「宋美玄」とは?

関連ニュース

『コウノドリ』原作者が妊婦のお腹に“マタニティアート”「これで安産間違いなし!」 - 12月15日(金)12:59 

モデルの吉村美樹が14日、『コウノドリ』の原作者・鈴ノ木ユウ氏によるマタニティアートをアメブロで公開した。 「夫婦でお世話になっている『コウノドリ』の原作者、鈴ノ木ユウさんが我が家に来てくれました」と、マタニティアートを公開した吉村。ふっくらと膨らんだお腹には、『コウノドリ』の登場人物である鴻鳥サクラや四宮春樹、助産師の小松留美子に加えて“32w1d”の文字が描かれている。 鈴ノ木氏は飲み友達だという吉村は、「私たちの妊娠を、とても喜んでくださって、快くマタニティアートも引き受けてくださいました」と経緯をつづった。マタニティアートを「思い出に残る、一生の宝物」と言い、「これで安産間違いなし!!ユウさん、本当にありがとうございます」と鈴ノ木氏との2ショットを公開。 最後は「素敵に撮影してくれて、この場を設けてくれた主人にも感謝です。ありがとう!!」と、夫への感謝で締めくくった。 【関連記事】 ・『コウノドリ』なお腹♪(吉村美樹オフィシャルブログ) ・間下このみ 自らも経験した「不育症」の『コウノドリ』登場について言及 ・産婦人科医・宋美玄氏 「コウノドリ」撮影現場へ、綾野剛ら俳優陣の会話に「本当に役が憑依」・1%の確率でなる婦人病で卵管を切除したグラドル『コウノドリ』に出演へ ・壮絶な妊娠と出産を経験した三喜本恵美 出産シーンのあるドラマは見れず「完全にトラウマ」
カテゴリー:

間下このみ 自らも経験した「不育症」の『コウノドリ』登場について言及 - 12月10日(日)13:32 

写真家でタレントの間下このみが、「不育症」がドラマ「コウノドリ」(TBS系)で取り上げられたことについて、9日のアメブロにて言及した。不育症とは、反復して妊娠はするが、その妊娠を完遂できず、流産や早産、死産などで健常な生児に恵まれない状態のことをいう。間下は2006年、死産を経験した末に翌年女児を出産。『ママになりたい… ~ハイリスク出産を越えて~ / たまご日記 ~ちいさな命の記録~」の著書がある。 『コウノドリ』では、今まで2回流産して、3回目の流産を迎える女性を描いていたが、その確率は0.3~0.8%だという。 間下は、ドラマを見て、「私もおなかの中で赤ちゃんを亡くした経験があり またその後不育症の原因のひとつと言われている病気が、検査で自分にあることがわかったこともあって あの時の自分と重ねるというか、十数年前の事を思い出しながら…」と、感想を述べた。さらに、こう続ける。 「亡くなった子どもの事、無理に忘れる事はないと思います 悲しい結果にはなってしまったけど、流産でも死産でも自分たちの子どもである事にはかわりはないから…」 このように、お腹の中で既に亡くなっていた赤ちゃん(男の子)を陣痛を経て産んだ経験を明かした。ドラマでも描かれていたように、主治医や家族による心のケアが大切だと述べ、「正直今もね、息子に喜んでもらいたいなぁと頑張っている部分もあるかな そ...more
カテゴリー:

「宋美玄」の画像

もっと見る

「宋美玄」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • ブログ「~オンナの健康ラボ~」(アメブロ 2013年11月30日 - )
  • ブログ「LUPOのパワー全開な日々」(アメブロ、2009年12月19日 - 2013年11月25日)
  • 旧ブログ「LUPOの地球ぶらぶら紀行」 (Yahoo!ブログ、2008年5月20日 - 2009年12月19日)
  • 所属事務所「株式会社 プエルタ デル ソル」

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる