「安全確認」とは?

関連ニュース

発生から1日、懸命の救出作業=メキシコ中部地震、死者223人 - 09月21日(木)07:42 

 【メキシコ市時事】メキシコ中部を19日昼すぎ(日本時間20日未明)に襲ったマグニチュード(M)7.1の地震は20日、発生から24時間が経過し、建物の倒壊などが相次いだ首都メキシコ市や近隣自治体では、崩れた建物の下敷きになった生存者に対する懸命の救出作業が続いた。救助当局は、地震による死者数を225人から223人に修正した。 ペニャニエト大統領は、69人が死亡したモレロス州を視察。「私はあなたたちとともにある。地方の責任者と対策を調整している」と述べ、被災者を励ました。教育省は学校の安全確認のため、メキシコ市内の学校を今週休校にすると発表した。 非常事態が宣言されているメキシコ市内では、被災者が水や食料、医薬品などの救援物資の前に列をつくった。一部の倒壊現場では、がれきの中を探る特殊なカメラや探知機、捜索犬なども投入され、救助が本格化した。ただ、まだ多くの人々が残骸の下に閉じ込められているとみられ、時間とともに犠牲者は増える恐れがある。 【時事通信社】
カテゴリー:

『コード・ブルー』藤川、一命を取り留める 死亡フラグ回避に安堵の声 - 09月19日(火)11:00 

©sirabee.com山下智久、新垣結衣など豪華キャストが多数出演するドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。18日、3rdシーズンの最終話が放送された。前回、「死亡フラグ」がびんびんに立っていた藤川(浅利陽介)だったが、幸いにもなんとか一命を取り留めることに。■なんとか一命を取り留める藤川前回に引き続き、開通間近の地下鉄崩落現場での救助にあたった救命の面々。しかし、地盤の問題なのか消防の安全確認の問題なのか、作業中に地下水が滴り落ちる事態に。藍沢(山下)がそれに気付くもすでに遅く、次の瞬間には新たな崩落が起き、二次災害が発生。藍沢や、その近くにいた雪村(馬場ふみか)らはすぐに立ち上がるが、藤川が大きな瓦礫の下敷きになってしまう。彼は、事故現場にいた子供をかばって下敷きになったのだ。自身が重傷を負いながらも、子供に対して明るく接する藤川。彼らしさが、思わず涙腺を刺激する。その後、異変に気づいた藍沢、冴島(比嘉愛未)がその場所へ行くものの、瓦礫が大きいため出すことができない。レスキュー隊が対応するも、このままではリミットがきてしまい、病院に搬送している間に脚が壊死してしまう……ここで、藍沢が決断。脚に流れた血液を心臓に戻さず、そのまま捨てることで、壊死を防ぐようにしたのだ。その分、心臓に負担をかける処置だったが藍沢の神の手に...more
カテゴリー:

今夜最終回「コード・ブルー」3rd 山下智久はどうなるのか - 09月18日(月)11:10 

第9話の最後、地下鉄開通前のイベントで賑わう線路内で崩落事故が発生。駆けつけた藍沢(山下智久)が事故に巻き込まれてしまう。瓦礫の下敷きになり、額からは血が流れていた。映像から推測するに、重症を負っている可能性もありそう。最終回直前で藍沢にアクシデントが降りかかるとは……。3rdシーズンのラストは、どんな終わり方をするのか。「コード・ブルー」3rdシーズンこれまでをおさらい7年ぶりの放送となった「コード・ブルー」3rdシーズン。藍沢は脳外科医として、緋山は周産期医療センターでキャリアを積んでいたが、再び翔北救命センターに集結した。これまでは、藍沢たちのフェロー時代から一人前の医師へと成長する奮りが描かれてきたが、3rdシーズンからは3人の若手医師を育成する指導医の立場も描かれた。藍沢たちのフェロー時代は、ドクターヘリの出動回数を競ったり、救急隊員の阻止を振り払ってでも現場に駆けつけて謹慎をくらったりと常に前のめりだった。しかし、今回のフェローたちは様子が違う。ヘリに乗れば乗り物酔い、現場では患者を前に震える気の弱い灰谷(成田凌)、ゆるふわな女医の横峯(荒木優子)に、何に対しても斜に構える名取(有岡大貴)。藍沢たちのようにガツガツした様子もなく、消極的で気概に欠けていた。救急患者の症状を見落とした名取が「次はがんばるよ」と反省の色もない発言に、白石(新垣結衣)が「患者に次はない!」と叱...more
カテゴリー:

【小田急火災】小田急電鉄で起きた火災は「異例」「想定外」 一歩間違えれば大惨事を招いた恐れも★4 - 09月16日(土)00:29  newsplus

屋根に火災が燃え移った小田急線の車両=10日、東京都渋谷区(読者提供) 沿線から小田急線の電車に延焼した火災は、火災現場脇に非常停止した電車に火が燃え移るという異例のケースだった。また、車両内部は燃えにくい素材で作られているが、外部の部品に火が燃え移るという事態も、関係者にとって想定外だったとみられる。警察や消防の連携不足も指摘されており、一歩間違えれば大惨事を招く恐れもあった。専門家からは再発防止に向け、鉄道会社や警察、消防など関係機関による連携強化を求める声が上がった。  小田急電鉄に...
»続きを読む
カテゴリー:

JR運転士ら書類送検=山陽線踏切事故-岡山県警 - 09月15日(金)18:04 

 岡山県倉敷市のJR山陽線の踏切で2015年2月、普通電車が立ち往生していた大型トラックに衝突し乗客ら19人が重軽傷を負った事故で、県警は15日、業務上過失傷害などの容疑で男性運転士(29)を、過失往来危険などの容疑でトラックの男性運転手(52)を書類送検した。運転士は容疑を認め、トラック運転手は一部否認している。 送検容疑では、運転士は時刻表などに気をとられ、前方の安全確認を怠った疑い。トラック運転手は変速機の正しい操作を行わなかった疑い。 県警によると、事故当時、電車は時速約95キロで走行。運転士は踏切内のトラックに約260メートル手前で気付いてブレーキをかけたが、間に合わず衝突した。 県警は同型トラックを用いた実験などから、踏切内の車両は約800メートル手前から視認できたとしている。 JR西日本岡山支社の話 厳粛に受け止め、再発防止に万全を期す。 【時事通信社】
カテゴリー:

12星座【自己防衛】ランキング 乙女座は心が繊細、折れないように自分を守る! - 09月19日(火)12:00 

 自己防衛力は、生きるための必須アイテム。誰でも無意識に、自分を守る行動をとっているはず。人によっては、攻撃的になったり、頑固になったりするでしょう。今回は、自己防衛力が強い人を、星座別ランキングにて紹介します。 ■第1位 蠍座……職場では徹底的に本心を隠す  蠍座は鋭い洞察力の持ち主。相手がどんな人物か、じっと観察しているでしょう。信頼できるかどうか見極めてからでないと、本心を見せません。ときには、明るい人を装いますが、心は開かないはず。また、プライベートをあれこれ詮索されるのが嫌い。職場では、徹底的に秘密主義を貫きます。そのため、近寄りがたいオーラを放っているでしょう。 ■第2位 乙女座……繊細な心と身体を守るため、トラブルに備える  繊細で、ピュアな精神の乙女座女性。ガラスの心を持つため、自己防衛が強くなりがち。傷つかないように、細心の注意を払っているでしょう。もちろん、危ない場所や、おかしな人には近づきません。雨に濡れて風邪をひかないように、折り畳み傘を常備。心も身体も繊細な乙女座。あらゆるトラブルに備え、計画をし、日夜自分を守っているのです。 ■第3位 牡羊座……攻撃は最大の防御、すぐ戦闘モード!  牡羊座は、大の負けず嫌い。勝てないと思った瞬間、気分はどん底。見た目以上に、ナイーブな面があります。そのため、自分を守るために攻撃的に。声高に自分の意見を主張したり、「納得が...more
カテゴリー:

月9『コード・ブルー』最終回、映画化決定にTwitterは大盛り上がり - 09月18日(月)22:51 

画像は公式Twitterより 18日、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)最終回が放送された。 「終わっちゃうのか、楽しみだけどとても悲しい」「続編希望」と開始前から多くの声があがった。 地下鉄の事故の救護にあたる藍沢(山下智久)たち。安全確認ができた中だっ...
カテゴリー:

<北ミサイル>交通機関 在来線など運行に遅れ - 09月16日(土)06:05 

北朝鮮の弾道ミサイル発射によるJアラートの発令を受け、JR東日本は午前7時ごろから安全確認のため、東北新幹線と宮城県内の在来線で約10分、運転を見合わせた。新幹線は5〜10分、在来線は最大約20分の遅
カテゴリー:

北朝鮮ミサイル:つくばエクスプレスも一時運行停止 - 09月15日(金)19:02 

 北朝鮮による弾道ミサイルが発射された15日、全国瞬時警報システム(Jアラート)の対象地域の鉄道各社は安全確認のため列車の運行を一時見合わせた。  JR東日本は午前7時1分、ミサイル発射情報の対象となった青森、岩手など計11県で、在来線全線と東北、上越など新幹線全線の運行を停止。午前7時10分から順次、再開した。東京都内-茨城県内を運行するつくばエクスプレスも一時、運行を停止した。JR北海道は北海道新幹線2本の運転を約9分間、見合わせた。在来線は通常通り運行したが、運転士の判断で一部列車で一時、運行を停止した。札幌市も市営地下鉄と市電の運転を約9分間見合わせた。
カテゴリー:

【北ミサイル発射】 日本の領域への被害報告なし 菅官房長官「北朝鮮に対し最も強い言葉で断固非難」★9 - 09月15日(金)15:41  newsplus

政府は、北朝鮮が15日朝、弾道ミサイル1発を発射し、ミサイルは、7時4分ごろから6分ごろに北海道上空を通過して、7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロの太平洋上に落下したものと推定されると発表しました。 現在のところ、日本の領域への落下物は確認されておらず、付近を航行する航空機や船舶の被害などの情報は無いということです。これは菅官房長官が先ほど、記者会見して発表しました。 首相 情報収集など指示 菅官房長官は、臨時の記者会見で「安倍総理大臣から、情報収集・分析に全力を挙げ国民に対し迅...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「安全確認」の画像

もっと見る

「安全確認」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる