「安田顕」とは?

関連ニュース

安田顕、毎日毎日“死んだふり”撮影でうんざり - 04月21日(土)19:36 

女優の榮倉奈々(30歳)と俳優の安田顕(44歳)が4月21日、島せんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭で開催された映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」プレミア上映舞台挨拶に登壇。それぞれの“死んだふり”への想いを明かした。
カテゴリー:

榮倉奈々:沖縄国際映画祭で“死んだふり”エピソード明かす お気に入り… - 04月21日(土)15:50 

 女優の榮倉奈々さんが21日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映された安田顕さんとのダブル主演映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(李闘士男監督、6…
カテゴリー:

榮倉奈々、プロ根性で死んだふり15変化を完遂!安田顕はボヤキ節 - 04月21日(土)15:48 

 榮倉奈々と安田顕が夫婦役で共演を果たした「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が4月21日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で特別招待作品として上映された。榮倉と安田は、李闘士男監督とともに北谷・ミハマ7プレックスでの舞台挨拶に登壇した。 ・【フォトギャラリー】榮倉奈々、その他の写真はこちら  2010年に「Yahoo!知恵袋」に書き込まれ、コミックエッセイ化もされた「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という伝説的な投稿を、「デトロイト・メタル・シティ」の李監督のメガホンで映画化。ある日から、毎日のように死んだふりを繰り返すようになった妻のちえと、そんな妻に翻弄される夫じゅんの日々を描く。  榮倉は、タイトルを聞いた当初のことを「長い!と思った。タイトルの長さではないですよね」と振り返る。だが、「脚本を読んだら、ユニークなタイトルとは思えないほど素敵な行間が描かれていた」とニッコリ。一方の安田は、「撮影中は毎日着替えるんですよ。着替えのシーンは、4日で全部やった。李闘士男を殺したくなったけど、完成した作品を見て、本当に失礼いたしましたという思い」とぼやきながらも、李監督に最敬礼だ。  本編中で15通りの死んだふりを披露する榮倉だが、どの死んだふりが好きか聞かれると、榮倉が「監督はどれが好きなんで...more
カテゴリー:

栄倉奈々が死んだふり15変化「とてもユニーク」 - 04月21日(土)15:25 

 沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で21日、女優栄倉奈々(30)と安田顕(44)が、ダブル主演映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(6月8日公開)の舞台あいさつに出席した。  原作はヤフー知恵…
カテゴリー:

ついに開幕!「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」の見どころはこれだ! - 04月19日(木)20:38 

本日4月19日より、ついに「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」が開幕した。2009年にスタートした沖縄国際映画祭は、2014年から「島ぜんぶでおーきな祭」と改称し、映画・音楽・ダンス・お笑い・ファッション・アート・スポーツなどを含む総合エンタテインメントの祭典として春の沖縄を代表するイベントに成長してきた。 【写真を見る】ワニに頭をガブリ!インパクト大なラブコメ“妻ふり”も上映!/[c]2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会 今年の特別招待作品では、照屋年之(ガレッジセール・ゴリ)監督が自身の短編『born、bone、墓音。』を長編映画化した『洗骨』(18年公開)や、ネットで話題となったある夫婦の変わった日常を榮倉奈々、安田顕らで映画化したラブコメディ『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)など、バラエティに富んだ作品が上映される。 また、第5回沖縄国際映画祭から始まった、次世代を担う人材の発掘を目的に映像作品に携わったスタッフの中から最優秀賞を選出する「クリエイターズ・ファクトリー 最優秀作品イベント」や、ジャンルを問わず、25歳以下の若手クリエイターにしか撮れない新しい感覚に満ちた作品を取り扱う「クリエイターズ・ファクトリー2018U-25映像コンペティション」の審査会&授賞式など、若者を応援する試みにも注目が集まりそ...more
カテゴリー:

安田顕、"妻"榮倉奈々の死んだふりに本音「勘弁してほしかった」 - 04月21日(土)16:01 

女優の榮倉奈々と俳優の安田顕が21日、沖縄県内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」(19日~22日)で上映されたW主演映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)の舞台挨拶に、李闘士男監督と共に出席した。
カテゴリー:

榮倉奈々、プロ根性で死んだふり15変化を完遂!安田顕はボヤキ節 - 04月21日(土)15:48 

榮倉奈々と安田顕が夫婦役で共演を果たした「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が4月21日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で特別招待作品として上映された...
カテゴリー:

榮倉奈々との夫婦役に「僕なら3年で離婚している」 安田顕が「勘弁してほしかった」撮影の裏側とは!? - 04月21日(土)15:30 

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)の李闘士男監督、W主演の榮倉奈々、安田顕が21日、沖縄県内の劇場ミハマ7プレックス(中頭郡北谷町)にて開催された舞台挨拶に登壇した。 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、『Yahoo!知恵袋』に投稿された伝説の質問をコミカルに実写化した本作。 ある時はワニに喰われ、ある時は銃に撃たれ、劇中で15パターンもの死んだふりを見せる妻ちえ役を演じた榮倉奈々は、「(出演オファーを受けた時に)タイトルが長いと思いました(笑)。でも脚本を読んでみて、ユニークなタイトルから想像がつかないほど深いメッセージがあったというか、素敵な行間が描かれた映画だと思いました」とコメント。 主人公ちえとの共通点を聞かれると、「死んだふりをして旦那の帰りを待つ妻の役、という部分だけを切り取ってしまうと、まったく共感できる所はないです」と断言。「ただ、ちえさんの感情というか、夫に対して持つ愛情というのは普遍的なもので、素敵な方だなぁと思いました」と演じた役を振り返った。 一方、死んだふりをする妻に困惑する夫じゅん役を演じた安田顕は、「撮影中はこの人(榮倉)が毎日、毎日、着替えるわけですよ。4日間くらいで死んだふりの全パターンを撮影しました。本当に勘弁してほしかった。もちろんこの人が一番大変なんだけ...more
カテゴリー:

【沖縄国際映画祭】榮倉奈々、ハードな撮影も女優魂見せる「やりませんの選択肢はない」 - 04月21日(土)15:01 

 女優の榮倉奈々、俳優の安田顕が21日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』内で映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』の舞台あいさつに登壇した。 【写真】安田顕、照れながら榮倉の肩に手をまわす  原作は、2010年にYahoo!知恵袋で話題になった“伝説の投稿”。平凡なサラリーマンの夫・じゅん(安田)と、死んだふりをして彼を迎える妻・ちえ(榮倉)の日常を描くハートフル・ラブコメディーとなっている。  榮倉は特徴的なタイトルについて「まずは長いと思いました(笑)。そこからYahoo!知恵袋に投稿があったと聞いて、とてもユニークな企画だと思いました。でも、脚本を読んだときにタイトルからは想像つかない深いメッセージを感じた。すてきな行間が描かれた映画だと思いました」と感慨深げ。安田も「僕もYahoo!知恵袋の投稿を存じ上げてなくて。オファーをいただいて読ませてもらったら非常にシュール。でも、脚本を読んだら全然、イメージが違った」といい意味で期待を裏切られたことを明かした。  撮影期間は4日で毎日、何度も着替えながら15パターンの“死んだふり”を披露している。榮倉のお気に入りは落ち武者という。「メイクさんも、持道具さんもプロの方で時代劇もたくさんやっている。完璧な落ち武者になって…。こういう、おじさん出てくるよね、みたいな」と苦笑...more
カテゴリー:

『正義のセ』第2話、吉高由里子に「かわいいだけの吉高じゃない」の声 - 04月19日(木)11:39 

 女優の吉高由里子が主演するドラマ『正義のセ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第2話が18日に放送された。凛々子(吉高)が担当した殺人事件の切ない真相に、「びっくりするほどガチ泣きした」「親子愛が悲しくて美しい話だ…」と感動する視聴者が相次いだ。【写真】「吉高由里子」フォトギャラリー 凛々子が初めて殺人事件を任せられた。被疑者は、夫の義之(大澄賢也)を殴って死亡させた主婦・町田かれん(財前直見)。「夫の暴力から身を守るためだった」と殺意を否認するかれんに、思わず同情する凛々子だったが、担当事務次官の相原(安田顕)は疑いを抱く。19歳の娘がどこに住んでいるか知らないとかれんが供述していることに、相原は違和感を覚えたのだ。その後、かれんが夫以外の男性とたびたび会っていたことが分かり、凛々子も不信感を募らせる。そして、自白に追い込もうとするが…。 放送終了後、ネットでは「おもしろい。ステレオタイプかと思いきや意表突いてくるし、人間味にあふれてて良い。原作読みたいな」「吉高由理子ほんわかな感じだけど凛とした演技をするのでドラマの演出が締まっていている気がします。見ていてスッキリします」と、重くなりがちなテーマを扱っていながら、ほんわかしたキャラクターと物語で軽快な作風に仕上がっている本作を称賛する声が多く見られた。 また、目の前の仕事に全身全霊でぶつかっていく凛々子を演じる吉高に対し、「く...more
カテゴリー:

もっと見る

「安田顕」の画像

もっと見る

「安田顕」の動画

Wikipedia

安田 顕(やすだ けん、1973年12月8日 - )は、日本俳優タレント。愛称は「ヤスケン」。北海道室蘭市出身。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、TEAM NACS所属(サブリーダー)。2002年からは室蘭ふるさと親善大使。

来歴

兄は作曲家でラジオディレクターの安田史生。室蘭栄高校卒業後に北海学園大学に入学(経営学部卒業)。当初はジャズ研究会に入ったが、雰囲気が自分には合わずグリークラブESSと転々とした後、学園祭の模擬店で楽しそうにしていた演劇研究会に入る。

その時に2学年先輩の森崎博之と出会う。演劇研究会の活動と並行して森崎の紹...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる