「宮崎駿」とは?

関連ニュース

話題沸騰の『レディ・プレイヤー1』より冒頭2分間映像が早くも解禁! - 04月21日(土)12:00 

いよいよ昨日4月20日より公開がはじまったスティーヴン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』より、映画本編の冒頭2分間映像が早くも解禁となった。 本作は今から27年後の2045年を舞台に、自分がなりたいキャラクターになれるVRワールド「オアシス」の天才開発者ハリデーが、死の直前に残した「宝の卵をOASIS内に隠した。最初に見つけた者がOASISの後継者になれる」というメッセージを受け、世界中のプレイヤーたちがハリデーが仕掛けた全ての関門をクリアし、“大いなる遺産”を手に入れようと奮闘する姿を描いたSF大作。 4月18日、19日にはスピルバーグ監督をはじめ、主演のタイ・シェリダン、ヒロインのオリヴィア・クックが来日。日本人キャストの森崎ウィンも加わりジャパンプレミアやトークセッションが行われ話題となった。 解禁となった冒頭2分間映像は、またもや日本だけが特別に公開を許されたもの。シェリダン扮する主人公のウェイドが車のスクラップ置き場となっているような場所を通り抜け、どこかへと向かう映像を背景に、「僕は2027年生まれ。シロップ不作と電波不足の暴動の後、人々は問題解決を諦めるようになった」というモノローグとともにスタート。 そうした中、自分だけの時間を過ごせる秘密基地に到着したウェイドが、専用グローブやゴーグルを装着し、歩行スピードと方向に合わせて自動的にベルトが動く...more
カテゴリー:

富野由悠季が語る『ガンダム』のリアルを生んだ高畑勲イズム 「高畑さんは僕にとっても師匠」 - 04月21日(土)08:40 

 日本のアニメーション文化を黎明期からけん引してきた故・高畑勲さん。1968年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』で劇場用長編アニメを初監督以降、『アルプスの少女ハイジ』(1974年)、『母をたずねて三千里』(1976年)などのテレビシリーズを手掛け、その後のスタジオ・ジブリで『火垂るの墓』(1988年)『かぐや姫の物語』(2013年)などを発表。世界のアニメクリエイターたちの指針ともなったリアリズムに徹した演出論、表現描写は、宮崎駿監督の“作家性”に多大な影響を与えたことでも知られる。今回、『ハイジ』などで共に仕事をした経験を持ち、アニメ監督として同時代を生きる「ガンダムの生みの親」である富野由悠季氏に、高畑監督の功績を聞いた。 【劇中カット】アニメファンが驚愕した 『かぐや姫の物語』の緻密な描写 ■破綻していた『ハイジ』の制作スケジュール 「高畑さんたちは1ヵ月半の作業を10日でこなした」  富野氏は、高畑さんが監督を務めた世界名作劇場で、『アルプスの少女ハイジ』(全52話/18本)、『母をたずねて三千里』(全52話/22本)、『赤毛のアン』(全50話/5本※『機動戦士ガンダム』の放送のため中盤から不参加)の絵コンテを担当。上記は、高畑勲(監督)、宮崎駿(レイアウトなど)、富野由悠季(絵コンテ)という日本を代表するアニメ監督が邂逅した作品という点で、日本のアニメ史においてエポ...more
カテゴリー:

タイ&オリビア&森崎ウィン、仲よし3人が明かすスピルバーグ体験を経て見えた未来 - 04月20日(金)11:30 

世界的巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』(公開中)は、なににでもなれるVRワールド“オアシス”を舞台に描くSFアドベンチャー。主要キャストには、タイ・シェリダン、オリビア・クック、森崎ウィンといったフレッシュな顔ぶれが抜てきされた。現実とVR世界を行き来し、新たな未来を掴み取るための冒険を繰り広げる若者たちを演じた彼らに、スピルバーグ監督の現場にある“マジック”と、本作を経て見つめた“未来”について語り合ってもらった。 【写真を見る】タイ・シェリダン、オリビア・クック、森崎ウィンがスピルバーグ監督の“マジック”を明かす! 本作の舞台は2045年。貧富の差が激しくなった世界では、VRワールド“オアシス”のなかに存在する理想郷だけが若者たちの希望となっていた。ウェイド(タイ)は、そこで出会ったサマンサ(オリビア)、ダイトウ(森崎)らとともに、オアシスの覇権をめぐる熾烈な戦いに身を投じていく。 1990年代生まれの3人にとっては、生まれる前から世界中を感動させる映画をつくり続けているスピルバーグ監督。本作への参加を「夢のような出来事」と声をそろえる。「『E.T.』が大好き」というタイは「僕はSF映画が大好きなんだ。本作はスピルバーグ監督にとって、久々のSF映画。僕の大好きなジャンルで、大好きな監督とご一緒できたなんて最高だよ」と興奮しきり。 「私のお気に入り...more
カテゴリー:

スピルバーグが宮崎駿を絶賛「『千と千尋』はディズニー作品よりスゴい」 - 04月20日(金)07:33 

スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)の公開を記念して19日、スピルバーグ監督、タイ・シェリダン(主役ウェイド)、オリビア・クック(ヒロインのサマンサ役)、そして森崎ウィン(トシロウ役)が、都内で行われたトークセッションイベントに出席。会場に集まった未来の映像クリエイターたちへ映画製作を直々に伝授した。
カテゴリー:

スピルバーグ&「レディ・プレイヤー1」出演者、観客が1番沸くのはあのキャラの登場シーン! - 04月19日(木)20:41 

 約13年ぶりの来日を果たしたスティーブン・スピルバーグ監督が4月19日、都内で行われた最新作「レディ・プレイヤー1」の公開記念イベントに出席。映画監督を目指す若者たちに向けて、「想像力は誰にでもあるはず。アイデアの源は、オンラインでは買えないけど、常にイマジネーションに対し、オープンな姿勢で、アイデアが浮かんだら必ず書き留めるべき。そうすれば、日常からどんどんストーリーが生まれてくる」とエールを送った。 ・「レディ・プレイヤー1」来日イベントの模様はこちら!  2045年、世界中の人々がアクセスするVRワールド「OASIS(オアシス)」で、システムの開発者が遺産として残した“宝”の争奪戦がぼっ発。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「アイアン・ジャイアント」「ジュラシック・パーク」などあらゆるゲームや映画、アニメのキャラクターが勢ぞろいし、日本からは、「機動戦士ガンダム」「AKIRA」「ストリートファイター」などのキャラクターやメカが多数登場する。  映画の重要な要素となるジャパンカルチャーに話題が及ぶと、スピルバーグ監督は「特にすばらしいのは、宮崎駿監督」だと語り、代表作である「千と千尋の神隠し」について「どのディズニー作品よりもすばらしい」と絶賛。「11カ月ほど前に、アニメーション製作をしている僕の娘と一緒にお会いしました。とてもスペシャルな体験でした」と親交の深さを語っ...more
カテゴリー:

スピルバーグ監督の深い日本愛! 三船敏郎や宮崎駿監督を語る - 04月21日(土)11:30 

映画界の生けるレジェンド、スティーブン・スピルバーグが、世界中で大旋風を巻き起こしている監督最新作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)を携えて日本に降臨! 『宇宙戦争』(05)以来13年ぶりの来日を果たしたスピルバーグ監督が、インタビューで日本への愛を語ってくれた。
カテゴリー:

スピルバーグ絶賛森崎ウィン『しゃべくり』メンバーから洗礼 - 04月20日(金)18:21 

 俳優の森崎ウィンが、23日放送の日本テレビ系バラエティー番組『しゃべくり007』(毎週月曜 後10:00)のゲストとして出演。同日公開のスティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』のメインキャストの1人に起用された森崎が『しゃべくり』メンバーからの洗礼にあう。 【写真】ハリウッドデビューを果たした森崎ウィン  2015年から1年にわたるオーディションで、日本でのビデオ審査、米・ロサンゼルスでの監督自らによる審査を経て見事役を勝ち取った森崎。スピルバーグ監督による審査は緊張しすぎて「記憶がほぼない」というものの、撮影を通して監督から「日本で1番」と絶賛を受けたことを明かす。  なかでも好評だったのが「first to the egg」というセリフ。スタジオではそのセリフを実演することとなると「優しい時の first to the egg」「怒った時の first to the egg」から、「寝起きの first to the egg」「水中での first to the egg」……など『しゃべくり』メンバーのムチャブリはどんどんエスカレート。早速しゃべくりの洗礼を浴びた。  それでも見事な対応力を見せる森崎に「いいね! すごいよ!」「彼は日本一だわ!」と一同感心。くりぃむしちゅーの有田哲平も「俺大好きになっちゃった!」とすっかり惚れ込んでいた。 【関...more
カテゴリー:

スピルバーグ招いて宮崎駿をどう思う?なんて聞くなよ恥ずかしい。 - 04月20日(金)08:37  news

「本当にすばらしい」スピルバーグ監督が宮崎駿監督を絶賛 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14601520/ 13年ぶりに来日中のハリウッドの巨匠スティーブン・スピルバーグ監督(71)が19日、都内のYouTube Space TOKYOで最新作「レディ・プレイヤー1」(明日公開)の公開記念スペシャルトークセッションに参加した。  主演のタイ・シェリダン(21)ヒロインのオリビア・クック(24)、主要キャストとして出演する森崎ウィン(27)と登場。 森崎が日本語であいさつすると監督は「ウ...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】スピルバーグ監督 宮崎駿監督との対談明かす「キャラが先か、物語が先か」 - 04月20日(金)05:08  mnewsplus

2018.4.19 スピルバーグ監督 宮崎駿監督との対談明かす「キャラが先か、物語が先か」  13年ぶりに来日中の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督(71)が19日、都内で行われた映像業界を目指す学生たちとのトークショーに登場し、約1年前にスタジオジブリの宮崎駿監督(77)と対面したことを明かした。  新作「レディ・プレイヤー1」(20日公開)のキャンペーンとして、自身が抜てきした俳優の森崎ウィン(27)らと登壇。日本人のクリエイティビティについて聞かれたスピルバーグ監督は「宮崎駿の世界は素晴らしい。...
»続きを読む
カテゴリー:

『レディ・プレイヤー1』ヒロイン、黒のミニスカドレス姿で登場! - 04月19日(木)20:39 

映画『レディ・プレイヤー1』のジャパンプレミアが4月18日に新宿の歌舞伎町シネシティ広場で行われ、ヒロインのサマンサ役を演じたオリヴィア・クックが黒のミニスカドレス姿で、主演のタイ・シェリダン、スティーヴン・スピルバーグ監督、日本人キャストの森崎ウィンとともに登壇した。 タイとオリヴィアは今回が初来日。日本の印象を聞かれると、タイは「みなさんとても礼儀正しいです」と答え、オリヴィアは「本当に美しい街だと思います。いろいろ体験したいと思っているんですけど、昨晩、到着したばかりで、たくさん仕事をしているので、明日の夜、できるだけいろいろなところに行って、いろいろ食べ歩いて、みなさんの文化を楽しみたいと思います」と回答。 実はオリヴィアは食べたいと思っていたお寿司をランチで食べたそうで、司会から感想を聞かれると、スピルバーグ監督がすかさず彼女の耳元で何かをレクチャー。それを受けオリヴィアは「オイシイ」と日本語で答えていた。 本作にはバットマンやキングコング、ガンダムなど、たくさんの有名キャラクターが登場する。「自分なら何になってみたい?」という質問に、タイの答えは「アイアン・ジャイアント」。オリヴィアは『チャイルド・プレイ』の「チャッキー」の名前を挙げると、「ちょっとイタズラ好きなんですけど」とニッコリ。 一方、劇中では「俺はガンダムで行く」と ガンダムを選ぶ森崎の答えは「ドラえ...more
カテゴリー:

もっと見る

「宮崎駿」の画像

もっと見る

「宮崎駿」の動画

Wikipedia

アニメーション映画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる