「宝島社」とは?

関連ニュース

【ギョウーザ】川崎市が餃子の町として宇都宮・浜松を追随 独特なタレあり - 02月19日(月)00:45  newsplus

宇都宮と浜松に追随する餃子の町が 「餃子」といって思い出される都市といえば、栃木県の宇都宮市と静岡県の浜松市だ。それぞれの都市では、餃子がご当地グルメとして愛されており、「餃子日本一」の座をかけて熾烈な「餃子戦争」が繰り広げられている。 そして今、宇都宮と浜松に追いつけ、追い越せとご当地餃子で町興しをする都市が増えている。その代表例が2007年に、新たな名物として餃子を広くアピールして、地域活性化に貢献したいという思いから「かわさき餃子舗の会」を発足した神奈川県川崎市だ。 同市は総務省総計局家...
»続きを読む
カテゴリー:

醤油を塗って焼くだけ『焼きうまい棒』が感動のウマさ! 焦がし醤油の香ばしさがあまりにも絶品 - 02月18日(日)15:00 

誰もが知ってる駄菓子の代表格といえば『うまい棒』ですよね。昔から変わらず1本10円という低価格で、販売元のやおきんがホームページで公開している情報が最新なら2018年2月現在でなんと18種類もの味が発売されているようです。 醤油を塗って焼く「焼きうまい棒」が激ウマ もちろん普通に食べてもバッチリウマいうまい棒ですが、なんと醤油を塗って焼くだけで味をさらに大幅にランクアップさせることができるのです。醤油の香ばしさがプラスされたうまい棒は、まるで屋台の焼きとうもろこしのよう。 本当に手軽に作れるので、ぜひ皆さんにも試してみていただきたいのです。 トースターがあれば簡単に作れる 作り方はうまい棒を開封したら醤油を塗ってトースターで1~2分焼いて焦げ目をつけるだけ。超簡単! 醤油はハケを使って塗るのがベスト。もし家にハケがない場合は、平たいお皿に醤油を入れ、その上でうまい棒を転がせば均等に醤油を塗ることができます。 こんな感じで塗れたらバッチリ。塗りすぎてしまうとうまい棒が溶けてきてしまうので気をつけましょう。 また、醤油はどんな醤油でも大丈夫ですが、九州の甘口醤油を使うと絶品です。わざわざ買うほどではないですが、もし家にあったらぜひそちらを使ってください。 あとはトースターで焼くだけ。焼き始めるとすぐに醤油の香ばしい匂いが周囲に漂ってきます。たまらねぇ~! ちなみに焼き時間は...more
カテゴリー:

注目映画紹介:「リバーズ・エッジ」二階堂ふみ&吉沢亮が共演 青春の欲… - 02月15日(木)18:30 

 女優の二階堂ふみさん主演映画「リバーズ・エッジ」(行定勲監督)が16日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほかで公開される。1993~94年にファッション誌「CUTiE」(宝島社)で連載された…
カテゴリー:

美人な自分を引き出そう! 長井かおりが教える「永遠の定番メイク」発刊 - 02月15日(木)11:07 

 これは、とても参考になるかも──宝島社(東京)は、2月16日に、「長井かおりが教える『永遠の定番メイク』」(税別980円)を発売する。【写真】関連情報を含む記事はこちら  「~周囲がざわつく自分になる~必要なのはコスメではなくテクニック」(ダイヤモンド社)などの著書で知られる大人気ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん。現在は、全国でメイクレッスン講師としても活動中だ。その長井さんが、流行に左右されない、年を重ねても古くならない、いちばん美人な自分を引き出すメイクを指南してくれる。 著者:長井かおり(ながい・かおり)  長井式メイクの特徴である“コスメに頼らず、テクニックでキレイ”を叶えるため、長井式の基本メイクテクを、連続写真や大きなプロセス写真でこれ以上ないくらいていねいに紹介している。シンプルだけど、誰もが自身の美しさを引き出せるメイクが必ずできる、実用性の高い一冊だ。【関連記事】 ・“すっぴん”を目指すケアブランド 資生堂の「専科」リニューアル
カテゴリー:

チャーシュー&味玉マシマシのスペシャルどん二郎が食べられた! 発案者ノジーマがレクチャー『B級フード研究会』レポート - 02月13日(火)20:30 

日清の『どん兵衛』にもやしなどを盛り付けて二郎風にするという『どん二郎』の発案者でもあるガジェット通信のノジーマ記者が刊行した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方 ~誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ~』(宝島社)。これを記念して、2018年2月3日にガジェット通信フロアにて『B級フード研究会』を開催。ノジーマ記者をはじめ、『どん二郎』本の担当編集者の九内俊彦さん、タレントの森あんなさんを迎えて、来場者と一緒にB級フード・ドリンクを楽しむという会になりました。 「やるからには最高のイベントにする!」と意気込むノジーマ記者。開演の数時間前には会場入りして仕込みに余念がありませんでした。 さらには助っ人としてガジェット通信スタッフでもあり、投げ銭イベント『鬼丸食堂』を主宰する鬼丸美穂さんを召喚。これでスペシャルな『どん二郎』が食べられる体制が整いました。 ※参考記事 「値段は決まっていません!」満足した分だけ支払う実験的試み『鬼丸食堂』ってどんなお店? http://getnews.jp/archives/387490 お通し的な存在として用意されたのは、うまい棒に九州の醤油をつけてトースターで焼くという『焼きうまい棒』。「スナック菓子の粉っぽさが苦手」という九内さんも「これならイケる」と太鼓判を押す一品です。 もう一つ、ノジーマ記者が「これはぜひ食べてもらいたい!」...more
カテゴリー:

二階堂ふみ、小沢健二の手紙にうるうる「感無量」 - 02月18日(日)16:14 

 女優の二階堂ふみが18日、都内で行われた映画『リバーズ・エッジ』公開記念舞台あいさつに登壇した。同名漫画の原作者・岡崎京子氏と親交が深く、映画の主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を担当したシンガー・ソングライターの小沢健二からの手紙がサプライズで届けられると、感慨深げに聞き入った。 【写真】吉沢亮らも登壇『リバーズ・エッジ』公開記念舞台あいさつ  小沢の手紙は、療養中の岡崎氏の家を二階堂と一緒に訪れた際のエピソードからはじまり「ふみさんが『リバーズ・エッジ』の映画化にかけた熱量は、小宇宙を創れるくらいのものです。それをふみさんは静かにたたえて、京子さんに話をしていました。そこから流れ出した水がこうやって、映画となってみなさんに届きました」と回想。  続けて、同作を鑑賞した感想を「ふみさんの顔が京子さんそっくりに見える場面があり、驚きました。あれはなんなのだろうと、今も思っています」とつづったうえで「本当に良かったです、『リバーズ・エッジ』」と結んだ。  時折目を潤ませながら、MCによる代読をかみしめるように聞いていた二階堂は「感無量です。本当に良かったですね。この作品は監督も含め、キャスト全員で考えて作っていたので、こうやって皆さんにお披露目できてうれしく思います」と感謝の思いを伝えていた。  原作は、1993年~94年にファッション誌『CUTiE』(宝島...more
カテゴリー:

ジャニーズWEST・重岡&神山ドラマW主演 清原果耶めぐり恋敵に - 02月18日(日)05:00 

 人気グループ・ジャニーズWESTの重岡大毅と神山智洋が、Netflixにて今年配信されるドラマ『宇宙を駆けるよだか』でW主演を務めることがわかった。人気漫画を実写化した同ドラマは、男女4人の高校生が繰り広げるサスペンス&ラブストーリー。クラス一の人気者・火賀俊平を重岡、秀才でスポーツ万能なイケメン・水本公史郎を神山が演じ、2人の幼なじみで容姿も抜群にかわいいヒロイン・小日向あゆみには清原果耶、物語のキーマンであり醜い容姿をした海根然子は富田望生が起用された。 【画像】実写化の原作となった少女コミック『宇宙を駆けるよだか』  漫画家・川端志季氏による原作は、2014年から2015年に『別冊マーガレット』(集英社)にて連載され、2016年度の『このマンガがすごい!2016』(宝島社)オンナ編にて第5位にランクイン。火賀、公史郎、あゆみの3人は仲の良い親友だった。しかしかわいいあゆみと醜い然子が入れ替わってしまったことによって、然子も含めた4人の関係が複雑に変化していく。2月初旬よりクランクインし、現在、撮影中。  重岡と神山は、ともにジャニーズWESTとして初主演した『炎の転校生REBORN』に続くNetflixドラマ主演。重岡は「いつも一緒にいる神山君との共演と聞いて、驚くとともに、とてもうれしかったです。クラス一の人気者の火賀を演じますが、自分も高校時代に、いつもムードメー...more
カテゴリー:

二階堂ふみ&吉沢亮、傷つきやすかった10代を振り返る - 02月15日(木)17:00 

岡崎京子の同名コミックを映画化した『リバーズ・エッジ』(2月16日公開)で主演を務めた二階堂ふみと共演の吉沢亮にインタビュー。バブル崩壊後まもない90年代の若者たちが抱く欲望や焦燥、孤独を、21世紀のいまを生きる二階堂たちがどのように受け止め、咀嚼し、体現したのか? 2人に10代当時を振り返ってもらいつつ、本作に懸ける思いを聞いた。 【写真を見る】二階堂ふみと吉沢亮の共演シーンはこちら/[c]2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社 女子高生ハルナ(二階堂ふみ)といじめられっ子の同級生・山田(吉沢亮)、摂食障害のモデル・こずえ(SUMIRE)が、河原で発見した死体という秘密を共有することで、歪んだ友情が結ばれていく。 16歳の時に原作を読んだ二階堂は、その内容にとてもシンパシーを感じたと言う。「自分が日常で感じているものや感情がそのまま作品の中にあったので、これはすごい漫画だなと思いましたし、ものすごい衝撃を受けました」。 二階堂は本作の映画化を切望する一方で、プレッシャーも感じていたそうだ。「岡崎さんに対する思いというか、この作品を裏切ってはいけないという気持ちがありました。私たちより若い世代や同世代の人たちが何かを感じていただけるような作品になるといいなと思います」。 吉沢は、原作と脚本の両方を読み「すごく面白いし、余白が多く文学的な作品」という印象をもった。 ...more
カテゴリー:

メイク講座は完売続出!! 日本一予約が取れないヘアメイクアーティスト “長井かおり”式 メイクの教科書 2/16発売! - 02月14日(水)17:59 

[株式会社 宝島社] [画像1: https://prtimes.jp/i/5069/638/resize/d5069-638-953817-1.jpg ] “長井式メイク”のプロセスを徹底解説! 全国で行うメイク講座は完売続出! 『~周囲がざわつく自分になる~必要なのはコ...
カテゴリー:

【沸騰ワード10×伝説の家政婦シマさん】初の番組公式レシピ本 2/16発売! - 02月13日(火)17:59 

[株式会社 宝島社] [画像1: https://prtimes.jp/i/5069/637/resize/d5069-637-351208-3.jpg ] 沸騰ワード10(日本テレビ系毎週金曜日よる7時放送中)に登場し大人気となった“伝説の家政婦シマさん” 初の番組公式レシピ...
カテゴリー:

もっと見る

「宝島社」の画像

もっと見る

「宝島社」の動画

Wikipedia

株式会社宝島社(たからじましゃ)は、東京都千代田区に本社を置く日本の出版社。猥褻図書や他人を侮辱する書籍を多く出版する。

概要

1971年9月22日設立。代表取締役は蓮見清一。当時は自治体向けのPR誌や地図など下請けを中心とした事業を行っていた株式会社ジェー・アイ・シー・シーJICC出版局、通称“ジック”)だったが、1974年6月に晶文社から版権譲渡を受けた月刊誌宝島(旧ワンダーランド。植草甚一が創刊・編集)を復刊。若い世代を対象とした切り口は、以後の出版界に少なからぬ影響を及ぼす。1993年4月に現社名になる。宝島復刊当初、編集は赤坂の「株式会社宝島社」、発行は飯田橋の「株式会社JICC出版局」と編集・発行が別会社になっていた。

1975年3月から政治問題からサブカルチャーまでを扱う別冊宝島を創刊、ムック市場を切り開く。 1993年11月4日には、借り上げていた麹町にあった当時の本社において発砲を受け事件化する右翼団体が反皇室報道に抗議したという体裁になっているが、真相は不明。編集者1人当たりの出版出荷額にノルマをかけ、同社急成長の元となった「社員成金化計画」などは業界内では有名。遊ぶWindows...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる