「宮崎美子」とは?

関連ニュース

ザ・タイムショック出演の辰巳琢郎「世代交代を食い止めたい!」 - 03月30日(木)07:00 

3月30日(木)夜7時から放送の「ザ・タイムショック 新クイズ王決定戦SP2017春」(テレビ朝日系)。2014年9月以来、約3年ぶりの復活となる同番組に出演する“レジェンドクイズ王”の辰巳琢郎に、番組の見どころの他、“新クイズ王”たちとの戦いについて語ってもらった。 【写真を見る】カズレーザーらとの対戦に辰巳琢郎は「命懸けです!」/(C)テレビ朝日 ――久しぶりの「ザ・タイムショック」への出演はどうですか? もう出演は難しいと思っていました。どんどん体力も落ちるし、瞬発力も記憶力も落ちている…。でも、挑戦していくうちに少しずつ思い出してきて、「あっ、こんな感じだった!」という感覚を取り戻しました。なんとか、これまでの経験値を発揮しましたが、世代交代をひしひしと感じました。 ――知識だけではなく、体力も重要なんですね。 集中力=体力ですから。体を鍛えないといけないなぁと実感しましたね。だって、同い年のやく(みつる)さんや宮崎(美子)さんも頑張っているから、「もうしばらく頑張らなくちゃ!」と思いましたね。この番組の緊張感が、やっている間は嫌でしょうがないんですけど、終わったら「あぁ、面白かったな」と思っている自分がいるので、時々やってほしいですね。 ――カズレーザーら“新クイズ王”たちとの対戦はいかがでしたか? まだまだ、われわれの世代が頑張らないと! 体力的には負けていますが(笑)...more
in English
カテゴリー:

溝端淳平、主演時代劇「立花登」第2弾では「平祐奈の真骨頂が味わえる」 - 03月21日(火)17:00 

溝端淳平が主演するNHK・BSプレミアムの青春時代劇シリーズ第2弾「立花登 青春手控え2」の試写会が3月21日、東京・渋谷のNHKで行われ、溝端のほか、共演の平祐奈、宮崎美子、古谷一行が会見した...
in English
カテゴリー:

溝端淳平、平祐奈とキスシーン? 「彼女のピュアさに随分助けられている」 - 03月21日(火)16:09 

 BS時代劇「立花登青春手控え2」の試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の溝端淳平、平祐奈、宮崎美子、古谷一行が登壇した。 本作の主人公は、正義感が強く、柔術の腕も抜群の若き牢医者・立花登(溝端)。一人前の医者になるために、叔父の小牧玄庵(古谷)を頼り秋田から出てきた登は、獄の内外で起こるさまざまな事件を、持ち前の正義感で解決していく。宮崎は玄庵の妻・松江を演じ、平はその娘で、登に思いを寄せるちえを演じる。 パート2の放送開始について溝端は「本当にありがたい。京都のスタッフさんやキャストの方に久しぶりにお会いして、迎えてくれる空気がありながらも、“溝端はこの1年弱の間、どういうふうに生きてきたのか”と試されているような気もして、すごく緊張しながら撮影が始まったことを覚えています」とコメントした。 溝端は「5話あたりで、照明技師の方に『なんかちょっと成長したな』と言われてすごくうれしかった記憶があります」とほほ笑み「僕はパート3もやる気満々。登の成長が自分の成長でもあると思っているので、皆さん、末永く応援してください」と意欲的に語った。 パート1に続いて、ちえと登の恋の行方も気になるところ。溝端は「登は医者としては優秀ですが、女性に関しては子どもっぽいところがある」と分析した上で、2人のシーンでは「彼女の持っている明るさやピュアさに随分助けられている」と吐露。「年上の僕が言うのも...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】伝説のクイズ番組「タイムショック」3年ぶり復活 “タイマン”シート登場 - 03月15日(水)06:04 

 1969年1月に誕生した伝説のクイズ番組「タイムショック」の流れをくむ『ザ・タイムショック 新クイズ王決定戦SP 2017春』が、30日(後7:00~9:48)にテレビ朝日系で放送される。2014年9月以来、約3年ぶりの復活。司会は、21世紀以降の「タイムショック」を率いる中山秀征と、初タッグの大下容子アナウンサー(テレビ朝日)が務める。  1分間に12問、何問正解できるかを競うクイズ番組。時計と昇降する解答席のおなじみのセットに、今回、2人同時に椅子が上がる新セットが登場。1分間という時間&孤独との戦いに一騎打ちという新...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

カズレーザー「宮崎美子さんには負けたくない!」 - 03月22日(水)06:00 

3月30日(木)夜7時から放送の「ザ・タイムショック 新クイズ王決定戦SP2017春」(テレビ朝日系)。2014年9月以来、約3年ぶりの復活となる同番組に初参戦するカズレーザーに、番組の見どころの他、“ライバル”の存在などについて語ってもらった。 【写真を見る】カズレーザーがカミナリ・竹内まなぶと“2人同時タイムショック”/(C)テレビ朝日 ――「ザ・タイムショック」への出演が決まった時はどう思いましたか? 昔から見ていた歴史ある番組ですので、クイズタレントとしてそこに呼んでもらえるようになったのはうれしいですね! ――初の解答席の座り心地はいかがでしたか? 緊張もしましたが、高所恐怖症なので高いところが苦手で。怖かったです! ――今回、カズレーザーさんご自身が「手ごわそう!」と思った方はいますか? 宮川(一朗太)さん! 宮川さんと自分は似ているかもしれないですね。宮川さんもその場を楽しんで、一切緊張していないように見えました。この番組はプレッシャーとの戦いで、絶対に緊張しない人が強いと思っています。もちろん、宮川さんの知識は豊富そうですし、手ごわそうです! ――また、「負けたくない!」と思った方はいますか? 宮崎美子さんですね。クイズ番組で一番共演する回数が多いと思っています。だからこそ、負けたくないですね! ――さまざまな分野の問題が出題されていましたが、得意なジャンル、苦手な...more
in English
カテゴリー:

溝端淳平、主演時代劇「立花登」第2弾では「平祐奈の真骨頂が味わえる」 - 03月21日(火)17:00 

 溝端淳平が主演するNHK・BSプレミアムの青春時代劇シリーズ第2弾「立花登 青春手控え2」の試写会が3月21日、東京・渋谷のNHKで行われ、溝端のほか、共演の平祐奈、宮崎美子、古谷一行が会見した。溝端は「パート2をやらせていただけるのは本当にありがたいこと」と話しながら、「ぜひパート3も!」とさらなる続編にやる気をみなぎらせていた。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  2016年5月に第1弾が放送され、藤沢周平の人気小説シリーズ「獄医立花登手控え」を実写化した本作は、小伝馬町の若き牢医者・立花登(溝端)が、人間の持つ欲望、悲しみや苦しみと向き合いながら、持ち前の正義感と柔術の力で様々な事件を解決していく物語。溝端は本シリーズの魅力について「勧善懲悪の展開だけでなく、人の心を救うこと、そして他人の起こした出来事に介入する難しさ」を描いている点にあると語った。  登のいとこ・ちえを演じた平は、第1弾から続投する溝端らとの共演について「再会できて本当に嬉しかったです。撮影期間の2カ月があっという間に終わってしまって、今は少し寂しい気持ち」と告白。すると、宮崎は撮影現場では“愛されキャラ”だったという平を見て「少女から女性に成長した印象」として、「パート1とは異なる、登とちえのラブロマンスも楽しめるはずです」とアピールしていた。  一方、溝端は「登という人...more
in English
カテゴリー:

溝端淳平、主演時代劇のシリーズ化にやる気満々 - 03月21日(火)15:47 

 NHK・BSプレミアムで放送される時代劇『立花登 青春手控え2』(4月7日スタート、毎週金曜 後8:00、連続8回)の試写会が21日、東京・渋谷のNHKで行われ、主演の溝端淳平をはじめ、平祐奈、宮崎美子、古谷一行らメインキャストが出席。昨年5月から放送された前作に続いて主演する溝端は、「パート2ができて本当にありがたいです。パート3もやる気満々なので、これからも登の成長イコール自分の成長だと思って、末永くよろしくお願いします」とアピールした。 【写真】平祐奈、宮崎美子らも出席した会見  今年、没後20年になる作家・藤沢周平さんの『獄医 立花登手控え』が原作の同作は、溝端演じる純粋で正義感の強く獄医として働く若手医師が主人公。獄中で囚人たちと出会うことによって起きるさまざまな事件を、見事な推理力と起倒流の柔術で解決していく。登が居候する町医者をしている叔父・小牧玄庵を古谷、その妻・松江を宮崎、その娘で登とはいとこのちえを平が演じる。  今年1月、前作から8ヶ月ぶりに京都の撮影所に戻った溝端は、「京都のスタッフには、(前作の後)どう生きてきたのか、試されているような気もして、緊張もあったのですが、照明技師の方に『成長したな』といわれてすごくうれしかった」と充実感をにじませた。  今回のシリーズは、原作の中に少しずつ織り込まれていた、登とちえとの淡い恋愛模様を縦軸に据えて展開。...more
in English
カテゴリー:

「宮崎美子」の画像

もっと見る

「宮崎美子」の動画

Wikipedia

宮崎 美子(みやざき よしこ、1958年12月11日 - )は、日本の女優、タレントである。

熊本県出身。ホリプロ所属。1991年に宮﨑 淑子(みやざき よしこ、「﨑」の字は山偏に竒)と改名するが、2000年に本名の宮崎美子に戻す。

略歴

熊本大学3年生の1979年10月、偶然朝日新聞で見つけた「篠山紀信が撮る!週刊朝日“キャンパスの春”」の表紙モデルに応募。1980年1月、「週刊朝日」1980年1月25日号の表紙を飾ることになる。

同年、ミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のテレビCMに出演し、木陰でTシャツとGパンをはにかみながら脱いでビキニ姿になるという内容で、大反響となる。また、The・かぼちゃワインのヒロイン・朝丘夏実(通称エル)は、このCMに出演していた宮崎がモチーフになったとされている。

このCMで各マスコミ媒体に登場する機会が増え、雑誌やテレビにも出演。後に、ポーラテレビ小説元気です!(1980年10月 - 1981年3月)で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる