「宮城県岩沼市」とは?

関連ニュース

EVに生まれ変わったクラシックカー=宮城県岩沼市〔地域〕 - 09月20日(水)10:29 

 約60年前にドイツのメーカーが製造したクラシックカーが、電気自動車(EV)に生まれ変わった。東日本大震災で被害を受けた宮城県岩沼市のバス運行会社「仙台バス」が、壊れた名車を改造。災害に強いEVとして復活させた。 クラシックカーは「メッサーシュミットKR200」。全長約2.8メートル、高さ約1.3メートルの2人乗りの三輪自動車だ。同社の猪股正之社長(54)の祖父が購入し、3代にわたり親しんできたが、約10年前にエンジンが故障し動かなくなっていた。 今回、ガソリンタンクとエンジンを取り外し、代わりにモーターとリチウムイオン電池を設置した。最高時速は80キロで、1回の充電で100キロ程度走るという。 同社は震災による津波で、当時所有していたバス26台のうち13台を流失。自治体の要請で、被災した路線をつなぐ代行バスを運行していたが、燃料の確保に苦労したという。比較的復旧の早かった電気に注目し、震災後はEV営業車の導入や、太陽光パネルの設置などを進めてきた。 猪股社長は「災害に強いEVをPRするのに活用したい。ゆくゆくは電気バスも導入できれば」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

クラシックカーEVで復活 震災教訓 災害に備え - 09月11日(月)13:47 

旅客運送業の仙台バス(宮城県岩沼市)が約60年前のクラシックカーを電気自動車(EV)に改造した。東日本大震災を教訓に、三代にわたって親しまれた名車が災害に強く、環境に優しい車に生まれ変わった。 クラシ
カテゴリー:

的めがけ放水 消火技術500人競う 岩沼 - 09月13日(水)09:28 

宮城県岩沼市の消防団と婦人防火クラブが消火技術を競う第28回消防操法競技大会・初期消火競技大会が3日、市多目的グラウンドで開かれ、20の消防団と16の婦人防火クラブなどの計約500人が日頃の訓練の成果
カテゴリー:

【車】60年前のドイツ製クラシックカーが電気自動車に 『メッサーシュミットKR200』 - 09月06日(水)18:50  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129201000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 60年前にドイツで製造された二人乗りのクラシックカーを、宮城県岩沼市のバス会社が電気自動車に改造してお披露目しました。 電気自動車に改造されたのは、60年前にドイツで製造された『メッサーシュミットKR200』という二人乗りの小型のクラシックカーです。 貸切バスの運行などを行っている岩沼市の「仙台バス」の猪股正之社長の祖父が昭和30年代に購入し、親子3代にわたって使ってきましたが、ここ数年は...
»続きを読む
カテゴリー:

「宮城県岩沼市」の画像

もっと見る

「宮城県岩沼市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる