「定期便」とは?

関連ニュース

【妊娠10ヶ月】出産までカウントダウン!出産準備は? 25歳はじめての妊娠 #最終回 - 04月25日(水)21:45 

妊娠が分かったときのこと覚えていますか? 「嬉しい!」「ママになるんだぁ」と喜びや感動の反面「これからどうしよう!」「ちょっと不安……」というのが正直な気持ちなのではないでしょうか。 前回、里帰り先の産院でバースプランを考えた25歳の新米マタニティママ・さっちゃん。 10ヶ月間近になり、残るは入院準備! ◆新米マタニティママ・さっちゃんと登場人物はコチラからチェック ◆今までのお話はコチラからチェック ◆妊娠9ヶ月の母体ってどんな状態?コチラからチェック   ▼プレママ必見!入院準備はネットがお得? お腹が大きくなり、外出もだんだん厳しくなってきた妊娠9ヶ月以降。 仕事もギリギリまで続けていたこともあり、必要なものはECサイトを使って揃えました。 さっちゃんが主に利用したのは下記の3つ。 ・Amazonファミリー ・アカチャンホンポ ネット通販 ・イトーヨーカドー ネット通販 入院グッズはもちろん、産後定期的に購入するオムツやお水、食料品などは定期便があるほか、割引サービスがついていることも! 関連記事:お得に買えて便利!「オムツ定期便」のメリット・デメリットは? ▼分けるのが便利、陣痛バックと入院バックの中身 妹ちゃんや先輩ママに教えてもらい、「陣痛バック」と「入院バック」は別々に用意しました。 陣痛バック ・母子手帳、保険証、印鑑 ・いきみ逃し用のテニスボー...more
カテゴリー:

デルタ航空とヴァージン・アトランティック航空、アメリカとイギリスを結ぶ路線を拡大 - 04月24日(火)21:09 

デルタ航空とヴァージン・アトランティック航空は2018年夏スケジュールで、アメリカとイギリスを結ぶ路線を拡大する。 デルタ航空はソルトレイクシティ〜ロンドン/ヒースロー線を4月1日から、ポートランド〜ロンドン/ヒースロー線を5月3日から運航を再開する。ヴァージン・アトランティック航空はニューヨーク/ジョン・F・ケネディ〜ロンドン/ヒースロー線を1日6便体制で運航する。両社合わせると、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ〜ロンドン/ヒースロー線は1日8便体制で運航する。デルタ航空はアトランタ・デトロイト〜ロンドン/ヒースロー線も運航を継続する。 さらに、デルタ航空はニューヨーク/ジョン・F・ケネディ〜グラスゴー・エディンバラ線、ヴァージン・アトランティック航空はオーランド〜ベルファスト線を両社合わせて週17便運航する。ヴァージン・アトランティック航空はニューヨーク〜マンチェスター線に5月からボーイング747型機を投入し、供給座席数を増やすほか、ラスベガス・サンフランシスコ・ボストン〜マンチェスター線の季節定期便も運航する。 ⇒詳細はこちら 投稿 デルタ航空とヴァージン・アトランティック航空、アメリカとイギリスを結ぶ路線を拡大 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線就航を発表 スクートも運航継続 - 04月23日(月)17:18 

ノックスクートは、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線に6月1日より就航すると発表した。4月23日より航空券の販売を開始した。 機材はスクートビズ24席、エコノミークラス391席の計415席を配置した、ボーイング777-200型機を使用する。 就航を記念し、4月23日から25日まで、片道9,500円の特別運賃を販売する。諸税は含まれている。通常の片道運賃は、エコノミークラスは9,800円から61,900円、スクートビズは29,800円から70,800円となり、諸税は別途必要となる。 スクートが運航する、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線の2017年4月から2018年3月までの1年間の搭乗率は95.4%と好調だった。ノックスクートの就航後も、スクートの東京/成田〜バンコク/ドンムアン〜シンガポール線の運航も継続する。 ノックスクートは2013年10月に設立。スクートとノックエアー、フエアンナミトルカンパニーが出資している。資本金は20億タイバーツ(約70億円)。ボーイング777-200型機4機を保有している。2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線を運航している。国際民間航空機関(ICAO)がタイ民間航空局に対して、安全に対する重大な懸念がある国の指定を解除したことから、バンコク/ドンムアンと日本、中国、インド、韓国...more
カテゴリー:

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線就航記念運賃販売 片道総額9,500円 - 04月23日(月)15:02 

ノックスクートは、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線に6月1日より就航する。4月23日より航空券の販売を開始した。 就航を記念し、4月23日から25日までの3日間限定で、片道9,500円の特別運賃を販売する。諸税は含まれている。 ノックスクートは、スクートやノックエアが出資した中距離線を運航する格安航空会社(LCC)。日本への定期便の就航は初めてとなる。スクートビズは「2-4-2」配列で24席、エコノミークラスは「3-4-3」配列で391席の計425席を配置したボーイング777-200型機を使用する。スクートビズでは機内食と20キロの預け入れ手荷物が含まれている。 ■ダイヤ XW101 東京/成田(13:55)〜バンコク/ドンムアン(18:25) XW102 バンコク/ドンムアン(02:20)〜東京/成田(10:25+1) ⇒詳細はこちら 投稿 ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線就航記念運賃販売 片道総額9,500円 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線就航 6月1日から - 04月20日(金)16:48 

国土交通省は、タイのノックスクートからの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、4月20日付けで許可した。 6月1日から、バンコク/ドンムアン〜東京/成田線を毎日1便運航する。機材はスクートビズ24席、エコノミークラス391席の計415席を配置した、ボーイング777-200型機を使用する。 ノックスクートはスクートとノックエアーの合弁企業で、2013年10月に設立。資本金は20億タイバーツ(約70億円)。ボーイング777-200型機4機を保有している。2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線を運航している。国際民間航空機関(ICAO)がタイ民間航空局に対して、安全に対する重大な懸念がある国の指定を解除したことから、バンコク/ドンムアンと日本、中国、インド、韓国への路線開設を進めると発表していた。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

デルタ航空とヴァージン・アトランティック航空、アメリカとイギリスを結ぶ路線を拡大 - 04月24日(火)21:09 

デルタ航空とヴァージン・アトランティック航空は2018年夏スケジュールで、アメリカとイギリスを結ぶ路線を拡大する。 デルタ航空はソルトレイクシティ〜ロンドン/ヒースロー線を4月1日から、ポートランド〜ロンドン/ヒースロー線を5月3日から運航を再開する。ヴァージン・アトランティック航空はニューヨーク/ジョン・F・ケネディ〜ロンドン/ヒースロー線を1日6便体制で運航する。両社合わせると、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ〜ロンドン/ヒースロー線は1日8便体制で運航する。デルタ航空はアトランタ・デトロイト〜ロンドン/ヒースロー線も運航を継続する。 さらに、デルタ航空はニューヨーク/ジョン・F・ケネディ〜グラスゴー・エディンバラ線、ヴァージン・アトランティック航空はオーランド〜ベルファスト線を両社合わせて週17便運航する。ヴァージン・アトランティック航空はニューヨーク〜マンチェスター線に5月からボーイング747型機を投入し、供給座席数を増やすほか、ラスベガス・サンフランシスコ・ボストン〜マンチェスター線の季節定期便も運航する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線就航を発表 スクートも運航継続 - 04月23日(月)17:18 

ノックスクートは、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線に6月1日より就航すると発表した。4月23日より航空券の販売を開始した。 機材はスクートビズ24席、エコノミークラス391席の計415席を配置した、ボーイング777-200型機を使用する。 就航を記念し、4月23日から25日まで、片道9,500円の特別運賃を販売する。諸税は含まれている。通常の片道運賃は、エコノミークラスは9,800円から61,900円、スクートビズは29,800円から70,800円となり、諸税は別途必要となる。 スクートが運航する、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線の2017年4月から2018年3月までの1年間の搭乗率は95.4%と好調だった。ノックスクートの就航後も、スクートの東京/成田〜バンコク/ドンムアン〜シンガポール線の運航も継続する。 ノックスクートは2013年10月に設立。スクートとノックエアー、フエアンナミトルカンパニーが出資している。資本金は20億タイバーツ(約70億円)。ボーイング777-200型機4機を保有している。2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線を運航している。国際民間航空機関(ICAO)がタイ民間航空局に対して、安全に対する重大な懸念がある国の指定を解除したことから、バンコク/ドンムアンと日本、中...more
カテゴリー:

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線就航記念運賃販売 片道総額9,500円 - 04月23日(月)15:02 

ノックスクートは、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線に6月1日より就航する。4月23日より航空券の販売を開始した。 就航を記念し、4月23日から25日までの3日間限定で、片道9,500円の特別運賃を販売する。諸税は含まれている。 ノックスクートは、スクートやノックエアが出資した中距離線を運航する格安航空会社(LCC)。日本への定期便の就航は初めてとなる。スクートビズは「2-4-2」配列で24席、エコノミークラスは「3-4-3」配列で391席の計425席を配置したボーイング777-200型機を使用する。スクートビズでは機内食と20キロの預け入れ手荷物が含まれている。 ■ダイヤ XW101 東京/成田(13:55)〜バンコク/ドンムアン(18:25) XW102 バンコク/ドンムアン(02:20)〜東京/成田(10:25+1) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

<FDA>仙台-出雲線が就航 東北と山陰結ぶ初の定期便 相互交流活性化に期待 - 04月21日(土)06:05 

地域航空会社フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は20日、仙台−出雲線の運航を始めた。東北と山陰を結ぶ初めての定期便で、観光を中心とした相互交流の活性化が期待される。2016年7月の仙台空港民営
カテゴリー:

【海上自衛隊】ソマリア沖の海賊対処へ出発/海自八戸 - 04月20日(金)11:13  newsplus

 東アフリカのソマリア沖での海賊対処のため、海上自衛隊が第2航空群(八戸市)を中心に編成した派遣航空部隊の一部32人が19日、P3C哨戒機で同市の海自八戸航空基地を出発した。残りの隊員は28日、民間の定期便で成田空港から出発する。  2空群からのソマリア沖への派遣は昨年7月以来、9度目。今回の派遣隊員は63人で、アデン湾で海賊対処に当たる。  出国に先立ち、部隊の指揮官を務める高橋英樹2等海佐は取材に「過酷な環境だが、協力して任務を完遂したい」と意欲を語った。  この日は、派遣される隊員の家族らが同基地に駆...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「定期便」の画像

もっと見る

「定期便」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる