「定期便」とは?

関連ニュース

【衣類】ZOZOとアマゾンは「日本の古いアパレル」をこうやって駆逐する - 02月22日(木)17:11  bizplus

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが、採寸用ボディースーツ 「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を活用した服の定期配送サービスに乗り出した。採寸スーツを使って自身のサイズを計測すれば、自分に似合う洋服が定期的に送られてくる。 一連の取り組みはユニクロを攻略するためのものといわれているが、もっと大きなポテンシャルを秘めている。それはショップ系ブランドの衰退と月額固定料金化へのシフト、そしてアパレル産業のテクノロジー化である。 アパレルの常識がひっくり返る スタートトゥデイは2月15...
»続きを読む
カテゴリー:

AOKIがビジネスウェアの定額レンタルサービスを4月から開始、専門スタッフがコーディネート - 02月22日(木)12:24 

suitsboxのFacebookページより ここ最近、専門家がユーザーに合わせてオーダーメイドしたものを、定期購入や月額レンタルといったサプスクリプションモデルで提供するプロダクトが増えてきている。 中でも盛り上がっているのがファッションの分野だろうか。定額制のファッションレンタルサービスとして、2015年2月にリリースされた「airCloset(エアークローゼット)」は会員数15万人を突破。運営元のエアークローゼットは累計で2桁億円の資金調達をしている。 近いものではストライプインターナショナルの「メチャカリ」があるほか、レンタルではないがスタートトゥデイもZOZOTOWN内の新サービスとして「おまかせ定期便」を始めたばかりだ。 この流れは何もカジュアルウェアに限った話ではない。4月30日にリリースされる予定の「suitsbox」はビジネスウェアの定額制レンタルサービス。開発しているのは「スーツのAOKI」でおなじみのAOKIだ。 suitsboxは同社がこれまで蓄積してきたビジネスウェアのサイジングデータと独自のロジックを活用し、申し込み時のQ&Aで最適なサイズを分析。ユーザーの要望に合わせてスタイリストがコーディネートしたスーツ・シャツ・ネクタイをセットで提供するというサービスだ。 2018年2月の時点で提供可能な商品サイズは、身長160cm〜180cm、ウェスト...more
カテゴリー:

バニラエア、大阪/関西〜函館線を運休 - 02月21日(水)22:59 

バニラエアは、3月25日から始まる夏スケジュールで、大阪/関西〜函館線を運休する。 2017年3月18日より運航を開始し、季節定期便として運航していた。すでに1月9日をもって冬スケジュール期間中の運航を終了している。片道運賃は、「シンプルバニラ」は5,980円から、「コミコミバニラ」は7,980円から設定していた。これにより函館発着路線は東京/成田線の1路線、大阪/関西発着路線は東京/成田・奄美大島・台北/桃園線の3路線となる。 バニラエアは3月24日をもって台北/桃園〜ホーチミン線を運休、3月25日に福岡〜台北/桃園線を開設する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

中国人観光客、東京大阪はもう飽きたと地方の糞田舎に足を伸ばす→中国人ガイド不足で悲鳴 - 02月21日(水)19:22  news

中国人訪日客 春節、体験型・地方へ ガイド不足、受け入れ態勢カギ  中国の旧正月に当たる春節(今年は2月16日)の大型連休を利用し、多くの中国人観光客が日本を訪れている。3年ほど前までは「大都市」での「爆買い」が定番だったが、 行き先は地方へ、目的は「体験」へとシフト。受け入れる側も観光戦略の転換が迫られている。【一宮俊介、竹地広憲、大久保渉】  「青森ねぶた祭」の大型ねぶたなどを展示するJR青森駅前の観光施設「ねぶたの家ワ・ラッセ」(青森市)が、中国人観光客でわいている。 19日には午前...
»続きを読む
カテゴリー:

エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線でセール第2弾 片道5,000円 - 02月20日(火)14:03 

山口宇部空港の国内線・国際線定期便利用者が累計2,500万人に到達したことを記念して、エアソウルは山口宇部~ソウル/仁川線でセール第2弾を開催している。 片道運賃は5,000円。燃油サーチャージ、諸税等は別途必要となる。対象搭乗期間は2月20日から3月24日まで。販売期間は2月19日から23日まで。販売予定数は約250区間分で、予定数がなくなり次第終了となる。 エアソウルの山口宇部~ソウル/仁川線は、山口宇部空港初の国際線定期便として2016年11月に就航。現在は月・水・土曜の週3便を、195席か171席を配置したエアバスA321型機を使用して運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

コリアエクスプレスエア、北九州〜襄陽・務安線を定期便化 5月13日から - 02月22日(木)14:30 

コリアエクスプレスエアは、北九州〜襄陽・務安線を5月13日から定期便化する。 エコノミークラス50席を配置したエンブラエル145型機を使用し、北九州〜襄陽線は火・木・日曜、北九州〜務安線は火・金・日曜にそれぞれ1日1便を運航する。これにより北九州発着の国際線定期便路線は5路線に拡大する。 コリアエクスプレスエアは韓国のコミューター航空会社。現在、ツアー利用向けのチャーター便を北九州に就航させている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

<仙台市・復興定期便>1万2300通→300通 発行6年、送付希望者激減 - 02月22日(木)06:05 

東日本大震災の被災者に行政や生活再建情報を伝えてきた仙台市の「復興定期便」の配布数が激減していることが分かった。2011年10月の発行開始時に最大約1万2300通だった送付は現在約300通。「被災者の
カテゴリー:

バニラエア、大阪/関西〜函館線を運休 - 02月21日(水)22:59 

バニラエアは、3月25日から始まる夏スケジュールで、大阪/関西〜函館線を運休する。 2017年3月18日より運航を開始し、季節定期便として運航していた。すでに1月9日をもって冬スケジュール期間中の運航を終了している。片道運賃は、「シンプルバニラ」は5,980円から、「コミコミバニラ」は7,980円から設定していた。これにより函館発着路線は東京/成田線の1路線、大阪/関西発着路線は東京/成田・奄美大島・台北/桃園線の3路線となる。 バニラエアは3月25日に、福岡〜台北/桃園線を開設する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

北九州:韓国2空港と定期便 5月13日から - 02月20日(火)19:53 

 北九州市は20日、北九州空港と韓国・襄陽(ヤンヤン)、務安(ムアン)の両空港を結ぶ国際定期2路線を5月13日から就航させると発表した。両路線でチャーター便を就航させていた韓国の航空会社「コリアエクスプレスエア」が運航する。北九州空港が福岡市や山口県下関市など人気の観光地から近く、24時間発着できる点を評価した。
カテゴリー:

エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線でセール第2弾 片道5,000円 - 02月20日(火)14:03 

山口宇部空港の国内線・国際線定期便利用者が累計2,500万人に到達したことを記念して、エアソウルは山口宇部~ソウル/仁川線でセール第2弾を開催している。 片道運賃は5,000円。燃油サーチャージ、諸税等は別途必要となる。対象搭乗期間は2月20日から3月24日まで。販売期間は2月19日から23日まで。販売予定数は約250区間分で、予定数がなくなり次第終了となる。 エアソウルの山口宇部~ソウル/仁川線は、山口宇部空港初の国際線定期便として2016年11月に就航。現在は月・水・土曜の週3便を、195席か171席を配置したエアバスA321型機を使用して運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「定期便」の画像

もっと見る

「定期便」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる