「宗右衛門町」とは?

関連ニュース

うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。 - 11月05日(日)20:58 

ここは、大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケがあります。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼がある」というウワサを聞きつけたから。うす暗い通路の先には「お好み焼、焼そば、モダン焼」の文字がおどる提灯。店の名前は「お好み焼 だん」。じつはここに来るまで、ずっと気になっていたことがあります。関東に住む人間にとって、大阪=お好み焼のイメージがあるのは言わずもがなですが、おいしいお好み焼とそうじゃないお好み焼の見極めポイントが、いまいち分からなかったんです。どうしても事前に把握しておきたかったので、知り合いの大阪のおっちゃんに聞いたところ、こんなヒントをもらいました。「ひっくり返したとき、ドスンってなったら、ちょっとブルーになんねん」……意外でした。もちろん生地の方向性、具材、焼き加減、ソース、などいろいろな判断基準があるのでしょうが、まずは目の前の店の暖簾をくぐってみたいと思います。「豚玉、ひとつ」スタンダードに攻めたかったので、注文したのは「豚玉」、780円。40年以上このお店の味を守り続けている寡黙な店主、山本さんが手際よく焼き始めてくれます。ひっくり返したときの音に耳をすますと、軽い…!「お酒と一緒に食べはる人も多いので、重いよりは軽めのほうが合いますからね。飲んだ帰り...more
カテゴリー:

「宗右衛門町」の画像

もっと見る

「宗右衛門町」の動画

Wikipedia

宗右衛門町(そうえもんちょう)は、大阪府大阪市中央区の町名。地元では長音が取れて「そえもんちょう」と発音されることが多い。

地理

島之内の南端、道頓堀川の北岸に飲食店が建ち並ぶ東西約350m、南北約130mの地域。北隣の東心斎橋2丁目にかけて大阪ミナミ歓楽街が広がる。道頓堀川には上流から日本橋、相合橋太左衛門橋戎橋が架かっており、南隣の道頓堀1丁目とを結んでいる。

歴史

1615年(元和元年)の道頓堀川開削とともに成立した道頓堀川八丁のひとつで、町名は開削に関わった人物の一人である山口屋宗右衛門に由来する。1872年(明治5年)の町名改正までは「道頓堀宗右衛門町」。

江戸時代初期から花街の性格を帯びていたが、1842年(天保13年)に茶屋風呂屋が一旦整理された。しかし、1857年(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる