「実証実験」とは?

関連ニュース

駐車場シェアを超えたモビリティプラットフォーム目指す「akippa」、住商らから8.1億円を調達 - 05月22日(火)15:00 

駐車場シェアリングサービス「akippa」を運営するakippaは5月22日、既存株主の住友商事など7社を引受先とした第三者割当増資により、総額で8.1億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回の調達は既存事業の拡大とともに、同社が今後見据えるMaaS(Mobility-as-a-Service)を軸としたモビリティプラットフォームの構築に向けたもの。調達先7社および各社との業務連携の内容は以下の通りだ。 住友商事 : 2016年9月に業務提携、2017年にakippaへ出資。モビリティ部門と連携しカーシェアの駐車スペースやEVの充電スポットなど、中長期的にakippaの駐車場を活用。海外展開のサポートも 日本郵政キャピタル : 郵便局等の駐車場や遊休地の貸し出しを検討 JR東日本スタートアップ : 2018年3月より保有する駐車場をakippaで貸し出し開始。今後もJR東日本沿線の駐車場をakippaを通じて提供、鉄道と2次交通とのシームレスな連携へ ニッポンレンタカーサービス : 2018年内を目標にID連携を進めレンタカーと駐車場をセットで予約できる仕組みを目指すほか、カーシェアステーションとしてakippaの駐車場を活用 FFGベンチャービジネスパートナーズ : 九州エリアでのakippaの展開支援 中部日本放送 : 東海エリアでのakippaの展開支援とグループ...more
カテゴリー:

KDDIと村田製作所、コミュニケーション可視化で面談の質を向上する実証実験を実施 | IT Leaders - 05月22日(火)13:35 

KDDIと村田製作所は2018年5月21日、村田製作所の仮想センサー基盤「NAONA」を活用し、コミュニケーションを活性化する実証実験 を、2018年5月下旬に開始すると発表した。
カテゴリー:

レンジャーシステムズ、ワイヤレスジャパン2018に出展!ミライトとのパートナーシップにより、LoRa対応パーキングセンサーを活用したデモスペースを公開 - 05月22日(火)10:00 

[レンジャーシステムズ株式会社] 一貫したIoTサービスの提供が可能に 市場では、LoRaWAN関連製品に関する実証実験フェーズを終え、いよいよ本格導入への検討が進んでいますが、実際の構築や施工はもちろん、導入後の運用や保守などのサポートが課...
カテゴリー:

部下との面談分析 「話せる上司」育成 - 05月22日(火)05:58 

KDDIと村田製作所は21日、上司と部下の面談での様子を分析し、話しやすい職場環境を作る実証実験を共同で実施すると発表した。会話の発言量やテンポ、声のトーンなど…
カテゴリー:

ミサイルだけじゃない! Jアラートの基本の「キ」 - 05月21日(月)18:00 

Jアラートの全国一斉訓練が平成30年より年4回行われることになり、5月16日に1回目が行われました。でも、どんなときに鳴るのか、そもそもどんなものなのか? については、正直あまりよくわからないというママも少なくないはず。そこでJアラートの基礎知識についてまとめます。 Jアラートはどんなときに鳴る? Jアラートの正式名称は「全国瞬時警報システム」。ミサイル専用の警報というわけではなく、地震や津波、火山、気象情報やミサイルを含めた有事関連情報が伝達される仕組みになっています。 情報の発信源としては、有事関連情報は内閣官房から、それ以外は気象庁となっており、内閣官房から発せられるJアラートはミサイルが日本の領土、領海内に着弾、または通過すると予想された場合や、航空攻撃情報(空襲警報)、ゲリラ・特殊部隊によって攻撃されたという情報、大規模テロの発生などが通知されるんです。 一方で気象庁は緊急地震速報、津波・大津波警報、火山の噴火時に居住地域へ噴火警報などを発信しており、地域の防災行政無線による放送や、携帯電話などの方法で国民に伝達されるようになっています。 Jアラートの歴史と課題 Jアラートが注目されたのは、北朝鮮によるミサイル発射が大きな話題となった2017年でしたが、その歴史は意外と古く、自然災害や弾道ミサイルの発射など、すぐに対処しなくてはならない事態が発生した際に、速やかに...more
カテゴリー:

公道で自動運転の実証実験、タクシー会社では全国初 - 05月22日(火)14:37 

 タクシー会社が全国で初めて公道での自動運転の実証実験を行いました。
カテゴリー:

タクシー会社が東京の公道で自動走行実験 - 05月22日(火)11:44 

 タクシー大手の大和自動車交通(東京)は22日、自動で走行するタクシーの実用化を目指し、日本総合研究所や群馬大と協力し、東京都江東区の公道で自動運転の実証実験を行った。タクシー会社による公道実験は初めてという。
カテゴリー:

【東芝テック】小売店舗における棚周り作業の省力化を目指し、ロボットを活用した実証実験を実施 - 05月22日(火)10:00 

東芝テック(株)とオーケー(株)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」の実証実験として、オーケー(株)橋場店にて棚監視ロボットを活用した売価チェックの実証実験を実施いたします。 これは、店舗の営業終了後22時から翌日の開店前5時の間に、カメラなどのセンサを備えた棚監視ロボットが店舗内を自動で巡回し、商品棚に掲載されている商品価格と店舗が管理している商品マスタデータを比較し、棚札に印字された商品価格に間違いがないかを自動的に確認するものです。東芝テックでは、ロボット技術を活用して棚周り作業を軽減することで、人手不足が深刻な小売業界の課題解決を目指します。
カテゴリー:

AI自動運転、実証実験が日本国内でも盛んになる 壁はコストか? - 05月21日(月)21:49 

日本政府は2020年度からの実施に向けて、自動運転の実証実験を全国で加速させているようだ。
カテゴリー:

ビズオーシャンの対話型AIドキュメント作成サービス「SPALO」が「東京公共交通オープンデータチャレンジ」にて「審査員特別賞」を受賞 - 05月21日(月)17:00 

ビズオーシャンは、同社の対話型AIドキュメント作成サービス「SPALO(スパロ)」(https://spalo.jp/)の「遅延報告書ボット」が、「公共交通オープンデータ協議会」主催の「東京公共交通オープンデータチャレンジ」におけるアプリケーション部門にて、「審査員特別賞」を2018年5月15日に受賞したと発表した。■公共交通オープンデータ協議会とは?「公共交通オープンデータ協議会」とは、公共交通関連データのオープン化を推進する産官学連携の協議会で、首都圏の多数の公共交通事業者やICT事業者が参画する団体から成り立っている。同協議会は、 2020年のオリンピック・パラリンピック開催を控えた、世界一複雑とも言われる「東京」の公共交通を、訪日外国人の方、障碍を持つ方、高齢者の方を含む、誰もがスムーズに乗りこなせるようにすることを目的としている。 ■「東京公共交通オープンデータチャレンジ」ってどんなコンテスト?「東京公共交通オープンデータチャレンジ」とは、同協議会主催のもと、首都圏の様々な公共交通機関のデータを公開し、東京を応援するアプリケーションやアイデアを募集するコンテスト。本コンテストでは、データを一般公開することで、より多くの革新的なアプリを通したイノベーションを起こすことを目的としている。 コンテストの期間中、応募者には事前にJR東日本、東京メトロ、東京都交通局をはじめ、計22...more
カテゴリー:

もっと見る

「実証実験」の画像

もっと見る

「実証実験」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる