「安達奈緒子」とは?

関連ニュース

【ドラマ】<コード・ブルー3>第5話は13・8% 好調キープ - 08月15日(火)09:21  mnewsplus

俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)の第5話が14日に放送され、平均視聴率は13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。  初回16・3%。7月クールの連続ドラマでトップの好スタートを切ると、第2話は15・6%で、“月9”としては2014年7月クール「HERO」(26・5%→19・0%)以来3年ぶりとなる初回から2週連続の15%超えを記録。第3話14・0%...
»続きを読む
カテゴリー:

「コード・ブルー」4話。山Pに「大丈夫」って言われてみたい - 08月14日(月)10:00 

「いつからだろうな、医者が患者に大丈夫だって言ってやれなくなったのは」新海(安藤政信)は、藍沢(山下智久)の言動に少し揺さぶられていた。「後で嘘つきと罵られようと、代償を払わされようと構わない。彼女が生きている方がいい」人命第一と教えられてきた藍沢らしい覚悟の決め方だった。「コード・ブルー」第4話。山Pのやさしい表情が見られた「コード・ブルー」4話拡張型心筋症で移植を待つ橘(椎名桔平)と三井(りょう)の息子、優輔(歸山竜成)の容体が急変。フライトを藍沢に任せて治療に当たった橘。一命を取り留めたが、臓器移植まで平均1000日も待つのが実態と、綱渡りの状況が続く。先の見えない長い戦いは、たとえ医師であっても堪えるようで、三井はヘリに乗っていた頃とは別人のよう。敏腕フライトドクターの面影はなく、辛くて苦しそうな表情が増えた。心拍数が上がってしまうことを避けるため、泣くことすらセーブしなければならない優輔は、久しぶりに見た母の笑顔に癒され、反対に橘と三井も優輔の笑顔に勇気づけられる。。藍沢先生に言われたい「大丈夫」「君はすごいな。そこまで体調が悪かったら一刻も早く手術をしてくれというのが普通だ…それだけピアノが好きなんだな」ゆっくりとした口調で、冷静だけど感心を隠せない様子で語りかけた藍沢。相手は14才の天才ピアニスト。天野奏(田鍋梨々花)の脳腫瘍は肥大し、容体は悪化の一途をたどる。それで...more
カテゴリー:

【ドラマ】山P主演「コード・ブルー」第2話15・6% 月9で3年ぶりの2週連続15%超え - 07月25日(火)09:23  mnewsplus

 俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー?ドクターヘリ緊急救命?THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)の第2話が24日に15分拡大で放送され、平均視聴率は15・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。  初回は16・3%。7月クールの連続ドラマのうち、トップの好発進。2週連続の15%超えとなり、月9としては2014年7月クール「HERO」(26・5%→19・0%)以来3年ぶり。  ドクターヘリに乗り込む「フライトドクター...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】コードブルー「戸田恵梨香の悲恋」に大ブーイング!? - 08月14日(月)14:37  mnewsplus

 視聴率が好調の月9ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)。8月7日に放送された第4話では、戸田恵梨香(28)演じるフライトドクターの緋山美帆子が担当していた患者に、意外な事実が発覚し、話題となっている。  第3話から登場した患者の緒方博嗣(丸山智己/42)は、こだわりの料理人として注目されていたが、大ケガにより料理人として復帰するのは困難な状況となってしまう。しかし常にポジティブな姿勢を見せる緒方に、美帆子は好感を持つようになる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】山P主演「コード・ブルー」第2話15・6% 月9で3年ぶりの2週連続15%超え★2 - 07月25日(火)18:03  mnewsplus

 俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)の第2話が24日に15分拡大で放送され、平均視聴率は15・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。  初回は16・3%。7月クールの連続ドラマのうち、トップの好発進。2週連続の15%超えとなり、月9としては2014年7月クール「HERO」(26・5%→19・0%)以来3年ぶり。  ドクターヘリに乗り込む「フライトドクタ...
»続きを読む
カテゴリー:

「安達奈緒子」の画像

もっと見る

「安達奈緒子」の動画

Wikipedia

安達 奈緒子(あだち なおこ)は、日本脚本家神奈川県出身黒澤、2011年。早稲田大学卒業後、1995年に日本脚本家連盟ライターズスクール脚本68期を修了。2003年、第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞してデビューした。主な作品に大切なことはすべて君が教えてくれたリッチマン、プアウーマンなど。

略歴・人物

子供の頃より物語を作ることに興味を持ち、早稲田大学で演劇研究会に所属する。卒業後、ドラマ脚本を学ぶため日本脚本家連盟ライターズスクールに進み、68期を修了した。

その後、一旦就職して、海外ドキュメンタリー番組の日本語字幕ナレーション...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる