「宮川彬良」とは?

関連ニュース

メニコンスーパーコンサート2017 宮川彬良&アンサンブル・ベガ特別演奏会歌劇「あしたの瞳」~もうひとつの未来 SPECIALダイジェストin福岡 - 09月21日(木)16:35 

[株式会社メニコン] メニコンは『メニコンスーパーコンサート』や『メニコンカップ(日本クラブユースサッカー東西対抗戦 U-15)』の特別協賛などを通じて、人の心を豊かにする文化やスポーツの分野における独創的なクリエイターや...
カテゴリー:

小豆島中央高で初の文化祭 校歌への思い語る 作詞・響、作曲・宮川さんゲスト - 09月10日(日)09:19 

小豆島、土庄の両高校を統合して今年4月に開校した小豆島中央高校(小豆島町蒲生)の校歌を手掛けた響敏也さんと宮川彬良さんが9日、同校を訪問。
カテゴリー:

井上芳雄の初シングル「風のオリヴァストロ」はどれを買う? - 09月15日(金)22:46 

舞台、ライブ、テレビ、ラジオ…と活躍の場をどんどん広げているミュージカル界のプリンス、井上芳雄。意外なことに彼にとってこれが初めてとなるシングルCDが10月4日(水)にビクターエンタテインメントよりリリースされる。タイトルは「風のオリヴァストロ」。 井上芳雄が挑む橋爪功との二人芝居「謎の変奏曲」 表題曲は、かつてBS-i(BS-TBS)で放送されていた「AQUOS美術館『かくて名画は生まれた』」のテーマ曲として作曲されたメロディーで、作曲者は劇団四季や東京ディズニーランドのショーの音楽を手掛けた宮川彬良。宮川作の番組テーマ曲は、オーケストラ曲に仕立てられ、宮川と新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートで演奏されるなどするうちに評判が高まった。 その後、仙台出身でフリーアナウンサー、作詞家として活動する安田佑子がこの曲に詞をつけ、「風のオリヴァストロ」という楽曲に生まれ変わる。メロディーから作詞の安田が感じたテーマは「永遠の別れ」と「感謝」だという。宮川&安田といえば、現在放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。宮川が音楽担当で、太田裕美が歌う劇中歌「恋のうた」を安田作詞、宮川作曲で生み出している。 井上芳雄は、2014年と2016年に上演されたリーディング・ドラマ「夜と霧」に主演した際、音楽担当の宮川、そして名曲「風のオリヴァストロ」と出会った。感銘を受けた井上はその後自身のコ...more
カテゴリー:

「宮川彬良」の画像

もっと見る

「宮川彬良」の動画

Wikipedia

宮川 彬良(みやがわ あきら、1961年2月18日 - )は、日本作曲家ピアニスト。本名は宮川 晶(読み同じ)。東京都出身。父は作曲家の宮川泰。妻はバイオリニストの宮川由利子。

来歴・人物

和光高等学校卒業。東京芸術大学音楽学部作曲科中退。大阪芸術大学音楽学科元客員教授

ジャパンアクションクラブ (JAC)、宝塚歌劇団劇団四季など、多くのミュージカル音楽や、東京ディズニーランドのショー音楽なども手掛けている。2004年には...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる