「実行委員会」とは?

関連ニュース

3851人思い思いに快走 海洋博トリムマラソン - 01月22日(月)07:00 

 「遅いあなたも主役です」をテーマに第39回海洋博公園全国トリムマラソン大会(主催・国営沖縄記念公園事務所、同大会実行委員会、共催・本部町、沖縄美ら島財団、琉球新報社)が21日、本部町の海洋博公園と周辺地域をコースに開催され、3851人が完走した。  ファミリーエンジョイ公園コース(約3.5キロ)...
カテゴリー:

NAGOハーフマラソン 仲間(豊見城)4度目頂点 女子は白川(名護)初制覇 - 01月22日(月)06:30 

 第59回NAGOハーフマラソン(主催・同実行委員会、共催・名護市、市教育委員会、市体育協会、沖縄陸上競技協会、琉球新報社)は21日、名護市陸上競技場を発着する羽地内海コース(21・0975キロ、日本陸連第3種公認)で開催した。ハーフ、10キロ、3キロ、3キロ親子に計2719人が参加した。ハーフ...
カテゴリー:

北海道庁赤れんが庁舎でプロジェクションマッピング 加森観光が主催 - 01月21日(日)12:57 

加森観光は、北海道庁赤れんが庁舎でプロジェクションマッピング「KAMORI Wonder Lights 大地」を、1月19日から25日まで実施する。 国の重要文化財である北海道庁赤れんが庁舎に、アイヌの神の使いであるシマフクロウが誘う大地創造の物語を、高さ14.6メートル、横54.5メートルの庁舎壁面に描く。 期間中、午後6時30分から午後8時30分までの間に12分間の映像を10回放映する。観覧は無料。北海道150周年事業のパートナー事業として加森観光が主催して行うもので、北海道観光振興機構、札幌商工会議所、北海道新聞社、北海道150年事業実行委員会が後援、北海道アイヌ協会とアイヌ民族博物館が協力する。ランドスキップが企画・演出・製作を手掛けた。
カテゴリー:

仲間孝大V、女子は白川愛結美 NAGOハーフマラソン - 01月21日(日)11:11 

 第59回NAGOハーフマラソン(主催・同実行委員会、共催・名護市、市教育委員会、市体育協会、沖縄陸上競技協会、琉球新報社)が21日、名護市陸上競技場を発着する羽地内海コース(21・0975キロ、日本陸連第3種公認)で行われた。ハーフの部男子は仲間孝大(豊見城市)が1時間11分34秒で頂点に立ち...
カテゴリー:

【漢字トリビア】「燃」の成り立ち物語 - 01月21日(日)11:00 

「漢字」、一文字一文字には、先人たちのどんな想いが込められているのか。時空を超えて、その成り立ちを探るTOKYO FMの「感じて、漢字の世界」。今回の漢字は「燃える」、「燃料」「燃焼」の「燃」です。一月二十日は「大寒」。一年で最も寒さが厳しいこの時期に、燃える火のありがたさを思いながらひもとく漢字です。 「燃」という漢字は、「火へん」に「天然」の「然」と書きます。 「然」という字は「月」のとなりに「犬」と書き、その下に「れんが」または「れっか」と呼ばれる四つの点が添えられています。 「月」は肉体の部分をあらわす部首「にくづき」で、「犬」はそのまま「犬」を、その下の四つの点は「火」を意味しています。 これらの文字を組み合わせた「天然」の「然」という字は、神への捧げものとして神聖な動物である犬の肉を火で焼き、祈りを捧げる古代中国の儀式をあらわしているといいます。 つまり、もとは「然」という字だけで「燃える」様子を示していたのですが、その後、「然り」「然れども」といった意味にも使われるようになったため、「天然」の「然」に「火」という字を加えて「燃」という漢字ができたのです。 激しい落雷か、または熱の蓄積による山火事だったのか。 自然に発生し燃えあがっていた火を初めて目の当たりにした人類。 動物の肉が燃える匂いを喜んだ神々と同じように、人間もまたその香ばしい匂いに導かれ、火の存在を...more
カテゴリー:

「伊計島の上 飛ぶな」 住民、米軍ヘリ不時着抗議 - 01月22日(月)06:30 

 6日に沖縄県うるま市の伊計島海岸に米軍ヘリが不時着した事故を受け、伊計島の住民や島出身者らは「米軍ヘリ不時着に対する伊計島抗議集会」(同実行委員会主催)を21日、伊計公民館で開いた。島の人口約260人に対し、島外からの参加者も含めた約150人(主催者発表)が参加し、米軍機の不時着事故に強い抗議...
カテゴリー:

琉球古典音楽人間国宝・島袋さん カジマヤー盛大に - 01月22日(月)06:30 

 琉球古典音楽の人間国宝島袋正雄さんのカジマヤー祝賀会「歌の道学でカジマヤーの御祝い」(同実行委員会主催)が21日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューであった。芸能関係者ら約350人が、97歳になる島袋さんを祝った。東村、琉球古典音楽野村流音楽協会、島袋正雄門下、琉球新報社によ...
カテゴリー:

北海道庁赤れんが庁舎でプロジェクションマッピング 加森観光が主催 - 01月21日(日)12:57 

加森観光は、北海道庁赤れんが庁舎でプロジェクションマッピング「KAMORI Wonder Lights 大地」を、1月19日から25日まで実施する。 国の重要文化財である北海道庁赤れんが庁舎に、アイヌの神の使いであるシマフクロウが誘う大地創造の物語を、高さ14.6メートル、横54.5メートルの庁舎壁面に描く。 期間中、午後6時30分から午後8時30分までの間に12分間の映像を10回放映する。観覧は無料。北海道150周年事業のパートナー事業として加森観光が主催して行うもので、北海道観光振興機構、札幌商工会議所、北海道新聞社、北海道150年事業実行委員会が後援、北海道アイヌ協会とアイヌ民族博物館が協力する。ランドスキップが企画・演出・製作を手掛けた。
カテゴリー:

絶景楽しみ4000人駆ける 海洋博トリムマラソン - 01月21日(日)11:00 

 第39回海洋博公園全国トリムマラソン大会(主催・国営沖縄記念公園事務所、同大会実行委員会、共催・本部町、沖縄美ら島財団、琉球新報社)が21日、本部町の海洋博公園と周辺のコースで開かれた。今年は4431人がエントリー、景色を楽しみながら自分のペースで走った。  コースは、備瀬福木並木コース(約10...
カテゴリー:

【長崎】スイセンが見ごろ 軍艦島間近に臨む「水仙の里」 - 01月20日(土)21:21  newsplus

 長崎市野母町の「水仙の里」でスイセンがほぼ満開の見頃を迎えている。  東シナ海に面した小高い丘には約1千万本のスイセンが植えられ、世界遺産に登録された「軍艦島」を間近に見ることが出来る。遊歩道を歩くとさわやかな香りが海風に乗って漂っていた。  28日まで「のもざき水仙まつり」が開催され、期間中の土、日は1日約500束のスイセンが無料で配られる。  まつり実行委員会によると、満開を過ぎても、1週間ほどは花を楽しめる、という。(長沢幹城) 2018年1月20日20時08分 https://www.asahi.com/articles...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「実行委員会」の画像

もっと見る

「実行委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる