年、経っちゃいました。劇団も持っていないし、やっていけんのかなって思いながらの30年だった。自分でも信じられない」と感慨深げ。1987年4月にオリジナルミュージカル『アイ・ガット・マーマン』で演出家としてデビューし、翌年に同作品で文化庁芸術祭賞を受賞する。一躍、人気演出家となり、これまで118本の演出を務めている。  04年に米・ブロードウェイで『太平洋序曲』を上映し、トニー賞4部門でノミネートを果たしたが受賞はできなかった。宮本氏は「トニー賞はノミネートだけじゃ全然、満足できません。授賞式に出て悔しくて悔しくて1人、ムッとしていました」と懐かしそうに振り返り「やっぱり受賞しなきゃ。そこは一つの目標として死ぬまで向かう」と言い切っていた。  演出家としては「まだ足りない。一応、ニューヨークやロンドンに行ったけど全然、足りない。まだ演出家をやって3年ぐらいしか経ってないんじゃないかと思っている。まだまだやりたいことがある」ときっぱり。「...more
カテゴリー:

宮本亜門も「販売した方が良い」と絶賛の納豆アレンジは? - 06月27日(火)14:22 

日々の生活をだんぜんシアワセにする、“食・健康・美容・住まい”の裏ワザを紹介する人気バラエティ『ガッテン!』(NHK総合、毎週水曜19:30~)。6月28日は、ゲストに宮本亜門、磯山さやか、山根千佳を迎え、「すごいネバ!納豆の新ワザ大連発」を放送する。日本人の食卓に欠かせない「納豆」。その特徴はもちろん、臭いと、ネバネバ。これらを生み出しているのが納豆菌だが、実は納豆菌には驚くべきパワーが秘められていることが明らかになった。日本では納豆を「臭いと粘り」の食べ物として、そのままいただくことが多いが、実はアジアやアフリカでは、納豆を色々な料理に入れて美味しさをアップさせる、うま味調味料として活用していることを発見。実は納豆菌はタンパク質を分解する酵素パワーが強く、それがうま味調味料の代わりになるほどの美味しさを引き出していたのだ。それがわかれば納豆菌で、大豆以外のタンパク質豊富な身近な食材も大変化!?また、アメリカでは、納豆が大好きな少年が、ネバネバが苦手な人にもうれしい、新食感ふわふわ納豆を提案!? さらに東南アジアのミャンマーの人々は、納豆をつぶして香辛料を加え、かけてよし、ぬってよしの万能調味料として活用しているという。今回番組では、オリジナルの調味料「納豆ジャン」を開発し、詳しいレシピを大公開。予告動画では、その美味しさにゲストたちが驚く一幕も……。納豆と納豆菌のまったく新しい...more
カテゴリー:

麻央さんブログに追悼続々 芸能界からも悲しみの声 櫻井翔「家族を失った気持ち」 - 06月23日(金)17:59 

 乳がんを患い闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日夜、死去した。34歳だった。23日に都内で行われた会見で、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が「きのう、妻が旅立ちました」と報告した。訃報を受け、麻央さんのブログをはじめ、SNS、芸能界から追悼のコメントが続々と寄せられた。 【写真】小林麻央さん 子どもたち&夫・海老蔵との家族4ショット  一夜明けたきょう23日、東京・Bunkamuraシアターコクーンの公演の合間に同所で会見を行った海老蔵は、麻央さん最期の言葉、長女・麗禾(れいか)ちゃん、長男・勸玄(かんげん)くんの様子、そして「僕を変えた奥さん」と、最愛の妻・麻央さんへの思いを口にした。  訃報を受け、20日までに合計で352回も投稿された麻央さんのブログには「いつも私たちにも励ましありがとう」「私も麻央さんのように強く生きていきます」「麻央さん、長い間、本当にお疲れさまでした。自分が入院した時、痛かったり辛かったりすることがたくさんありました。でも、麻央さんはもっと辛い思いをされているかと思い、乗り越えることができました。たくさんの勇気をありがとうございました」。  ツイッターでは「母として 妻として 女性として生き様を見せてもらいました。本当に悲しい。こんなにも万人に愛された麻央ちゃん。安らかに」「若いのに、幼い子供もいるのにただただ残念。でも闘病生...more
カテゴリー:

小林麻央さん死去 悲しみと追悼続々 「万人に愛された麻央ちゃん…」 - 06月23日(金)14:39 

 乳がんを患い闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日夜、死去した。34歳だった。一夜明けた23日午後2時30分頃から都内で行われた会見で、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が報告した。訃報を受け、SNS上には悲しみと追悼の声であふれ、数多くの芸能人らもしのんだ。 【写真】小林麻央さん 子どもたち&夫・海老蔵との家族4ショット  ツイッターなどでは「麻央さん早すぎる…若すぎる…」「母として 妻として 女性として生き様を見せてもらいました。本当に悲しい。こんなにも万人に愛された麻央ちゃん。安らかに」「若いのに、幼い子供もいるのにただただ残念。でも闘病生活よく頑張ったと思います。どうかゆっくりお休みください」などのコメントであふれ、「オレンジジュース」のエントリーで更新した麻央さんの最後のブログにも続々とメッセージが届いている。  会見前に、すでに訃報が報じられており、フジテレビ系『バイキング』のMC・坂上忍は「闘病されてて、(姉・小林)麻耶ちゃんともお付き合いあった中で…」と、口にするも言葉に詰まり「後で会見するんでしょ? ちょっとそうさせて頂きたいというか、いつも通りにさせていただいていいですか?」と手で顔をおさえ涙を拭った。  元バレーボール女子日本代表の大山加奈は、先日、母・久美子さんが、がんと闘った末、55歳で亡くなったばかり。ツイッターでは「つらいニュー...more
カテゴリー:

【芸能】森山未來が「絶対に近寄ってはいけない」と睨みつけた先輩俳優の実名告白 - 06月03日(土)15:38 

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/03/0010249878.shtml  俳優でダンサーの森山未來(32)が3日、TBS系「サワコの朝」に出演し、デビューした15歳のときに「絶対に近寄ってはいけない」とにらみ付けていた先輩俳優の実名を告白した。  森山は宮本亜門氏演出の舞台「ボーイズ・タイム」のオーディションに合格し、デビューした。 10人が出演し、「僕以外の人たちが、僕の世界のすべて」だったという。 そんなとき、俳優の古田新太(51)が姿を見せると、9人の共演者全員が「バーッと立ち上がって、『古田さん...
»続きを読む
カテゴリー:

「宮本亜門」の画像

もっと見る

「宮本亜門」の動画

Wikipedia

宮本 亜門(みやもと あもん、1958年1月4日 - )は、日本演出家

東京・銀座生まれ。血液型はB型。ミュージカルストレートプレイオペラ歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。株式会社ホリプロ スポーツ文化部所属。

略歴

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる