「安打完封」とは?

関連ニュース

大谷翔平が高校時代に書いた「目標シート」に大興奮! - 04月20日(金)11:45 

4月19日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)は、「緊急放送!振り返り放送 大谷翔平スゴイぞ芸人」。2014年、2017年に放送した「大谷翔平スゴイぞ芸人」に出演していた岡田圭右(ますだおかだ)、渡部建(アンジャッシュ)、長島三奈が出演し、過去の放送の未公開シーンを含んだディレクターズカット版「大谷翔平スゴイぞ芸人」で、改めて大谷翔平選手のすごさを振り返った。 【写真を見る】大谷翔平選手と渡部建のツーショット/※画像は渡部建(watabeken)公式Instagramのスクリーンショット(2016年) 渡部は「大谷選手は放送を見ています。『照れくさかった。自分のことをこんなにやってくれて』って感じでした」と、大谷選手のオンエア後の感想を報告。 長島は「ファイターズ時代も、4番・投手で2安打完封(2017年10月4日VSオリックス戦)して、誰が見ても、すごかった時でも『全然、僕はまだまだで…』と、おめでとうって言っちゃいけなかったかなかいうくらい謙虚だった」と、大谷選手と親交のある二人が素顔を解説した。 さらに長島は、大谷選手の出身高校の花巻東高校から、「特別にお借りした」という高校時代に書いた目標シートを紹介した。 高校3年生の9月に書いたもので目標として、2018年「ノーヒットノーラン、25勝」、2019年「世界最速175キロ記録」、2020年「ワールドシリーズ制覇」などと書き込...more
カテゴリー:

大谷選手が大活躍! うれしいけど、期待がプレッシャーに変わると起こる心配事?(大関暁夫) - 04月14日(土)10:00 

米メジャーリーグ、エンゼルスに入団した大谷翔平選手の投打にわたる大活躍が、メディアや世間の大きな話題になっています。シーズン入り後いきなり打っては3試合連続ホームラン。投げては2連勝で、2戦目の7回被安打1、12奪三振の快投は、彼をよく知る日本のプロ野球ファンの期待をも上回る活躍振りではないでしょうか。仕事で行く先々でも、挨拶がわりの話題に大谷選手の話題が出ることは多く、昨日(2018年4月9日)も大谷選手大活躍の原動力はどこにあるのか、企業支援で一緒にチームを組んだことのある人事コンサルタントF氏と職業知識を踏まえて、マジメに雑談しました。 期待が高まるほど力を発揮する、ピグマリオン効果 「彼の能力が高いのは周知の事実。その高い能力をさらに高めているのが、アメリカにおけるメジャーリーグの注目度の高さを開幕と同時に肌で感じたこと。さらには今やネットを含む各メディアを通じて、リアルタイムに届けられる日本から彼を応援する声にも、相当活躍のスイッチを入れられていると思います。彼は声援が高まれば高まるほどより力を発揮するタイプなのでしょう」とF氏は言います。 確かに、2016年にリーグ優勝の行方を左右するソフトバンク戦で記録した日本最速時速165キロや、リーグ優勝を決めた西武戦での1安打完封劇。さらには昨年秋、1年怪我に泣き本調子になかったなか、日本最終登板となる試合で見せたパーフェクトな...more
カテゴリー:

「安打完封」の画像

もっと見る

「安打完封」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる