「宍戸美和公」とは?

関連ニュース

剛力彩芽「女囚セブン」に女囚役のカリスマ・梶芽衣子、高嶋政伸ら - 03月21日(火)05:00 

4月21日(金)よりスタートする、剛力彩芽主演の金曜ナイトドラマ「女囚セブン」(テレビ朝日系)で、剛力や女囚役のメインキャスト陣を取り囲む個性豊かな共演者たちが発表された。 【写真を見る】高嶋政伸は「ダブル・キッチン」以来24年ぶりの西荻弓絵とのタッグに「面白くない訳がない」/(C)テレビ朝日 同ドラマは、剛力演じる京都の芸妓・神渡琴音が無実の罪で収監された女子刑務所を舞台に、全員が悪女という女囚たちが激しいマウント合戦を繰り広げる新感覚の群像コメディー。 同作には剛力の他に、女囚役として山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、そして安達祐実が出演することが既に発表されていた。 そんな毒のある女囚たちを取り囲む個性豊かな共演陣が、このたび決定。梶芽衣子、高嶋政伸といった俳優陣が、刑務所を舞台にした群像劇に新たなスパイスを加える。 剛力演じる芸妓・琴音の育ての親で、置屋のおかみ・一条涼役には梶が。梶は1970年代に大ヒットした映画「女囚さそり」シリーズで主人公を演じたことでも知られ、「女囚」と聞いたときに真っ先に思い浮かぶ女優の1人として知られる。 今回は慣れ親しんだ(?)女囚役ではなく、“女囚となってしまう”琴音の母親代わりとなる女性を演じる。琴音の無実を信じ、塀の外から彼女をバックアップしていく、という役どころだ。 さらに、涼は琴音の“出生の秘密”や“父親の正体”...more
in English
カテゴリー:

女囚の先輩梶芽衣子が『女囚セブン』で剛力彩芽の育ての親役に - 03月21日(火)05:00 

剛力彩芽が、謎多き京都の芸妓・神渡琴音役で出演するドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系列、4月21日スタート 毎週金曜23:15~)。安達祐実、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花といったキャストが出演することが既に発表されているが、この度、琴音の育ての親で、置屋の女将・一条涼を梶芽衣子、そして、敵か味方かは不明だが、次期総理大臣の呼び声も高い法務大臣・内藤裕次郎を高嶋政伸が演じることが発表された。梶は、1970年代に大ヒットした映画『女囚さそり』シリーズで主人公を演じたことでも知られ、「女囚」と聞いたときに真っ先に思い浮かぶ女優のひとりではないだろうか。今回は慣れ親しんだ女囚役ではなく、“女囚となってしまう”琴音の母親代わりとなる女性を演じる。琴音の無実を信じ、塀の外から彼女をバックアップしていく、という役どころだ。さらに、涼は琴音の“出生の秘密”や“父親の正体”も知っているようで……。キーパーソンとしてドラマの中で重要な役割を担っていくことになる。梶は「『女囚セブン』という作品に出させていただくと聞いて、“やっぱり女囚の役なのかな? 刑務所の中の古株で、新しく入ってきた剛力彩芽ちゃんのことをいじめたりする役なのかな? なんて思ったんですけど、違ったのでホッとしました」と笑い、「ドラマがどんな風に展開していくのか、私自身も楽しみです」とコメントしている。そして高嶋...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】“子役時代の面影ゼロ”斉藤こず恵、「食いしん坊」の悪女キャラで覚醒 - 03月20日(月)18:18 

http://www.oricon.co.jp/news/2087774/full/ 2017-03-20 06:00  元祖“国民的子役”として知られる女優の斉藤こず恵が、20日放送のフジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン~ワガママ悪女をスカッと成敗SP~』(後7:57~8:54)のショートドラマに出演。 絶妙な表情と体型を活かした演技で「食いしん坊な母ちゃん」役を熱演している。  斉藤といえば、1974年放送の連続テレビ小説『鳩子の海』(NHK)で主人公の少女時代を演じて注目され、76年には「山口さんちのツトム君」で歌手デビュー。 天才子役として一躍有名になった。高...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】“黒い女子アナ”岡副麻希がスカッと演技初挑戦 「ブリッ子悪女」は素!? - 03月13日(月)18:22 

ブリッ子・ヒメカちゃんを演じる岡副麻希  「めざましテレビ」(フジテレビ系)で活躍中のフリーアナウンサー、岡副麻希(24)が、13日放送の同局系「痛快TVスカッとジャパン~嫌われ悪女を成敗SP~」(月曜後7・57)に初出演する。  番組ではこれまで菜々緒の「悪女エリカ」を筆頭に、片瀬那奈の「モテないOL」、MEGUMIの「ボスママえつこ」などがキャラクターを確立。この「悪女シリーズ」に“黒い女子アナ”の異名を持つ岡副が名乗りを上げた。  演技初挑戦となる岡副の役は「チヤホヤされたい」「特別扱...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

岡副麻希お姫さまキャラで『痛快TVスカッとジャパン』新悪女に名乗り - 03月13日(月)14:00 

フリーアナウンサーの岡副麻希が、3月13日(月)放送の『痛快TVスカッとジャパン~嫌われ悪女を成敗SP~』(フジテレビ系列、毎週月曜月曜19:57~)のショートドラマに出演。チヤホヤされたい、特別扱いされたい願望丸出しで働く“お姫さま”気取りのOL・ヒメカちゃん役で、初の演技に挑戦する。スカッとした体験談をドラマ化し好評の本番組。これまで「はい、論破!」のセリフで若者の間で人気を博した木下ほうか演じるイヤミ課長、宍戸美和公演じるケチケチ母ちゃんなど、数々の“悪役キャラクター”を生み出してきた。そして今回、キャラクターを確立した菜々緒演じる悪女エリカを筆頭に、片瀬那奈演じるモテないOLや、MEGUMI演じるボスママえつこなどが話題の「悪女シリーズ」に内定必至の“新悪女”に岡副が名乗りを上げる。岡副は、同僚や上司に媚びを売り、周りの反感を買うOL・ヒメカちゃんを演じ、彼女が思わぬ形で成敗されていくというエピソードに登場。カメラの前での演技が最初は恥ずかしかったというが、「時間が経つにつれてヒメカちゃんになりきることがどんどん楽しくなっていきました!」と撮影を振り返った。キュートな笑顔を兼ね備えた裏に見せる岡副の絶妙な“お姫さまセリフ”に加え、独特な“ぶりっ子仕草”が光り、女優初挑戦とは思えぬ“地”を活かした演技に注目だ。 関連リンク ...more
in English
カテゴリー:

サソリの梶芽衣子、『女囚セブン』出演決定 - 03月21日(火)05:00 

 女優の剛力彩芽主演で、女子刑務所を舞台にしたオリジナルストーリーを描くテレビ朝日系新ドラマ『女囚セブン』(4月21日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)に、女優の梶芽衣子が出演することがわかった。梶といえば、1970年代に大ヒットした映画『女囚さそり』シリーズを思い浮かべる人も多いだろう。今回は女囚役ではなく、“女囚となってしまう”主人公・琴音(剛力)の育ての親で、置屋の女将・一条涼を演じる。 法務大臣役で高嶋政伸の出演が決定  女囚を題材にしたドラマの企画を聞いて、「ずいぶん思い切ったことをされるのね、と思ったのが第一印象でした」と語る梶。出演を打診され、「やはり私は女囚の役なのかしら、刑務所の中の古株で、新しく入ってきた剛力さんのことをいじめたりする役なのかしら、と思ったのですが、違ったのでホッとしました。剛力さんの育ての親だということでしたので、あ、なるほどね、と」。  最近、女囚を題材にしたドラマが世界各国で放送されていることにも触れ、『女囚セブン』は「非日常的な世界を描き、それを覗き見るというのは面白いですね。しかも、それを陰々滅々とした雰囲気ではなく、コメディー要素を入れて明るく描くというのがとてもすてきですし、異色のドラマになるのでは。どんな風に展開していくのか、私自身も楽しみです」と期待を寄せている。  梶が演じる涼は、琴音の無実...more
in English
カテゴリー:

女囚の“先輩”梶芽衣子が『女囚セブン』で剛力彩芽の育ての親役に - 03月20日(月)23:20 

剛力彩芽が、謎多き京都の芸妓・神渡琴音役で出演するドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系列、4月21日スタート 毎週金曜23:15~)。安達祐実、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花といったキャストが出演することが既に発表されているが、この度、琴音の育ての親で、置屋の女将・一条涼を梶芽衣子、そして、敵か味方かは不明だが、次期総理大臣の呼び声も高い法務大臣・内藤裕次郎を高嶋政伸が演じることが発表された。梶は、1970年代に大ヒットした映画『女囚さそり』シリーズで主人公を演じたことでも知られ、「女囚」と聞いたときに真っ先に思い浮かぶ女優のひとりではないだろうか。今回は慣れ親しんだ女囚役ではなく、“女囚となってしまう”琴音の母親代わりとなる女性を演じる。琴音の無実を信じ、塀の外から彼女をバックアップしていく、という役どころだ。さらに、涼は琴音の“出生の秘密”や“父親の正体”も知っているようで……。キーパーソンとしてドラマの中で重要な役割を担っていくことになる。梶は「『女囚セブン』という作品に出させていただくと聞いて、“やっぱり女囚の役なのかな? 刑務所の中の古株で、新しく入ってきた剛力彩芽ちゃんのことをいじめたりする役なのかな? なんて思ったんですけど、違ったのでホッとしました」と笑い、「ドラマがどんな風に展開していくのか、私自身も楽しみです」とコメントしている。そして高嶋...more
in English
カテゴリー:

子役時代の面影ゼロ斉藤こず恵、「食いしん坊」の悪女キャラで覚醒 - 03月20日(月)06:00 

 元祖“国民的子役”として知られる女優の斉藤こず恵が、20日放送のフジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン~ワガママ悪女をスカッと成敗SP~』(後7:57~8:54)のショートドラマに出演。絶妙な表情と体型を活かした演技で「食いしん坊な母ちゃん」役を熱演している。 画面からはみ出す食いっぷりは新たな飯テロか!?  斉藤といえば、1974年放送の連続テレビ小説『鳩子の海』(NHK)で主人公の少女時代を演じて注目され、76年には「山口さんちのツトム君」で歌手デビュー。天才子役として一躍有名になった。高校卒業後、米ニューヨーク州立大学へ留学。その後、米国人の実業家と結婚するが、後に離婚。ストレスなどが原因で激太りしてしまい、肥満が常態化。テレビ番組の企画でダイエットに挑戦したこともあったのだが…。  番組は、スカッとした体験談をドラマ化するバラエティー。今回、斉藤が演じるのは、パン屋さんの試食コーナーで何度も何度もおかわりを繰り返し、タダでお腹を満たす非常識で迷惑な悪女の「食いしん坊」。試食目当てに店を訪れ、支払いをせずに商品の文句ばかりを吐き散らす迷惑客が思わぬ形で成敗されるストーリーだ。  斉藤は、画面からはみ出る豪快な演技で、「食いしん坊な母ちゃん」として覚醒。“子役時代の面影ゼロ”の斉藤の姿にスタジオゲストも「幸せそうに食べる!」「カワイイ!」「(体格)仕上がってますね!...more
in English
カテゴリー:

岡副麻希“お姫さまキャラ”で『痛快TVスカッとジャパン』新悪女に名乗り - 03月13日(月)14:17 

フリーアナウンサーの岡副麻希が、3月13日(月)放送の『痛快TVスカッとジャパン~嫌われ悪女を成敗SP~』(フジテレビ系列、毎週月曜月曜19:57~)のショートドラマに出演。チヤホヤされたい、特別扱いされたい願望丸出しで働く“お姫さま”気取りのOL・ヒメカちゃん役で、初の演技に挑戦する。スカッとした体験談をドラマ化し好評の本番組。これまで「はい、論破!」のセリフで若者の間で人気を博した木下ほうか演じるイヤミ課長、宍戸美和公演じるケチケチ母ちゃんなど、数々の“悪役キャラクター”を生み出してきた。そして今回、キャラクターを確立した菜々緒演じる悪女エリカを筆頭に、片瀬那奈演じるモテないOLや、MEGUMI演じるボスママえつこなどが話題の「悪女シリーズ」に内定必至の“新悪女”に岡副が名乗りを上げる。岡副は、同僚や上司に媚びを売り、周りの反感を買うOL・ヒメカちゃんを演じ、彼女が思わぬ形で成敗されていくというエピソードに登場。カメラの前での演技が最初は恥ずかしかったというが、「時間が経つにつれてヒメカちゃんになりきることがどんどん楽しくなっていきました!」と撮影を振り返った。キュートな笑顔を兼ね備えた裏に見せる岡副の絶妙な“お姫さまセリフ”に加え、独特な“ぶりっ子仕草”が光り、女優初挑戦とは思えぬ“地”を活かした演技に注目だ。 関連リンク ...more
in English
カテゴリー:

「宍戸美和公」の画像

もっと見る

「宍戸美和公」の動画

Wikipedia

宍戸 美和公(ししど みわこ、1965年6月13日 - )は、北海道出身の女優。身長165cm、血液型O型。東海大学卒業。大人計画所属。 趣味・特技はレタリング、コラージュ。

おもな出演 テレビドラマ NHK 日本テレビ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる