「宮城県岩沼市」とは?

関連ニュース

岩沼係長キャラ弁に 飾り巻きで表現 - 04月25日(火)11:40 

宮城県岩沼市の飲食業者などでつくる「岩沼いなりの会」が同市マスコットキャラクター、岩沼係長の弁当を製造し、販売を始めた。関係者は「地味キャラ」として人気を集める岩沼係長のさらなる浸透を後押しし、同市へ
in English
カテゴリー:

【宮城】追跡のバイクに岩沼署車両追突 運転の少年けが - 04月19日(水)11:45 

18日午後5時40分ごろ、宮城県岩沼市土ケ崎2丁目の市道で、 岩沼署の男性署員(50)の運転する事故処理用の警察車両が、同市の会社員少年(17)のバイクに追突した。 少年は首に軽いけが。 同署によると、署員らは「2人乗りの暴走バイクがいる」という110番を受けて現場に駆け付け、 車載マイクで停止を求めたが、バイクが応じずに走りだしたため追跡を開始。 バイクが左折しようとした際に後ろから接触した。 10代とみられる男性同乗者は現場から立ち去った。 同署は「違反行為を確認して追跡することは妥当だ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

<浪分桜>京都の桜守招き移転住民花見会 - 04月17日(月)15:08 

東日本大震災で被災した宮城県岩沼市沿岸部の集団移転先、玉浦西地区のまごころ公園で16日、津波到達地点を示す「浪分(なみわけ)桜」が開花し、植樹に携わった京都市の造園家で桜守の佐野藤右衛門さん(89)を
in English
カテゴリー:

DEENのデビューから24年も経ったという事実 - 03月10日(金)06:17 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017030990135544.html 未来の子へ「緑の防潮堤」 宮城・岩沼 3万人が植樹 千年先の子どもたちへ-東日本大震災の津波で百八十一人が亡くなった宮城県岩沼市の沿岸で、 三十万本の木を植えて自然の防潮堤とし次の大津波に備える取り組みが進んでいる。 二〇一三年に始まった植樹は今年五月に終わり、百年単位で成長を見守る。 土壌には人々の思い出を残す震災がれきを埋め、鎮魂や記憶の継承への願いを込める。  仙台空港へ着陸態勢に入る航空機から沿岸を望むと、海と並行に緑が広が...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

<高齢者複合施設>入居者が一時金返還求める - 04月25日(火)10:58 

運営会社が交代した宮城県岩沼市の高齢者複合施設の入居者が、前運営会社の「仙台やすらぎ通所介護」(現やすらぎ介護、仙台市)に入居一時金の返還を求める訴えを24日、仙台地裁に起こした。一時金は入居者からの
in English
カテゴリー:

追跡のバイクに岩沼署車両追突 運転の少年けが - 04月19日(水)09:26 

18日午後5時40分ごろ、宮城県岩沼市土ケ崎2丁目の市道で、岩沼署の男性署員(50)の運転する事故処理用の警察車両が、同市の会社員少年(17)のバイクに追突した。少年は首に軽いけが。 同署によると、署
in English
カテゴリー:

JR常磐線、仙台と浪江町が6年ぶりにつながる 平成31年度には全線開通、仙台~東京がつながる - 04月02日(日)12:24 

JR常磐線一部再開 仙台へ次は東京へ 浪江町住民、笑顔で出迎え 東京電力福島第1原発事故で不通となっていたJR常磐線の列車が1日、6年ぶりに浪江駅に姿を現した。 待ち望んだ住民らは笑顔で出迎え、列車の到着を喜んだ。再び鉄路で仙台圏と結ばれた浪江町。住民からは 早くも東京方面とつながる日に向けて、期待感が高まっている。 午前10時12分、浪江町の馬場有(たもつ)町長らを乗せた列車が浪江駅のホームに到着。沿線では住民らが 「お帰りなさい」と書かれた横断幕を掲げた。待合所では乗客らに同町で栽培し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「宮城県岩沼市」の画像

もっと見る

「宮城県岩沼市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる