「宗教団体」とは?

関連ニュース

「韓国で進化を続けている」40代ホイホイな包茎矯正グッズビガーパンツは現代でも健在だった件 - 04月18日(水)11:30 

 3月21日、潜入ライターのニポポ氏が“怪しい”情報を紹介しまくる破天荒チャンネル「超ニポポの怪しい動画ワールド」(毎週水曜日21時)が配信された。  放送内でニポポ氏より、40代以上の者にとっては懐かしすぎる怪しげ通販グッズ「ビガーパンツ【※】」が、韓国では今も健在であるというエピソードが語られた。 ※ビガーパンツ1980年代に登場した、“穿くだけで包茎が改善する”と謳われた包茎矯正グッズ。 怪しげな韓国料理屋で出会った怪しげな“先生”  ニポポ氏がコリアタウン大久保に飲みに行った際、ジャバ・ザ・ハット風の女性店員に呼び込まれる形で怪しげな韓国料理屋に入店。  店内に貼られる不思議な毛生え薬のポスターを眺めていたところ、「これはアナタたちにもビッグビジネスのチャンスだから、先生呼んであげる」と謎の先生を召喚されたのだとか。 ニポポ: ここからガッツリ、ネットワークビジネスの説明が始まっちゃってさ。韓国ではネットワークビジネスが凄いんだって。怪しいとかいう風潮もなくて、みんなで薦めあってやってたりして、実際商品も良かったりするんだって。  そんで先生が70種類くらいの商品を独占的に取り扱ってるとか言って、パンフレットを持ち出したわけ。そこにあったのがあの懐かしいアイツですよ。  以下、ニポポ氏より公開された動画内のやり取り。 先生: これ健康パンツ。1980...more
カテゴリー:

宗教団体と事件を追う記者描くダークスリラー「やわらかな鋭角」最終2巻 - 04月13日(金)14:15 

多田基生がCOMIC it(KADOKAWA)にて連載した「やわらかな鋭角」最終2巻が、本日4月13日に発売された。電子版には特典イラストが収められている。
カテゴリー:

翁長知事の那覇市長時代の闇 孔子奉る宗教団体に市有地を無償提供してた件、違憲判決 - 04月14日(土)13:28  news

那覇市の松山公園内に設置された久米至聖廟(孔子廟)の公園使用料が免除されているのは憲法違反だとして、市内の女性が城間幹子市長を相手に違法確認を求めた訴訟の差し戻し審判決で、 那覇地裁の剱持淳子裁判長は13日、久米至聖廟は「宗教的性格を有する」とし、市による公園の無償提供は憲法が定める政教分離原則に違反すると判断した。 使用料免除は無効と認定し、管理する一般社団法人久米崇聖会は宗教団体に当たると評価した。 久米至聖廟は儒学の祖、孔子らを祭る施設で、琉球王朝の繁栄を支えた久米三十六姓の子孫らが...
»続きを読む
カテゴリー:

「宗教団体」の画像

もっと見る

「宗教団体」の動画

Wikipedia

宗教団体(しゅうきょうだんたい)

  • 宗教活動のための団体。法的には、宗教法人法(昭和26年4月3日法律第126号)第2条の定義によると、宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、および信者を教化育成することを主な目的とする礼拝の施設を備える団体をいう。また、これらを包括する団体でもそうである。宗教団体は、宗教法人法に従って宗教法人になることができる。
  • 昭和14年の宗教団体法(廃止)によって規定されたもの。管轄庁の認可を必要とした。「神道教派、仏教宗派及基督教其の他の教団」、「寺院教会」が該当する。法人格を持つか、持つことができる。
  • 関連項目
    • ...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる