「安森敏隆」とは?

関連ニュース

歌人の安森敏隆氏死去 - 01月11日(木)22:22 

 安森 敏隆氏(やすもり・としたか=歌人、同志社女子大名誉教授)9日午後3時20分、腎臓がんのため兵庫県川西市の病院で死去、76歳。広島県出身。葬儀は12日午後0時半から川西市栄根2の6の36のメモリアルホール川西池田飛翔殿で。喪主は妻淑子(としこ)さん。 09年に歌集「百卒長」で日本歌人クラブ賞を受賞。介護する人、される人らによる「介護百人一首」を提唱した。 【時事通信社】
カテゴリー:

訃報:安森敏隆さん76歳=歌人、同志社女子大名誉教授 - 01月11日(木)19:20 

 安森敏隆さん76歳(やすもり・としたか=歌人、同志社女子大名誉教授、国文学専攻)9日、腎臓がんのため死去。葬送式は12日午後0時半、兵庫県川西市栄根2の6の36のメモリアルホール川西池田飛翔殿。自宅は京都市伏見区深草願成町24の1。喪主は妻淑子(としこ)さん。
カテゴリー:

「安森敏隆」の画像

もっと見る

「安森敏隆」の動画

訃報

安森敏隆氏 歌人、同志社女子大名誉教授 (東京新聞)

安森敏隆氏(やすもり・としたか=歌人、同志社女子大名誉教授)9日、腎臓がんのため死去、76歳。広島県出身。葬儀は12日午後0時半から兵庫県川西市栄根2の6の36のメモリアルホール川西池田飛翔殿で。喪主は妻淑子(としこ)さん。 09年に歌集「百卒長」で日本歌人クラブ賞を受賞。介護する人、される...   東京新聞

Wikipedia

安森 敏隆(やすもり としたか、1942年 - )は、日本の歌人、日本近代文学研究者、同志社女子大学名誉教授。広島県出身。

専門は近代・現代の詩歌文学。斎藤茂吉塚本邦雄研究。短歌結社誌「ポトナム」代表。「京都短歌」(朝日新聞京都版)選者。現代歌人集会理事。全国大学国語国文学会常任理事。キリスト教文学会関西支部理事。

学生時代、「立命短歌」「京都大学短歌会」に参加。「幻想派」を永田和宏河野裕子等と、「枯野」を俳人の坪内稔典等と創刊。1981年、歌集「沈黙の塩」で第5回現代歌人集会賞受賞。2009年、歌集「百卒長」で第36回日本歌人クラブ賞受賞。近年は、介護する人・される人たちへの「介護百人一首」(NHK教育テレビ「福祉ネットワーク・介護の達人」)や「城崎百人一首」「城崎百人一句」(城崎温泉主催)や「SEITO百人一首」(同志社女子大学主催)を中心に「介護短歌」介護短歌~安森敏隆が選ぶ今月の佳作~等を提唱した。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる