「実用化」とは?

関連ニュース

「セーフティ・サポートカー割引/ASV割引」の導入について - 10月16日(月)16:00 

[SBI損保] 昨今、先進安全自動車(ASV:Advanced Safety Vehicle)の技術開発や実用化の動きは、国土交通省による推進計画などに基づいてますます加速している他、経済産業省の普及啓発などの後押しも受けて導入台数も日増...
カテゴリー:

AIで創薬向け細胞培養 産総研と武田子会社が開発へ - 10月16日(月)05:00 

 人工知能(AI)とロボットを組み合わせ、薬の開発に使う質の良い細胞を自動で作る取り組みを、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と武田薬品工業の子会社が始めることが、15日までに分かった。細胞培養を担う熟練の技術者の人材不足を補うと期待され、年内に共同で技術開発に着手する。2024年度に実用化し、製薬会社向けの培養事業の展開を目指す。
カテゴリー:

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】 - 10月15日(日)08:53 

 日経新聞は連日のように「世界の自動車産業は電動化に向けてまっしぐら」みたいな記事を載せきまくり、まもなくガソリン車やディーゼル車はこの世から消滅するかのような雰囲気だが、ちょっと考えてみてくれ。  あなたは次の自家用車として、EV(電気自動車)を考えてますか? 「はい」と答える人は、最大でも3割だろう。なぜなら、自宅に充電設備を設置できるのは、持ち家一戸建て(車庫付き)のにお住いの方だけで、その割合が3割くらいだからだ。賃貸や、持ち家でもマンション住まいの方には、そもそもEVという選択肢はない。  英仏は、2040年までにガソリン車やディーゼル車の国内販売を禁止する方針を打ち出したが、非現実的だ。もちろん電動化は徐々に進むでしょうが、ガソリン車やディーゼル車にもまだまだ改良の余地はあり、少なくとも火力発電で作った電気を充電するEVとなら、エネルギー効率やCO2排出量で、いい勝負が続けられるはずなのだ。  なかでもガソリン車やディーゼル車の将来性に対して、最も前向きに考えている自動車メーカーが、マツダだろう。  マツダが誇る独自のエンジン技術といえば、スカイアクティブD(ディーゼル)が代表だが、実はディーゼル乗用車が売れている大きな市場は欧州だけ。北米や中国ではサッパリだ。世界の自動車業界は、まだまだガソリン車を中心に回っている。  そこで、というわけでもないが、このた...more
カテゴリー:

【UAE】「空飛ぶバイク」 ドバイ警察が実験 目的は人命救助(動画) - 10月14日(土)13:48  newsplus

アラブ首長国連邦の首都ドバイの警察が人命救助を目的とした空飛ぶバイクの飛行実験を行いました。 このバイクは40分ほどの飛行が可能で、交通渋滞の影響を受けることなく人命救助に駆け付けられます。また、上空をパトロールして事故をいち早く察知できるということです。ドバイ警察は運用のための環境などを整備し、2年以内の実用化を目指すとしています。 公式動画 https://www.youtube.com/watch?v=2-Tm9YBOr7o&feature=youtube_gdata_player 配信(2017/10/14 11:55 テレ朝ニュース http://news.tv-asahi.co.jp/news...
»続きを読む
カテゴリー:

デジタル通貨、大手銀が実用化競争 普及へ規格の統一模索も - 10月13日(金)06:04 

 仮想通貨や電子マネーといったデジタル通貨をめぐり、国内の大手金融グループが実用化に向けて独自の取り組みを競っている。一方、デジタル通貨の普及を目指して規格統一を模索する動きも出始めており、最終的に大手銀行が合流する可能性もある。
カテゴリー:

福島原発内の被害を調査したロボット技術、トピーが農業で実用化 - 10月16日(月)06:13 

トピーは、東北大学らが原発内の被害状況を確認のために投入したロボット技術を実用化した。
カテゴリー:

【経済】LNG発電船、インドネシアに初配備か…政府検討 - 10月15日(日)15:31  newsplus

 【ジャカルタ=一言剛之】日本とインドネシアの両政府は、海上で液化天然ガス(LNG)による火力発電を行う「LNG発電船」を、インドネシアの島々に整備する検討に入る。 土地を確保しなくても、短期間で発電を始められる利点がある。島々で構成する国が多いアジア・太平洋地域での需要が見込め、新たなインフラ(社会基盤)輸出の柱として期待される。  経済産業省によると、本格的な海上のLNG発電は世界初の事例となる。両政府は、16日にも署名を交わし、作業部会を設けて詳細の検討に入る。数年内の実用化を目指す。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「100 歳まで現役」支える新技術が続々 実用化目前、もうダメだとあきらめないで - 10月14日(土)16:00 

「神戸から、未来へ 100 歳まで現役で生きる! 」をサブテーマにした公益財団法人・先端医療振興財団主催、神戸市共催の市民向け医療シンポジウムが2017年10月 7日、神戸ポートピアホテルで開かれた。
カテゴリー:

【自動車】エアバス、来年にも電動「空飛ぶ車」のテストを実施へ……4人乗り時速120km - 10月13日(金)14:47  newsplus

 「空飛ぶ車」や「空飛ぶタクシー」開発についてはここ最近さまざまな企業が参入しているが、大手航空機メーカーAirbusが2018年に実用化に向けた実証機のテストを行うことを明らかにしている。  Airbusの「空飛ぶ車」は「CityAirbus」と名付けられており、モーターで駆動する8つのプロペラを搭載。バッテリは140kWのものを4つ搭載する。4人乗りで自動運転機能を持ち、巡航速度は時速120kmとのこと。バッテリ駆動ということで短時間の飛行しかできないため、都市部での比較的短距離の移動向けという位置付けのようだ。 http://www.z...
»続きを読む
カテゴリー:

ロボドクター、自動運転... AI社会の到来に備えておくべきこと - 10月12日(木)17:00 

 ここ数年で著しい進歩を見せているAI(人工知能)技術。そんなAIを身近に感じられるもののひとつが、自動運転車ではないでしょうか。すでに日本でも部分的な自動運転機能を備えた自動車が実用化されています。しかしAIの進歩が進むと、気になるのはそれによるリスク。もしAIが誤作動したら? 自動運転車が暴走したら? 小林雅一さんの著書『AIが人間を殺す日』には、そうしたAIのリスクや具体的な技術などについて詳しくつづられています。  例えば自動運転車に関しては、2016年にアメリカの電気自動車メーカー「テスラ」が起こした自動運転中の死亡事故を挙げ、その背景を徹底検証しています。これには様々な要因があるのですが、中でも衝撃的だったひとつが、本書で挙げている「公道でのテスト走行が不十分だった」という点。実はこの事故が起こる数カ月前に、カルフォルニア州の車両局は自動運転技術を開発中の複数の企業に対し、走行テストのデータ提出を求めていました。データの中にはテスト走行の距離や、走行1マイルあたりの人間の介入回数などがあり、安全性を考えた場合、もちろんテスト走行距離は長い方がよく、そして人間の介入回数は少ない方が、安定した自動運転が行われているということになります。しかしこのデータにおいて、テスラは走行距離、人間の介入回数いずれも「0」だったことが判明。それはつまり、テスラが少なくともカリフォルニア州...more
カテゴリー:

もっと見る

「実用化」の画像

もっと見る

「実用化」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 実用...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる