「宋美玄」とは?

関連ニュース

「子どもと妊婦を守って」受動喫煙防止対策、子育て支援者らが推進訴え - 03月28日(火)10:30 

子育て・保育の専門家、NPO法人フローレンスの駒崎弘樹 代表理事らは3月27日、塩崎恭久 厚生労働大臣に、受動喫煙防止法の推進についての要望書を提出。その後会見を開き、「未来を担う子どもたちを守るために、"例外のない"受動喫煙防止法を強く要望したい」と訴えた。 受動喫煙防止対策は、厚生労働省が今国会に提出予定の健康増進法改正案の中で盛り込んでいるもの。同省が2017年3月に示した「受動喫煙防止対策の強化について」(基本的な考え方の案)によれば、飲食店(小規模のバー、スナック等は除く)も含め、原則として屋内禁煙を義務化し、違反した場合には、罰則も適用するとしている。 また、世界188カ国のうち、公共の場所全て(8種類/医療施設、大学以外の学校、大学、行政機関、事業所、飲食店、バー、公共交通機関)に屋内全面禁煙義務の法律があるのは49カ国あり、0~2種類にとどまっているのは、日本などを含む70カ国のみ。同省は「日本は屋内全面禁煙義務の法律がなく、世界最低レベルの分類」と指摘している。 会見では駒崎氏のほか、賛同者の宋美玄氏(産婦人科医 医学博士)、中室牧子氏(慶應大学 総合政策学部 准教授)、望月友美子氏(元世界保健機関たばこ規制部長・日本対がん協会参事 医学博士)が発言した。このうち駒崎氏は、「厚労省の『たばこ白書』によれば、受動喫煙によって乳幼児突然死症候群の発症率は4.7倍...more
in English
カテゴリー:

【女の相談室】乳がん患者も大豆食品OK 「再発リスクを減らし長生きできる」 - 03月22日(水)18:00 

乳がんと闘っている女性にとって、大豆食品を食べてよいかは悩みのタネだった。健康食品でありながら、乳がんを再発させてしまうのではないかという心配があったからだ。しかし、この不安から解放される時がきたようだ。「再発リスクが減り、長生きできますよ。安心して食べて」という嬉しい研究が発表されたのだ。 女性ホルモンに似た働きが不安の元だったが 大豆食品に乳がんの予防効果があることは、いくつかの研究で明らかにされている。たとえば、2003年に国立がん研究センターが発表した研究によると、大豆食品(大豆・豆腐・油揚げ・納豆・みそ汁)を毎日食べている人は、ほとんど食べない人に比べ、乳がんの発症率が19%低かった。みそ汁で比較すると、1日3杯以上飲む人は1日1杯未満の人に比べ、40%も低かった。 しかし、乳がんにかかった患者になると事情が違ってくる。乳がんの発症には女性ホルモンのエストロゲンが関わっていると指摘されている。特に、細胞にエストロゲン受容体(レセプター)があるタイプの乳がんの人は、受容体ががん細胞と結びついて乳がんを再発しやすい。このため、手術後に抗エストロゲン剤を投与する治療が行なわれる。そして、大豆の健康成分である大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするため、「植物性女性ホルモン」と呼ばれているほどだ。このため、乳がん患者に大豆製品を食べることを勧めてもよいか、議論が続いてきた...more
in English
カテゴリー:

親のスマホ依存でスマホ・ネグレクトやプチ虐待が静かに進行 - 03月26日(日)07:00 

 スマートフォンも合わせた携帯電話の世帯保有率は、95.8%。スマホに限っても、72.0%(2015年総務省調査・前年比7.8ポイント増)。電話、メールはもちろんLINE、インターネット、写真や動画の撮影など、さまざまなことが1台でできてしまうスマホ。もちろん便利だし、今さら「持たない」選択肢はないかもしれない。でも、想像してほしい。あの小さな機器がなかった頃のことを──その功と罪をみなさんと考えたい。  スマホの影響は“使う本人”だけにとどまらない。乳幼児の子育てでは、母親のスマホ使用が子供に大きな影響を与える。明治大学文学部教授で教育学博士の諸富祥彦さんが指摘する。 「母親がスマホに気を取られていると、赤ちゃんが泣いていてもそれに応じず、赤ちゃんはしょっちゅう放置された状態に置かれてしまう。“スマホ・ネグレクト”“プチ虐待”が、母親自身が気づかないうちに静かに進行してしまっているんです。子供が母親を見ているのに、視線を合わせてもらえない。0~6才までの間にこうしたことが続くと、親と子の間に必要な情緒的なつながり、アタッチメント(愛着)が築かれません。  その結果、子供は自分の感情をコントロールする力や他者を信頼する力が育たない。幼稚園や保育園、小学校で、すぐにかんしゃくを起こしてキレたり、地団駄を踏んで泣き叫び続ける子供が増えていますが、これらは“愛着障害”によるものと考えられ...more
in English
カテゴリー:

高齢出産は何歳から?正しく回答できた女子学生はたった4割 - 03月20日(月)18:10 

女子に生まれた以上、毎月の生理とは上手にお付き合いしたいところ。しかし、生理や妊娠についての真実を誤解している女子もいるようなんです。それでは予想外の妊娠や不妊にブチ当たる可能性も。ドコモ・ヘルスケアの『体や性に関する意識・実態調査』をもとに、誤解しがちな生理や妊娠にまつわる話を2つご紹介します。生理周期の数え方……、知ってる? 生理の記録をつけておくのは、妊娠しやすい時期や、しにくい時期を把握しておくのが目的のひとつという女子もいるはず。 では、一般的に言われる“生理周期”って、いったいいつから数え始めるのか、正しく理解できていますか? 同調査で、309人の女子大学生に対し“毎月の生理周期の数え方”について尋ねると、なんと32%もの女子が「生理が終わった日から数える」と誤認。 正しい数え方である「生理が始まった日から」を選んだ女子は、68%にとどまりました。 同社は、カウント初日を間違えてしまえば、「生理トラブルへの対処も難しくなる」と、警告しています。 「生理が終わった日から○日目で」なんて言っている女子がいれば、キチンと訂正してあげてくださいね! ご自身の生理周期を間違ってカウントしてしまえば、想定外のトラブルにブチ当たるリスクもアップしますので、ご注意を。   高齢出産って何歳から?正解者は……38% 続いて、同調査で「高齢出産とは何歳からだと思いますか?」と質問...more
in English
カテゴリー:

「宋美玄」の画像

もっと見る

「宋美玄」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • オフィシャルサイト
  • ブログ「~オンナの健康ラボ~」(アメブロ 2013年11月30日 - )
  • ブログ「LUPOのパワー全開な日々」(アメブロ、2009年12月19日 - 2013年11月25日)
  • 旧ブログ「LUPOの地球ぶらぶら紀行」 (Yahoo!ブログ、2008年5月20日 - 2009年12月19日)
  • 所属事務所「株式会社 プエルタ デル ソル」

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる