「宮崎駿」とは?

関連ニュース

ガンダム富野『「アニメ好き」「ロボット好き」が作った映画は劇としての面白みがない』『君の名は。も映画とは思えない部分がある』 - 10月22日(日)22:54  mnewsplus

『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み 日本を代表するアニメコンテンツ『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏は、75歳にして劇場版アニメ『Gのレコンギスタ』を制作中であることを公表。 今回、富野氏に、ライバル“宮崎駿から受けた影響”や“アニメ制作への想い”などを聞いた。 ■「アニメ好き」「ロボット好き」が作った映画は劇としての面白みがない  『機動戦士ガンダム』で“リアルロボット”というジャンルを開拓。富野氏の歩んできたアニメ史は、日本の“巨大ロボットアニメ”の変遷そ...
»続きを読む
カテゴリー:

アニメ「宝石の国」あれは少年なのか少女なのか、たたたたまりせん、思春期は脆く砕ける - 10月21日(土)09:45 

宝石たちが戦う『宝石の国』が二話まで放送された。今晩三話放送。dアニメストアやAmazonビデオ、YouTubeなどでも見られます。少年少女のような姿をした、宝石たちのキラキラと煌く様子に、Twitterやpixivではファンが大盛り上がり。3DCGで描いた宝石たちの硬質さ、ともに過ごすギムナジウムのような空気感。きらびやかさと儚さを詰め込み、思春期的な心身のゆらぎを見事に表現している。少年でも少女でもないもの キャラクターは、ダイヤモンドのようなメジャーなものから、マイナーなものまでズラリ。主人公はフォスフォフィライト(以降フォス)という、まず見かける機会のない宝石。日本語では燐葉石。モース硬度では三から三度半(人の爪が二度半、十円玉が三度半、釘が四度半)と、とても脆い。ぶつけようものなら簡単に砕ける。だから美しい色なのに、装飾品に向かないそうだ。なお宝石の国×TASAKIコラボジュエリーでは、324万円で売られていてびっくり。見ていて真っ先に気になるのは、フォスたち宝石が少年なのか少女なのか、という部分。一応「ぼく」とか「彼」と作中で言うキャラもいる。実際は、どちらでもあり、どちらでもないようだ。原作者いわく、上半身は少年、下半身は少女を意識しているとのこと。スラリとしつつ凛々しい胴体。細く艶めかしいむき出しの脚。双方のなめらかな色っぽさを兼ね備えていながらも、肉感が削がれてい...more
カテゴリー:

【コラム】「腹立たしい気分もあった…」富野由悠季が『ガンダム』著作権を譲渡した理由とは? - 10月19日(木)07:00  mnewsplus

livedoorNews:http://news.livedoor.com/article/detail/13763131/ アニメ界を創世記から支えてきたアニメーション映画監督・富野由悠季。 日本を代表するアニメ作品『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏を直撃取材。 『ガンダム』が世界に誇る作品に育った理由や、その著作権の行方など、知られざるエピソードを聞いた。 【写真】 ユニコーンガンダム立像、台場に立つ http://www.oricon.co.jp/news/2097723/photo/1/?anc=193 ■自分自身が“生き延びるため”、オリジナルを手に入れるしかなかった アニメ業...
»続きを読む
カテゴリー:

「腹立たしい気分もあった…」富野由悠季が『ガンダム』著作権を譲渡した理由とは? - 10月18日(水)08:40 

 アニメ界を創世記から支えてきたアニメーション映画監督・富野由悠季。日本を代表するアニメ作品『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏を直撃取材。『ガンダム』が世界に誇る作品に育った理由や、その著作権の行方など、知られざるエピソードを聞いた。 【写真】 ユニコーンガンダム立像、台場に立つ ■自分自身が“生き延びるため”、オリジナルを手に入れるしかなかった  アニメ業界に入った当時を「TVアニメの仕事というのは社会で最底辺といってもよい仕事でした」と振り返る富野氏。フリーになって青色申告をする際、5、6万円の経費を認めてもらうのに一苦労するほどだったとのこと。  「僕は30歳を過ぎて子供がふたりいましたが、40、50の年齢を超えていけるのか、果たして60歳に辿り着けるのか不安でした。当時は出来高払いの仕事で、このままだと地獄だというのは目に見えていました」。そんな時、高畑勲、宮崎駿といった質の違う人と出会えて、こんな人もいるのか!? と衝撃を覚えたと述懐する。  「高畑さんは東京大学出身でアニメの仕事をやっていて、当時の環境からしたら本気? と思いました。しかも、東大を出ている人がムキなって僕に『アルプスの少女ハイジ』の話をするわけです(笑)」。それを見た時、職業としてアニメの仕事をやってもいいのかな、と思えたと同氏。  その頃、富野氏はいろんな現場の仕事をしていて...more
カテゴリー:

【テレビ】「天空の城ラピュタ」のモールス信号に隠された意味?…元自衛隊員が推測 - 10月17日(火)15:12  mnewsplus

2017年10月17日 14時6分 16日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、陸上自衛隊出身のTVディレクター・酒井倫太郎氏が、スタジオジブリ映画「天空の城ラピュタ」に隠されたメッセージがあると推測した。 番組では「実際どうなん!?元自衛隊10人」と題し、陸・海・空の元自衛隊員が、自衛隊ならではのエピソードを語った。この中で酒井氏は、「訓練で通信もしていたので、モールス信号が打てるようになった」と明かす。続けて、ジブリ映画が好きだったことから、仲間たちと「ラピュタ」に出てくるモールス信号を解読したという...
»続きを読む
カテゴリー:

寸分の狂いない切り絵だけど、このクオリティで修行中の身なんです。 - 10月21日(土)17:00 

2児の父であり、日本人であること以外に正体を明らかにしていない「RIU」と名乗る切り絵師。作品はとにかくバリエーションが多く、型にハマらない柔軟さとチャレンジ精神を感じる。そんなところに強く惹かれて話を聞いてみると、「紙」の中に隠された彼の人間性が見えてきた。ただ、ひたすら鍛錬の日々タイトル:「The Maple Peacock」RIUはInstagramで作品を公開しているが、日中は別の仕事をしており、アーティストとして仕事を引き受けるような活動はほとんどしていない。まだ自身を “修行の身”と位置づけ、ひたむきに創作を繰り返す。だけど、上の画像を見てもわかる通り、ハッとするような細密さ。修行中だからこそ、幅広いバリエーションの作品を生み出しているそうなのだけど、むしろこの“柔軟な作風”が彼の持ち味に思えてしまうほどのクオリティの高さなのだ。以下、作品の写真とRIUが込めた「想い」をじっくり感じながら、切り絵の世界に浸ってみよう。タイトル:「SENSU - Welcome to JAPAN -」この作品では、和の模様を組み込み、オリンピックのシンボルマークを入れています。海外から観光に来た外国の方に見てもらい、触れてもらう文化の一つとして、ぜひ切り絵もノミネートして欲しいものです。 「海外の人にとって、玄関口である空港に飾っ...more
カテゴリー:

【話題】「腹立たしい気分もあった…」富野由悠季が『ガンダム』著作権を譲渡した理由とは? ★2 - 10月20日(金)10:21  mnewsplus

アニメ界を創世記から支えてきたアニメーション映画監督・富野由悠季。 日本を代表するアニメ作品『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏を直撃取材。 『ガンダム』が世界に誇る作品に育った理由や、その著作権の行方など、知られざるエピソードを聞いた。 ■自分自身が“生き延びるため”、オリジナルを手に入れるしかなかった アニメ業界に入った当時を「TVアニメの仕事というのは社会で最底辺といってもよい仕事でした」と振り返る富野氏。 フリーになって青色申告をする際、5、6万円の経費を認めてもらうのに一...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「腹立たしい気分もあった…」富野由悠季が『ガンダム』著作権を譲渡した理由とは? - 10月18日(水)10:18  mnewsplus

アニメ界を創世記から支えてきたアニメーション映画監督・富野由悠季。 日本を代表するアニメ作品『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏を直撃取材。 『ガンダム』が世界に誇る作品に育った理由や、その著作権の行方など、知られざるエピソードを聞いた。 ■自分自身が“生き延びるため”、オリジナルを手に入れるしかなかった アニメ業界に入った当時を「TVアニメの仕事というのは社会で最底辺といってもよい仕事でした」と振り返る富野氏。 フリーになって青色申告をする際、5、6万円の経費を認めてもらうのに一...
»続きを読む
カテゴリー:

ピエール瀧、ストップモーションアニメ声優に歓喜 川栄李奈は悪役挑戦 - 10月18日(水)05:00 

 ストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(11月18日公開)の日本語吹替え版声優が17日、発表された。主人公・クボと共に旅をするなかで、物語の大きな鍵を握るクワガタ役にはピエール瀧、クボを執拗に襲いにくる敵“闇の姉妹”役に川栄李奈が決定した。 【写真】真剣な表情 アフレコに臨む川栄李奈  同作は、『ティム・バートンのコープスブライド』、『コララインとボタンの魔女』を手がけたスタジオライカが、古き日本を舞台にしたストップモーションアニメ。魔法の三味線と折り紙を操る片目の少年・クボが、出自の秘密を探るべく、壮大な冒険を繰り広げる。黒澤明監督や宮崎駿監督を敬愛し、次回作に『トランスフォーマー』シリーズ最新作も控えるトラヴィス・ナイト監督がメガホンをとった。  本国ではマシュー・マコノヒーが声を演じたクワガタは、ノリは軽いが弓の名手でたくましさも兼ね備えているという役どころ。超がつくほど「ライカのファン」だというピエールは「想像を超える技術を持ったライカのアニメーションはとにかく別格で、全ての映像、演出において妥協せず、最高のものを届けるためにその環境を作っているライカの懐の深さに感動を覚えますし、リスペクトしています」と魅力を熱弁。「今回の作品に参加することによって、そのライカの一員になれた事を光栄に思っています」と喜んでいる。  ルーニー・マーラが演じた、同...more
カテゴリー:

宮崎駿引退撤回の理由「孫に作品を残したい」おいしい年頃なのか? - 10月16日(月)20:31  news

【芸能ニュース舞台裏】宮崎駿監督、意外な復帰理由にファン失笑 鈴木敏夫Pが「孫のため」暴露 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13755409/ 若手が台頭する中での「引退撤回」で現場復帰を果たしたアニメ界の巨匠、宮崎駿監督(76)。2019年公開の長編アニメを制作中だが、意外な復帰理由が明らかになり、ファンの失笑を買っている。  「スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがNHKの番組で『孫のために作っていますよ』と漏らしたんです。自分が死んでも孫のために作品を残すんだ、と。引退撤回の裏...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「宮崎駿」の画像

もっと見る

「宮崎駿」の動画

Wikipedia

アニメーション映画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる