「実写版」とは?

関連ニュース

【ドラマ】実写版「聖☆おにいさん」松山ケンイチ&染谷将太、イエスとブッダ役に決定! - 02月20日(火)11:03  mnewsplus

https://www.cinematoday.jp/news/N0098529 2018年2月20日 俳優・山田孝之が製作総指揮、『銀魂』の福田雄一が監督・脚本を担い、中村光の人気漫画「聖☆おにいさん」を実写化するドラマで、主人公のイエスとブッダをそれぞれ松山ケンイチ、染谷将太が演じることが明らかになった。 同作は2018年、新たに立ち上がる動画配信サービスにて配信予定。山田は「松山さんをイエスに、染谷さんをブッダに、想像しただけでも失禁しそうです。(少し出てますが)」とコメントしている。 累計発行部数1,600万部を誇る「聖☆おにいさん」は、ア...
»続きを読む
カテゴリー:

松山ケンイチ&染谷将太、イエス&ブッダに! 実写版『聖☆おにいさん』 - 02月20日(火)06:00 

 俳優の松山ケンイチと染谷将太が、『聖☆おにいさん』の実写ドラマで主演を務めることが分かった。松山がイエス役を、染谷がブッタ役を演じる。【写真】映画『聖☆おにいさん』フォトギャラリー 本作は、中村光による人気ギャグ漫画『聖☆おにいさん』の実写ドラマ化。俳優の山田孝之が製作総指揮を務め、監督を映画『銀魂』の福田雄一が務めることが発表されており、続報が待たれていた。 2006年から『モーニング・ツー』(講談社刊)で連載されている本作は、ブッタとイエス・キリストの2人が東京の立川でアパートをルームシェアリングしながら人間界のバカンスを満喫する姿を描く。 イエス役の松山は「福田さんがキリスト役の事は熟知しているので色々聞いて頑張りたいなと思います。」と述べ、ブッタ役の染谷は「松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤけるのは俺だけでしょうか?まだ撮影もしていないのに、皆さまに届ける日が楽しみでなりません」と期待の気持ちを語る。 また製作総指揮の山田は、松山と染谷という組み合わせに「想像しただけでも失禁しそうです。(少し出てますが)」と興奮気味。福田監督は「今まで何度も何度も出演をお願いして叶わなかった松山くんと染谷くんで、連載当初から念願だったこの原作を実写化出来ることが、ただただ幸せです!こんな幸せな作品を任せてくれた山田孝之プロデューサーに感謝します!全力でユ...more
カテゴリー:

イエス松山ケンイチ&ブッダ染谷将太、実写版「聖☆おにいさん」に降臨! - 02月20日(火)06:00 

 松山ケンイチと染谷将太が、中村光氏の人気漫画「聖☆おにいさん」の実写ドラマ化プロジェクトにキャストとして参加していることがわかった。松山は“神の子”イエス、染谷は“目覚めた人”ブッダを演じる。 ・【フォトギャラリー】実写「聖☆おにいさん」関連画像  2006年からコミック誌「モーニング・ツー」(講談社刊)で連載されている「聖☆おにいさん」は、09年度「このマンガがすごい!オトコ編」第1位、第13回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した異色のギャグ漫画。無事世紀末を終えた聖人イエスとブッダが、東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら、下界のバカンスを満喫しているという設定が話題を呼び、累計発行部数1600万部を記録した。13年には、森山未來と星野源を声優に迎えたアニメーション映画として劇場公開されている。  実写ドラマ版は、俳優の山田孝之が製作総指揮を務め、「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」「50回目のファーストキス」(6月1日公開)の福田雄一監督がメガホンをとる。「今まで何度も何度も出演をお願いして叶わなかった松山くんと染谷くんで、連載当初から念願だったこの原作を実写化出来ることが、ただただ幸せです!」と興奮を隠せない福田監督。「こんな幸せな作品を任せてくれた山田孝之プロデューサーに感謝します! 全力でユルく臨みます!」と意気込みを明かしている。  「福田さんがキリスト訳の事は熟...more
カテゴリー:

聖☆おにいさん:実写版イエスに松山ケンイチ ブッダは染谷将太 - 02月20日(火)06:00 

 中村光さんのギャグマンガ「聖(セイント)☆おにいさん」の実写ドラマに俳優の松山ケンイチさんと染谷将太さんが出演することが20日、明らかになった。マンガはイエス・キリストとブッダが東京・立川でバカン…
カテゴリー:

4月放送開始・花男の新キャスト決定もネットでは「ゴリ押し?」憶測 - 02月17日(土)21:00 

2018年4月期に放送が予定されているテレビドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Seadon〜』(TBS系)の新キャストが発表された。 すでに主要キャストして杉咲花(20)や平野紫耀(21)、中川大志(19)の起用が発表されていたが、今回新たに濱田龍臣(17)・飯豊まりえ(20)・今田美桜(20)・鈴木仁(28)・中田圭祐(22)が新キャストとして発表された。 発表されたキャストの中でも最年少となる濱田は、大河ドラマ『龍馬伝』や実写版『怪物くん』への出演経験があり、高い演技力が評価されている。 人気ドラマ「花男」続編への出演が決定したことについては「しっかりと同い年に見えるように演じて、ファンの人たちを裏切らないように頑張りたい」と意気込みを語った。 これから更なる活躍が期待される若手役者陣の起用にネットでは様々な意見が寄せられている。 ◆「多分見ないなぁ」微妙な反応多数 TBSの人気ドラマ『花より男子』の10年後を描く今作だが、視聴者の期待はそれほど高くないようだ。 女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では、以下のような反応が見受けられた。 「コケそう」 「これ『花男』じゃないよね」 「うわぁ、多分見ないだろうなぁ」 「んー、あの花男は超えられない」 「まあ登場人物も違うしなぁ」 「もういいよ、他の観たい」 「なぜ前作で完成されたものを今更やるのか」 「再放送の方...more
カテゴリー:

実写版「兄友」加賀役は松岡広大、壮太の妹・秋役は小野花梨 - 02月20日(火)10:00 

赤瓦もどむ原作による実写版「兄友」の追加キャストが発表された。加賀樹役を松岡広大、西野秋役を小野花梨が演じる。
カテゴリー:

実写版『聖☆おにいさん』に松山ケンイチ&染谷将太 福田雄一監督「ただただ幸せ」 - 02月20日(火)06:00 

 俳優の松山ケンイチ、染谷将太が、中村光氏の人気漫画を実写化するドラマ『聖☆おにいさん』に出演していることが19日、わかった。松山がイエス、染谷がブッダを演じる。製作総指揮を務めるのは俳優の山田孝之、監督は『銀魂』『勇者ヨシヒコ』シリーズなどの福田雄一氏。今年新たに立ち上がる動画配信サービスにて配信予定。 【画像】『聖☆おにいさん』原作カット  原作は、『モーニング・ツー』(講談社刊)で2006年から連載されているギャグ漫画。ブッダとイエス・キリストを主人公に、世紀末を無事越えた2人が東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら下界のバカンスを満喫しているというストーリー。累計発行部数1600万部を誇り、13年には森山未來、星野源が声優を務めるアニメーション映画が劇場公開された。  原作では長髪とヒゲも印象的なイエス役の松山は「福田さんがキリスト役の事は熟知してるのでいろいろ聞いて頑張りたいなと思っています」と、ゆるーく意気込み。ブッダ役の染谷は「いつか実写でみたいなと思っていた『聖☆おにいさん』にまさか参加するとは思ってもみませんでした。しかも、ブッタ役で。そして福田監督と山田さんという黄金コンビの企画に参加できるとは、心が激しく躍ります」と喜び、「松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤケてしまうのは俺だけでしょうか? まだ撮影もしていない...more
カテゴリー:

“イエス”松山ケンイチ&“ブッダ”染谷将太、実写版「聖☆おにいさん」に降臨! - 02月20日(火)06:00 

松山ケンイチと染谷将太が、中村光氏の人気漫画「聖☆おにいさん」の実写ドラマ化プロジェクトにキャストとして参加していることがわかった。松山は“神の子”イエス、染谷は“目覚めた人”ブッダを演じる。2...
カテゴリー:

漫画「宇宙を駆けるよだか」がNetflixでドラマ化! 重岡大毅&神山智洋がダブル主演 - 02月18日(日)05:00 

 漫画家・川端志季氏による人気少女コミック「宇宙(そら)を駆けるよだか」が、Netflixで実写ドラマ化することが決定。「ジャニーズWEST」の重岡大毅と神山智洋がダブル主演を務め、ヒロインを清原果耶、物語のキーマンを富田望生が演じることがわかった。 ・【フォトギャラリー】「宇宙を駆けるよだか」原作イラスト  2014~15年に「別冊マーガレット」(集英社刊)で連載され、16年度「このマンガがすごい!オンナ編」第5位にランクインした「宇宙を駆けるよだか」は“肉体の入れ替わり”を題材にしたサスペンス・ラブストーリー。幼馴染みの水本公史郎から告白され、付き合うことになったあゆみは、初デート当日、醜い容姿のクラスメイト・海根然子と体が入れ替わってしまう。その事実を誰にも信じてもらえず絶望するあゆみは、入れ替わりにいち早く気づいてくれた親友・火賀俊平に支えられながら、元に戻る方法を探り始める。  「炎の転校生 REBORN」に続き、Netflixオリジナル作品への出演は2度目となった重岡と神山。クラス一の人気者・火賀役を重岡、秀才でスポーツ万能なイケメン・水本役を神山が演じ、劇中では恋のライバルとして火花をちらすことになった。「いつも一緒にいる神山君との共演と聞いて、驚くとともに、とても嬉しかったです」と喜びを爆発させた重岡は「クラス一の人気者の火賀役を演じますが、自分も高校時代に、...more
カテゴリー:

ダコタ・ジョンソン、共演男優に下着の脱がせ方を指南! - 02月17日(土)17:15 

ダコタ・ジョンソン(28)が、共演者のジェイミー・ドーナン(35)に女性の下着のセクシーな脱がせ方を指南したようだ。 【写真を見る】意外と?ナイスバディ!胸元を露わにした衣装で悩殺したダコタ・ジョンソン/写真:SPLASH/アフロ E・L・ジェイムズ著作の官能小説を映画化した「フィフティ・シェイズ」シリーズの第3弾『フィフティ・シェイズ・フリード(原題)』で、前作までに続きダコタはアナ・スティールを、ジェイミーはクリスチャン・グレイを演じているが、今回も相変わらずセクシーなシーンが満載。 この作品でジェイミーは“世界で最もセクシーな男性”の名を欲しいままにしているが「監督より先に女性の下着の脱がせ方のアドバイスをくれたのはダコタなんだ。とても繊細で官能的なね」と、米テレビ「ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・コナン・オブライエン」で語っており、イニシアチブを取ったのは既婚者で年上のジェイミーではなく、現在グウィネス・パルトロウの元夫である、コールドプレイのクリス・マーティンと交際中のダコタだった様子。 ネットユーザーたちからは「クリスと交際を始めて、ダコタはますます綺麗になった!」「グウィネスをも射止めたクリスの手ほどきがスクリーンで見れるってこと?」「私も映画を観て、カレに教えなきゃ!」といった声が寄せられている。 その甲斐あってか、週末の興行成績は前2作には及ばなかったものの、約3...more
カテゴリー:

もっと見る

「実写版」の画像

もっと見る

「実写版」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる