「宮崎駿」とは?

関連ニュース

ギターウルフ・セイジ「イギー・ポップはケタが違う!」 - 08月19日(土)14:01 

ジム・ジャームッシュ監督によるロック・ドキュメンタリーで、イギー・ポップがフロントマンをつとめる伝説的バンド「ザ・ストゥージズ」を追いかけた『ギミー・デンジャー』。この映画が8月18日に、新宿シネマカリテで開催されていた「カリテ・ファンタスティック・シネマ・コレクション」のクロージング作品として上映され、トークゲストとして、ザ・ストゥージズのファンで、7月に米オークランドで行われた音楽フェスティバル「Burger Boogaloo 2017」でイギーと競演し、世界的に活躍しているロックバンド「ギターウルフ」のセイジが登場した。 本作についてセイジは「アメリカのバンドドキュメンタリーは、つまんないインタビューばかりのものが多いけど、これはイギーがたくさん喋っていて、あの時代の暴れてる頃の映像も多くて面白かった」とコメント。 とりわけセイジは、ザ・ストゥージズのライバルで、当時のデトロイト系のパンクの雄として活躍した「MC5」の存在が気になっていたようで、「一番興味があったのは、イギーやストゥージズとMC5がデトロイトでどういうライバル関係にあったかということ。あの時期にライバルがいたおかげで、2つのバンドはすごくなっていったと想像していました。その辺がよく描かれていて、たまんなかった」と嬉しそうに語った。 セイジが、イギーを初めて見たのは1998年の第2回フジロックフェスティバ...more
カテゴリー:

宮崎駿の新作が判明 クルミわり人形とネズミの王さま 大ヒット200億円間違いなし - 08月17日(木)22:55  news

クルミわり人形とネズミの王さま ~メルヘンのたからもの~ 絵 宮崎駿 画像 2 3 4 http:// ...
»続きを読む
カテゴリー:

ユーミン、荒井由美時代の楽曲軸にした舞台に意欲「今の実力で丁寧に歌いたい」 - 08月17日(木)16:30 

 シンガーソングライターの松任谷由実の楽曲と芝居が融合する東京・帝国劇場の舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表が8月17日、都内で行われた。  由実と帝劇のコラボレーションは3年ぶり3度目。夫の松任谷正隆氏が荒井由美時代の1976年に発表したアルバム「14番目の月」に収録した楽曲をタイトルに脚本を書き下ろし、演出も担当する。  由実は同曲について、「永遠の中で一瞬の巡り合う2人を、バラードのメロディに乗せたかったのを覚えている。歌唱力を無視して作ったので、私の作品の中で最も歌うのが難しい曲」と苦笑い。それでも、「永遠や宇宙といったものを、初めて日本のポップスに取り入れたのは私だと自負している。歌を作った時の自分に戻れるよう、今の実力で丁寧に歌いたい」と抱負を述べた。  由実はストーリーテラーの役割も担い、生歌唱をバックに500年後の未来を舞台にした寺脇康文と宮澤佐江のラブストーリーを軸にしたファンタジックな物語が展開する。寺脇は「世界観が素晴らしくて、心が躍る。宇宙、死生観が大きなテーマとしてあって、設定は突飛なところもあるが差し引いても現実感がもてる。寺脇康文の新しい、ダークな側面が見ていただけると思う」と意欲を見せた。  宮澤はAKB48時代の2011年、NHK紅白歌合戦で由実が「春よ来い」を歌った際にバックで歌ったことがあり、「あの時が、一番テレビに映りたかった瞬間だ...more
カテゴリー:

「この世界の片隅に」が全米で公開 ニューヨーカーたちの反応は? - 08月15日(火)10:00 

昨年から日本中を沸かせている片渕須直監督作「この世界の片隅に」が8月11日(現地時間)、ついに全米公開を迎えた。宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメ―ション賞を受賞したように...
カテゴリー:

永野芽郁の「トトロごっこ」がかわいい 傘の上には女性が? - 08月14日(月)07:00 

(C)関西テレビ『僕たりがやりました』(フジテレビ・関西テレビ系)でヒロイン・蒼川蓮子役を務め、来春から放送予定の朝ドラ『半分、青い。』(NHK)での主演も決定しているなど、目下ブレイク中の女優・永野芽郁。そんな彼女が写った写真が今、ツイッター上で話題になっている。■永野芽郁のかわいすぎる「トトロごっこ」蓮子#トトロごっこ #僕やり pic.twitter.com/uzu0sqf3aS— スタダ1部のマネージャーの。 (@STD_sec1) 2017年8月12日永野が所属する事務所のマネージャーのアカウントに投稿された写真。永野がトトロごっこをしている写真で、傘を左手におどけた様子で独特なポーズをとっている。濃い緑の中、彼女の清涼感・色白さが際立つ一枚だ。■蓮子の傘の上に女性が乗ってる?この投稿には「かわいい」「脚ほそい」などのコメントが寄せられることに。・かわいい!・芽郁ちゃん可愛いです・トトロごっことかかわいい(笑)・やることが全部可愛すぎる…その一方、偶然写り込んだと見られる、河川敷を歩く女性に言及する人も。・傘の上に人が乗ってるみたいになってる!・永野芽郁さんの上にいる女性写ってるの奇跡だなと感じました・傘の上に人乗ってません? ミラクルじゃないですかたしかに、傘の上に人が乗っているようにも見える1枚である。■見飽きたジブリ映画 『トトロ』は1位なお、しらべぇ編...more
カテゴリー:

パーマ大佐、歌ネタ王決勝進出「誰にも怒られないネタで臨みます」 - 08月18日(金)20:37 

 『歌ネタ王決定戦2017』のファイナリスト発表会見が18日、大阪市内のMBSで行われ、ANZEN漫才やナイツら参加。今年1月に童謡「森のくまさん」の替え歌騒動で話題となったパーマ大佐は「誰にも怒られないネタ」と栄冠に意欲を見せた。 【写真】昨年はかまいたちが王者に  マイクを持つとパーマ大佐は「『森のくまさん』騒動ではお騒がせしました。今は円満解決しています」と謝罪からスタート。芸人仲間からは泥棒とイジられ、街では「テレビで見たよ」ではなく「ニュースで見た」と声をかけられたと渦中の日々を振り返った。そんな今回は「誰にも怒られないネタで臨みます」とコメント。清く正しいネタで頂点を狙う。  COWCOWの多田健二は「準決勝で(第3回大会で同時優勝した)中山功太と会って、今年はちゃんと決着をつけような、と話しましたが、こんなに早く決着がつくとは」と決勝進出を逃した中山を引き合いにして笑いを取った。  ANZEN漫才(みやぞんは欠席)は、あらぽんが「浅井企画としては決勝進出は3組目(どぶろっく/第1回・第3回・第4回 ドドん/第3回に次ぐ)。3度目の正直で全員食ってやろうと思って、サメのシャツを着てきました」とにっこり。賞レース常連の霜降り明星の粗品は「高校3年間は草オーケストラ(?)をやっていた」といい、オーケストラの楽譜も書けると特技を明かした。昨年の『M-1グランプリ』で決...more
カテゴリー:

【悲報】宮崎駿監督、若手プロデューサーに「仕事しろ老害」と罵られ凹む - 08月17日(木)22:43  news

プロデューサーに怒られて凹んでる宮崎駿 お爺ちゃん可哀想 画像 2 3 http://natalie.mu/comic/news/245121 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「この世界の片隅に」が全米で公開 ニューヨーカーたちの反応は? - 08月15日(火)10:00 

 昨年から日本中を沸かせている片渕須直監督作「この世界の片隅に」が8月11日(現地時間)、ついに全米公開を迎えた。  宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメ―ション賞を受賞したように、アメリカでは日本のアニメは、スタジオジブリ作品を中心に注目度が高い。「ドラゴンボール」など日本でお馴染(なじ)みのテレビアニメはアメリカでも根強い人気を誇り、最近では、Netflixに「進撃の巨人」や「亜人」などがラインナップ。アメリカでの日本製アニメの需要の高さを物語っている。さらに今年4月には、新海誠監督のメガヒット作「君の名は。」が公開され話題を呼んだ。「この世界の片隅に」はこの一連の流れを受け、満を持してスクリーンに登場する。  ニューヨークでは、7月23日に北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS ジャパン・カッツ!」のクロージング作品として上映された。鑑賞の機会を待ち望んでいたニューヨーカーたちによって、チケットはソールドアウト。同映画祭プログラマーのジョエル・ネビル・アンダーソン氏は「戦時下に生きる女性の生活の細やかな描写によって、どんな文化で生まれ育った人であっても、あの歴史的悲劇を新しい視点で体験することができる」と選考の決め手を語っていた。  「この世界の片隅に」は大都市を中心に、英語字幕版と英語吹き替え版合わせて全米65館からスタートを切る。今後、各都市...more
カテゴリー:

村上虹郎 主演映画ニドナツで「こそばゆい感じはありました(笑)」 - 08月14日(月)09:00 

不思議な力に導かれ、大好きだった彼女が生きていた過去にタイムリープした高校生のひと夏を描いた青春純愛ラブストーリー「二度めの夏、二度と会えない君」(9月1日・金公開)。気持ちを告白したことで彼女を傷つけた過去を後悔し、「好きにならないこと」を誓った主人公・智を演じた村上虹郎に、映画の魅力を語ってもらった。 クール&キュートな魅力たっぷり!村上虹郎から目が離せない! ――脚本を読んだ感想を聞かせてください。 青春ものでバンドのシーンもあって、純粋にいいなと思いました。タイムリープした智がもう一度同じ時間を繰り返すのは、すごくゲーム的で面白いですよね。ボーカルの燐が、ギター、ドラム、ベースとバンドメンバーを集めていくところも、まるでRPGゲームのように感じました。 ――好きな女の子を、好きにならないよう悩む役を演じてみていかがでした? こそばゆい感じはありました(笑)。とにかく智はずっと悩んでいるんです。演じながら応援したい気持ちになる一方で、そんなぶきっちょかって、智をパコンと叩きたくなったりして(笑)。 ――好きにならないようにしながらも、智は燐にひかれます。変えられない運命なのでしょうか? 運命としか言いようのない出会い方をしてますからね。智はギターがやりたいのに、仲間がいないからずっとくすぶっていたんです。そこに同じバンドのファンで、めちゃくちゃ声がいい燐が現れる。ベースやギタ...more
カテゴリー:

夏休みに劇場やDVDで楽しむ人も!ピクサー人気映画ランキング - 08月13日(日)18:00 

(画像はピクサー公式サイトのスクリーンショット)夏休み映画として、7月15日から公開されている『カーズ/クロスロード』ほか、人気作品がたくさんあるピクサー・アニメーション・スタジオ(以下、ピクサー)の作品。この「カーズ」をはじめ「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」、「ファインディング・ニモ」など、シリーズで「大好き!」という人も多いだろう。 しらべぇ編集部では、そんなピクサーの長編アニメーション映画について、全国の20~60代の男女610名を対象に「ピクサー長編アニメーション映画の中で好きな作品はどれか」調査を実施。その人気ランキングを紹介しよう。 ■5位:モンスターズ・インク(8.7%)日本における興行収入は93億円と、ピクサーの中でも歴代3位に入るこの作品。モンスターの世界に紛れ込んだ少女と、怖がらせ屋のモンスターたちが繰り広げるドタバタ劇は見どころ満載。モンスターたちが「怖がらせるのではなく、子供を笑顔にさせよう」と心が変化する姿に、思わず感動してしまった人もいるのでは? ■4位:ファインディング・ニモ(9.3%)昨年には続編『ファインディング・ドリー』も公開された、人気の「ニモ」が第4位にランクイン。魚の世界という一風変わったところに注目した本作は、美しい海の映像美と親子や仲間との絆が垣間見えるストーリーに心があらわれる思いになった人も多いはず。■3位:トイ・スト...more
カテゴリー:

もっと見る

「宮崎駿」の画像

もっと見る

「宮崎駿」の動画

Wikipedia

アニメーション映画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる